ドコモ光はクーリングオフ対象外!初期契約解除制度でキャンセルする方法

ドコモ光サービスは通信販売に該当するため、クーリングオフ制度が適用できません

とはいっても、

ドコモ光を契約したけどやっぱりキャンセルしたいんだよな〜...

ということもありますよね。

実はドコモ光では「初期契約解除制度」を適用することで、契約から8日以内であれば契約解除を行なうことが可能です。

そこで今回は「ドコモ光を初期契約解除制度でキャンセルする方法と3つの注意点」について詳しく解説していきます!

\ 5月の最新キャンペーン情報 /

ドコモ光はクーリングオフでなく初期契約解除制度でキャンセルできる

キャンセルのイメージドコモ光では契約後に郵送される「ドコモ光契約申込書」を受け取った日から8日以内であれば、

  • ドコモへの電話
  • 書面による申し出
以上の申請により契約解除が可能です。

しかし、すべての「ドコモ光契約ユーザー」が対象となるわけではありません。

ドコモ光で初期契約解除制度の対象となる契約

ドコモ光では、初期契約解除制度の対象となる契約内容はあらかじめ決まっています。

  1. ドコモ光の新規契約時
  2. ドコモnetの新規契約時
  3. プラン変更時
  4. タイプC内の提携CATVの変更

「ドコモ光」の新規ご契約、プラン変更、タイプA対応プロバイダである「ドコモnet」お申込みについては、初期契約解除制度の対象となるご注文です。

【引用】docomo -初期契約解除制度について

上の引用元には記載されていませんが、

  • タイプC内の提携CATVの変更
  • 転用によるドコモ光の新規契約

※ ドコモ光 契約申込書(6/6)記載

といった内容も初期契約解除制度の対象となっています。

あまりケースは多くないかもしれませんが、

転用で新規契約したけどやっぱり他の光回線にしてみたい...
といった場合でも初期契約解除制度の対象になります。

ただし、開通工事前と後では解約費用に違いが出てきてしまうので注意が必要です。

※ ドコモ光ミニについては初期契約解除制度の対象となっていません。

工事前であれば初期契約解除関係なしにキャンセル可能

ドコモ光では工事着手前であれば「初期契約解除制度」を適用することなく、新規申し込みの取り消しが可能です。

たとえば開通工事日はドコモ光の契約から最低14日間後なので、契約から8日間経ってしまっています。

しかし開通工事未着手であればキャンセルが可能なんですね!

開通工事してなければ、キャンセルしても大丈夫なんだね!

この際、キャンセルによる費用の負担がありません

そのため開通工事前のキャンセルは、ドコモ光の契約解除を行う一番安心で確実な方法と言えます。

補足:サービスセンターで聞いてみた

裏付けとしてドコモ光サービスセンターへも直接伺ったのですが、

  • ドコモ光のインターネット通信が未開通ならキャンセルができる
  • 工事日当日に(止む終えない理由で)工事できなければキャンセルできる
ということでした。

契約したけどやっぱりキャンセルしたくなったな〜...

といった場合、開通工事前に申し出るのが一番問題なく契約解除できるオススメの方法です。

※ 工事取消やキャンセルの際は、基本的に工事2日前の午後9時までにドコモ光サービスセンターへの連絡が必要です。

初期契約解除制度でドコモ光の契約をキャンセルする方法

NGやキャンセルのイメージドコモ光を初期契約解除で契約キャンセルするには、

  1. 初期契約解除の申告書面を送付する
  2. ドコモショップにて手続きを行なう
  3. ドコモ光サービスセンターへ連絡する
といった方法があります。

初期契約解除制度を使う方法って、いろいろあるんだね。

それぞれの対応方法を紹介します。

① 初期契約解除の申告書面を送付する

ドコモ光サービスセンターへ、以下内容を記載した申告書面を送付します。

初期契約解除の申告書面・記載項目

  1. ご契約者名(フリガナ)
  2. ご契約住所
  3. ご連絡先電話番号
  4. 「ドコモ光」の契約を解除したい旨
  5. 「ドコモ光契約申込書」の受取日
  6. 「ドコモ光」ご契約ID
  7. 「ドコモ光」と対となる携帯電話回線の番号(ペア携帯回線を設定されている場合)
  8. 書面発送日

