【ドコモ光】GMOとくとくBBをプロバイダに選ぶメリットを詳しく解説します!

ドコモ光をGMOとくとくBBで申し込むメリットはあるのか?

ドコモ光を「GMOとくとくBB」で契約するメリットはなんでしょうか?

僕はドコモ光をGMOとくとくBBで契約して使っているのですが、

  • 時間帯を問わず高速通信ができること

が最大のメリットだと感じています。

というのもドコモ光をGMOとくとくBBで利用すると、本当にどの時間帯でもお世辞抜きに安定して速いんですよね。

そこでこの記事では、

  • ドコモ光(GMO)で行った驚愕の速度調査結果
  • 他プロバイダと比較したGMOとくとくBBのメリット
といった「ドコモ光をGMOとくとくBBで申し込むメリット」について、とことん詳しくお伝えしていきます!

\ 7月の最新キャンペーン情報 /

目次

ドコモ光の契約にGMOとくとくBBをオススメするメリット

GMOとくとくBBとは、「GMOインターネット株式会社」が運営しているインターネットサービスプロバイダの名称です。

GMOはインターネットのインフラ事業を営む東証一部の上場企業ですね

ドコモ光をGMOとくとくBBで契約するメリットは

  • 5,500円〜キャッシュバック
    ※オプションなし、2年定期契約
  • 【dポイント】最大10,000円分プレゼント
  • 【工事費無料キャンペーン】
    2019年6月1日〜実施中!
  • 【他プロバイダよりも高速】
    v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル→速さに自信!
    ※速くなかったらポイント還元
  • 【接続かんたん】ルーターにつないですぐに利用可能
  • 【セキュリティソフト】マカフィーマルチアクセス 1年無料
    ※通常毎月500円
  • 【ドコモ光セット割】
    ※携帯利用料が毎月800円〜最大3,500円割引
  • ドコモ光出張サポート
    ※インターネット接続設定パックが無料
  • ドコモショップへの来店不要
といった充実した特典が展開されていることです。

中でも特に「通信速度へのこだわり」がGMOとくとくBBの強みと言えます。

ドコモ光 × GMOとくとくBBのキャンペーンサイト

GMOとくとくBBをなぜオススメするのか

メリットのメージドコモ光のプロバイダとして「GMOとくとくBB」をなぜオススメするのでしょうか。

一番のメリットは冒頭でもお話した、「高速通信ができること」に尽きます。

いま使っているインターネット回線について、

  • ADSL回線で常に10Mbpsくらいしか速度が出ない…
  • フレッツ光回線が混雑していて夜になると遅くなる…
  • 回線速度がイマイチ安定しない…
といった理由で困っている人に、ドコモ光 × GMOとくとくBBの組み合わせはピッタリなんですよね。

以下に僕がドコモ光を道入して行った、実測結果を載せておきます。

ドコモ光を最大限に活かせるのはGMOとくとくBBだけ

ドコモ光を「GMOとくとくBB」で契約し、有線・無線LANで実測してみました。

朝8時台昼12時台夜18時台平均値
有線ドコモ光有線LAN速度の計測結果・朝8時ドコモ光有線LAN速度の計測結果・昼12時ドコモ光有線LAN速度の計測結果・夜18時

有線LANの平均値

  • 上り:586Mbps
  • 下り:436Mbps
無線ドコモ光無線LAN速度の計測結果・朝8時ドコモ光無線LAN速度の計測結果・昼12時ドコモ光無線LAN速度の計測結果・夜18時

無線LANの平均値

  • 上り:537Mbps
  • 下り:370Mbps
※表は横スクロールが可能です。

実測の結果、有線・無線LANともに

  • 上りは500Mbps以上
  • 下りは350Mbps以上
となっており、一日通して高速で安定したインターネット通信ができていることが分かります

500Mbpsとかめっちゃ速い…!

