騙されるな!ドコモ携帯の新料金プラン「ギガホ・ギガライト」は安くない

騙されるな!ドコモ携帯の新料金プラン「ギガホ・ギガライト」は安くない

ドコモ携帯の新料金プラン「ギガホ・ギガライト」が、2019年6月1日からいよいよスタートします。

これまでよりも

  • シンプルな料金形態で
  • 大幅に値下げされる
との触れ込みですが、実際のところはどうなのでしょうか?

コフレちゃん
本当に安くなるのか疑問なのよね…

そこで今回は「ギガホ・ギガライトの料金形態」について、旧料金プランや他社の料金プランと比較してみました。

\【2019年10月】工事費無料キャンペーン実施 /

ドコモの新料金プラン「ギガホ・ギガライト」の料金形態

ギガホ・ギガライトのイメージ

【出典】My docomo -ドコモの新料金プラン

ドコモの新料金プランは、「ギガホ」と「ギガライト」の2つだけ。

いずれもデータ通信料が基本料金に含まれた「オールインワンの料金形態」であり、シンプルで分かりやすい点を前面に出してPRしています。

しかし実際には、

  1. 「※定期契約あり」の場合
  2. 「定期契約なし」の場合
といった分岐があったり、通話料金のオプションなどが別途存在しています。

コフレちゃん
実際にはちょっと複雑そうな感じがする…
※ ドコモでは、2年間で同一回線を継続利用をすることを「定期契約」と呼びます。

まず「ギガホ・ギガライト」の料金や内容の詳細について紹介します。

ギガホの料金形態

ドコモの新プラン「ギガホ」の基本料金は以下です。

  • 定期契約あり:月額6,980円(税抜)
  • 定期契約なし:月額8,480円(税抜)

ギガホの料金には、データ通信量30GBが含まれています

そのため

  • インターネットサーフィンやSNS閲覧
  • Youtubeなどの動画閲覧
  • 高画質のゲームでよく遊ぶ
といった場合にオススメなプランです。

注意点として、インターネット通信が30GBを超えると速度制限がかかること。

しかし速度制限後の送受信の速度が1Mbpsもあり、たとえ速度制限がかかったとしても、インターネットやSNSの利用にはそれほど影響が出ません。

サブレくん
速度制限後の送受信速度が1Mbpsもあるのは、ギガホ契約するメリットと言えそうだね。

ギガライトの料金形態

「ギガライト」の基本料金プランは以下のとおりです。

利用可能データ月額料金(税抜)
定期契約あり定期契約なし
〜1GB2,980円4,480円
〜3GB3,980円5,480円
〜5GB4,980円6,480円
〜7GB5,980円7,480円
※表は横スクロールが可能です。

ギガライトの料金形態の特徴は、毎月1GBから7GBまでのデータ通信量に応じて、支払う金額が異なること。

ギガライト説明イメージ

【出典】docomo - ギガライト

たとえば、
  • インターネットやSNSの利用がほとんど
  • あまり動画を視聴しない
  • データ通信ゲームなどで遊ばない
ということであれば、ギガライトを選択することでデータ通信料にムダが出なくて済みます

ギガライトの致命的なデメリット

ギガライトのデータ通信量の上限は7GBです。

しかしギガライトの制限後の通信速度は128kbps

ギガホでは制限後でも1Mbpsで通信することができましたが、ギガライトでは128kbpsまで速度が落ちてしまいます。

およそ8分の1の通信速度になってしまうので、インターネットやSNSの利用にも支障が出てくると言えるでしょう。

もし7GBを超えてデータ通信を利用する可能性が少しでもあれば、ギガライトはオススメできません。

コフレちゃん
128Kbpsじゃ、やりたいことが全然できなくなりそうね…

ドコモの旧料金プランは受付が終了する

ドコモの新料金プラン「ギガホ・ギガライト」が2019年6月からスタートするにあたり、旧料金プランは終了します

今までのドコモ料金プランは、

  1. 通話料を軸とした基本プラン
  2. パケットパックやその他の割引
  3. 端末代
といった内容が合わさった料金形態です。

例えば「通話し放題+データ通信量1GB」を個人で利用した時の料金の内訳は、以下のようなものでした。

プラン月額
基本プランカケホーダイプラン2,700円
パケットパックベーシックパック
(~1GB)
2,900円
その他月々サポート▲2,457円
SPモード300円
端末代iPhoneXR 64G2,736円
月額小計6,179円
年間料金(12カ月)74,184円
※表は横スクロールが可能です。

