ドコモ光 × ぷららはなぜ遅い?原因3つととっておきの解決策

ドコモ光をぷららで利用している人たちの評価や口コミを見ると、

  • ドコモ光 × ぷららが携帯より遅い...
  • ぷらら放題よりも下りが遅い
  • 1メガしか出てない。
といった通信速度の遅さへの言及が多く見られます

しかしなぜドコモ光 × ぷららは遅いと言われているのでしょうか。

この記事では、ドコモ光 × ぷららの光回線が遅いといわれる原因ととっておきの解決策について紹介します!

\ 8月の最新キャンペーン情報 /

ドコモ光 × ぷららが遅い!考えられる3つの原因

ドコモ光 × ぷららが遅い場合に考えられるのは、

  1. 接続機器関係
  2. 通信障害
  3. 設定方法

といった主に3つの原因が考えられます。

このどれか1つでも問題が生じていると、本来の通信速度でインターネット通信が行えなくなってしまうんですよね。

具体的な原因の事例を挙げておきます。

1. LANケーブルのカテゴリーが低い

インターネット通信が遅い原因の1つに、ONUやルーターを繋げるLANケーブルのカテゴリーが低いことが挙げられます。

というのもLANケーブルは性能によって、カテゴリーレベルが分かれているんですね。

LANケーブル
種類
CAT5
カテゴリー5
CAT5e
カテゴリー5e
CAT6
カテゴリー6
CAT6A/6e
カテゴリー6A/6e
CAT7
カテゴリー7
CAT7A
カテゴリー7A
CAT8
カテゴリー8
最大通信速度100Mbps1Gbps1Gbps10Gbps10Gbps10Gbps40Gbps
適合する
イーサネット
10BASAE-T
100BASE-TX
10BASE-T
100BASE-TX
1000BASE-T
10BASE-T
100BASE-TX
1000BASE-T
1000BASE-TX
10BASE-T
100BASE-TX
1000BASE-T
1000BASE-TX
10GBASE-T
10BASE-T
100BASE-TX
1000BASE-T
1000BASE-TX
10GBASE-T
10BASE-T
100BASE-TX
1000BASE-T
1000BASE-TX
10GBASE-T
100BASE-TX
1000BASE-T
1000BASE-TX
10GBASE-T
40GBASE-T
伝送帯域100MHz100MHz250MHz500MHz600MHz1000MHz2000MHz
ギガタイプの
光回線利用
通信速度低下適合適合適合
※オススメ
適合
※オススメ
適合適合
※表は横スクロールが可能です。

たとえばLANケーブルのカテゴリーが5以下(CAT5)だと、どんなに頑張っても100Mbps以上の通信速度は得られません。

そのため最低でもカテゴリー5e以上のLANケーブルを利用する必要があります。

注意点として、

  • ONU + ルーター間のLANケーブルはCAT5e以上
  • ルーター + PC間のLANケーブルはCAT5以下

であれば100Mbps以下の通信速度になってしまいます。

どこか1つでもCAT5e以下のLANケーブルを使っているとそれだけで通信速度が落ちてしまうため、最初からLANケーブル5e以上のものを接続することをオススメします。

2. ぷららやドコモ光で通信障害が発生している

通信速度が遅くなる原因の2つめは、ぷららやドコモ光で通信障害が発生していることです。

通信障害となる要因を具体的に述べると、以下のような事例があります。

  • 電線の工事を行っている
  • 自然災害などによる断線

実際に上記のようなことが発生することで、通信速度が遅くなるのはもちろん、断線による影響であれば突然インターネット通信ができなくなることも。

たとえば

  • ルーターやONUなどの接続機器
  • パソコンやスマートフォンなど通信端末

などを再起動したり、光コンセントを抜き差ししても通信が回復しない場合は、早々に通信障害が発生していると判断して良いでしょう。

ドコモ光では通信障害発生について以下より確認することが可能です。

docomo 重要なお知らせ(通信障害)

またプロバイダ側であるぷららでも通信障害が発生していることもあるため、以下公式サイトより確認してみると良いでしょう。

plala メンテナンス・故障情報

公式サイトでも通信障害が確認できないときもある

ただし、公式サイトで通信障害が発表されていなくても自宅だけ通信障害になっていることもあります。

というのもごく小規模な地域の通信障害のときは、公式サイトに記載されないんですね。

そのため、

  1. ルーターやONUを再起動
  2. 光コンセントを抜き差し

以上を行っても通信状態が改善しないときは、ドコモ光のインフォメーションセンターに相談されることをオススメします。

発信先電話番号受付時間
ドコモの携帯電話151昼間:午前9時~午後8時
夜間:午後8時〜午前9時
ドコモの携帯電話以外0120-800-000
※表は横スクロールが可能です。