> 自分の地域で速度測定してみる

※ドコモ光の速度計測については以下記事が詳しいです↓

しかしなぜドコモ光を「GMOとくとくBB」で契約することで、ここまでの通信速度向上が見込めるのでしょうか。

その最大の理由はGMOとくとくBBで無料レンタルできるWi-Fiルーターのスペックが高いことにあります。

光コラボで無料レンタルできるWi-Fiルーターの一覧

ドコモ光で無料レンタルできる、各プロパイダのWi-Fiルーターのスペックをまとめました。

特に注目してほしいのは、各ルーターの5GHz帯で出せる最大通信速度です。
(※価格はオープン価格のため、価格.comなどの参照価格です)

プロバイダルーター型番外観価格5GHz
最大速度
2.4GHz
最大速度
GMO
とくとくBB
WXR-1750DHP2
(BUFFALO)
WXR-1750DHP214,300円1,300Mbps450Mbps
Aterm WG1900HP2
(NEC)
Aterm WG1900HP2※9,800円1,300Mbps600Mbps
WRC-2533GST2 New!
(ELECOM製)
17,970円1,733Mbps800Mbps
So-netWN-AX1167GR2
(IO-DATA)
WN-AX1167GR28,300円867Mbps300Mbps
Aterm WG1200HS3
(NEC)
Aterm WG1200HS3※6,000円867Mbps300Mbps
BIGLOBEAterm WG1810HP
(NEC)
Aterm WG1810HP非売品1,300Mbps450Mbps
Ic-netWN-AX1167GR
(IODATA)
WN-AX1167GR※7,000円867Mbps300Mbps
PA-WG1200HP3
(NEC)
PA-WG1200HP3※7,000円867Mbps300Mbps
DTIWRC-1167GST2
(ELECOM)
WRC-1167GST28,970円867Mbps300Mbps
ぷららWN-AX1167GR2
(IO-DATA)
WN-AX1167GR28,300円867Mbps300Mbps
ドコモドコモ光ルーター01ドコモ光ルーター019,590円867Mbps300Mbps
※表は横スクロールが可能です。

5GHz帯の最大通信速度に注目してもらった理由は、ドコモ光の最大通信速度が1Gbps・つまり1000Mbps出るからです。

ルーター側で5GHz帯の最大速度が867Mbpsでは、ドコモ光の最大通信速度1000Mbpsに及ばないんですよね。

ルーターの最大通信速度が867Mbpsじゃ、1Gbpsには届かないもんな...

ルーターの性能以上には通信速度が速くなることはないため、せっかくのドコモ光の高速通信が活かせないのはちょっと損ですよね。

対してGMOとくとくBBでレンタルできるWi-Fiルーターは3つあり、すべて5GHz帯の最大通信速度は1,300Mbps以上となっています。

  • WXR-1750DHP2:5GHz最大通信速度1300Mbps
  • Aterm WG1900HP2:5GHz最大通信速度1300Mbps
  • WRC-2533GST2:5GHz最大通信速度1733Mbps
どのルーターを選んでも、確実にドコモ光の通信速度を最大限に引き出すことできるというわけですね。

無料レンタルルーターの性能No.1はGMOとくとくBB

BIGLOBEの高速ルーターは任意で選ぶことができない

GMOとくとくBB以外のプロバイダで、レンタルルーターが1000Mbpsを超えるのは実質BIGLOBEだけです。

プロバイダルーター型番外観価格5GHz
最大速度
2.4GHz
最大速度
GMO
とくとくBB
WXR-1750DHP2
(BUFFALO)
WXR-1750DHP214,300円1,300Mbps450Mbps
Aterm WG1900HP2
(NEC)
Aterm WG1900HP2※9,800円1,300Mbps600Mbps
WRC-2533GST2 New!
(ELECOM製)
17,970円1,733Mbps800Mbps
BIGLOBEAterm WG1810HP
(NEC)
Aterm WG1810HP非売品1,300Mbps450Mbps
※表は横スクロールが可能です。

しかし現在BIGLOBEでレンタルサービスを行っているルーターは、時期によってAterm WG1200HP3(最大通信速度867Mbps)になってしまうこともあります。

そのため、確実に高速ルーターがレンタルできるわけではないんですよね。

BIGLOBEのレンタルルーター

【出典】BIGLOBE -ドコモ光Wi-Fiルーター無料レンタル

最大通信速度1000Mbps以上のWi-Fiルーターを、確実に無料レンタルできるプロバイダは「GMOとくとくBB一択」と言って良いでしょう。

ドコモ光 × GMOとくとくBBのキャンペーンページ
ドコモ光を最大限に活かすなら、ルーターの性能が高いプロバイダが良さそうだね!

