【ドコモ光】GMOとくとくBBはクーリングオフできない!違約金なしで解約する3つの方法

ドコモ光サービスは通信販売に該当するのでクーリングオフは対象外です。

そのためドコモ光のプロバイダサービスについても、クーリングオフは適用されません

ドコモ光だとクーリングオフは適用されないんだ...

しかし「初期契約解除制度」を適用することで、契約から8日間以内であればプロバイダサービスのキャンセルも可能です。

そこで今回はドコモ光のプロバイダである、

  • GMOとくとくBBの初期契約解除を行なう方法
  • GMOとくとくBBを違約金なしで解約する3つ方法

について詳しく解説していきます!

\ 5月の最新キャンペーン情報 /

ドコモ光 × GMOとくとくBBは初期契約解除で契約解除ができる

注意・ポイントのイメージドコモ光では冒頭でお話したとおり、通信販売に該当するためクーリングオフ対象外です。

また光コラボを行っている全プロバイダについても、クーリングオフは対象外となっており「GMOとくとくBB」も例外ではありません。

しかし契約から8日以内に解約を行なう場合は、「初期契約解除制度」を適用した解約が行えます。

光回線インターネットサービス、ケーブルテレビインターネットサービス、主なプロバイダ(インターネット接続)サービス等、一定の範囲の電気通信サービスの契約については、基本として、契約書面の受領日を初日とする8日間が経過するまで、利用者の都合により契約を解除できます(初期契約解除制度)。

【引用】総務省-電気通信事業分野における消費者保護施策

※ 8日間 = 8日目に送付先へ書類着していること

そして「初期契約解除制度」を使うことで、プロバイダの都合は関係なく利用者の都合のみで契約を解除することが可能になるんですね。

初期契約解除制度を使えば、クーリングオフのような解約ができるんだね!

ただしプロバイダ側で「初期契約解除制度」を適用するにあたって、注意することがあります。

ドコモ光で初期契約解除を行なった際の注意点

ドコモ光とセットで契約されるプロバイダに関しては、別途で解約手続きが必要です。

なぜならドコモ光の初期契約解除後に、プロバイダも追って解約手続きを行わなければ

  • 違約金が発生する
  • 月額料金の支払いが行われてしまう
といった余計な費用が発生することになってしまうんですね。

GMOとくとくBBでも例外ではなく、ドコモ光サービスとは別でプロバイダの解約手続きを行う必要があります。

ドコモ光のサービスとは別にプロバイダ解約が必要なんだな...

ドコモ光の後にプロバイダでも初期契約解除を行う

ドコモ光で初期契約解除を行った際は、必ずプロバイダの初期契約解除も行なう必要があることは認識しておくと良いでしょう。

初期契約解除と解約、キャンセルの定義について記しておきます。

項目意味備考
初期契約解除ドコモ光の契約書面受領から8日以内に契約解除の旨を書面申請手数料負担
解約ドコモ光契約から8日以降の契約解除
(開通工事開通後も含む)
違約金発生
キャンセルドコモ光契約後、工事開通までに契約解除負担金ゼロ
※表は横スクロールが可能です。

なお初期契約解除制度を適用しない解約については、ドコモ光の解約と同時にGMOとくとくBBの契約解除も行われます。

※ ドコモ光 × GMOとくとくBBの解約については以下記事が詳しいです↓

GMOとくとくBBで初期契約解除を行なう方法

ドコモ光 × GMOとくとくBBにて、GMOとくとくBBの初期契約解除を行なう方法です。

原則として契約書面を受け取ってから8日以内に

  1. 必要事項記載の書面を作成
  2. GMOとくとくBBへ郵送
といった手続きを行えばOKです。

① 初期契約解除の申告書面を作成する

GMOとくとくBBに対し、初期契約解除を申告する書類へ記載する項目は以下です。

  1. お申し込み日:(GMOとくとくBB契約書面参照)
  2. 販売店名:GMOインターネット株式会社
  3. 販売店住所:〒150-8512 東京都渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー
  4. 販売店電話番号:0570-045-109
  5. サービス名:ドコモ光タイプ◯接続サービス
  6. 通信料金:ドコモ光に準ずる
  7. 上記サービスの契約解除を希望する旨の文言:
  8. 契約解除を希望する理由:
  9. GMOとくとくBB会員ID:(GMOとくとくBB契約書面参照)
  10. ご契約者名:
  11. ご契約住所:
  12. ご契約電話番号:
初期契約解除を申告する書面については自分で準備する必要があります

