【早わかり】GMOとくとくBB×ドコモ光でv6プラスを設定する手順!画像付きで詳しく紹介

ドコモ光の開通工事は無事に終わりましたか?

ここで不安なのはPCとWi-Fiルーターの接続がうまくいくかどうかじゃないでしょうか。

  • ケーブルの繋ぎ方で失敗しないだろうか
  • 失敗したら誤作動起こすんじゃないだろうか
  • でもサポートサービスに電話するのもちょっと面倒...
開通工事のあとのルーター設定が、
自分ひとりで出来るか不安なんだよね〜...

そんな人のために今回は「GMOドコモ光のv6プラスを設定する方法」を画像つきで詳しくご紹介していきます!

\ 工事費無料期間残りわずか /
2019年5月6日(月)まで

GMOドコモ光v6プラスWi-Fiルーター本体の設定方法

AtermWG1900HP2のイメージ

本記事ではGMOとくとくBBで新しくレンタルができるようになったWi-Fiルーター、「AtermWG1900HP2」の設定手順をご紹介しています。

具体的にはドコモ光の開通工事が完了し、光ファイバーケーブルとONU(光回線終端装置)がつながった後のWi-FiルーターとPCを無線で繋げる設定内容です。

① ONUにLANケーブルを接続

ドコモ光の開通工事が完了後、光ファイバーケーブルとONUが接続されていることを確認します。

ONUと光ケーブル接続イメージ
注意!
ここで光ファイバーケーブルがONUと接続されないと、Wi-Fi接続ができません。

問題なければONUにLANケーブルを繋ぎます(画像の赤枠箇所)。

ONUに繋がってるLANケーブル

② ONUとルーターをLANケーブルで接続

次にONUに差し込んだLANケーブルの片方を、

ルーターに接続するLANケーブル先端

Wi-Fiルーター側の"WANポート"に差し込みます。

LANケーブルをWANポートに繋げる

③ Wi-Fiルーターのスイッチを切り替える

Wi-Fiルーター側面にある切り替えスイッチが「RT」になっているか確認します。(ちょっと分かりづらいのですが、スイッチが一番下にきてればOKです)

ルーターのスイッチRTの確認
補足
基本的には工場出荷時の状態が「RT」なので、切り替えスイッチを動かす必要はありません。

【追記】切り替えスイッチの種類について

Wi-Fiルーター「AtermnoWG1900HP2」の切り替えスイッチは「 RT / BR / CNV 」の3種類があります。

それぞれのスイッチを切り替えることで、

  1. RTはルーターとして使用するモード
  2. BRはルーター機能を停止してスイッチングハブで使うモード
  3. CNVは子機または中継機として使用するモード
と動作モードを変更することが可能です。

今回はWG1900HP2を無線LANルーターとして使いたいので、「RT」に合わせた状態で設定を続けていきます。

④ ルーターに電源コードを繋げる

LANケーブルを差し込んでスイッチの場所が確認できたら、次にWi-Fiルーターの電源を入れていきます。

まずWi-Fiルーターの「ACアダプタ接続コネクタ」箇所に電源コードを差し込みます。

ACアダプタ接続後イメージ

ACアダプタ接続コネクタ差込み後の画像↓

ACアダプタ接続後イメージ

ACアダプタ接続コネクタ差込み後、ルーターの電源が自動的に入るのでそのまま約40秒ほど待ちます。

以下に40秒の間に確認できる、Wi-Fiルーターのランプ点灯イメージを紹介します。

Wi-Fiルーターのランプ点灯イメージ

電源を入れると初めに「POWERランプ」が点灯します。

ルーターのランプ点灯イメージ1

次に「2,4GHzランプ」が点灯し、「5GHzランプ」と「TVランプ」も点滅を開始します。

WI-Fiルーターランプ点灯イメージ2

そのまま待つと「CONVERTERランプ」以外の全てのランプが点灯します。

Wi-Fiルーター点灯イメージ

最後に「WANポートのランプ」が点灯していることを確認します。

WANポートランプ点灯イメージ

以上でWi-Fiルーター側のセットアップは完了です。

引き続きPC側でWi-Fiルーターと接続する設定を行っていきます。

PC側でv6プラスの設定をする方法

① ルーターの後ろにあるSSIDを確認して暗号化キーをメモ

ルーターの裏側に記載されているSSIDを確認し、暗号化キーをメモします。

暗号化キーとSSID確認イメージ

② PC側からSSIDを選択して暗号化キーを入力

PC側のWi-Fiアイコンをクリックして、Wi-Fiルーター裏側に記載されているSSIDを選択します。

SSID選択イメージ

さきほどメモした暗号化キーを入力して接続!

