【実体験】ドコモ光の工事の詳細や費用を紹介します!

【実体験】ドコモ光の工事の詳細や費用を紹介します!

ドコモ光を新規契約した場合、光回線を敷設するための工事が必要です。

しかし一体どういった工事を行うのでしょうか?

内容が分からないと不安になってしまいますよね。

壁に大きな穴が開けられたりしないかな?
賃貸だし、工事内容によっては断ることにならないかな...

そこで今回は、僕がドコモ光を開通した時に体験した実際の工事内容についてご紹介していきます!

\ 工事費無料期間残りわずか /
2019年5月6日(月)まで

ドコモ光の工事の内容と流れ

ドコモ光ルーターイメージドコモ光を新規契約した場合はドコモ光回線を敷設するための工事が必須です。

自宅の中にドコモ光回線がなければ光回線が使えないため、賃貸でも持ち家でも工事が必要になってきます。

まずは工事までの流れとその内容を紹介します。

ドコモ光の工事費が無料になるキャンペーンサイト

① エリアを確認してドコモ光の契約を申し込む

ドコモ光はサービスエリア内でなければ申し込むことができません

自宅がドコモ光のエリア内かどうか、公式サイトから一度確認しておくと良いでしょう。

ドコモ光エリア確認時の留意点
ドコモ光の対応エリアは同じNTTのフレッツ光と同様です。

NTT東日本(NTT西日本)フレッツ光の公式ページから、対応エリアについて調べることが可能です。

エリア内であれば問題なくドコモ光を使うことが可能です。

ドコモ光の公式サイトやドコモショップ、家電量販店などからドコモ光の契約手続き・申込みを行います。

② 工事の日程を決める

スケジュールのイメージキャプチャ
ドコモ光の工事内容は、

  1. 電柱から光回線を自宅へつなげる
  2. 光ファイバーを外から中へ配線する
  3. ネット接続用のONUへ繋げる
といった主に3段階の流れです。

電柱から宅内へ光回線を引き入れる作業ではありますが、

電柱からケーブルを引き込む

基本的には一日で工事は終わります。

実際に僕が立ち会ったときは工事時間は14時〜17時まで約3時間くらいでした。

また工事を行うにあたり前もって日程を決めておく必要があります

僕の場合は2018年11月の初旬にドコモ光を申し込んで、約3週間後に工事予定日となりました。

ドコモ光の工事予定日の連絡

ドコモ光を契約する場合も、ある程度は時間に余裕を持って申し込むと良いでしょう。

工事に2週間も待つの?
工事当日に家の環境に合わせて工事内容を決めるため、1回の工事が約半日程度かかります。

また地域によっては作業者の移動に時間がかかったり、先に契約した人が多ければより工事日まで時間がかかることも想定されます。

引越しを機にドコモ光を申し込む際は念のため、引越し日の2〜4週間くらい前には申し込みを始めておくことをオススメします。

③ 光回線を宅内に引き入れONUと繋げて完了

【NURO光】宅内工事工事日になるとNTT東日本(西日本)の作業員が自宅に来て、機器の設置や光ファイバーケーブルの導入を行います。

ドコモ光はフレッツ光の光回線を利用しているサービスなので、工事はNTTに配属されている方が行います。

本当に壁に穴は開けないの?

屋外から中へ光ファイバーを通してくる際に、

  • 自宅に光回線の設備がまだない場合
  • 新築の持ち家の場合
どちらの場合でも基本的に壁に穴を開けることはありません

実際に僕の場合はエアコン用の穴に光ファイバーのケーブルを通し、

屋内配線工事のイメージ

最後に光ファイバーとONUを繋げて完了しました。

フレッツ光 OCN ドコモ光 ONU

ONUと光ファイバーが繋がれば、ドコモ光の開通工事は無事完了です。

どうしても壁に穴を開けるしか方法がないという特別な場合を除き、工事は持ち家でも賃貸でも2~3時間もあれば終わる印象でした。

あとはプロバイダから送られて来た書類をもとに、インターネット接続設定を行えばドコモ光サービスをすぐに使い始めることができます。

最大18,000円相当の工事費が無料になるキャンペーンページへ

ドコモ光の工事費用は高いの!?実際にかかる費用を紹介

支払いのイメージキャプチャ
ドコモ光を契約すると

  • 戸建てでは18,000円
  • マンションでは15,000円
の工事費用がかかります。

しかしこの工事費用は高いのでしょうか?

そこで、ほかキャリアの光回線である「auひかりやSoftbank光」の工事費用と比較してみました。

各社戸建てマンション
ドコモ光18,000円15,000円
auひかり37,500円30,000円
Softbank光24,000円24,000円
※表は横スクロールが可能です。

他社光回線の工事費用と比較してみると、ドコモ光が一番おトクなんですね。

auひかりの工事費用の約半額で光回線が設置できるので、ドコモ光の工事費用はかなり低めに設定されていることが分かります。

無料で開通工事できる大チャンス!ドコモ光キャンペーンページへ

一括払いにおける工事費はフレッツ光と変わらない!?