なお紙の種類や記入する形式にフォーマットなどはなく「※基本的に自由」なため、紙面に手書きのような形式でも大丈夫です。

※ GMOインターネット株式会社ご契約内容のご案内(3/3)に記載されています。

② 初期契約解除の申告書面をGMOへ郵送する

初期契約解除の申告書面を作成したら、GMOとくとくBBへ郵送します。

宛先は以下です。

〒150-8512
東京都渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー
GMOインターネット株式会社
GMOとくとくBBお客様センター
※ 宛名はドコモ光サービスセンターではありません。

なお契約書類を受領してから必ず8日以内に、初期契約解除の旨を記した書類がGMOとくとくBBへ到着していることが条件です。

そのため実質的には猶予は6日間程度しかありません

書類完成したから送付しようと思ったら、もう8日目だったよ...

契約から一週間経過してしまうとOUTです。

初期契約解除を行なう場合は契約書類が届いてからすぐに動いた方が良いでしょう。

GMOとくとくBB窓口なら初期契約解除の相談ができる

GMOとくとくBBでは初期契約解除について問い合わせ窓口が設けられています。

  1. 電話窓口:0570-045-109(平日:10:00~19:00)
  2. メール窓口:info@gmobb.jp
先の書類作成の記入事項などでわからないことがあれば、上記窓口で確認してみるのも良いでしょう。

これなら記入内容が分からなくても困らないね!

基本的に初期契約解除の受付期間は8日間以内と決まっているので、メールで問い合わせるよりも、電話確認されることをオススメします

ドコモ光 × GMOとくとくBBを違約金なしで解約する3つの方法

ステップ3のイメージ「ドコモ光 × GMOとくとくBB」にて、プロバイダ側を違約金なしで解約するには、

  1. 契約初期契約解除にて解約する
  2. ドコモ光の更新月に解約する
  3. プロバイダを変更する
といった3つの方法があります。

① GMOとくとくBBを初期契約解除にて解約する

GMOとくとくBBを、先に紹介した「初期契約解除」にて解約すれば違約金は発生しません

この場合はドコモ光契約の際に支払った「事務手数料3,000円(税抜)」の支払いが生じます。

ただし、ドコモ光が先に初期契約解除されていなければ、プロバイダーのみの契約解除とみなされ「タイプA➜単独プラン」への変更となってしまいます。

ドコモ光のプロバイダを初期契約解除する場合は、必ず

  1. ドコモ光を初期契約解除
  2. セット契約しているプロバイダの初期契約解除
といった順で手続きを行なうと良いでしょう。

【注意】ドコモ光の開通工事完了後では違約金が発生する

原則としてドコモ光では開通工事が完了してしまった後では、必ず違約金が発生します。

開通工事完了後の違約金例は以下のとおりです。

戸建て(税抜)マンション(税抜)
事務手数料3,000円3,000円
開通工事費用18,000円15,000円
解約金13,000円8,000円
契約解除費用34,000円26,000円
※表は横スクロールが可能です。

