ドコモ光専用プロバイダ「ドコモnet」を使うメリットはある!?特徴や評判を紹介

ドコモ光専用プロバイダ「ドコモnet」を使うメリットはある!?特徴や評判を紹介

ドコモ光公式プロバイダの「ドコモnet」。

一見するとその名前から、

  • ドコモという名前だから安心できる
  • なんだか信用できそう
  • ドコモのプロバイダだから安定して速そう
など良いイメージを持ちますよね。しかし結論から言うと、

  • ドコモnetを選ぶ必要性は低い!
これが事実と言えます。

というのも他のタイプAプロバイダを選ぶこと、特に「GMOとくとくBB」を選んだほうがサービスが充実しており利用してからの満足度が高いんですよね。

そこで今回は、「ドコモnetを選ぶメリット・デメリットや利用者からの声」を紹介していきます!

\ 工事費無料期間残りわずか /
2019年5月6日(月)まで

ドコモ光専用プロバイダ・ドコモnetとは?

【ドコモ光】ドコモnetとは

【出典】NTTドコモ - ドコモnet

ドコモnetはドコモ光のみで提供されているプロバイダです。

しかしドコモnetについて調査してみると、ドコモnetの中身はOCNと説明されているケースが見られました。

ドコモnetはOCNなの...?

ドコモnetのインターネット接続方式の実態はOCN?

というのもドコモ・OCNともにNTT関連会社が展開しており、ドコモnetは「OCNバーチャルコネクト」というIPv6方式で接続するサービスを取り入れているんですね。

ドコモnetでは「transix」「OCNバーチャルコネクト」を併用しております。

【引用】ドコモnet【IPv4 over IPv6通信への対応】

光回線のサービス内容はドコモnet・OCNとそれぞれ独立しています。

しかしインターネット接続の方法はOCNサービスを使っているので両者の関連性が高いことは間違いありません。

そのためドコモnetは、

  • ドコモ光の純正プロバイダである
  • 大手プロバイダOCNとの関連性は高い

という理由から、ドコモ光対応プロバイダの中でも信頼性が高いプロバイダと言えるでしょう。

ただしドコモnetのメリット・デメリットを調査してみると、内容によってはオススメできない部分もありました。

ドコモnetを選ぶ最大の特徴・メリットは!?

ドコモnet
ドコモnetを選ぶメリットは5つあります。

  • 1.タイプBより200円安い月額料金である
  • 2.IPv6に対応している
  • 3.セキィリティソフトが12ヶ月無料
  • 4.マイページで接続設定の確認ができる
  • 5.容量10GBのドコモネットメールが使える
基本的に必要なサービスは揃っており、速度を除けば利用開始後にサービス面で不満が生じることはあまり多くないでしょう。

メリット① ドコモnetはタイプAなので月額料金が安い

ドコモnetはタイプAのプロバイダです。

戸建住宅だと月額5,200円、集合住宅なら4,000円でドコモ光を使い始めることができます。

定額プラン戸建住宅
(2年契約)
戸建住宅
(縛りなし)
集合住宅
(2年契約)
集合住宅
(縛りなし)
タイプA5,200円6,700円4,000円5,000円
タイプB5,400円6,900円4,200円5,200円
単独タイプ5,000円6,500円3,800円4,800円
ドコモ光ミニ2,700~5,700円4200~7200円--
※表は横スクロールが可能です。

(すべて税抜き価格です。)

ドコモ光を安く使えるのが、ドコモnet第1のメリットと言えます。

メリット② ドコモnetはIPv6対応

ドコモ光のプロバイダの中には、高速通信ができる「IPv6」に対応するものと非対応のものがあります。

ドコモnetはIPv6対応なので、あとはIPv6を利用できるルーターを用意すれば回線混雑を回避した高速通信が可能です。

※IPv6プラスについては以下記事が詳しいです↓

ちなみにIPv6のさらに上の通信規格「v6プラス」といった、一日安定したインターネット通信ができる通信規格があります。

ドコモ光ではv6プラスに対応しており、v6プラス対応済みプロバイダは2019年3月現在は全12社。

v6プラス対応プロバイダ(12社)
ドコモnet、Plala、GMOとくとくBB、So-net、DTI、@nifty、IC-NET、Tigers-net.com、andline、BIGLOBE、OCN、@T COM