ドコモ光の工事費を一括で支払うと、工事費は以下の表の通りです。

ドコモ光戸建住宅集合住宅
工事費(税別)18,000円 15,000円
※表は横スクロールが可能です。

集合住宅と戸建住宅では、3,000円ほどの金額差がありますね。

ここでNTT東日本エリアにおけるフレッツ光の工事費をチェックしてみましょう。

フレッツ光戸建住宅集合住宅
工事費(税別)18,000円 15,000円
※表は横スクロールが可能です。

この通り、実はフレッツ光もドコモ光も工事費は変わりません。

同じ回線を使っているサービスで工事費も同じということで、工事費については公平ですね。

支払い期間が長くなる分割払いよりもオススメは一括払い

ドコモ光の工事費は分割払いもできます。

分割払いの時の月々の支払額は、以下の通りです。
分割回数ごとに工事費も違います。

戸建住宅集合住宅
12回(税別)1,620円1,350円
24回(税抜)810円675円
36回(税抜)540円450円
48回(税抜)405円337円
60回(税抜)324円 270円
※表は横スクロールが可能です。

回数を増やせばそれだけ支払額は下がりますが、支払い終わるまでの期間が長くストレスです。

オススメは最初に一括で支払ってしまうことですね。

実は2019年5月6日までにドコモ光を契約すると、戸建て・マンションに関わらず開通工事費用が無料となります。

➜ドコモ光の工事費無料キャンペーンページ

工事をする際の注意点

メリットのメージドコモ光を契約し、工事をする際の注意点をチェックしていきましょう。

賃貸で工事の際は大家さんや管理会社に許可をとる必要がある

ドコモ光を申し込むにあたって、賃貸住宅の場合は念のため管理会社や大家さんに許可を得ておきましょう。

黙ってアパートやマンションで契約を進めるのはトラブルの元となります。

特に、許可なく配線を部屋に通すなど細かい作業が伴う場合、怒られたり強制的に取りやめさせられたりする可能性もあります。

僕は引越しの際にあらかじめ、「インターネットを利用したい」という旨を不動産に連絡をしてから光回線の契約を申し込みました。

ドコモ光を契約したい場合は、

  • 光回線OKの物件に入居して
  • 引越し手続きの際に事前に許可を得ておく

ことがオススメと言えます。

外壁に穴を開けることはまずない

ドコモ光開通の工事にあたり不安なのは、壁に穴を開けるなど大がかりになってしまうんじゃないか、ということでしょう。

しかしドコモ光の開通工事は、基本的に電話の配管やエアコン用の穴に光ファイバーを通すだけ

壁に穴を開けなければいけなくなることは、まずありません。

建物によってはほぼ導入済みで、機器を設置するだけでOKな場合もあるでしょう。

工事についてはそれほど心配することはないですよ。

不安な場合は工事業者さんに前もって確認することをオススメします。

穴を開けないようにお願いすれば、そのように対応してくれる可能性は高いです。

NTTフレッツ光から転用する場合は工事は不要!

住宅に光回線を開通する工事のイメージNTTフレッツ光から転用する場合について、僕の実体験を元に解説します。

フレッツ光からドコモ光に転用する場合は工事は不要です。

転用では書類が送られてくるだけで転用手続きは終わった

フレッツ光からドコモ光へは、設備はそのままで「転用」できます。

転用手続きを行うと、しばらく経った段階(2週間程度)で自宅に転用完了の書類が送られてきます。

この書類が届いたタイミングでドコモ光への転用は終了。

おめでとうございます。

ついに、ドコモ光ユーザーです!

プロバイダが同じならインターネット接続設定も全て変更不要!

フレッツ光でもドコモ光でも利用できるプロバイダが多数存在します。

僕が契約しているOCNやBIGLOBEなどがそうです。

プロバイダって?
インターネットサービスを提供している事業者のことを指します。

同じプロバイダをドコモ光でも継続する場合、工事も不要ならインターネット接続の再設定も一切不要です。

実際にOCNのプロバイダのままでフレッツ光からドコモ光に転用していますが、設定をし直す必要はなくそのままドコモ光のサービスを使うことができました

まとめ

ドコモ光の工事についてまとめると、

  • 光ファイバーのケーブルをエアコンの穴や電話の配管に通すだけ
  • 工事費用は15,000円〜18,000円
  • 一括でも分割でも支払うことができる
といった工事内容になっています。

基本的に穴を空けずに開通工事が終わるので、持ち家や賃貸を傷つけることはありませんね。

ちなみに2019年5月6日まで、戸建て・マンションに限らずドコモ光は開通工事費用が無料ですよ ^^

【ドコモ光 × GMOとくとくBB】申し込みはキャッシュバックを利用

総務省の要請で光回線のキャッシュバックキャンペーンやモバイル端末とのセット割が終了する可能性があります。

光回線への加入を検討している人は、キャンペーンが開催されているうちにどうぞ。

webでの申し込み限定特典があります。
2019年5月6日(月)まで
終了まで残り 5

  • 最大20,000円キャッシュバック
  • dポイント最大10,000円分プレゼント
  • 新規工事料金無料
    (通常15,000円〜18,000円)
  • 【他プロバイダよりも高速】
    v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル→速さに自信!
    (速くなかったらポイント還元)
  • セキュリティソフト(マカフィーマルチアクセス)が1年無料
    (通常毎月500円)
  • ドコモ光出張サポート「インターネット接続設定パック」が無料
  • 【ドコモ光セット割】
    ドコモ携帯とセットで毎月800円〜最大3,500円割引
  • ドコモショップへの来店不要

【dカード GOLD】ドコモユーザーなら合わせて申し込みたい

ドコモ光回線への加入を検討中の人、加入済みの人にぜひオススメしたいゴールドカードです。

ドコモショップでドコモ光に加入する人の4人に1人が合わせて加入していると言われています。

webでの申し込み限定特典があります!

  • ドコモ携帯、ドコモ光の10%がdポイントとして還元
    年会費分の元を取ることも十分可能
  • 3年間のケータイ補償が付帯
  • 旅行やショッピングの保険が付帯
  • 国内の空港ラウンジを無料で使用可能
  • 年間100万円以上利用すれば
    10,800円分の割引特典を利用可能