GMOとくとくBBのレンタルルーター3つを比較

ドコモ光のプロバイダ中で「GMOとくとくBB」がいかに高性能なルーターを無料レンタルしているかが分かりましたね。

さてGMOとくとくBBでドコモ光を契約すると、「BUFFALO製」と「NEC製」のどちらかのルーターをレンタルすることができます。

1. WXR-1750DHP2

1つはBUFFALO製のルーター「WXR-1750DHP2」です。

WXR-1750DHP2

方向を自由に変えられる、大きなアンテナが3本もついています。

WXR-1750DHP2

2. Aterm WG1900HP2

もう1つはNEC製のルーター「Aterm WG1900HP2」です。

AtermWG1900HP2のイメージ

BUFFALOルーター「WXR-1750DHP2」やONUよりもかなり小型で

WG1900HP2ルーターと幅の比較

ボディの材質も高級感がある媒体です。

WG1900HP2ルーターのボディ光沢

3. WRC-2533GST2

3つ目はELECOM製ルーターの「WRC-2533GST2」です。

このルーターは最大通信速度が1733Mbpsと、先の2つに比べて400Mbps以上の高速通信が可能です。

またルーターとしては珍しく、縦置き・横置き・壁掛けと配置方法を任意で設定できます。

WRC-2533GST2の色んな置き方

【出典】ELECOM -タテ置き、ヨコ置き、壁掛け対応

無線LANルーターは設置場所によって電波の強度が変わるため、住環境に合わせてルーターの設置場所を変更できるのは嬉しい仕様ですね。

しかしすべて最大通信速度1300Mbps以上と高性能なルーターなので、どれをレンタルすれば良いのか迷ってしまいます。

どれもスペックが高くて、どっちを選べばよいか分からないよ〜…

そこで全ルーターの基本的なスペックを比較してみました。

メーカー型式WXR-1750DHP2WG1900HP2WRC-2533GST2
外観WXR-1750DHP2WG1900HP2WRC-2533GST2
メーカーBUFFALONECELECOM
価格14,300円※ 9,800円
(価格.comなど参照価格)
17,970円
v6プラス対応
5GHz最大速度1,300Mbps1,300Mbps1,733Mbps
2.4GHz最大速度450Mbps600Mbps800Mbps
通信周波数2.4GHz
5GHz
2.4GHz
5GHz
2.4GHz
5GHz
無線LAN規則IEEE802.11
a/b/g/n/ac
IEEE802.11
a/b/g/n/ac
IEEE802.11
a/b/g/n/ac
最大接続台数18台18台24台
インターフェイスUSB3.0なしなし
有線インターフェイスLANポート × 4
INTERNETポート × 1
LANポート × 4
INTERNETポート × 1
LANポート × 4
INTERNETポート × 1
戸建て3階建て3階建て3階建て
マンション4LDK4LDK4LDK
※表は横スクロールが可能です。

メーカー情報を比較してみると2.4GHz / 5GHzともWRC-2533GST2が一番速く通信できることが分かりました。

特に2.4GHz帯での通信速度は、WXR-1750DHP2(450Mbps)の約2倍近い速さを誇っています。

ただし「Aterm WG1900HP2」は、価格.comプロダクトアワード2017で大賞を受賞している超優秀ルーターでもあります。

「PC周辺機器部門」での大賞のため、環境を選ばず良いパフォーマンスを出してくれるルーターであることは間違いないでしょう。

WXR-1750DHP2とAterm WG1900HP2どっちを選べば良いのか

こうした評価を見ると、「Aterm WG1900HP2」を選べば良さそうですが、「WXR-1750DHP2」にもすばらしいメリットがあるんですよね。

WXR-1750DHP2を選ぶメリット

wxr1750dhp002BUFFALO製のルーター「WXR-1750DHP2」を選ぶメリットは、なんと言ってもNASが使えることでしょう。

NASとは、外部から自宅のHDDデータを参照することができる技術のことです。

NAS接続イメージ

【出典】BUFFALO -WXR-1750DHP2特徴

自宅で編集途中のデータや資料を会社で加工したり、スマホで外でも確認できるのは非常に便利な機能であると言えます。

※ NEC製のルーター「Aterm WG1900HP2」にはUSBポートがないため、HDDを繋げてNASを使うことはできません

Aterm WG1900HP2を選ぶメリット

ドコモ光ルーターイメージNEC製のルーター「Aterm WG1900HP2」を選ぶ最大のメリットは、やはり高速通信が可能なことでしょう。

先に紹介しましたが、両ルーターのスペックで有線・無線接続どちらとも「Aterm WG1900HP2」のほうが通信速度が速いです。

メーカー型式WXR-1750DHP2WG1900HP2
有線上り417Mbps577Mbps
下り375Mbps517Mbps
無線上り232Mbps362Mbps
下り150Mbps237Mbps
5GHz最大速度1,300Mbps1,300Mbps
2.4GHz最大速度450Mbps600Mbps
※表は横スクロールが可能です。

