ドコモ光の更新月が2か月から3か月に拡大!確認方法や注意点を解説します

ドコモ光の更新月が2か月から3か月に拡大!確認方法や注意点を解説します

ドコモは2019年3月以降、ドコモスマホやドコモ光サービスの更新月を3か月に変更することを発表しました!

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、お客さまが定期契約の料金プランや各種割引サービスを解約する際、これまで定期契約満了月の翌月と翌々月の2か月間を解約金がかからない期間としておりましたが、この度1か月延長し、2019年3月に定期契約が満了を迎えるお客さまから、定期契約満了月の当月、翌月、翌々月の3か月間に変更いたします。

【引用】docomo -2年定期契約などの解約金がかからない期間を延長

しかし上の表現ではドコモ光サービスの

  • どのプランが対象になるのか
  • 更新月3か月は具体的にどういった期間なのか
といった内容について、ちょっと分かりづらいんですよね。

定期契約満了月の当月...って意味が分からないわ。

そこでこの記事では、

といった内容について、略図を交えながら解説していきます

\【2019年12月】工事費無料キャンペーン実施 /

ドコモ光の更新月が3か月に伸びた3つのメリット!対象プランは?

期間やカレンダーのイメージドコモ光の「更新月」とは契約期間の満了時に

  • 契約サービス内容の見直し
  • 契約サービスの解約
といった、契約サービスの今後を検討できる期間(猶予期間)のことを指しています。

次の契約をこのまま継続するかどうするか、検討する期間のことです。

この猶予期間が伸びることによって、実は利用者側は様々な恩恵に授かれます。

猶予期間が延びると何が良いんだろう…

メリット1. ドコモ光を違約金なしで解約できる期間が伸びた

更新月が2か月から3か月になったということは、利用者側にとって「ドコモ光を違約金ゼロで解約できる期間が長くなった」ということです。

単純に、

更新月が終わってて、※解約金を払うことになっちゃった…
といった解約時に損をする確率がガクッと減ります。

※ ドコモ光の解約金(違約金)は、戸建て:13,000円 / 集合住宅:8,000円かかります。(全て税抜き)

※ドコモ光の解約については以下記事が詳しいです↓

メリット2. 25か月目の基本料金の支払い問題が解消される

また今までは更新月(24か月目)になった途端に解約すると、25か月目の基本料を払う必要がありました。

しかし更新月が3か月であれば、25か月目に解約も可能となるため上記のような問題も解消されます。

メリット3. 契約満了月と更新月の境目がなくなった

更新月が1か月前倒しで伸びたことで「※ 契約満了月」と重なることなり、契約満了月=更新月といった理解がしやすくなりました。

そのため、

解約するときに契約満了月だから解約できなかったわ…

といったことがなくなり、よりスムーズに解約手続きができるようになったわけです。

※ 契約満了月とは、2年定期契約が終わる月(24か月目)のことを指します。

これは利用者にとって非常に嬉しいサービスの改変ですね。

ではドコモ光では、どのプランが更新月3か月延長の対象となるのでしょうか。

一覧にまとめてみました。

ドコモ光の更新月3か月が適用される対象プランの一覧

対象プラン料金タイプ
戸建てタイプA、タイプB、タイプC、単独タイプ
マンションタイプA、タイプB、タイプC、単独タイプ
ドコモ光ミニ単独タイプ(戸建て)

基本的には、ドコモ光すべての料金プランが対象となっていますね。

これからドコモ光を契約される人は、2019年3月以降の更新月の対象となるのでもれなく更新月3か月が適用されます

解約時に更新月の確認に手間取ることが減るため、これはかなりのメリットと言えるでしょう。

これからドコモ光を契約する人の更新月は3か月になるのね!

ドコモ光の更新月3か月とはどういった期間なのか

3つ,3個のイメージドコモ光の「更新月3か月」とは、具体的にはどの期間を指すのでしょうか。

更新月についてドコモの公式サイトでは、

定期契約満了月の当月、翌月、翌々月の3か月間

【引用】docomo -2年定期契約などの解約金がかからない期間を延長

といった表現となっていますが、ちょっとこれではよく分かりませんね。

全然意味が分からないわよ!