しかし、2019年5月31日をもって旧プランはすべて受付を終了し、新料金プランへと移行します。

2019年5月31日をもって終了するドコモの料金プラン

終了するドコモの料金プランや、割引の内容についてまとめました。

基本プランパケットパックその他(割引など)
カケホーダイプランベーシックシェアパックdocomo with
カケホーダイライトプランウルトラシェアパック月々サポート
シンプルプランベーシックパック機種変更応援プログラム
データプランウルトラデータパックドコモの学割
キッズケータイプラスケータイパックウェルカムスマホ割
デバイスプラス500端末購入サポート
家族まとめて割
※表は横スクロールが可能です。

こうした割引サポートの終了は、新プランを利用したの料金に大きく影響を及ぼします

新プランに騙されるな!ギガホ・ギガライトは安くない!

驚く女性のイメージ次に他社の料金プランと、ドコモの新料金プラン「ギガホ・ギガライト」を比較してみました。

いずれも、次のような条件で比較します。

【比較する条件】

  • 基本プラン:定額契約あり
  • 通話料:かけ放題の定額通話プラン
  • 端末:iPhoneXR 64G / 25か月目に機種変更

他社比較1・個人で1GB利用の場合

ドコモauソフトバンク
料金プランギガライト1GB
カケホーダイ
スマホお返しプログラム
auピタットプラン
(カケホ)1GB
アップグレード
プログラムEX
ミニモンスター1GB
定額オプション
半額サポート
基本料金 / 月2,980円4,780円3,980円
定額通話 / 月1,700円1,500円
月々割▲1,000円▲1,000円
SPモード / 月300円
端末代 / 月2,736円2,440円1,995円
月額小計7,416円6,220円6,775円
年間料金
(12か月)
88,992円74,640円81,300円
※表は横スクロールが可能です。

他社と同条件で比較してみると、個人で1GBを利用した場合の料金は、ドコモの新プランがいちばん高いということがわかります。

ドコモの金額をよく見ると分かるのですが、実は旧プランよりも、新プランは高くなっているんですね。

前述しましたが、これまでの料金プランでは、通話し放題でデータ通信量1GBを個人で利用した場合の料金は、月額6,179円でした。

それが新料金プランでは月額7,416円になっているのです。

通話し放題+1GBの料金比較結果

  • 旧プラン:6,179円
  • 新プラン:7,416円

これまでの料金プランには、購入した端末に応じたサポート割引がありました。

が、新料金プランには割引サポートがなく、結果的に旧プランより高い利用料金となっていると言えるでしょう。

他社比較2・個人で30GB利用の場合

ドコモauソフトバンク
料金プランギガホ(30GB)
カケホーダイ
スマホお返しプログラム
auフラットプラン
(カケホ)30GB
アップグレード
プログラムEX
ウルトラギガ
モンスター+(50GB)
定額オプション
半額サポート
基本料金 / 月6,980円9,500円5,980円
定額通話 / 月1,700円1,500円
月々割▲1,000円▲1,000円
SPモード / 月300円
端末代 / 月2,736円2,440円1,995円
月額小計11,416円10,940円8,775円
年間料金
(12か月)
136,992円131,280円105,300円
※表は横スクロールが可能です。

個人で30GBを利用する場合も、他社と比較してみるとやはりドコモの料金が最も高いですよね。

ソフトバンクに至っては50GBまで利用できるため、データ通信量はドコモより20GBも多いのに、料金は年間3万円以上安く済むという結果になっています。

サブレくん
この料金差はちょっと検討しちゃうな〜…

他社比較3・家族で30GB利用の場合

ドコモauソフトバンク
料金プランギガホ(30GB)
カケホーダイ
スマホお返しプログラム
auフラットプラン
(カケホ)30GB
アップグレード
プログラムEX
ウルトラギガ
モンスター+(50GB)
定額オプション
半額サポート
基本料金 / 月6,980円9,500円5,980円
定額通話 / 月1,700円1,500円
月々割▲1,000円▲1,000円
家族割引(3人)▲1,000円▲1,500円
SPモード / 月300円
端末代 / 月2,736円2,440円1,995円
月額小計10,416円10,940円7,275円
年間料金
(12か月)
124,992円131,280円87,300円
※表は横スクロールが可能です。

今度は、家族で利用する場合に、30GBの料金がどうなるのか比較してみました。

ドコモは家族割引が適用されるため、家族3人で利用する場合には、auよりも料金が安くなるということがわかります。

ちなみに、auにも家族割引はあるのですが、auフラットプランの場合、家族間の通話が無料になるというだけで、基本料金からは特に割引されません。

コフレちゃん
家族3人で使ってやっとauより割安になる感じなのね…

データ通信のみポケットWi-Fi運用するのも1つの手

そもそも30GBといったデータ通信を行うのであれば、データ通信無制限のポケットWi-Fiを利用してしまうのも1つの手でしょう。

たとえば2019年3月からサービス開始となった「どんなときもWiFi」では、

  • docomo・au・ソフトバンクエリアに対応してる
  • データー通信量が無制限で使える
  • 月額3500円〜利用できる
といった、画期的なポケットWi-Fiサービスを提供しています。

実際に筆者も利用していますが、めちゃくちゃ使っても本当にデータ通信制限にかかりません...!