特に2.4GHz帯の通信速度は

  • WXR-1750DHP2は450Mbps
  • WG1900HP2は600Mbps
となっており、規格上で150Mbpsの開きがあるんですね。

そのため「少しでも通信速度を上げたい!」という方には、WG1900HP2はうってつけなルーターと言えるでしょう。

実は先に載せたドコモ光の計測結果は、

ドコモ光回線 Speedtestスピードテスト 夜20時

AtermWG1900HPに有線LANを繋いで計測した結果なんですよね。

有線LAN接続イメージ

有線でのAtermWG1900HPの通信速度は

  • 理論値は上り577Mbps
  • 実測結果は507Mbps
となっており、ほぼ期待値通りの速度が出ているのには感動しました。

ちなみに無線LANでは以下のような計測結果となっています。無線20時台Speedtest計測結果・ドコモ光

理論値に対しての速度はそこまで期待していなかったこともあり、これは非常に驚きの結果になったと言えます。

かんたんにまとめると、

  • HDDを繋げてNAS機能を使うならWXR-1750DHP2
  • 少しでも速い通信を希望するならAterm WG1900HP2
を選ぶことをオススメします。

※ドコモ光 × GMOとくとくBB公式の特設キャンペーンページが開きます。

こうしたドコモ光の速さに感動したのは僕だけでなく、Twitter上でもつぶやかれていました。

ドコモ光 × GMOとくとくBBで契約して速くなった口コミ

ドコモ光をGMOとくとくBBで契約した人は、通信速度の恩恵を授かれているのが分かりますね。

僕も実際に500Mbps以上出たのは感激だったよ!

GMOとくとくBBはドコモ光回線の高速化を徹底追求

ここまではGMOとくとくBBでレンタルできる

  • ルーターの性能
  • ドコモ光回線の実測値
について紹介しました。

ここからはGMOとくとくBBの強みともいえる「光回線高速化への取り組み」について、具体的にどのようなことを行っているのか紹介していきます!

GMOとくとくBBならドコモ光の速度平均を地域ごとに確認できる

ドコモ光を契約する際にちょっと不安なのは、「自分の環境で高速通信できるか分からない」ことではないでしょうか。

自分の地域や環境じゃそこまで速度が出ないかもしれない…

と思ってしまいますよね。

そこで注目したいのがGMOとくとくBBで開示されている地域ごとの平均速度です。

GMOとくとくBBでは、地域ごとに設置した独自のドコモ光回線をリアルタイムで実測調査を行い開示しています

例えば2018年10月〜2019年6月1日 全国合計1,746件(有線LAN光配線方式の計測結果)のデータが、以下のように開示されていました。

ドコモ光 × GMOとくとくBB全国平均速度190709

僕が確認したのは2019年6月でしたが、全国平均は

ドコモ光の全国平均速度

  • 上り:130.83Mbps
  • 下り:173.69Mbps
となっていました。

自分の地域でドコモ光をGMOとくとくBBで使った際の平均速度を確認するには、以下のキャンペーンサイトより確認できます。

キャンペーンサイトへ

キャンペーンサイトにアクセスしたら 次世代技術v6プラス採用!の解説図の直下にある、「 ▶ GMOとくとくBB速度の秘密ページへ 」ボタンをクリックします。

GMOとくとくBBの地域別速度へ移動するボタン190126

ドコモ光×GMOとくとくBBによる、「地域別の速度確認画面」が表示されるので、自分の地域に該当するブロックをクリック。

GMOとくとくBBの地域別速度へ移動するボタンすると、任意の地域の速度を確認することができます。

GMOとくとくBBの地域別の速度確認結果この画面で自分の地域箇所をクリックすれば「ドコモ光 × GMOとくとくBB」でどのくらいの通信速度が出るのか、あらかじめ確認することができます。

ぜひ導入前に一度チェックしてみてください。

※「ドコモ光 × GMOとくとくBB」のキャンペーンサイトが開きます。

ドコモ光 × GMOとくとくBBはv6プラス対応で安定・高速通信!