3. IPv6設定がなされていない

ドコモ光 × ぷららで通信速度が遅い原因3つめはIPv6通信の設定がなされていないこと。

というのもぷららでは、「ぷららv6エクスプレス」といったIPoE接続方式(IP over Etherne:ネイティブ方式)でISP認証を行わない高速なインターネット通信サービスを提供しています。

2018年3月以降にドコモ光 × ぷららを申し込んだ人は、設定なしでv6エクスプレスを利用することができます

しかし2018年3月以前に申し込んだ人の場合は順次サービス提供となっており、まだIPv6通信が可能な状況になっていない可能性もあります。

ぷららv6エクスプレスが開通して利用可能になっているかどうかは、ぷららマイページの「利用状況照会」で確認できるので、開通状況をチェックしてみると良いでしょう。

ドコモ光 × ぷららで通信速度を改善する方法

では、具体的にドコモ光 × ぷららの通信速度を改善する方法を紹介します。

IPoE対応ルーターを利用する

通信速度の改善方法としては、IPoE対応ルーターを無料レンタルすることです。

ぷららでは「v6エクスプレス」といったIPv6通信がすぐに利用できるサービスを提供していますが、実はIPv6通信に対応しているルーターでなければサービスが使えないんですね。

基本的には契約の際に、ぷららに申請することでIPoE対応のWi-Fiルーターを無料レンタルすることができます。

以下にドコモ光 × ぷららでルーターをレンタルする手順を載せておきます。

ルーターをレンタルする流れ

  1. ドコモ光 × ぷららへ申し込んだら「会員登録証」を受け取る。
  2. PlalaのMypageにログインする。
  3. 利用状況照会メニューの「IPoEご利用状況」から会員登録証に従って手続きを行う。
  4. ルーター発送の手続きへ

参考:ぷららv6エクスプレス対応Wi-Fiルーター無料レンタル

しかし、ルーターレンタルでも通信速度が改善されない場合、2019年7月1日から利用できるようになったある制度を利用することをオススメします。

【裏ワザ】事業者変更制度を利用して乗り換える

ドコモ光 × ぷららで通信速度がまったく改善されない場合、「事業者変更制度」を利用して別のプロバイダへ乗り換えてみると良いでしょう。

事業者変更制度を利用して他プロバイダへ移行する

事業者変更制度とは、NTTが提供しているインターネットの設備はそのままで、現在契約している事業者(プロバイダ)だけを変更することができる制度のこと。

メリットとしては

  • 現在契約しているドコモ光を解約する必要がないこと
  • 光電話の番号を変えなくて済むこと
  • 新規で回線工事をしなくて良いこと
といったことが挙げられます。

ただし、プロバイダが変更となるため

  • プロバイダ独自のメールアドレス
  • セキュリティソフトなどのオプション

といったサービスの引き継ぎはできません。

それでも事業者変更制度を利用することで、

  • 違約金がかからないこと
  • 解約や新規工事をせずに違うプロバイダサービスを受けられること
といった恩恵を受けられることを踏まえると、利用しない手はないでしょう。

※ ドコモ光事業者変更制度については以下記事が詳しいです↓

ただドコモ光プロバイダは2019年8月時点、全24社もあるためどのプロバイダへ移行すれば良いか分かりませんよね。

タイプAプロバイダ(全18社)タイプBプロバイダ(全6社)
ドコモnet、Plala、GMOとくとくBB、DTI、@nifty、IC-net、Tigers-net.com、andline、BIGLOBE、エディオンネット、SIS、SYNAPSE、excite.、hi-ho、Rakutenブロードバンド、TiKiTiKi、@ネスク、01光COARAOCN、@TCOM、TNC、AsahiNet、WAKWAK、@ちゃんぷるネット

そこで、僕も実際に利用しているドコモ光プロバイダを紹介します。

オススメなドコモ光のプロバイダは...

