v6プラスとは何か!?光回線の速度が速くなるって本当??

v6プラスってなに!?光回線の速度が速くなるって本当??
記事の主旨
v6プラスとは何か!?
インターネットを快適に使うための重要な接続サービスが「v6プラス」です。
ドコモ光で高速通信するために、v6プラスに対応したプロバイダを選ぶ必要があります。

v6プラスは、通常インターネットで使われる「IPv4接続」と最新規格の「IPv6接続」を「IPoE方式」という混雑を緩和した方式で使えるサービスのことです。

と言っても、難しくてよくわからないですよね…(笑)

コフレちゃん
IPv4とIPoE方式とv6プラス…
よくわかないんだよね〜...

僕自身勉強しながら記事を書いています。

そこで今回は、

といった内容について詳しく紹介していきます!

\【2019年11月】工事費無料キャンペーン実施 /

最近話題となっているv6プラスとは?

光回線とは?最近では光回線の新規格である「v6プラス」が話題になっています。

v6プラスはインターネット通信が遅くなりがちな夜間でも、自動で混雑していない回線へ切り替わる、一言で言えばインターネットの速度が速くなるサービスです。

利用すればインターネットの通信状況が改善されるため、興味があれば対応するプロバイダでv6プラスを利用してみることをオススメします。

※ドコモ光のv6プラス対応プロバイダについては以下記事が詳しいです↓

まずはv6プラスの特徴・メリットについて紹介します。

v6プラスの最大の特徴

v6プラスの最大の特徴は、

  • 混雑している回線を避けて通信することができること
  • そのため一日を通して安定して高速なインターネット通信ができること
といった内容が挙げられます。

具体的には、

  1. 旧い通信方式である「IPv4」
  2. 新しい通信方式「IPv6」
この2つの間を自由に行き来できるのが、v6プラス(IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6)という新規格なんですね。

快適IPv6 v6イメージのgif

鷹の爪団インターネットサクサク大作戦IPv6(IPoE)

なので
  • 通常のIPv6接続+IPoE方式よりも優れている
  • ドコモ光は無料で導入できる通信サービス
という点を踏まえれば、「v6プラス」対応プロバイダを選ばない理由はありません

IPv4とIPv6・2つのIPアドレスの違いについて

IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6という規格の、IPv4とIPv6について少し解説します。

IPv4は旧型IPアドレスのこと

インターネットを利用する際は「IPアドレス」が各機器に割り当てられます。

長い間「IPv4」というタイプのIPアドレスが使われており、構成は32bit(32桁)だったため、その組み合わせはおよそ43億個でした。

しかしインターネットが全世界に普及したため、43億個のIPアドレスでは枯渇してしまったんですね。

IPアドレスが枯渇している状態

インターネットドメイン管理団体のIANAやICANNなどが2月3日、IPv4アドレスの中央在庫の割り振りがすべて終了したと発表した。中央在庫は完全に枯渇したことになる。

ITmedia NEWS -IPv4アドレスの中央在庫が完全に枯渇

IPv6は新型IPアドレスのこと

結果として登場したのが、次世代のIPアドレスである「IPv6」です。

IPv6のIPアドレスは128bitと、IPv4(32bit)の4倍の長さで構成されています。

さらに128bitで表される数字の種類は、およそ「340澗(かん)=10の36乗」というすさまじい数字であり、世界中の人に1つずつ一生渡し続けても使い切らない数のIPアドレスなんですね。

IPv6の接続イメージ

IPv6の誕生により、インターネットアドレスの枯渇問題は解決しました。

ただ、ここまでは単に「インターネット内部で1つのトラブルが解消されただけ」に過ぎません。

IPv6接続のIPoE方式では旧来よりも高速通信が可能

IPv6接続で利用者が得られる具体的なメリットはなんでしょうか?

重要となるのは、IPv6接続において利用できる「IPoE方式」の存在です

IPv6のIPアドレスを利用した通信方式では、「IPoE方式」で通信することでIPv4より高速なインターネット通信が可能となります。

IPv4 PPPoE方式では通信が遅くなる

IPv4接続では「PPPoE方式」というインターネットへの接続方式が使われています。

本来最大1Gbps出るはずのフレッツ光のネットワークの場合でも、PPPoE方式では下り最大200Mbpsに制限されてしまいます。

コフレちゃん
え〜!せっかくの高速通信も台無しじゃん!