申告書面については現状はダウンロード先がないため、ドコモショップで受取る必要があります。

申告書面の送付先

初期契約解除の申請書類を送付するのは、以下宛先です。

〒170-0013
東京都豊島区東池袋3-16-3 アーバンネット池袋ビル3F
株式会社ドコモCS ドコモ光サービスセンター
※ ドコモ光の契約解除なので、送付先はドコモサービスセンターではありません。

なお申告書面を送付した際、

  • 記載内容不備で回線が特定できない
  • 解除条件に合致しない
といった場合、契約解除を受け付けられないこともあります。

契約IDや契約を解除したい旨については、書き損じのないよう十分気をつけてください。

参考資料:初期契約解除通知書-フレッツ光(記入例PDF)

② ドコモショップにて手続きを行なう

ドコモショップに直接行って、初期契約解除制度の書面を記入し契約解除を申請する方法です。

ドコモショップで本人確認を行なう際、

  • ネットワーク暗証番号
といった「4桁の番号」を分かっているとスムーズです。

あらかじめ準備しておくと良いでしょう。

先に準備しておこう...

ネットワーク暗証番号の詳細について記しておきます。

語句内容
ネットワーク
暗証番号
ドコモ光を新規申し込みした際に登録した、任意の数字(4桁の番号)のこと。

ドコモショップなら初期契約解除制度の内容について、直接質問しながら進められるので対面でしっかり確認しながら解約したい人にオススメです。

③ ドコモ光サービスセンターに電話して契約解除を行なう

ドコモ光のサービスセンターに連絡して契約解除を申請する方法です。

一般電話とドコモ携帯からかける場合で、番号が違います。

一般電話とドコモ携帯で、かけられる連絡先が違うんだな。
ドコモの携帯電話
(無料)
15715
ドコモの携帯電話以外からの電話
(携帯・PHS可能)
0120-766-156
受付時間午前9時~午後8時
※ ドコモ携帯からの通話は無料で一般電話は携帯・PHSでもOKです。

最初にガイダンスが流れたら、以下順で進めればオペレーターに繋がります。

  1. ガイダンス
  2. 番号の4を押す(その他のお問い合わせ)
  3. ネットワーク暗証番号入力(なければそのまま待機)
  4. オペレーターへ

オペレーターへ繋がったら初期契約解除の旨を申請し、指示に従って手続きを進めます。

こちらでも本人確認・手続き内容の確認が必要となるので、

  • ネットワーク暗証番号
  • 契約ID
といった番号は先に控えておくと良いでしょう。

契約IDについて記しておきます。

語句内容
契約ID
(お客様ID)
ドコモ光の利用者を識別するID。請求書などでF + 10桁の数字で表記されている。

ドコモショップへ行くのも面倒だけど、電話でしっかり案内を聞きたいという人にオススメです。

※ 平日の昼間、とくに10時前であれば比較的すぐに繋がります。

ドコモ光をキャンセルする時の3つの注意点

注意・ポイントのイメージ

① 開通工事後に契約解除すると工事費が発生する

ドコモ光の開通工事後、すぐに契約の解除を申請すると原則として、

  1. 開通工事費用
  2. 解約金(更新月以外の解約の場合)
といった費用が発生します。

というのも開通工事後は「ドコモ光 契約申込書」の受け取りから8日が経過しており、「初期契約解除制度」も適用されないため通常の解約と同じ扱いになるからです。

開通工事後に回線の調子が思わしくなく、すぐに契約解除すると

戸建て(税抜き)マンション(税抜き)
事務手数料3,000円3,000円
開通工事費用18,000円15,000円
解約金13,000円8,000円
契約解除費用34,000円26,000円
※表は横スクロールが可能です。

といったかなり高額な工賃と解約金がかかってしまいます。

高額な工賃を払わないでドコモ光をすぐに解約するには

もし月額が高くても試しにドコモ光を使ってみたいと思った場合、「定期契約無し」で契約されることをオススメします。

最初は「定期契約無し」プランで契約することで

  • ダメだったら解約
  • 良かったら「2年定期契約」へ変更
といった条件への変更が自由に選べ、さらに最低利用期間がないプランなので短期解約による違約金が発生しません。

特に「定期契約無し」から「2年定期契約」への移行は手数料がかからないため、ドコモ光を契約する前によく検討しておくと良いでしょう。

※ 工事費用は工事料の分割未払い金に対して発生します。(一括支払い済みであれば未請求)