ドコモ光でオススメしたいプロバイダはGMOとくとくBBです。

なぜGMOとくとくBBをオススメするのかとういと、

といった他プロバイダでは実施していない魅力的なサービスを行っているからです。

さらにv6プラスサービスを立ち上げたJPNE(日本ネットワークイネイブラー株式会社)から、

  • 2017年度「v6プラス」最優秀パートナー賞
  • 2018年度「v6プラス」最優秀パートナー賞
と2年連続で表彰されている、実績のあるプロバイダなんですね。

JPNEのベストパートナー賞受賞の盾

【出典】『2018年度「v6プラス」最優秀パートナー賞』を受賞

日本ネットワークイネイブラー株式会社は、日本でのIPv6アドレス普及を目的に2010年に立ち上がった電気通信事業者です。

そうした事業からの表彰があることを踏まえると、ぷららから移行しても安心できるプロバイダと言えるでしょう。

ドコモ光 × GMOとくとくBB 公式ページの詳細を見る

まとめ

ドコモ光 × ぷららの通信速度が遅くなっている原因と、その解決方法について紹介しました。

特にLANケーブルのカテゴリーを改善することで、一気に通信速度が改善されるかもしれません。

また、ルーターやONU端末を再起動したり光コンセントの抜き差しをして改善しなければ、通信障害が疑われます。

もし通信障害が頻繁に起こり、さらに夜間の通信速度も改善されないのであれば思い切って「事業者変更制度」を利用してプロバイダを変更してみるのも良いでしょう。

自分の環境にあったプロバイダを選んで、より快適なインターネット通信を楽しんでくださいね♪

【ドコモ光 × GMOとくとくBB】申し込みはキャッシュバックを利用

総務省の要請で光回線のキャッシュバックキャンペーンやモバイル端末とのセット割が終了する可能性があります。

光回線への加入を検討している人は、キャンペーンが開催されているうちにどうぞ。

Web申し込み限定特典があります!

  • 5,500円〜キャッシュバック
    ※オプションなし、2年定期契約
  • 【dポイント】最大20,000円分プレゼント
  • 【他プロバイダよりも高速】
    v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル→速さに自信!
    ※速くなかったらポイント還元
  • 【接続かんたん】ルーターにつないですぐに利用可能
  • 【セキュリティソフト】マカフィーマルチアクセス 1年無料
    ※通常毎月500円
  • 【ドコモ光セット割】
    ※携帯利用料が毎月800円〜最大3,500円割引
  • ドコモ光出張サポート
    ※インターネット接続設定パックが無料
  • ドコモショップへの来店不要

【dカード GOLD】ドコモユーザーなら合わせて申し込みたい

ドコモ光回線への加入を検討中の人、加入済みの人にぜひオススメしたいゴールドカードです。

ドコモショップでドコモ光に加入する人の4人に1人が合わせて加入していると言われています。

Web申し込み限定特典があります!

  • ドコモ携帯、ドコモ光の10%がdポイントとして還元
    年会費分の元を取ることも十分可能
  • 3年間のケータイ補償が付帯
  • 旅行やショッピングの保険が付帯
  • 国内の空港ラウンジを無料利用可能
  • 年間100万円以上利用すれば
    10,800円分の割引特典を利用可能

【関東、関西、東海、九州】NURO光導入エリアなら!

So-netが運営する「NURO光」は、下り2Gbps/上り1Gbpsと国内最速の速度を誇ります。

ONU兼ルーターのレンタルが無料など、コストパフォーマンスに優れています。

ドコモスマホとのセット割こそありませんが、速度を最重要視する人にオススメです。

Webでの申し込み限定特典があります!
【2019年8月1日(木)~8月31日(土)】
終了まで残り 10

  • 35,000円キャッシュバック
    ※2019年8月時点の金額
  • 工事費40,000円が実質無料
  • 開通までモバイルWi-Fiレンタル可能
    ※特別価格、無制限プランあり
  • 開通月は日割で請求
  • セキュリティソフトが永年無料
    ※ソフトはカスペルスキー、通常毎月500円
  • SoftBankのおうち割対象
    ※毎月最大1,000円 最大10端末まで
  • So-netの設定サポートが1回無料
    ※通常9,000円
  • 2018年 ネット回線満足度ランキング 関東光回線 第1位
    ※価格.com
  • 2018年 固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査 関東 第1位
    ※J.D. POWER

So-netが公式に行っているキャンペーンで、安心できるという点が決め手でした↓