【大改革】ドコモ光はドコモユーザー以外でも契約可能に!

【大改革】ドコモ光はドコモユーザー以外でも契約可能に!

大改革です。

ドコモ光がドコモユーザーでなくても申し込みが可能となりました。

しかし、ドコモユーザー以外でドコモ光を契約するメリットはなんでしょうか?

コフレちゃん
ドコモユーザーでない人がドコモ光を利用するメリットって何かしら...

そこでこの記事では、「ドコモユーザー以外の人がドコモ光を契約するメリット申込方法」について詳しく紹介していきます!

\【2019年11月】工事費無料キャンペーン実施 /

ドコモ光はドコモ携帯がなくても契約可能になった

ドコモ光は、2015年3月1日よりサービス提供を開始しました。

しかしサービス開始当初は、ドコモ携帯を持っている人以外はドコモ光の契約ができなかったため、ドコモユーザー専用の光コラボレーションサービスのように捉えられていました。

サブレくん
ドコモ携帯持っている人じゃないと、申し込めなかったんだよね〜...

ところが、ドコモ光は2019年6月1日からドコモユーザー以外でも利用できるようになったんですね。

ドコモの携帯電話契約がないお客さま、またはドコモ光のペア回線を設定されないお客さまが「ドコモ光」のお申込みお手続きに必要なもの

【引用】「ドコモ光」を新たにお申込みされる場合

ドコモユーザー以外でも契約できるようになった背景

これは、ドコモが新料金プラン

  • ギガホ
  • ギガライト
の提供を開始したことに伴っての変更です。

ドコモが新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」を開始した背景には、2019年5月10日に成立した改正電気通信事業法があります。

改正電気通信事業法により、通信サービスの月額料金と、スマートフォンなどの端末代金との分離が義務化されました。

ドコモは、他の通信事業者と比較して通信料金と端末代金との分離が進んでいなかったのですが、改正法を受けて分離プランの「ギガホ」と「ギガライト」を提供開始したのです。

コフレちゃん
ドコモユーザーでない人がドコモ光を検討できるようになったのは、うれしいね♪

※ 11月22日時点、ドコモ光では18,000円相当の工事費無料キャンペーンを実施中です。

ドコモ以外のキャリア(auやソフトバンク)を使ってる人も導入可能

上記のようにドコモ光では、auやソフトバンクを使っている人でも契約できるようになりました

また他社の携帯電話ユーザーがドコモ光に新規申し込みした場合、ドコモユーザーと同様に最大12か月の月額料金が1,000円割引となる「はじめてスマホ割」の適用を受けることが可能となっています。

はじめてスマホ割の割引金額(最大12か月間)
項目ドコモ光セット割なしドコモ光セット割あり
ギガホ-1,000円
(3,980円)
-1,000円
(2,980円)
ギガライトステップ4
(〜7GBまで)
-1,000円
(3,980円)
-1,000円
(2,980円)
ステップ3
(〜5GBまで)
-1,000円
(2,980円)
-1,000円
(1,980円)
ステップ2
(〜3GBまで)
-1,000円
(1,980円)
-1,000円
(1,480円)
ステップ1
(〜1GBまで)
-1,000円
(980円)
-1,000円
(980円)
※表は横スクロールが可能です。

他社回線を利用していてもドコモ光を契約することで1年間割引を受けられるのは、かなりメリットと言えますね。

注意!
利用している他社回線の端末にて「MNPポートイン」(番号の転入先として新たに契約する電話会社側の手続き)を行う必要があります。

格安SIMを使ってる人も導入できる

ドコモ以外で有名なキャリアはauとソフトバンクですが、それ以外にUQモバイルなど格安SIMを利用している場合でも、ドコモ光を契約することができます。

格安SIMは、ドコモやそれ以外のau・ソフトバンクと比較して通信量や通話量を格安に抑えることが可能なため、若年層を中心に契約者が増加中です。

そのため、ドコモユーザーが適用されるペア回線によるセット割などの特典が受けられなくなっても、携帯電話自体の通信量・通話料が安く抑えられるため、トータルコストが低く抑えられる可能性があります。

また、OCNモバイルONEやNifMoなど、ドコモ光のセット割が適用される格安SIMサービスもあります。

ドコモユーザー以外でドコモ光を利用する2つのメリット

ドコモ光はドコモユーザーにとって毎月約1,000円の割引を受けることができるのが、最大のメリットでした。

しかし、ドコモ光がドコモユーザー以外でも契約できるようになったことにより、ドコモユーザー以外にもメリットがあります。

逆に、これまでドコモ光を利用していたドコモユーザーが、ドコモ光を解約せずに、ドコモからドコモ以外の携帯電話と契約することも可能になりました。

サブレくん
選択肢が増えるのは、利用者にとってはありがたいね!