さらにPPPoE方式では、インターネット接続の際に「POI」というNTT網を経由するため、回線が混雑しやすい(=速度が下がりやすい)といったデメリットもありました。

IPv6 IPoE方式なら経由が省略されて通信が高速に

しかし、IPv6接続において使える「IPoE方式」なら

  • 下り最大1Gbpsをそのまま使えて
  • 「POI」の経由もない
といったことが可能となり、高速で通信できるようになります。

ただしIPv6接続のIPoE方式には、IPv6接続に対応するサイトでしか利用できない、つまりは速度の改善ができる機会は限られるデメリットに繋がっていました。

そこで新しく登場したのがv6プラス(IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6)という通信技術です。

v6プラスはIPv6のデメリットを打ち消した新技術

v6プラスは、「IPv4・IPv6どちらで接続されているサイトでもIPv6 IPoE方式で表示できる」という新技術です。

たとえば

  • IPv4通信でしか表示しないサイト
  • IPv6通信でしか表示しないサイト
どちらのWebサイトでも、IPv6の高速通信技術を使って閲覧することが可能になります。

具体的にはIPv4通信の際に、擬似的にIPv6通信を装ってIPoE方式で接続する技術のことを指します。

v6プラスの通信技術を図にすると以下のようなイメージです。

v6プラスの通信技術イメージ

IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6

サブレくん
v6プラスってほんとにスゴイ通信技術なんだね!

v6プラスは基本的に申し込み不要!追加料金もかからない

v6プラスは対応しているプロバイダであれば、申し込み手続きを行う必要なく利用できるしくみです。

サービス提供開始前に契約したプロバイダでも、提供が開始されたら利用可能です。

追加料金も基本的にはかかりません。

ちなみにプロバイダによって設定が必要な場合と設定不要な場合があるので、注意しましょう。

例えばぷららは設定が必要ですが、GMOとくとくBBは最初からv6プラス対応のため設定不要です。

GMOとくとくBBで無料レンタルできるルーターWSR-2533DHP2(BUFFALO)の、インターネット設定動画を載せておきます。

※ ルーターと連携するためのパスワード入力設定は必要です。

ドコモ光でv6プラスに対応しているプロバイダ

会社やビルが立ち並ぶ「ドコモ光」はドコモで展開されていて、フレッツ光の光回線と対応するプロバイダをセット契約できます。

ドコモ回線とのセット割が提供されているのも特徴です。

※ドコモ光のセット割については以下記事が詳しいです↓

IPv6に対応するプロバイダ自体はたくさんありましたが、調べてみたところドコモ光で「v6プラス」に対応しているプロバイダは以下のとおりです。

  • ドコモnet
  • ぷらら
  • So-net
  • GMOとくとくBB
  • @nifty
  • ic-net
  • SIS
  • タイガースネット
  • WAKWAK

エディオンネットやhi-ho、DTI、TiKiTiKi、COARA、SYNAPSE、@TCOM、@ネスク、TNC、BB.excite、@ちゃんぷるネットは、IPv6・IPv4ともにPPPoE接続にしか対応しておらず、v6プラス非対応です。

ANDLINEやBIGLOBE、@TCOM、OCN、AsahiNetはIPv6接続のIPoE方式対応・切り替え不要でIPv4接続にも対応しますが、IPv4接続だとPPPoE方式のみに対応していました。

IPv6のIPoE方式で通信される際は速度改善に期待できますが、IPv4接続対応のサイトはPPPoE方式なので、従来の速度になると考えられます。

【注意!】v6プラスの利用には対応ルーターが必須

v6プラスはただ対応するプロバイダを契約すれば使えるのではありません。

v6プラスを利用するには、対応するルーターが必要です。

ドコモ光ルーターイメージ無料でv6プラスルーターが3年もレンタルできるGMOとくとくBB

契約しているプロバイダが必要としている機器を用意する必要があります。

例えば「ぷらら」でv6プラスに相当する「IPv4overIPv6」を利用するには、「ドコモ光ルーター01」が公式には必要とされています。

※v6プラス対応ルーターについては以下記事が詳しいです↓

そこでv6プラスに対応&高性能ルーターを無料レンタルできるプロバイダをご紹介します。

無料でv6プラス対応高性能ルーターが使えるプロバイダ

ドコモ光でv6プラスを利用したい方に、タイプAプロバイダである「GMOとくとくBB」がオススメです。

その最大の理由は、もれなくv6プラス対応の高速無線LANルーターを無料でレンタルでき、結果として高速で通信できるからです。

さらにGMOとくとくBB特典ルーターを3年間利用すると、ルーターを返却する必要がなくなるため事実上ルーターが自分のものになるんですよね。

コフレちゃん
高性能ルーターが無料で使えて、しかも3年間使えばもらえちゃうのね!

