【ドコモ光の料金明細】実際に支払っている料金を紹介!

【ドコモ光の料金明細】実際に支払っている料金を紹介!

ドコモ光を契約するにあたって、月額料金は気になるところ。

しかし毎月支払う通信費が高ければ、利用する側にとっては負担になってしまいますよね。

ドコモ光の月額料金っていくらなんだろう。
高ければ契約は見直そうかな...

そこで今回は「ドコモ光で僕が実際に支払っている料金」を交え、ドコモ光の利用料金の実態について解説していきます!

\ 工事費無料キャンペーン開始 /
【2018年12月1日(土)〜】

ドコモ光の利用料金

お金,光回線キャッシュバックなどの特典ドコモ光は「フレッツ光の光回線とプロバイダ」がセットになったサービスです。

僕はマンションでドコモ光を契約しているのですが、選ぶプロバイダと住居形態によって、月額料金は変わります。

プロバイダはドコモ光に乗り換える前に、フレッツ光でも利用していた「OCN」を使っています。

ドコモ光の利用料金は「My docomo」から確認することが可能です。

My docomo(マイドコモ)とは!?
ドコモユーザーのためのインターネット総合サポートサイトです。

実際に僕が先月に支払った、ドコモへの利用料金をキャプチャしてみました。

ドコモ光基本料」が、僕が使っているドコモ光の利用料金です。

月額4,200円(税抜)

となっています。

ドコモ光の月額料金は住環境とプロバイダで変わる

住宅に光回線を開通する工事のイメージ僕は月額4,200円(税抜)の利用料金を支払っていますが、これはマンション契約でプロバイダをOCNにしているからです。

というのもドコモ光では、

  1. 戸建て住宅
  2. 集合住宅
  3. 選ぶプロバイダ
によって月額料金が変わってくるんですね。

戸建て住宅の場合の月額料金

プロバイダ(例)月額料金(税抜)
ドコモnet
plala
So-net
GMOとくとくBB
ビッグローブ
@nifty
5,200円
OCN
AsahiNet
@TCOM
5,400円
プロバイダを
別途契約
5,000円
ドコモ光ミニ
(2段階定額)
2,700〜5,700円+プロバイダ料金

マンションなどの集合住宅での月額料金

プロバイダ(例)月額料金(税抜)
ドコモnet
plala
So-net
GMOとくとくBB
ビッグローブ
@nifty
4,000円
OCN
AsahiNet
@TCOM
4,200円
プロバイダを
別途契約
3,800円

このようになっています。

また選択するプロバイダによって、

  1. タイプA
  2. タイプB
  3. (タイプAより月額料金が200円高い)

どちらかの料金プランになってきます。

自分が契約したいプロバイダのタイプはどっちなのか、事前に確認しておくと良いでしょう。

※ドコモ光のオススメプロバイダについては以下記事が詳しいです↓

【ドコモ光】携帯電話とセットで割引が適用(セット割)

ドコモ光セット割ドコモ光を契約するにあたって欠かせないのが、携帯電話とセットで月額料金の割引を適用できることです。

この割引を考慮すると、通常のフレッツ光+スマホよりも月額料金を安くすることができますよ。

僕の場合は、ドコモを主に「データMパック」で契約しています。

これは通信量が5GBのプランで、データMパックの場合ドコモ光とセットだと毎月800円が割引になります。

選ぶプランで割引額が大きく変わる!

支払いのイメージキャプチャドコモ光は選ぶプランによって、割引額が異なってきます。

また、家族で通信量を共有するシェアパックでは、戸建住宅か集合住宅かでも若干金額が変わってきます。

表にまとめてみました。

利用するパケットパック通信量セット割金額
ウルトラシェアパック100100GB戸建住宅: -3,200円 集合住宅: -3000円
ウルトラシェアパック5050GB戸建住宅: -2,500円 集合住宅: -2,400円
ウルトラシェアパック3030GB戸建住宅: -2,000円 集合住宅: -2,000円
シェアパック1515GB戸建住宅: -1,800円 集合住宅: -1,800円
シェアパック1010GB戸建住宅: -1,200円 集合住宅: -1,200円
シェアパック55GB戸建住宅: -800円 集合住宅: -800円
ウルトラデータLLパック30GB-1,100円
ウルトラデータLパック20GB-900円
データMパック5GB-800円
データSパック2GB-500円
ケータイパック2GB-500円
※表は横スクロールが可能です。