ドコモ光の更新月とは2年契約の24〜26か月目が該当

ドコモ光で改定された新しい更新月の具体的な月数は、

  • 2年定期契約の24〜26か月目
を指しています。

2年定期契約をしていれば、契約から24か月目が「定期契約満了月(以降:契約満了日)」にあたります。

表にしてみました。

ドコモ光の今までの更新月の期間

ドコモ光の2019年2月までの更新月

今までの契約であれば、「契約満了月」と「更新月」の定義が分かれていました

2019年3月以降の更新月の期間

しかし2019年3月以降であれば、契約24か月目の契約満了月も更新月に該当することになります。

ドコモ光の自動更新のタイミング
※ 契約24か月目が、契約満了月に該当します。

24か月目の契約満了月に更新月が該当するので、2年ちょうどでドコモ光を解約することが可能になるんですね。

今までより1か月前倒しで解約を行なうことができるようになったわけです。

違約金なしで解約できる期間が伸びて、更新月だけ気にしてれば良くなったのね♪

定期契約満了の通知も前倒しになった

また更新月の前倒しに伴い、今までは満了月に通知していた定期契約満了の通知が、「定期契約満了月の前月」に送付されることになりました。

契約満了月の前月に通知がくることで、

  • 解約するか
  • 継続するか
といった内容を、更新月含めて4か月間でじっくり検討することができますね

更新月を確認する2つの方法

2つ・2ステップドコモ光の更新月を確認する方法は2通りです。

  1. ドコモへ確認する
  2. My docomoから確認する

それぞれの確認方法を記します。

① ドコモ光の更新月をドコモへ確認する方法

更新月をドコモへ確認するには

  • 近くのドコモショップへ行って確認する
  • ドコモインフォメーションセンターへ電話する
といった方法があります。

ドコモインフォメーションセンターへはドコモ携帯からなら「151」、他キャリアからなら「0120-800-000」へかければOKです。

ドコモインフォメーションセンターへの連絡先

ドコモの携帯電話151
ドコモの携帯電話以外からの電話0120-800-000
受付時間午前9時~午後8時

ドコモ光の更新月を確認するには上記どちらの方法でも「本人確認」が必要なため、

  • ネットワーク暗証番号
  • 契約ID
といった番号を、あらかじめ準備しておくと手続きがスムーズです。

※ 基本的には口頭で番号を伝えます。

補足:ネットワーク暗証番号と契約IDの内容

ネットワーク暗証番号と契約IDの内容について記します。

語句内容
ネットワーク暗証番号ドコモ光を新規申し込みした際に登録した、任意の数字(4桁の番号)のこと。
契約(お客様ID)ドコモ光の利用者を識別するID。請求書などでF + 10桁の数字で表記されている。

もしどちらも忘れてしまった場合は、ドコモショップにて身分証明証を提示し本人確認してもらうことで、手続きを進めることができます。

② 更新月をインターネットから確認する方法

ドコモ光の更新月をインターネットから確認するには、「My docomo」へアクセスすればOKです。

アクセスした日が、契約月から何か月目にあたるのか確認できます

たとえば契約から24か月目が2019年3月以降だとすれば、更新月は3か月だと分かりますね。

ドコモ光の更新月について知っておくべき注意点2つ

困る分からない女性ここまでドコモ光の更新月が伸びたことによるメリットについて、解説してきました。

しかし予め知っておきたい注意点もあります。

① 契約した日付で更新月が変わる

ドコモサービスでは基本的に契約した日付で、契約満了月(更新月の1か月目)が変わってきます。

たとえば2月1日にドコモ光を契約すると、2月が契約1か月目に当たります。

契約例契約日契約開始月契約満了月
1日に契約2019年2月1日2月2021年2月
1日以外で契約2019年2月2日3月2021年3月
※表は横スクロールが可能です。

特に2日以降にドコモ光を契約した場合、契約満了月は翌月から24か月目に当たるので注意が必要です。

たとえば、

違う光回線に申し込んだけど、契約満了月が来月だったの…
といったことにならないよう、ドコモ光を契約する際は契約日について確認しておくと良いでしょう。

※ 契約開始月でなく利用開始月の利用料金は、日割り計算にて翌月請求分として合算されます。

② 更新月に解約しないと自動更新される

ドコモ光では更新月に申し出をしない限り、基本的に契約は自動更新です。

定期契約プランは、2 年間同一の「ドコモ光」契約を継続して利用することが条件となり、解約(契約期間のない料金プランへの変更含む)のお申し出がない場合は自動更新となります。