参考までにドコモ光公式のドコモnetだと、対応するルーターをレンタルする場合、通常月額300円の利用料金がかかります。

また自分で用意したルーターがv6プラス対応でなければ、ドコモ光のせっかくの高速通信が活かせません

そのため

  • 無線LANルーターをまだ持っていない
  • 自分で用意するのが面倒
  • 初期費用をできるだけ抑えたい
  • ある程度高性能なルーターは使いたい
といった人は、ドコモ光のプロバイダにGMOとくとくBBを検討してみてはいかがでしょうか。

※ 11月15日時点、ドコモ光では18,000円相当の工事費無料キャンペーンを実施中です。

まとめ

v6プラス対応のプロバイダなら、

  • IPv6対応サイト
  • IPv4対応サイト
どちらとも高速で読み込むことができるようになります。

ドコモ光の中でv6プラスに対応するプロバイダを選んで、より快適インターネット環境を楽しんでください ^^!

【ドコモ光 × GMOとくとくBB】申し込みはキャッシュバックを利用

総務省の要請で光回線のキャッシュバックキャンペーンやモバイル端末とのセット割が終了する可能性があります。

光回線への加入を検討している人は、キャンペーンが開催されているうちにどうぞ。

Web申し込み限定特典があります!

  • 新規工事費無料(通常時18,000円)
    ※【期間限定】2019年9月1日開始
  • 5,500円〜キャッシュバック
    ※オプションなし、2年定期契約での金額。テレビサービス申込みで金額アップ。
  • 【dポイント】最大10,000円分プレゼント
    ※新規申込み時の金額。転用時の場合は5,000円分
  • 【他プロバイダよりも高速】
    v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル→速さに自信!
    ※速くなかったらポイント還元
  • 【接続かんたん】ルーターにつないですぐに利用可能
  • 【セキュリティソフト】マカフィーマルチアクセス 1年無料
    ※通常毎月500円
  • 【ドコモ光セット割】
    ※携帯利用料が毎月800円〜最大3,500円割引
  • ドコモ光出張サポート
    ※インターネット接続設定パックが無料
  • ドコモショップへの来店不要

【dカード GOLD】ドコモユーザーなら合わせて申し込みたい

ドコモ光回線への加入を検討中の人、加入済みの人にぜひオススメしたいゴールドカードです。

ドコモショップでドコモ光に加入する人の4人に1人が合わせて加入していると言われています。

Web申し込み限定特典があります!

  • ドコモ携帯、ドコモ光の10%がdポイントとして還元
    年会費分の元を取ることも十分可能
  • 3年間のケータイ補償が付帯
  • 旅行やショッピングの保険が付帯
  • 国内の空港ラウンジを無料利用可能
  • 年間100万円以上利用すれば
    10,800円分の割引特典を利用可能

【関東、関西、東海、九州】NURO光導入エリアなら!

So-netが運営する「NURO光」は、下り2Gbps/上り1Gbpsと国内最速の速度を誇ります。

ONU兼ルーターのレンタルが無料など、コストパフォーマンスに優れています。

ドコモスマホとのセット割こそありませんが、速度を最重要視する人にオススメです。

Webでの申し込み限定特典があります!
【2019年11月1日(金)~11月30日(土)】
終了まで残り 15

  • 35,000円キャッシュバック
    ※2019年11月時点の金額
  • 工事費40,000円が実質無料
  • 開通までモバイルWi-Fiレンタル可能
    ※特別価格、無制限プランあり
  • 開通月は日割で請求
  • セキュリティソフトが永年無料
    ※ソフトはカスペルスキー、通常毎月500円
  • SoftBankのおうち割対象
    ※毎月最大1,000円 最大10端末まで
  • So-netの設定サポートが1回無料
    ※通常9,000円
  • 2018年 ネット回線満足度ランキング 関東光回線 第1位
    ※価格.com
  • 2018年 固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査 関東 第1位
    ※J.D. POWER

So-netが公式に行っているキャンペーンで、安心できるという点が決め手でした↓