さらにv6プラス対応ルーターを無料レンタルしているプロバイダは、うち7社のみ。

v6プラスルーターを無料レンタルしているプロバイダ(7社)
Plala、GMOとくとくBB、So-net、DTI、IC-NET、BIGLOBE、OCN

この中で一番高性能なルーターを確実に無料レンタルできるのは、「GMOとくとくBB」なんですね。

Wi-Fiルーターのスペック一覧

(※価格はオープン価格のため、価格.comなどの参照価格です)

プロバイダルーター型番外観価格5GHz
最大速度
2.4GHz
最大速度
GMO
とくとくBB
WXR-1750DHP2
(BUFFALO)
WXR-1750DHP214,300円1,300Mbps450Mbps
Aterm WG1900HP2
(NEC)
Aterm WG1900HP2※9,800円1,300Mbps600Mbps
So-netWN-AX1167GR2
(IO-DATA)
WN-AX1167GR28,300円867Mbps300Mbps
Aterm WG1200HS3
(NEC)
Aterm WG1200HS3※6,000円867Mbps300Mbps
BIGLOBEAterm WG1810HP
(NEC)
Aterm WG1810HP非売品1,300Mbps450Mbps
Ic-netWN-AX1167GR
(IODATA)
WN-AX1167GR※7,000円867Mbps300Mbps
PA-WG1200HP3
(NEC)
PA-WG1200HP3※7,000円867Mbps300Mbps
DTIWRC-1167GST2
(ELECOM)
WRC-1167GST28,970円867Mbps300Mbps
ぷららWN-AX1167GR2
(IO-DATA)
WN-AX1167GR28,300円867Mbps300Mbps
ドコモドコモ光ルーター01ドコモ光ルーター019,590円867Mbps300Mbps
※表は横スクロールが可能です。

ドコモ光回線を契約したあとに、

  • 無料で高性能なWi-Fiルーターを借りたい!
  • 自分でルーターを準備するのが面倒くさい!
  • IPv6に対応しているルーターがほしい
といった人に「GMOとくとくBB」はぜひオススメしたいプロバイダです。

メリット③ インターネットセキュリティソフトが12ヶ月間無料

セキュリティソフトイメージ

【出典】docomo -マルウェア不正通信ブロック機能

ドコモnet契約者は「マカフィーのインターネットセキュリティサービス」を12ヶ月間無料で使えます

追加料金を支払わず、パソコンのウイルス対策や不正アクセスを阻止したい方にとって嬉しいメリットですね。

無料期間終了後は更新手続きが必要となります。

メリット④ ドコモnetマイページで接続設定の確認ができる

プロバイダの中には、インターネット上で接続設定の細かい情報を確認できないものもあります。

情報が記載された書類をなくしてしまい、パソコンの買い替え時などに困った経験を持つ方もいるのではないでしょうか。

ドコモnetならマイページにログインすれば接続設定に関する情報を確認できます。

スマホやタブレットでインターネットに接続し、必要な情報をチェックできるのは大きなメリットですね。

メリット⑤ 容量10GBのドコモネットメールが使える

ドコモnetでは

  • メールアドレスを1つ無料でもらえる
  • メールは10GBまで保存できる
というサービスがあります。

保存期限は無制限なので、勝手にメールを削除されてしまうことはありません。

ただしメール受信は

  • 1通最大100MB
  • 送信は11通10MB
という制限があるので、メールで画像や動画などを送受信する方は容量制限に注意しましょう。

プロバイダが変わるとメールアドレスも変わってしまうので、Gmailなどをオススメします

ドコモnetのデメリット3つ

NO!オススメしないドコモnetを選ぶデメリットは主に

  • 通信速度やサポート対応の評判が悪いこと
  • インターネットの設定サポートがないこと
  • ドコモnetを解約すると全てのサービスが使えないこと
があげられます。

利用者からの評判がイマイチなのは、けっこう不安なポイントなんだよな〜...