1. フレッツ光からの乗り換えがカンタン

ドコモ光では、NTTが提供するフレッツ光回線とプロバイダがセットになった光コラボレーションサービスです。

具体的には、

  • フレッツ光と契約するよりも月額料金が安くなる
  • 対象エリアが広いフレッツ光回線を利用できる
といった条件が組み合わさっている、とてもおトクな光回線サービスと言えます。

またすでにフレッツ光を契約している人にとっても、ドコモ光に乗り換えはインターネット窓口が変わるだけなので、非常に簡単な手続きで終えることができるのも特徴の1つでしょう。

手数料が2,000円必要ですが、

  • フレッツ光のID
  • ひかり電話の番号
  • 支払い方法(契約者の情報)
などを用意しておけば、同品質の高速通信サービスを受けることが可能です。

フレッツ光からドコモ光乗り換えは工事費がかからない

例えばフレッツ光からauひかりに移行する場合には

  • NTTのひかり回線を撤去して
  • auのひかり回線を新規工事で導入する

といった手間がかかってしまいます。

しかしフレッツ光からドコモ光への移行であれば、同じフレッツ光回線を使用するため、新たに光回線の工事を行う必要がありません。

ドコモ以外の回線を利用していて、フレッツ光回線を自宅で利用しているのであれば、さっそくドコモ光に切り替えてみてはいかがでしょうか。

※ 11月22日時点、ドコモ光では18,000円相当の工事費無料キャンペーンを実施中です。

2. 電話番号を変えなくてもプロバイダ変更できる

ドコモ光を利用していたドコモユーザーが、MNPを利用することでドコモ以外のキャリアの携帯電話と契約し、ドコモ光を利用し続けることが可能です。

これは、携帯電話の電話番号を変えることなく、ドコモ光を使い続けることができることを意味します。

コフレちゃん
ドコモ以外のキャリアを使ってても、わざわざ電話番号を変更しなくて良いんだ...!

先に述べた格安SIMを利用する場合や、auやソフトバンクユーザーでも利用期間や条件などにより、それぞれのキャリアで独自に受けることができる特典等があるためです。

さらに、他の光コラボレーションではそのプロバイダが固定となるため、他のプロバイダが選択できないことがありますが、ドコモ光ではフレッツ光対応のプロバイダが自由に選択できるため、現在利用中のプロバイダをそのまま利用できます。

電話番号を変える必要はありませんし、メールアドレスなどプロバイダ固有のサービスなども使い続けることが可能です。

これにより、例えばプロバイダのGMOとくとくBBが利用している新しい通信技術「v6プラス」を利用したい場合、ドコモ光でGMOとくとくBBを契約することができ、混雑時に快適な通信の実現が可能となります。

ドコモユーザーでない人がドコモ光を申し込むときの注意点

ここまで、ドコモユーザー以外でもドコモ光と契約できることと、そのメリットを説明してきましたが、いくつかの注意点があります。

本来、ドコモ光はドコモユーザーに大きなメリットをもたらすサービスです。

そのため、ドコモユーザーのみ受けることができる特典が、ドコモユーザー以外は受け取れないなどのデメリットがあるのです。

ドコモ光のペア回線によるセット割は適用されない

ドコモ光では、ドコモ光のペア回線によるセット割がドコモユーザーに適用されます。

これは、ドコモユーザー以外は適用されません。

このような割引は、ドコモ以外でも行われています。

例えば、ソフトバンクユーザーがソフトバンク光と契約するとおうち割引セットが、auユーザーがauひかりと契約するとauスマートバリューが適用され、月額料金の割引が受けられる等です。