GMOとくとくBBは速さに自信あり

【引用】GMOとくとくBBキャンペーンサイト

GMOとくとくBBではなぜ安定した高速通信が可能なのでしょうか。

それは「v6プラス」という次世代の通信方式を採用しているからです。

v6プラスとは通常の「PPPoE接続」というインターネットへの接続方式に比べて、

渋滞IPv4イメージのgif

鷹の爪団インターネットサクサク大作戦IPv6(IPoE)

回線が混雑しづらく常時快適に通信できるシステムのことです。

快適IPv6 v6イメージのgif

鷹の爪団インターネットサクサク大作戦IPv6(IPoE)

実はv6プラス対応しているルーターを使わないとv6プラス通信はできません。

しかし「GMOとくとくBB」でレンタルできる以下2つのルーターなら、

  • WXR-1750DHP2
  • Aterm WG1900HP2
問題なくv6プラスに対応しており、スグに快適なv6通信ができるようになります。

WXR-1750DHP2
wxr1750dhp002
Aterm WG1900HP2
ドコモ光ルーターイメージ
そしてGMOとくとくBBでレンタルできるWi-Fiルーターは、37ヶ月以降は返却不要で実質もらえるという超スペシャル特典となっているんですよね。

※ドコモ光☓GMOとくとくBBのキャンペーンページが開きます。

GMOとくとくBBでもし速度が遅かったらポイント還元!

GMOとくとくBBでもし速度が遅かったらポイント還元!

【出典】GMOとくとくBBキャンペーンサイトv

GMOとくとくBBのすごいところは光回線開通後に計測結果が100Mbpsを下回っている場合、GMOとくとくポイントが100ポイント付与されることです。

100ポイントは100円と同等の価値があり、ポイントは月に1回付与されるため速度が遅ければ月額料金が100円減額されるイメージです。

もし速度が遅かったら、料金が減額されるんだね!

このような制度を設けているのはGMOとくとくBBならではであり、速度に絶対の自信を持っている表れと言えるでしょう。

中の人からのお話
先日、中の人とお会いする機会があったのですが、

「速度が出なかったユーザーの方に、ポイントを付与して済ませばいいという考えは一切なく、それだけ速度に自信があり、ドコモ光のプロバイダとして、高速化を実現するための企業努力をしている」

といった熱い言葉が印象的でした。

ドコモ光・GMOとくとくBBのキャッシュバックがスゴイ!

ドコモ光をGMOとくとくBBで契約することで受け取れるメリットは、高性能ルーターが無料レンタルできることだけではありません。

キャッシュバック金額が多く、月額料金もフレッツ光などに比べ安くなることが挙げられます。

【2019年7月】キャンペーンで最大5,500円キャッシュバック

【ドコモ光】GMOとくとくBB キャッシュバックキャンペーン

【出典】GMOとくとくBBキャンペーンサイト

GMO公式のキャッシュバックキャンペーン経由で申し込めば、最大5,500円(2019年7月)のキャッシュバックをもらうことができます!

最大のキャッシュバック金額を受け取るためには、月額1,500円の「ドコモ光電話バリュー」を利用する必要があります。電話サービスを利用せず、光回線のみ申し込む場合でも5,500円がキャッシュバックされます。

キャンペーンページを確認すると、他社よりも優れた特典を保証しているんですよね^^

他社徹底対抗宣言

ドコモ光のお申込みに対し、当サイトの特典よりもお得な条件の窓口があれば、対象の条件よりも同条件以上の特典をご提供することを宣言いたします。
※ドコモ光をお申込みいただけるWEBサイト・家電量販店・ドコモショップが対象となります。

※適用を希望される場合、お申し込みの際にオペレーターまで下記3点をお伝え下さい。
(1)他社名(2)キャッシュバック適用条件(3)キャッシュバック金額
※ご申告内容の確認のため、ページのスクリーンショットや写真などのご提出をお願いする場合がございます。

【引用】GMOとくとくBBキャンペーンサイト

当店よりも安いチラシがあれば値下げします!という家電量販店みたい!
いつまで実施するか分からないから、
キャッシュバックがあるうちに申し込みたいですね

dポイント最大10,000円分プレゼント

ドコモ光dポイントキャッシュバック

【出典】GMOとくとくBBキャンペーンサイト

GMOとくとくBB限定というわけではないのですが、ドコモ光に申し込むとNTTドコモよりdポイントがプレゼントされます。

  • 【新規】 dポイント10,000円分プレゼント
  • 【転用】 dポイント5,000円分プレゼント
ドコモユーザーにはありがたいね!