どんなときもWiFiでデータ容量使いまくってる画像

実際に使い方としては、どんなときもWiFiでWi-Fi通信を利用することで、

  • 電話はLINE電話で
  • 外出先で容量無制限でデータ通信
といったことが、月額3,500円ほどで可能になります。

通話ができる格安SIMと併用すれば、今までの通信環境をより快適に月額料金も一気に抑えることが可能でしょう。

まとめ

2019年6月1日から始まるドコモの新料金プラン「ギガホ・ギガライト」について紹介しました。

今までの料金プランや他社の料金プランとも比較した結果、

  • ギガホ・ギガライトは料金が高くなる可能性がある
ということが分かりました。

これまでは、端末代の支払いサポートがあったのですが、新プランではそれがなくなってしまったことが大きく影響しているのでしょう。

ドコモから割引プランの発表がなければ、この機会に格安SIMなどを検討してみても良いかもしれませんね。

【ドコモ光 × GMOとくとくBB】申し込みはキャッシュバックを利用

総務省の要請で光回線のキャッシュバックキャンペーンやモバイル端末とのセット割が終了する可能性があります。

光回線への加入を検討している人は、キャンペーンが開催されているうちにどうぞ。

Web申し込み限定特典があります!

  • 新規工事費無料(通常時18,000円)
    ※【期間限定】2019年9月1日開始
  • 5,500円〜キャッシュバック
    ※オプションなし、2年定期契約での金額。テレビサービス申込みで金額アップ。
  • 【dポイント】最大10,000円分プレゼント
    ※新規申込み時の金額。転用時の場合は5,000円分
  • 【他プロバイダよりも高速】
    v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル→速さに自信!
    ※速くなかったらポイント還元
  • 【接続かんたん】ルーターにつないですぐに利用可能
  • 【セキュリティソフト】マカフィーマルチアクセス 1年無料
    ※通常毎月500円
  • 【ドコモ光セット割】
    ※携帯利用料が毎月800円〜最大3,500円割引
  • ドコモ光出張サポート
    ※インターネット接続設定パックが無料
  • ドコモショップへの来店不要

【dカード GOLD】ドコモユーザーなら合わせて申し込みたい

ドコモ光回線への加入を検討中の人、加入済みの人にぜひオススメしたいゴールドカードです。

ドコモショップでドコモ光に加入する人の4人に1人が合わせて加入していると言われています。

Web申し込み限定特典があります!

  • ドコモ携帯、ドコモ光の10%がdポイントとして還元
    年会費分の元を取ることも十分可能
  • 3年間のケータイ補償が付帯
  • 旅行やショッピングの保険が付帯
  • 国内の空港ラウンジを無料利用可能
  • 年間100万円以上利用すれば
    10,800円分の割引特典を利用可能

【関東、関西、東海、九州】NURO光導入エリアなら!

So-netが運営する「NURO光」は、下り2Gbps/上り1Gbpsと国内最速の速度を誇ります。

ONU兼ルーターのレンタルが無料など、コストパフォーマンスに優れています。

ドコモスマホとのセット割こそありませんが、速度を最重要視する人にオススメです。

Webでの申し込み限定特典があります!
【2019年10月1日(火)~10月31日(木)】
終了まで残り 17

  • 35,000円キャッシュバック
    ※2019年10月時点の金額
  • 工事費40,000円が実質無料
  • 開通までモバイルWi-Fiレンタル可能
    ※特別価格、無制限プランあり
  • 開通月は日割で請求
  • セキュリティソフトが永年無料
    ※ソフトはカスペルスキー、通常毎月500円
  • SoftBankのおうち割対象
    ※毎月最大1,000円 最大10端末まで
  • So-netの設定サポートが1回無料
    ※通常9,000円
  • 2018年 ネット回線満足度ランキング 関東光回線 第1位
    ※価格.com
  • 2018年 固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査 関東 第1位
    ※J.D. POWER

So-netが公式に行っているキャンペーンで、安心できるという点が決め手でした↓