デメリット① 速度やサポートに関する評判に賛否アリ

ドコモnet利用者の声を調査してみると、通信速度やサポートに関しての悪い評判が複数見受けられました

速度が遅いとインターネットを快適に利用できませんし、不具合があった時に電話が繋がらないのは困ってしまいますよね。

ちなみに利用者全員が速度に不満を漏らしているわけではなく、快適に使えているという声もありました。

地域・建物によっては、高速で通信できる可能性もあります。

最終的に契約してみなければ速度の状況はわかりませんが、速度が遅い可能性もあることに注意しましょう。

デメリット② インターネットの設定サポートは用意されていない

OCNやGMOとくとくBBなど、訪問での設定サポートを無料で受けられるプロバイダがあります。

しかしドコモnetは設定サポートは非対応なので注意しましょう。

自分で設定できる人は問題ありませんが、インターネット接続の設定が苦手な方は要注意です。

代わりにネットトータルサポートは受けられる

月額500円と有料サービスとなってしまいますが、ドコモが行っている「ネットトータルサポート」というサポートを受けることが可能です。

受けられるサポート内容は以下です。

対象機器
ジャンル
主な対象機器操作
案内
接続
設定
修理訪問
サポート
データ
復旧
買取
パソコンデスクトップ・ノートPC
(マザーボードなど内部装置含む)
パソコン
周辺機器
モニター・キーボード・マウス・プロジェクター
・プリンター・スキャナー・スピーカー・外付HDD
・ペンタブレット
※5
テレビテレビ(ブラウン管除く)
ネットワーク
機器
ルーター・無線LANアクセスポイント・WEBカメラ
映像関連
機器
DVDプレーヤー・BD/HDDレコーダー
・セットトップBOX
音楽関連
機器
MP3プレーヤー・NWメディアプレーヤー
カメラデジタルビデオカメラ・デジタルカメラ
スマート
フォン
スマートフォン・タブレット・iPhone・iPad※1※2※3※4
その他ゲーム機・電子書籍リーダー・ICレコーダーなど※6
USBメモリ・SDカードなど
住宅家電・白物家電
(NW対応機器のみ)
※表は横スクロールが可能です。
※1 あんしん遠隔サポートのサポート範囲です。 
※2 ケータイ補償サービス/ケータイ補償サービス for iPhone & iPadのサポート範囲です。
※3 ケータイ補償サービスのサポート範囲です。
※4 下取りプログラムのサポート範囲です。
※5 外付けHDDのみ
※6 ICレコーダーのみ

ネットトータルサポートのスゴイところは、ドコモ製品でなくてもサポートを行ってくれるところでしょう。

サポート対象PCもWindows OS、Mac OS問いません。

またオフィスソフトの使い方などのサポートも行ってくれます。

申し込みには電話でドコモショップか、ドコモインフォメーションセンターへ連絡する必要があります。

ドコモの携帯電話151
ドコモの携帯電話以外からの電話0120-800-000
受付時間午前9時~午後8時
※表は横スクロールが可能です。

デメリット③ ドコモnetを解約すれば全サービスが完全終了

ドコモnetはドコモ光でしか利用できないプロバイダです。

他のプロバイダの場合は接続コースを変更してメールアドレスを残せるケースもありますが、ドコモnetは解約すればメールサービスなどオプションも含めて全て利用不可となります。

ドコモ光から将来的に他社へ乗り換える可能性がある場合は、メールサービスはあまり利用せず、Gmailなどドコモ光を解約しても無くならない他社サービスの利用がオススメです。

より充実した特典やサービスを受けられるプロバイダはココ!

