【ドコモ光】プロバイダは後から変えられるの!?面倒??

【ドコモ光】プロバイダは後から変えられるの!?面倒??

実際にドコモ光を使ってみたら「速度が遅い…」と感じることはありませんか?

それはもしかしたら、契約したプロバイダサービスの影響かもしれません。

通信速度が遅い!プロバイダ変更しようかな…

しかしドコモ光を契約した後に、プロバイダの変更は可能なのでしょうか?

そこで今回は「ドコモ光のプロバイダを契約後に変更する方法」について詳しく解説していきます!

\ 7月の最新キャンペーン情報 /

ドコモ光はプロバイダを後から変更できるの?

考える女性ドコモ光では、実は後からプロバイダを簡単に変更することができます

既にドコモ光を契約していて、

  • 通信速度がなんだか遅い…
  • プロバイダのサービスがイマイチ!
といった不満を感じているのであれば、ぜひこのまま読み進めてみてください。

ドコモ光は、あとからプロバイダ変更できるんだ!

ドコモ光で契約したプロバイダを変更する方法

ドコモ光でプロバイダを変更する方法は、

  • ドコモインフォメーションセンター(電話)
  • ドコモショップ
どちらかへ契約先のプロバイダを変更したい旨を伝えます。

ドコモインフォメーションセンターへ電話する場合は、

  1. ドコモ携帯電話:151
  2. 一般電話の場合:0120-800-000

と2通りあります。

なお、営業時間は午前9時〜午後8時までです。

ドコモ携帯から151へ電話をかけると無料になるので、できる限りドコモ携帯からの電話がオススメです。

問い合わせ先営業時間一般電話ドコモ携帯
ドコモインフォメーションセンター
ドコモインフォメーションセンターのイメージ
午前9時〜
午後8時
0120-800-000151
ドコモショップ
ドコモショップのイメージ
お近くのドコモショップ
※表は横スクロールが可能です。
ドコモ電話からかければ無料なんだね!

プロバイダ変更する時に必要な書類や持ち物ってあるの?

電話・ドコモショップ共に本人確認書類などを用意する必要はありません

ただし、

ネットワーク暗証番号

が本人確認時に必要となるので、事前に準備しておくとスムーズです。

もし「ネットワーク暗証番号」を忘れてしまった場合には、本人確認書類(運転免許証など)を持ってドコモショップへ行けば再登録ができます。

ネットワーク暗証番号とは、「ドコモオンライン手続き」等で新規申し込みと同時に登録した、任意の数字(4桁の番号)のことです。

プロバイダ変更では手数料が3,000円かかる

お金,光回線キャッシュバックなどの特典ドコモ光でプロバイダを変更する場合は、

  1. タイプAからタイプBへ
  2. あるいはタイプBからタイプAへ
  3. さらに同一のタイプにおける変更
どの手順を踏んでも手数料が3,000円(税抜)かかります

手続きパターン事務手数料
(税抜き)
同一タイプ内(タイプA/B)でのプロバイダ変更3,000円
タイプA対応プロバイダからタイプB対応プロバイダへの変更3,000円
タイプB対応プロバイダからタイプA対応プロバイダへの変更3,000円
タイプA/タイプB対応プロバイダの廃止3,000円
タイプA/タイプB対応プロバイダのお申込み無料
※表は横スクロールが可能です。

手数料がかかるのは難点かもしれませんが、

  • 自由にプロバイダを選べること
  • 他社光コラボは一旦解約➜契約する手間がかかること
を考えれば、3,000円の変更手数料だけで済むのはドコモ光のメリットと言えるでしょう。

ドコモ光・タイプAプロバイダGMOとくとくBBキャンペーンページ

注意!プロバイダの独自オプションは事前に解約しておこう

現在契約中のプロバイダにおいて、

  1. メールアドレス
  2. セキュリティ
といったオプションを利用している場合は、事前に解約しておきましょう。

プロバイダ変更後は、今まで使っていたプロバイダがすぐに利用不可能になります。

特に仕事上で重要なやりとりをプロバイダのメールアドレスで行っている場合など、

  • すぐに送受信ができなくなる
  • メールフォルダーがなくなってしまう
といったことが起こってしまわないよう、データ転送を行っておくなどあらかじめ準備を整えておくといいですね。