ドコモユーザーと言えば、クレジットカード「dカード GOLD」への加入もあわせて検討することをぜひオススメします!

dカード GOLD」はドコモショップでもオススメしています。
ドコモ光に加入する人の4人に1人は同時に加入していると言われています。

ドコモ光の月額料金は意外とおトク

他社光回線に比べて高いと噂されるドコモ光ですが、実は意外と高くないです。

特にフレッツ光からの乗り換えであれば、光回線単体でも毎月使用料金を安く抑えることができます。

戸建タイプの場合

GMOとくとくBB(ドコモ光)戸建タイプ 料金 意外と安い!

【出典】GMOとくとくBBキャンペーンサイト

※ドコモ光タイプA(2年定期契約あり)の場合

マンションタイプの場合

GMOとくとくBB(ドコモ光)マンションタイプ 料金 意外と安い!

【出典】GMOとくとくBBキャンペーンサイト

※ドコモ光タイプA(2年定期契約あり)の場合

タイプAなので月額料金が200円安い

GMOとくとくBBはタイプAとなっています!

タイプAはタイプBのプロバイダを選んだ場合に比べて、月額料金が200円ほど安くなります。

 戸建住宅集合住宅
タイプA5,200円4,000円
タイプB5,400円4,200円

※価格は全て税抜表示です。

GMOとくとくBBなら2019年7月現在、5,500円のキャッシュバックを受け取ることができ、実質料金を一番安く抑えられることができると言えます。

※ドコモ光☓GMOとくとくBBのキャンペーンページが開きます。

ドコモ携帯とセット割で毎月800円〜最大3,500円割引

【ドコモ光】セット割

【出典】GMOとくとくBBキャンペーンサイト

ドコモ携帯とドコモ光をセットで利用することで、1端末あたり毎月最大3,500円の割引が受けられます。家族でドコモ端末を複数利用している場合など、台数分割引が適用されるのでかなりおトクと言えます。

なお、ドコモ光のセット割は、パケットパックごとに割引額が設定されています。

割引額を確認するのが少し複雑なため、ドコモの各パケットパックの月額料金と、ドコモ光のセット割引額を以下の表にまとめてみました。

[ドコモ光セット割の金額]

家族でドコモ端末を複数利用している場合など、台数分割引が適用されるのでかなりおトクと言えます!

GMOとくとくBBは設定サポートやセキュリティも充実

GMOとくとくBBでドコモ光を契約すれば

  • Wi-Fiの設定サポート
  • セキュリティソフトサービス
を受けることができます。

「インターネット接続設定パック」が無料

「インターネット接続設定パック」が無料

【出典】GMOとくとくBBキャンペーンサイト

GMOが実施しているドコモ光出張サポートサービス「インターネット接続設定パック」が1回に限り無料で利用できます。

無料で対応できるサポート内容は以下となります。

  • 有線インターネット接続設定
  • メール設定(1アカウント)
  • 通信機器の設定(ルーター/モデムなど)

インターネットに接続する初期設定が不安な人も安心ですね!

なお出張サポート希望日の予約は希望日の1週間までに連絡する必要があります。

セキュリティソフト(マカフィー®)が1年無料

セキュリティソフト(マカフィー)が1年無料

【出典】GMOとくとくBBキャンペーンサイト

セキュリティソフト(マカフィー® マルチアクセス)が最大3台のパソコン・スマホにインストール可能です。

対応する機能は若干異なりますが、Windows、Mac、Androidに対応しているので安心ですね。

マカフィーが提供するサービス一覧は、キャンペーンページの「サービスの詳細・お申込み方法を確認する」から見られます。

ドコモショップへ行って申し込まなくて済む

当たり前のことですが、当ページからリンクされているGMOとくとくBBのキャンペーンページからの申し込みであればドコモショップへ行く必要はありません。

店頭で並ばなくていいのは本当に楽ですよ〜。
腰痛がひどい私には、一番のメリットかもしれません

ネット上で申し込んで、最大5,500円キャッシュバックや最大10,000円分のdポイントプレゼントといった特典が付与されるので、ぜひ利用することをオススメします。

知らないと損するね…!