※2018年5月調べ

これらの料金が、スマホ代から割引になります。

なお「データSパック」と「ケータイパック」については、割引が最大1年間に制限されます。

そのため割引を適用し続けたい場合、基本的には「データMパック以上」を選ぶことをオススメします。

ドコモにはこの他に端末割引や「docomo with」での月額割引もあるので、それらも含めればいわゆる格安スマホ並みにスマホ代を下げることも可能なんですよね。

dカード GOLD契約で10%がポイント還元される

僕は「dカード GOLD」を利用しています。

dカード GOLDは年会費が10,000円(税抜)かかりますが、

「ドコモのスマホやドコモ光の利用料金」の10%がdポイントとして還元される

といった、とてもおいしいメリットがあるんです。

実際に僕は、ドコモ端末やドコモ光を利用しているのですが...

  1. ドコモのスマホ
  2. ドコモのルーター
  3. ドコモ光やドコモの各種サービスを契約

まとめて10,000円程度の月額料金に抑えられているんですよね^^

dカード GOLDの利用によって、12ヶ月で少なくとも年会費以上のポイントを簡単に得られるので、ドコモユーザーは持ってないと損をするクレジットカード・サービスと言えるでしょう。

ドコモ光を光電話とセットで契約する場合の料金は?

ドコモ光では、ネットに加えて光電話も契約できます。

光電話とは、光ファイバーを用いた固定電話のサービスです。

光電話を導入すれば、通常の固定電話より利用料金を下げられるので、契約を検討している方も多いでしょう。

ドコモ光の光電話サービスである「ドコモ光電話」は、

月額500円(税抜)

です。

ドコモ光の利用料金に月々わずか500円上乗せするだけで、対応ルーターを用いて光電話が使えます。

なお、光電話をするための電話機は自分で用意する必要があります。

今まで使っていた電話機を使い回すか、別途家電量販店などで購入しましょう。

ドコモ光は公式サイトから料金のシミュレーションが可能!

ドコモ光は、公式サイトから料金を事前にシミュレーションすることができます。

かんたんシミュレーション」において「ケータイとドコモ光」の項目を選択しましょう。

自分のスマホで使う契約や契約するドコモ光の選択をすれば、あっという間にスマホ+ドコモ光の月額料金とその料金内訳がわかりますよ。

なお、ここではプロバイダ料金が安い方のタイプ(集合住宅なら月額4,000円)で内訳に表示されるので、料金が高いプロバイダを選ぶ場合は差額を上乗せして考えましょう。

まとめ

今回は、僕がドコモ光で実際に支払っている利用料金を解説しました。

ドコモ光は世間で言われているほど料金設定も高くなく、また利用料金に応じてポイントも貯まり大満足です。

ドコモ光だとスマホ代、光回線代、そしてプロバイダ料金が一つにまとまるのでごちゃごちゃせずに済みますし、スマホ代が割引になるのも嬉しいですね。

ドコモユーザーの方にオススメなので、是非検討してみてくださいね。

【ドコモ光 × GMOとくとくBB】申し込みはキャッシュバックを利用

総務省の要請で光回線のキャッシュバックキャンペーンやモバイル端末とのセット割が終了する可能性があります。

光回線への加入を検討している人は、キャンペーンが開催されているうちにどうぞ。

webでの申し込み限定特典があります。
【2018年12月1日(土)〜 】
終了まで残り 7

  • 最大15,000円キャッシュバック
  • dポイント最大10,000円分プレゼント
  • 新規工事料金無料
    (通常15,000円〜18,000円)
  • 【他プロバイダよりも高速】
    v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル→速さに自信!
    (速くなかったらポイント還元)
  • セキュリティソフト(マカフィーマルチアクセス)が1年無料
    (通常毎月500円)
  • ドコモ光出張サポート「インターネット接続設定パック」が無料
  • 【ドコモ光セット割】
    ドコモ携帯とセットで毎月800円〜最大3,500円割引
  • ドコモショップへの来店不要

【dカード GOLD】ドコモユーザーなら合わせて申し込みたい

ドコモ光回線への加入を検討中の人、加入済みの人にぜひオススメしたいゴールドカードです。

ドコモショップでドコモ光に加入する人の4人に1人が合わせて加入していると言われています。

webでの申し込み限定特典があります!

  • ドコモ携帯、ドコモ光の10%がdポイントとして還元
    年会費分の元を取ることも十分可能
  • 3年間のケータイ補償が付帯
  • 旅行やショッピングの保険が付帯
  • 国内の空港ラウンジを無料で使用可能
  • 年間100万円以上利用すれば
    10,800円分の割引特典を利用可能