ドコモnetと同じタイプAのプロバイダには、ドコモnetよりも特典や通信環境が充実したプロバイダがあります

なかでも特典や通信環境、プロバイダの事業背景などを踏まえ当サイトでは「GMOとくとくBB」オススメしています。

※ ドコモ光 × GMOとくとくBB公式の特設キャンペーンページが開きます。

GMOとくとくBBで申し込むと、以下メリットを受取ることができます。

  • 最大20,000円キャッシュバック
  • dポイント最大10,000円分プレゼント
  • 新規工事料金無料
    (通常15,000円〜18,000円)
  • 【他プロバイダよりも高速】
    v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル→速さに自信!
    (速くなかったらポイント還元)
  • セキュリティソフト(マカフィーマルチアクセス)が1年無料
    (通常毎月500円)
  • ドコモ光出張サポート「インターネット接続設定パック」が無料
  • 【ドコモ光セット割】
    ドコモ携帯とセットで毎月800円〜最大3,500円割引
  • ドコモショップへの来店不要

ドコモnetよりも

  • 充実したキャッシュバックを受け取りたい
  • 確実にドコモ光を高速・安定通信で使いたい
  • 無料で高性能ルーターを使い始めたい

といった要望があれば、ドコモ光のプロバイダは「GMOとくとくBB」一択と言って良いでしょう。

※ドコモ光の実測値については以下記事が詳しいです↓

まとめ

ドコモnetは「サービス内容が悪いので絶対にオススメできない」とまでは言えないものの、あえて選ぶ必然性は薄いプロバイダと言えます。

というのもドコモnetは、

  • 速度やサポート面での評判がイマイチ
  • ドコモ光でしか恩恵を受けられない
といった理由があるからです。

であれば、

  • 最初からWi-Fiルーター無料レンタルできる
  • v6プラスに対応している
  • キャッシュバックがある
  • dポイント最大20,000ptプレゼント
といったキャンペーンを行っている「GMOとくとくBB」での契約が断然おトクと言えます。

そもそもGMO自体が通信事業として25年以上の歴史を持っており、ドコモ光の通信品質について力の入れ込みはかなり強いです。

いよいよ独自キャンペーンの終了が迫っているサービスもありますよ ^^

無料で3年間ルーターレンタルできるGMOのキャンペーンページ

【ドコモ光 × GMOとくとくBB】申し込みはキャッシュバックを利用

総務省の要請で光回線のキャッシュバックキャンペーンやモバイル端末とのセット割が終了する可能性があります。

光回線への加入を検討している人は、キャンペーンが開催されているうちにどうぞ。

webでの申し込み限定特典があります。
2019年5月6日(月)まで
終了まで残り 4

  • 最大20,000円キャッシュバック
  • dポイント最大10,000円分プレゼント
  • 新規工事料金無料
    (通常15,000円〜18,000円)
  • 【他プロバイダよりも高速】
    v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル→速さに自信!
    (速くなかったらポイント還元)
  • セキュリティソフト(マカフィーマルチアクセス)が1年無料
    (通常毎月500円)
  • ドコモ光出張サポート「インターネット接続設定パック」が無料
  • 【ドコモ光セット割】
    ドコモ携帯とセットで毎月800円〜最大3,500円割引
  • ドコモショップへの来店不要

【dカード GOLD】ドコモユーザーなら合わせて申し込みたい

ドコモ光回線への加入を検討中の人、加入済みの人にぜひオススメしたいゴールドカードです。

ドコモショップでドコモ光に加入する人の4人に1人が合わせて加入していると言われています。

webでの申し込み限定特典があります!

  • ドコモ携帯、ドコモ光の10%がdポイントとして還元
    年会費分の元を取ることも十分可能
  • 3年間のケータイ補償が付帯
  • 旅行やショッピングの保険が付帯
  • 国内の空港ラウンジを無料で使用可能
  • 年間100万円以上利用すれば
    10,800円分の割引特典を利用可能