ドコモ光のペア回線によるセット割は、NTTドコモの携帯電話とドコモ光とがセットになった回線契約です。

ペア回線を契約するメリットは、

  • ドコモ光のセット割により、月額料金が毎月最大1,000円割引される
  • ドコモ光の回線利用料とNTT東日本およびドコモの携帯電話料金とが一括請求される
  • 月額料金の内訳がMy Docomoより簡単に管理できる
  • 家族で「みんなドコモ割」などを利用すると、さらに割引
以上4つ。

しかしドコモ以外の人はドコモ光の最大のメリットともいえる、ペア回線によるセット割が適用されないことは留意しておくべきでしょう。

ただ、ドコモ光のペア回線で設定できる携帯電話の回線は、ドコモ1契約につき1回線のみです。

ドコモ以外のセット割では、家族全員分の携帯電話の月額料金が割引となるサービスもあるため、それも考慮する必要があります。

契約者本人の申し込みが必要

ドコモ光で個人名義の新規契約をする場合、必ず契約者本人の申し込みが必要となっています。

「ドコモ光」の申込み時はドコモの携帯電話契約内容を確認させていただきます。その際にネットワーク暗証番号、口頭などでご本人様確認をさせていただきます。原則本人確認書類は不要です。

【引用】「ドコモ光」のお申込みお手続きに必要なもの

例外として、法定代理人や契約者の家族であれば、本人以外でも申し込みが可能です。

契約者が小学生以下の場合は、本人による契約はできず、親権者が契約することとなります。

未成年者の契約は親権者の同意書が必要

未成年者がドコモ光と契約する場合、例えば一人暮らしを始めた未成年の大学生がドコモ光の回線を新規契約する場合などには、契約時に未成年者の本人確認書類に加えて親権者の本人確認書類および同意書が必要です。

親権者の本人確認書類は個人のものに準じ、運転免許証やマイナンバーカード等が利用できます。

親権者の同意書は、規定のフォーマットに親権者本人の自署または親権者による記名押印のあるものとなります。

ドコモより親権者に確認の電話をされることがあるため、うそやごまかしがないようにしましょう。

親権者の同意は、ドコモ光の新規契約時以外にも、機種・契約変更などにおいても必要となります。

法人の契約は登記謄本や印鑑証明書が必要

法人がドコモ光と契約する場合は、個人の契約とはやや契約方法が異なります。

法人の場合、名義が法人名義となるため、契約の際に社印が必要となります。

そして、必要書類は来店者本人の本人確認書類に加え、

  • 登記簿謄本(または抄本)
  • または印鑑証明書
  • さらに委任状
  • 社員証
  • 名刺
といったいずれかが必要となります。

ドコモ光の契約時に必要なもの

ドコモ光の契約は、原則として契約者本人が、電話・オンライン手続き・ドコモショップなどで行います。

オンライン手続きは24時間、いつでも好きな時間に契約できますが、不安な場合には全国にあるドコモショップで行った方が良いでしょう。

ドコモショップは、混雑する曜日や時間帯があるため、事前に来店予約をするか、来店する前に電話で混雑状況を問い合わせると、待ち時間が少なくなります。

また、契約時期に応じて、様々なキャッシュバックや工事費や機器レンタル代金が割引となることもあるため、どの契約方法が良いか、判断する必要がある枡。

ドコモ光の契約は新規契約・ドコモ光以外の光サービスから乗り換える事業者変更・転用の3とおりがあり、それぞれ異なるため、分からないことは公式Webサイトで利用できるWeb相談受付や、メール・電話・モバイルセレクトアプリ・おたすけロボット(チャットボット)などで問い合わせましょう。

1. 本人確認書類

ドコモ光の契約には、本人確認書類が必要です。

本人確認書類で最も適しているのは、運転免許証またはマイナンバーカードです。

それらがない場合は、健康保険証・住民基本台帳カード(顔写真付き)・在留カード(または外国人登録証明書)のいずれかが必要ですが、補助書類として公共料金領収書などの添付が必要です。