今まで使ってたメール使えなくなっちゃうから、ちゃんと転送しておいた方が良さそうだね。

ドコモ光ではプロバイダを自由に選べる

ドコモ光タイプAのプロバイダ一覧

【出典】docomo -プロバイダ一覧タイプA

後から自由にプロバイダを変更できるのが、ドコモ光のメリットです。

ここからは、タイプAやタイプBに含まれるプロバイダについて解説します。

タイプAに含まれるプロバイダ

ドコモ光のタイプAに含まれるプロバイダは、タイプBに比べかなり豊富です。

ドコモ光タイプAプロバイダ(全18種類)
ドコモnet、plala、GMOとくとくBB、DTI、@nifty、IC-net、Tigers-net.com、andline、BIGLOBE、エディオンネット、SIS、SYNAPSE、excite、hi-ho、Rakutenブロードバンド、TiKiTiKi、@ネスク、COARA

合計18種類の中から、自由にプロバイダを選ぶことができます。

この中でもオススメは「GMOとくとくBB」です。

なぜGMOとくとくBBを推すのかというと、

  • v6プラスを利用した高速インターネットに対応
  • 最大1.3Gbpsでの高速通信に対応
  • 無線LANルーターを無料でレンタル可能
といった、ドコモ光を使うためのサービスの充実度が非常に高いから。

また地域ごとの通信速度を詳細に公開しているのも、GMOとくとくBBの特徴です。

GMOとくとくBBを使ったときの速度シュミレーションを見る

GMOとくとくBBで地域ごとの通信速度を確認する

GMOとくとくBBでは、地域ごとに設置した独自のドコモ光回線をリアルタイムで実測調査を行い開示しています

例えば2018年10月~2019年6月1日までの全国合計1,746件(有線LAN光配線方式での計測結果)のデータが、以下のように開示されていました。

ドコモ光 × GMOとくとくBB全国平均速度190709

僕が確認した2019年7月時点の全国平均は、

【ドコモ光】全国平均の通信速度

  • 上り速度:130.83Mbps
  • 下り速度:173.69Mbps
となっていました。

自分の地域でドコモ光をGMOとくとくBBで使った際の平均速度を確認するには、以下のキャンペーンサイトより確認できます。

公式キャンペーンサイトへ

キャンペーンサイトにアクセスしたら「次世代技術v6プラス採用!」の解説図の直下にある、「 ▶ GMOとくとくBB速度の秘密ページへ 」ボタンをクリックします。

GMOとくとくBBの地域別速度へ移動するボタン190126ドコモ光 × GMOとくとくBBによる、「地域別の速度確認画面」が表示されるので、自分の地域に該当するブロックをクリック。

GMOとくとくBBの地域別速度へ移動するボタン

【出典】GMOとくとくBBキャンペーンサイト

すると、任意の地域の速度を確認することができます。

GMOとくとくBBの地域別の速度確認結果

【出典】GMOとくとくBBキャンペーンサイト

自分の地域で「ドコモ光 × GMOとくとくBB」はどのくらい速度が出るのか、あらかじめ確認することができます。

ぜひ導入前に一度チェックしてみてください。

※「ドコモ光 × GMOとくとくBB」のキャンペーンサイトが開きます。

速度が遅かったらポイント還元!

万が一IPv6開通済みなのに100Mbps以上の速度が出なかった場合は、100円相当のポイントをもらえるという条件もつけています。

GMOとくとくBBでもし速度が遅かったらポイント還元!

【出典】GMOとくとくBBキャンペーンサイト

このような特典をつけていることから、GMOとくとくBBはドコモ光提供サービスへの強いこだわりが伺えますね。

GMOとくとくBB限定のキャンペーンサイトを見る

タイプBに含まれるプロバイダ

ドコモ光・タイプBプロバイダドコモ光のタイプBに含まれるプロバイダは、全6種類です。

ドコモ光タイプBプロバイダ(全6種類)
OCN、@TCOM、TNC、AsahiNet、WAKWAK、@ちゃんぷるネット

タイプBはタイプAに比べて「戸建て住宅・集合住宅」共に月額料金が200円ほど上がります

また料金が高いからといっても、タイプAより通信速度が速いとも限りません

各種サービスを比較して、

  • タイプBのプロバイダの方が満足度が高い
  • 以前使っていたプロバイダがタイプBに含まれている
といった理由があれば、タイプBをドコモ光のプロバイダに選んでみても良いでしょう。

しかしタイプAは大手の通信事業者が名を連ねており、こだわる理由がないかぎりタイプAのプロバイダ契約されることをオススメします。

タイプA/Bでない単独タイプで契約できる!

