【セット割】スマホと光回線で割引に!各社光コラボとドコモ光を比較してみます

【セット割】スマホと光回線で割引に!各社光コラボとドコモ光を比較してみます

ドコモ光では「セット割」を適用することで、ドコモのスマホ代を割引にできます。

またフレッツ光回線とプロバイダがコラボした、一部の光コラボでもセット割の適用が可能です。

例えば、

  • So-net光
  • ビッグローブ光
といった光コラボなら、auスマホのセット割である「auスマートバリュー」を適用できます。

そこでこの記事では、ドコモ光と他社光コラボのセット割を比較しつつ、それぞれどんな人にオススメかを解説します。

\ 工事費無料キャンペーン開始 /
【2018年12月1日(土)〜】

auやソフトバンクスマホのセット割に対応する光コラボ

光コラボの中には、auやソフトバンクのスマホにセット割を適用できるものがあります。

auスマホのセット割引「auスマートバリュー」に対応するのは、以下の3つです。

  • So-net光コラボレーション
  • ビッグローブ光
  • @nifty光

ソフトバンクスマホのセット割引「おうち割」に対応するのは、「ソフトバンク光」に限られます。

  • ソフトバンク光

もちろん光コラボ以外では、「ソフトバンクエアー」や「NURO光」などは、ソフトバンク端末と合わせて「おうち割」が適用されます。

ちなみにauユーザーは、KDDIが展開する「auひかり」でも「auスマートバリュー」を適用可能です。住んでいる建物が対応している場合は、auひかりも合わせて検討してみましょう。

ドコモ光と他社セット割の違い

続いて、ドコモ光と他社セット割で知っておきたい違いについて解説します。

ドコモ光と他の光コラボのセット割引はシステムが大きく異なるので、違いを踏まえた上で選ぶのが大事です。各社のセット割引内容は以下の表のようになります。

割引内容(税抜)
ドコモ光1人用プラン: 毎月最大1,600円割引
家族向けシェアプラン: 毎月最大3,500円割引
auスマートバリュー
対応光コラボ
2年間毎月最大2,000円、3年目以降毎月最大1,000円割引 × 最大10回線
ソフトバンク光永年毎月最大1,000円割引 × 最大10回線

それでは、違いを比較していきましょう。

1回線のみ割引が適用

他社の光コラボでは最大10回線までに割引を適用可能ですが、ドコモ光は1つの回線にのみセット割引が適用されます。

auスマートバリュー対応の各光コラボもソフトバンク光も最大10回線までに割引を適用できるますね。

一部のプラン以外は永年割引

auスマートバリューは2年間最大2,000円(税抜)、3年目からは毎月最大1,000円(税抜)の割引を受けられます。ソフトバンク光では、永年毎月最大1,000円(税抜)割引です。

ドコモ光は、最大1年間の月額500円(税抜)割引を受けられる「データSパック」「ケータイパック」を除いた全てのプランで永年割引を適用可能です。

光回線とスマホのセット割の中には、割引額が変動するものもあることに注意しましょう。

光電話契約なしで割引適用

auの「auスマートバリュー」やソフトバンクの「おうち割」は、セット割を適用するために月額500円(税抜)の光電話契約が必須です。

しかし、ドコモ光なら光電話等のオプションを契約しなくても割引を適用できます。固定電話を使う予定がない人は、無駄なオプションサービスを契約しなくても良いのが嬉しいですね。

僕も固定電話を使っていないので、ドコモ光で光電話を契約しなくて済んでいるのはとても助かっています。

申し込み手続き不要でセット割引適用

ドコモ光は、契約時にドコモの電話番号を伝えていれば申し込み手続きを個別に行わなくてもセット割引が適用されます。

auスマートバリュー対応の光コラボは、インターネットと光電話を申し込んでからauショップや電話窓口で適用の申込みをしなければ割引を適用できません。

ソフトバンク光のおうち割光セットは、My SoftBankかソフトバンクショップで割引を申し込めます。

ドコモ光とセット割対応光コラボの月額料金を比較!

続いてドコモ光とセット割対応の光コラボ各社で月額料金を比較した表を見てください。

戸建住宅月額料金(税抜)集合住宅月額料金(税抜)
ドコモ光
高速WiFiルーターが無料レンタル可能なプロバイダ
5,200円4,000円
So-net 光 コラボ
(30ヶ月契約)
開通月: 0円
36ヶ月間: 4,500円
37ヶ月目以降: 5,200円
開通月: 0円
36ヶ月間: 3,400円
37ヶ月目以降: 4,100円

ビッグローブ光
(3年プラン)
4,980円3,980円
@nifty光
(3年プラン)
開通月: 0円
36ヶ月間: 4,510円
37ヶ月目以降: 5,200円
開通月: 0円
36ヶ月間: 3,490円
37ヶ月目以降: 3,980円