WPAパスワード入力イメージ

③ Webブラウザを開いてv6プラスに接続されているか確認!

暗号化キーを入力したらインターネットブラウザを開いてみてください。これで無事にブラウザを開くことができれば...

ブラウザ表示イメージ

Wi-FiルーターとPCの接続設定は完了です!

ついに繋がった〜嬉しい

v6プラス接続できているか確認する方法

実際にv6プラス通信ができているかどうか、GMOとくとくBBが提供しているv6プラス接続確認URLを開いて確認してみましょう(^^)

v6プラス接続確認サービスはコチラ

上のリンクを開き、以下画面が表示されるので「こちら」をクリックします。

v6プラス接続確認イメージ1

v6プラス接続が成功していると...

v6プラス接続完了イメージ

「v6プラスつかっています」と表示されます

無事にv6プラス通信でインターネット接続されていることが確認できましたね。

以上でv6プラスの接続設定は完了です。

おつかれさまでした ^^

※ ちなみにv6プラス接続ができていない場合は、以下のように表示されます↓

v6プラス接続できていない

※v6プラスをスマホで使う設定はコチラの記事が詳しいです↓↓

まとめ

今回はGMOとくとくBBでレンタルしたWi-FiルーターAtermWG1900HP2にて、ドコモ光のv6プラスを設定する方法をご紹介しました。

v6プラスの設定は上手くできましたか?

個人的な感想としては、思っていたよりずっと簡単に設定が完了しました。

GMOとくとくBBで無料レンタルできるWi-Fiルーターなら、

  • ONUとLANケーブルで繋いで
  • 電源を入れて
  • パスワードを入力するだけで
すぐにv6プラスの通信環境を構築することができます。

実際に利用者が行う作業は、LANケーブル接続と暗号キーを入力するくらい。

ほとんど設定らしい設定をしていないかもです(汗)

「アカウントIDを発行して専用画面にログインして...」といったわずらわしい作業がなく、カンタンにv6プラス通信できる環境が構築できるのはGMOとくとくBBのv6プラスサービスの特徴といえるでしょう。

そしてGMOとくとくBBで無料レンタルできるWi-Fiルーターは、他プロバイダと比較してもダントツのスペックなので、v6プラスの高速通信を余すことなく発揮できるのが嬉しいんですよね。

【ドコモ光 × GMOとくとくBB】申し込みはキャッシュバックを利用

総務省の要請で光回線のキャッシュバックキャンペーンやモバイル端末とのセット割が終了する可能性があります。

光回線への加入を検討している人は、キャンペーンが開催されているうちにどうぞ。

webでの申し込み限定特典があります。
2019年5月6日(月)まで
終了まで残り 4

  • 最大20,000円キャッシュバック
  • dポイント最大10,000円分プレゼント
  • 新規工事料金無料
    (通常15,000円〜18,000円)
  • 【他プロバイダよりも高速】
    v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル→速さに自信!
    (速くなかったらポイント還元)
  • セキュリティソフト(マカフィーマルチアクセス)が1年無料
    (通常毎月500円)
  • ドコモ光出張サポート「インターネット接続設定パック」が無料
  • 【ドコモ光セット割】
    ドコモ携帯とセットで毎月800円〜最大3,500円割引
  • ドコモショップへの来店不要

【dカード GOLD】ドコモユーザーなら合わせて申し込みたい

ドコモ光回線への加入を検討中の人、加入済みの人にぜひオススメしたいゴールドカードです。

ドコモショップでドコモ光に加入する人の4人に1人が合わせて加入していると言われています。

webでの申し込み限定特典があります!

  • ドコモ携帯、ドコモ光の10%がdポイントとして還元
    年会費分の元を取ることも十分可能
  • 3年間のケータイ補償が付帯
  • 旅行やショッピングの保険が付帯
  • 国内の空港ラウンジを無料で使用可能
  • 年間100万円以上利用すれば
    10,800円分の割引特典を利用可能