まとめ 〜速度重視の人は、GMOとくとくBBを要チェック!〜

ドコモ光では豊富なラインナップからプロバイダを選ぶことが可能です。

しかしGMOとくとくBBを選ぶことで、

  • タイプBより200円月額料金がおトクになる
  • 高性能ルーターが無料レンタルできる
  • 37ヶ月以降はルーター返却が不要になる
といった、他のプロバイダでは得られない大きなメリットがあることが分かりました。

また「ドコモ光 × GMOとくとくBB」であれば、全国各地の速度平均が確認できる仕様です。

任意の地域でドコモ光を使ったときの速度想定ができるので、ぜひ活用しておきたい機能ですね。

ドコモ光による各地域の平均速度を見てみる

そしてGMOとくとくBBなら月額料金に加え、通信機器にかかる料金までおトクになるのは本当にメリットと言えるでしょう。

当記事がドコモ光のプロバイダ選びの参考になれば幸いです!

【ドコモ光 × GMOとくとくBB】申し込みはキャッシュバックを利用

総務省の要請で光回線のキャッシュバックキャンペーンやモバイル端末とのセット割が終了する可能性があります。

光回線への加入を検討している人は、キャンペーンが開催されているうちにどうぞ。

Web申し込み限定特典があります!

  • 5,500円〜キャッシュバック
    ※オプションなし、2年定期契約
  • 【dポイント】最大10,000円分プレゼント
  • 【工事費無料キャンペーン】
    2019年6月1日〜実施中!
  • 【他プロバイダよりも高速】
    v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル→速さに自信!
    ※速くなかったらポイント還元
  • 【接続かんたん】ルーターにつないですぐに利用可能
  • 【セキュリティソフト】マカフィーマルチアクセス 1年無料
    ※通常毎月500円
  • 【ドコモ光セット割】
    ※携帯利用料が毎月800円〜最大3,500円割引
  • ドコモ光出張サポート
    ※インターネット接続設定パックが無料
  • ドコモショップへの来店不要

【dカード GOLD】ドコモユーザーなら合わせて申し込みたい

ドコモ光回線への加入を検討中の人、加入済みの人にぜひオススメしたいゴールドカードです。

ドコモショップでドコモ光に加入する人の4人に1人が合わせて加入していると言われています。

Web申し込み限定特典があります!

  • ドコモ携帯、ドコモ光の10%がdポイントとして還元
    年会費分の元を取ることも十分可能
  • 3年間のケータイ補償が付帯
  • 旅行やショッピングの保険が付帯
  • 国内の空港ラウンジを無料利用可能
  • 年間100万円以上利用すれば
    10,800円分の割引特典を利用可能

【関東、関西、東海、九州】NURO光導入エリアなら!

So-netが運営する「NURO光」は、下り2Gbps/上り1Gbpsと国内最速の速度を誇ります。

ONU兼ルーターのレンタルが無料など、コストパフォーマンスに優れています。

ドコモスマホとのセット割こそありませんが、速度を最重要視する人にオススメです。

Webでの申し込み限定特典があります!
【2019年7月1日(月)~7月31日(水)】
終了まで残り 12

  • 35,000円キャッシュバック
    ※2019年7月時点の金額
  • 工事費40,000円が実質無料
  • 開通までモバイルWi-Fiレンタル可能
    ※特別価格、無制限プランあり
  • 開通月は日割で請求
  • セキュリティソフトが永年無料
    ※ソフトはカスペルスキー、通常毎月500円
  • SoftBankのおうち割対象
    ※毎月最大1,000円 最大10端末まで
  • So-netの設定サポートが1回無料
    ※通常9,000円
  • 2018年 ネット回線満足度ランキング 関東光回線 第1位
    ※価格.com
  • 2018年 固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査 関東 第1位
    ※J.D. POWER

So-netが公式に行っているキャンペーンで、安心できるという点が決め手でした↓