② 初期契約解除による契約解除日までの料金は日割り請求

ドコモ光を初期契約解除にて解約する場合は、

  1. 契約解除日までに利用した通話・通信量
  2. 契約解除日までの料金プラン
  3. 割引・オプションサービス
については日割り請求です。

もしドコモへ預託している金額があれば、上記内容と相殺された後に返還となります。

一方で工事後の契約解除では、日割り請求となりません。

初期契約解除でない解約の場合は日割りにならない

ドコモ光を開通し、利用してから契約解除を行なう場合、

  • 解約月のドコモ光の月額料金
  • 解約月のオプションサービス月額料金
  • (契約していれば)ドコモ光電話の通話料
といった料金の請求が発生します。

開通工事後の解約だと、月額の利用料金の支払いも必要になるのか。

特に気をつけたいのは、

  1. 解約月のドコモ光の月額料金
  2. 解約月のオプションサービス月額料金
上記2つの料金については日割りにならず、いつ解約しても全額負担となってしまいます。

そしてさらに

  • 解約金(更新月以外)
  • 工事料分割残債
といった費用も上乗せされるので、やはり開通工事後の解約は避けたいところです。

③ プロバイダをセットで契約した場合は別途解約の必要がある

ドコモ光とプロバイダがセットになった

  • タイプA
  • タイプB
といったプランで契約している場合、初期契約解除でドコモ光を解約しても、プロバイダは自動解約にはなりません

気づかずにいると

  • 月額料金が発生する
  • プロバイダから違約金が発生する
といった可能性もあるため、必ず別途解約の手続きを行なう必要があります。

本当に忘れないようにしなきゃだな。

ドコモ光を初期契約解除する際は、「プロバイダ提供条件書」も合わせて確認しておくと良いでしょう。

参考資料:ドコモ光 プロバイダご利用にあたっての注意事項

まとめ

今回は「ドコモ光の初期契約解除制度を申請する方法と注意点」について解説しました。

  • ドコモ光はクーリングオフでなく初期契約解除制度の対象
  • ドコモ光の初期契約解除は契約申込書の受け取りから8日以内の申請
  • 工事前なら初期契約解除制度に限らずキャンセルができる
ドコモ光は初期契約解除制度の対象ですが、工事前であれば8日経過したあとでもキャンセルが可能なのは便利ですね。

ただし開通工事後のキャンセルは高額な解約費用が発生してしまうので、必ず契約する前に「対応エリアの確認」などおこなっておくと良いでしょう。

ぜひ、あなただけの快適なインターネット環境を楽しんでください^^

【ドコモ光 × GMOとくとくBB】申し込みはキャッシュバックを利用

総務省の要請で光回線のキャッシュバックキャンペーンやモバイル端末とのセット割が終了する可能性があります。

光回線への加入を検討している人は、キャンペーンが開催されているうちにどうぞ。

Web申し込み限定特典があります!

  • 【dポイント大幅増額中】新規20,000円、転用10,000円分プレゼント
  • 5,500円〜キャッシュバック
    ※オプションなし、2年定期契約
  • 【他プロバイダよりも高速】
    v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル→速さに自信!
    ※速くなかったらポイント還元
  • 【接続かんたん】ルーターにつないですぐに利用可能
  • 【セキュリティソフト】マカフィーマルチアクセス 1年無料
    ※通常毎月500円
  • 【ドコモ光セット割】
    ※携帯利用料が毎月800円〜最大3,500円割引
  • ドコモ光出張サポート
    ※インターネット接続設定パックが無料
  • ドコモショップへの来店不要

【dカード GOLD】ドコモユーザーなら合わせて申し込みたい

ドコモ光回線への加入を検討中の人、加入済みの人にぜひオススメしたいゴールドカードです。

ドコモショップでドコモ光に加入する人の4人に1人が合わせて加入していると言われています。

Web申し込み限定特典があります!

  • ドコモ携帯、ドコモ光の10%がdポイントとして還元
    年会費分の元を取ることも十分可能
  • 3年間のケータイ補償が付帯
  • 旅行やショッピングの保険が付帯
  • 国内の空港ラウンジを無料利用可能
  • 年間100万円以上利用すれば
    10,800円分の割引特典を利用可能