【引用】提供条件書(ドコモ光基本プラン)

2年定期契約とはいっても、2年利用したから違約金が発生しないというのは間違いです。

2年定期契約の際は更新月に解約の申し出をしないと、自動で2年契約が更新されてしまうため十分注意しておく必要があります。

ドコモ光は更新月で解約しないと自動更新

そのためGoogleカレンダーやカレンダーアプリなどを使って、予め更新月を登録しておくなど忘れない工夫をしておくと良いでしょう。

まとめ

今回はドコモ光の更新月の詳細についてご紹介しました。

  • ドコモの更新月は2か月から3か月に変更された
  • 契約満了月が更新月に含まれるようになった
  • ドコモ光の更新月3か月は基本的に全プラン対象
契約を検討すれば、同時に解約についても気になるところですよね。

個人的にはドコモ光の更新月が伸びたことは、違約金を払うデメリットが少しでも減ってくれたので本当に嬉しく感じています。

これなら違約金を払わずに、スムーズな解約ができますね^^

【ドコモ光 × GMOとくとくBB】申し込みはキャッシュバックを利用

総務省の要請で光回線のキャッシュバックキャンペーンやモバイル端末とのセット割が終了する可能性があります。

光回線への加入を検討している人は、キャンペーンが開催されているうちにどうぞ。

Web申し込み限定特典があります!

  • 新規工事費無料(通常時18,000円)
    ※【期間限定】2019年9月1日開始
  • 5,500円〜キャッシュバック
    ※オプションなし、2年定期契約での金額。テレビサービス申込みで金額アップ。
  • 【dポイント】最大10,000円分プレゼント
    ※新規申込み時の金額。転用時の場合は5,000円分
  • 【他プロバイダよりも高速】
    v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル→速さに自信!
    ※速くなかったらポイント還元
  • 【接続かんたん】ルーターにつないですぐに利用可能
  • 【セキュリティソフト】マカフィーマルチアクセス 1年無料
    ※通常毎月500円
  • 【ドコモ光セット割】
    ※携帯利用料が毎月800円〜最大3,500円割引
  • ドコモ光出張サポート
    ※インターネット接続設定パックが無料
  • ドコモショップへの来店不要

【dカード GOLD】ドコモユーザーなら合わせて申し込みたい

ドコモ光回線への加入を検討中の人、加入済みの人にぜひオススメしたいゴールドカードです。

ドコモショップでドコモ光に加入する人の4人に1人が合わせて加入していると言われています。

Web申し込み限定特典があります!

  • ドコモ携帯、ドコモ光の10%がdポイントとして還元
    年会費分の元を取ることも十分可能
  • 3年間のケータイ補償が付帯
  • 旅行やショッピングの保険が付帯
  • 国内の空港ラウンジを無料利用可能
  • 年間100万円以上利用すれば
    10,800円分の割引特典を利用可能

【関東、関西、東海、九州】NURO光導入エリアなら!

So-netが運営する「NURO光」は、下り2Gbps/上り1Gbpsと国内最速の速度を誇ります。

ONU兼ルーターのレンタルが無料など、コストパフォーマンスに優れています。

ドコモスマホとのセット割こそありませんが、速度を最重要視する人にオススメです。

Webでの申し込み限定特典があります!
【2019年12月1日(日)~12月31日(火)】

  • 35,000円キャッシュバック
    ※2019年12月時点の金額
  • 工事費40,000円が実質無料
  • 開通までモバイルWi-Fiレンタル可能
    ※特別価格、無制限プランあり
  • 開通月は日割で請求
  • セキュリティソフトが永年無料
    ※ソフトはカスペルスキー、通常毎月500円
  • SoftBankのおうち割対象
    ※毎月最大1,000円 最大10端末まで
  • So-netの設定サポートが1回無料
    ※通常9,000円
  • 2018年 ネット回線満足度ランキング 関東光回線 第1位
    ※価格.com
  • 2018年 固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査 関東 第1位
    ※J.D. POWER

So-netが公式に行っているキャンペーンで、安心できるという点が決め手でした↓