ドコモ光ではタイプAやタイプB以外で単独タイプと呼ばれるプランも選択することができます。

単独タイプ」の特徴として、ドコモ光の公式では紹介されていない独自のプロバイダと契約できることが挙げられます。

ただドコモ光の単独タイプでの契約は光回線のみです。

そのため自分で「インターネット通信サービスを提供しているプロバイダ」を探し、別途で契約しなければなりません。

たとえば以前使っていたプロバイダがドコモ光に非対応な時は、「単独タイプ+以前使ってたプロバイダ」と組み合わせることでドコモ光回線を使うことができます。

単独タイプの申し込みは料金が割高になる

単独タイプの料金設定はタイプAより200円安いのですが、実はプロバイダ利用料金は別費用です。

そのため、

  • プロバイダ料金
  • ドコモ光回線代
といった感じに別費用になってしまい、タイプA/タイプBよりも月額料金が高くなります。

実際に調査してみても、単独タイプで契約して特にメリットを感じる部分が少ないと言えるでしょう。

基本的にドコモ光を申し込む際は、「タイプA」の中から好きなプロバイダを選択することをオススメします。

月額料金が安いタイプAで契約したほうが良さそうだね!

まとめ

ドコモ光では、

  • 後からでもプロバイダを変更できる
  • 電話やドコモショップでから手続きできる
  • 事務手数料で3,000円(税抜き)かかる
ということが分かりました。

タイプAとタイプB間でプロバイダが入れ替わることがあったり、新しくそれぞれにラインナップが加わったりすることもあります。

定期的にプロバイダ一覧を確認してみると良いでしょう。

おトクなキャンペーンの発見 があるかもしれませんよ^^

【ドコモ光 × GMOとくとくBB】申し込みはキャッシュバックを利用

総務省の要請で光回線のキャッシュバックキャンペーンやモバイル端末とのセット割が終了する可能性があります。

光回線への加入を検討している人は、キャンペーンが開催されているうちにどうぞ。

Web申し込み限定特典があります!

  • 5,500円〜キャッシュバック
    ※オプションなし、2年定期契約
  • 【dポイント】最大10,000円分プレゼント
  • 【工事費無料キャンペーン】
    2019年6月1日〜実施中!
  • 【他プロバイダよりも高速】
    v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル→速さに自信!
    ※速くなかったらポイント還元
  • 【接続かんたん】ルーターにつないですぐに利用可能
  • 【セキュリティソフト】マカフィーマルチアクセス 1年無料
    ※通常毎月500円
  • 【ドコモ光セット割】
    ※携帯利用料が毎月800円〜最大3,500円割引
  • ドコモ光出張サポート
    ※インターネット接続設定パックが無料
  • ドコモショップへの来店不要

【dカード GOLD】ドコモユーザーなら合わせて申し込みたい

ドコモ光回線への加入を検討中の人、加入済みの人にぜひオススメしたいゴールドカードです。

ドコモショップでドコモ光に加入する人の4人に1人が合わせて加入していると言われています。

Web申し込み限定特典があります!

  • ドコモ携帯、ドコモ光の10%がdポイントとして還元
    年会費分の元を取ることも十分可能
  • 3年間のケータイ補償が付帯
  • 旅行やショッピングの保険が付帯
  • 国内の空港ラウンジを無料利用可能
  • 年間100万円以上利用すれば
    10,800円分の割引特典を利用可能

【関東、関西、東海、九州】NURO光導入エリアなら!

So-netが運営する「NURO光」は、下り2Gbps/上り1Gbpsと国内最速の速度を誇ります。

ONU兼ルーターのレンタルが無料など、コストパフォーマンスに優れています。

ドコモスマホとのセット割こそありませんが、速度を最重要視する人にオススメです。

Webでの申し込み限定特典があります!
【2019年7月1日(月)~7月31日(水)】
終了まで残り 14

  • 35,000円キャッシュバック
    ※2019年7月時点の金額
  • 工事費40,000円が実質無料
  • 開通までモバイルWi-Fiレンタル可能
    ※特別価格、無制限プランあり
  • 開通月は日割で請求
  • セキュリティソフトが永年無料
    ※ソフトはカスペルスキー、通常毎月500円
  • SoftBankのおうち割対象
    ※毎月最大1,000円 最大10端末まで
  • So-netの設定サポートが1回無料
    ※通常9,000円
  • 2018年 ネット回線満足度ランキング 関東光回線 第1位
    ※価格.com
  • 2018年 固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査 関東 第1位
    ※J.D. POWER

So-netが公式に行っているキャンペーンで、安心できるという点が決め手でした↓