(2年自動更新プラン)
5,200円3,800円

ドコモ光は月額料金の変動が無く、月額料金についてはとくに始めの3年程度、他社の方が安く使える傾向にあります。

ただし、だからといってドコモ光以外を選んだほうが良いとは言えないんですよね。

契約期間の違いに注意

ドコモ光とソフトバンク光は2年契約ですが、auスマートバリューに対応する他3社は2年よりも長い契約期間が設定されているので要注意です。

契約期間が長いと、それだけ無料で解約できるタイミングが訪れるまでの期間が伸びてしまいます。確実に同じ家に住み続ける持ち家住まいの人なら問題ないかもしれませんが、転勤族の方など引っ越しが多い人は3年契約だと煩わしいと感じるのではないでしょうか。

キャンペーンはドコモ光以外の方が高額になりがち

2018年5月時点で展開されている、各社のキャンペーンを表にまとめました。

ドコモ光
プロバイダ「GMOとくとくBB」
  • 15,000円キャッシュバック
  • 工事費18,000円が実質無料
  • 地域によって10,000円〜20,000円分のdポイントプレゼント
So-net光コラボレーション
  • 最大20,000円分のAmazonギフト券
    (月額割引を適用しない場合)
  • 光電話1年間実質0円
ビッグローブ光
  • 工事費実質無料
  • 25,000円キャッシュバック
  • IPv6対応無線LANルーターが1年間0円
@nifty光
  • 20,100円キャッシュバック
SoftBank光
  • 最大24,000円
  • 他社解約金最大10万円キャッシュバック

ドコモ光のプロバイダは当サイトでは「GMOとくとくBB」をオススメしています。

キャッシュバックが2019年1月現在、過去最高の15,000円となっている上、dポイントが最大20,000ポイントもらえます。工事費も実質無料な上に、v6プラスに対応した高速WiFiルーターも無料レンタル可能と至れり尽くせりとなっています。

キャッシュバック額が一番大きいのはビッグローブ光で、ビッグローブ光は工事費が通常30,000円のところ、40回分割における値引きで実質無料となる点も見逃せません。

ただし工事費の分割回数が長いため、36ヶ月の契約期間を終えた段階でもまだ4ヶ月分(3,000円)の残債が残っていることには注意しましょう。

まとめ

最後にまとめとして、どんな人にどの光コラボがおすすめか紹介します。

  • ドコモユーザーならドコモ光(プロバイダはGMOとくとくBBが現状イチオシ)
  • auユーザーやキャンペーン重視の人はauスマートバリュー対応の光コラボ
  • ソフトバンクユーザーや、他社からの乗り換えを伴う契約の人はソフトバンク光
    →とは言え、もしも対応エリアなら、ソフトバンク光よりも「NURO光」を断然オススメしています。
ここまで各社の特徴・それぞれの違いをいろいろ解説してきましたが、基本的には自分が契約しているスマホのセット割を受けられる光コラボを選べばOKです。

各社でキャンペーンや月額料金は異なりますが、僕としてはわざわざスマホの契約先を乗り換えてまで選ぶべき光コラボはないと考えています。

今回の記事を参考に、契約する光コラボについて検討してもらえたら嬉しいです!

【ドコモ光 × GMOとくとくBB】申し込みはキャッシュバックを利用

総務省の要請で光回線のキャッシュバックキャンペーンやモバイル端末とのセット割が終了する可能性があります。

光回線への加入を検討している人は、キャンペーンが開催されているうちにどうぞ。

webでの申し込み限定特典があります。
【2018年12月1日(土)〜 】
終了まで残り 7

  • 最大15,000円キャッシュバック
  • dポイント最大10,000円分プレゼント
  • 新規工事料金無料
    (通常15,000円〜18,000円)
  • 【他プロバイダよりも高速】
    v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル→速さに自信!
    (速くなかったらポイント還元)
  • セキュリティソフト(マカフィーマルチアクセス)が1年無料
    (通常毎月500円)
  • ドコモ光出張サポート「インターネット接続設定パック」が無料
  • 【ドコモ光セット割】
    ドコモ携帯とセットで毎月800円〜最大3,500円割引
  • ドコモショップへの来店不要

【dカード GOLD】ドコモユーザーなら合わせて申し込みたい

ドコモ光回線への加入を検討中の人、加入済みの人にぜひオススメしたいゴールドカードです。

ドコモショップでドコモ光に加入する人の4人に1人が合わせて加入していると言われています。

webでの申し込み限定特典があります!

  • ドコモ携帯、ドコモ光の10%がdポイントとして還元
    年会費分の元を取ることも十分可能
  • 3年間のケータイ補償が付帯
  • 旅行やショッピングの保険が付帯
  • 国内の空港ラウンジを無料で使用可能
  • 年間100万円以上利用すれば
    10,800円分の割引特典を利用可能