というのもドコモ光契約後、最低14日間空けて開通工事となるので「初期契約解除制度」が適用されないんですね。

もしドコモ光をお試しで使うのであれば、「定期契約無し」で契約して

  • だめなら解約(定期契約無しは違約金無し)
  • 良ければ「2年定期契約」で契約
といった方法で契約されることをオススメします。

② ドコモ光の更新月に解約する

ドコモ光でGMOとくとくBBを違約金なしで解約するには、ドコモ光の「更新月」に解約すればOKです。

更新月とはドコモ光契約から24~26ヶ月目・契約サービスの今後を検討できる期間のことを指します。

ドコモ光の自動更新のタイミング

※ドコモ光の更新月については以下記事が詳しいです↓

というのも、GMOとくとくBBはドコモ光を解約することで自動で解約される仕組みです。

そのため更新月にドコモ光を解約すれば、違約金なしでプロバイダの契約解除ができるというわけです。

なお、全てのプロバイダがドコモ光解約と同時に提携解除されるわけではありません。

提携先のプロバイダが「GMOとくとくBB」でない場合、以下リンクを参照ください。

参考資料:docom-プロバイダご利用にあたっての注意事項

③ GMOとくとくBBから他のプロバイダへ変更する

ドコモ光を解約せずにGMOとくとくBBのみを解約するのであれば、「プロバイダ変更」することで違約金の発生を防げます

これはドコモ光のメリットの1つなのですが、ドコモ光では提携先のプロバイダが多岐に渡るため、

  • 思ったより通信速度が出ない
  • プロバイダサービスが良くない
  • タイプAのプロバイダへ変更したい
といった場合、「提携プロバイダを変更する」ことが可能なんですね。

たとえば、

  • タイプAからタイプBへプロバイダ変更
  • タイプBからタイプAへプロバイダ変更
といった場合でも、手数料3,000円(税抜)だけでプロバイダを変更することができます

変更の手続きパターンを一覧にまとめました。

手続きパターン事務手数料
同一タイプ内(タイプA/B)でのプロバイダ変更3,000円
タイプA対応プロバイダからタイプB対応プロバイダへの変更3,000円
タイプB対応プロバイダからタイプA対応プロバイダへの変更3,000円
タイプA/タイプB対応プロバイダの廃止3,000円
タイプA/タイプB対応プロバイダのお申込み無料
※表は横スクロールが可能です。

ドコモ他社の光コラボでは、プロバイダ変更を行なう場合は一旦解約が必要です。

しかしドコモ光であれば解約不要でプロバイダ変更できるので、違約金が発生しない点は見逃せないメリットと言えるでしょう。

※ドコモ光のプロバイダ変更については以下記事が詳しいです↓

まとめ

今回はドコモ光のプロバイダである、

  1. GMOとくとくBBの初期契約解除を行なう方法
  2. GMOとくとくBBを違約金なしで解約する3つの方法
についてご紹介しました。

この記事の一番のポイントとしては、

ドコモ光より先にプロバイダの初期契約解除を行なうとプラン変更になる
ということでしょう。

ドコモ光 × GMOとくとくBBを契約してすぐに解約を行なうのであれば、開通工事完了前にキャンセルすることで負担金ゼロで解約することが可能です。

またドコモでは2019年3月以降の更新月が2ヶ月➜3ヶ月に変更となったため、利用者がより有利に解約できるようになっています。

【ドコモ光 × GMOとくとくBB】申し込みはキャッシュバックを利用

総務省の要請で光回線のキャッシュバックキャンペーンやモバイル端末とのセット割が終了する可能性があります。

光回線への加入を検討している人は、キャンペーンが開催されているうちにどうぞ。

Web申し込み限定特典があります!

  • 【dポイント大幅増額中】新規20,000円、転用10,000円分プレゼント
  • 5,500円〜キャッシュバック
    ※オプションなし、2年定期契約
  • 【他プロバイダよりも高速】
    v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル→速さに自信!
    ※速くなかったらポイント還元
  • 【接続かんたん】ルーターにつないですぐに利用可能
  • 【セキュリティソフト】マカフィーマルチアクセス 1年無料
    ※通常毎月500円
  • 【ドコモ光セット割】
    ※携帯利用料が毎月800円〜最大3,500円割引
  • ドコモ光出張サポート
    ※インターネット接続設定パックが無料
  • ドコモショップへの来店不要

【dカード GOLD】ドコモユーザーなら合わせて申し込みたい

ドコモ光回線への加入を検討中の人、加入済みの人にぜひオススメしたいゴールドカードです。

ドコモショップでドコモ光に加入する人の4人に1人が合わせて加入していると言われています。

Web申し込み限定特典があります!

  • ドコモ携帯、ドコモ光の10%がdポイントとして還元
    年会費分の元を取ることも十分可能
  • 3年間のケータイ補償が付帯
  • 旅行やショッピングの保険が付帯
  • 国内の空港ラウンジを無料利用可能
  • 年間100万円以上利用すれば
    10,800円分の割引特典を利用可能