これらの本人確認書類は、現住所の記載が必要で、コピーは不可となっています。

2. 利用料金の支払い手続きに必要なもの

ドコモ光の支払い手続きには、

  • クレジットカード
  • キャッシュカード
  • 預金通帳+届け印

のいずれかが必要です。

原則として、名義は契約者本人と同一である必要があります。

もし家族名義のクレジットカードや口座振替を利用したい場合には、契約者の家族であることを証明する書類が必要となります。

キャッシュカードは、一部利用できない店舗や金融機関があるため、公式Webサイトで確認しましょう。

3. 契約事務手数料

ドコモ光では、契約事務手数料として、3,000円が必要です。

この契約事務手数料は、翌月に利用料金と合算されて請求されるため、契約時に支払う必要はありません。

また、ドコモオンラインショップを利用する場合は、契約事務手数料は必要ありません。

まとめ

ドコモ光は、ドコモユーザーが契約するとお得な光コラボレーションの一つです。

以前は、ドコモユーザー以外はドコモ光の契約ができませんでしたが、2019年6月1日よりドコモユーザー以外でもドコモ光が契約できるようになりました。

ドコモユーザー以外がドコモ光を利用するメリットは、フレッツ光からの乗り換えが簡単なことや、電話番号を変える必要がないこと、プロバイダが自由に選択できることなどが挙げられます。

一方で、ドコモ光のペア回線によるセット割が利用できないことなど注意点もあります。

しかし対象エリアが広いドコモ光を利用できるのは、ドコモユーザー以外でもかなりのメリットです。

NURO光などが対象範囲になっていない人は、工事費無料キャンペーン中にドコモ光の導入を検討してみてはいかがでしょうか?

【ドコモ光 × GMOとくとくBB】申し込みはキャッシュバックを利用

総務省の要請で光回線のキャッシュバックキャンペーンやモバイル端末とのセット割が終了する可能性があります。

光回線への加入を検討している人は、キャンペーンが開催されているうちにどうぞ。

Web申し込み限定特典があります!

  • 新規工事費無料(通常時18,000円)
    ※【期間限定】2019年9月1日開始
  • 5,500円〜キャッシュバック
    ※オプションなし、2年定期契約での金額。テレビサービス申込みで金額アップ。
  • 【dポイント】最大10,000円分プレゼント
    ※新規申込み時の金額。転用時の場合は5,000円分
  • 【他プロバイダよりも高速】
    v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル→速さに自信!
    ※速くなかったらポイント還元
  • 【接続かんたん】ルーターにつないですぐに利用可能
  • 【セキュリティソフト】マカフィーマルチアクセス 1年無料
    ※通常毎月500円
  • 【ドコモ光セット割】
    ※携帯利用料が毎月800円〜最大3,500円割引
  • ドコモ光出張サポート
    ※インターネット接続設定パックが無料
  • ドコモショップへの来店不要

【dカード GOLD】ドコモユーザーなら合わせて申し込みたい

ドコモ光回線への加入を検討中の人、加入済みの人にぜひオススメしたいゴールドカードです。

ドコモショップでドコモ光に加入する人の4人に1人が合わせて加入していると言われています。

Web申し込み限定特典があります!

  • ドコモ携帯、ドコモ光の10%がdポイントとして還元
    年会費分の元を取ることも十分可能
  • 3年間のケータイ補償が付帯
  • 旅行やショッピングの保険が付帯
  • 国内の空港ラウンジを無料利用可能
  • 年間100万円以上利用すれば
    10,800円分の割引特典を利用可能

【関東、関西、東海、九州】NURO光導入エリアなら!

So-netが運営する「NURO光」は、下り2Gbps/上り1Gbpsと国内最速の速度を誇ります。

ONU兼ルーターのレンタルが無料など、コストパフォーマンスに優れています。

ドコモスマホとのセット割こそありませんが、速度を最重要視する人にオススメです。

Webでの申し込み限定特典があります!
【2019年11月1日(金)~11月30日(土)】
終了まで残り 8

  • 35,000円キャッシュバック
    ※2019年11月時点の金額
  • 工事費40,000円が実質無料
  • 開通までモバイルWi-Fiレンタル可能
    ※特別価格、無制限プランあり
  • 開通月は日割で請求
  • セキュリティソフトが永年無料
    ※ソフトはカスペルスキー、通常毎月500円
  • SoftBankのおうち割対象
    ※毎月最大1,000円 最大10端末まで
  • So-netの設定サポートが1回無料
    ※通常9,000円
  • 2018年 ネット回線満足度ランキング 関東光回線 第1位
    ※価格.com
  • 2018年 固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査 関東 第1位
    ※J.D. POWER

So-netが公式に行っているキャンペーンで、安心できるという点が決め手でした↓