ドコモ光の正しい解約方法とは?解約金を無料ですませる方法

ドコモ光の正しい解約方法とは?解約金を無料ですませる方法

ドコモ光を解約する際に心配なのが、

  • どうやって解約すれば良いのかわからない
  • 解約金がかかるのか不安だ
といったことではないでしょうか。

実はドコモ光は無料で解約することが可能です。

この記事では「ドコモ光の正しい解約方法」について解説します。

\ 工事費無料キャンペーン開始 /
【2018年12月1日(土)〜】

ドコモ光の解約方法は?

解約のイメージドコモ光の解約手続きは、自分から行う作業はそれほど多くないため難しくはありません。

しかし確認事項は多めです。

解約金をかけないためにもしっかり確認しながら進めましょう。

解約する際の窓口は電話かドコモショップ

ドコモ光を解約するには、

  • ドコモインフォメーションセンターへ電話
  • ドコモショップで解約の手続き

のどちらか2つの方法で行います。

インターネット上(オンライン)のみで解約することはできないので、注意しましょう。

電話対応なら営業時間内(9時~20時)であればいつでも申し込みが可能です。

対面でしっかり情報などを確認しながら解約したい場合は、ドコモショップに足を運ぶことをオススメします。

ドコモインフォメーションセンター
TEL:151(ドコモの携帯電話からのみ)
TEL:0120-800-000(携帯・PHS・一般電話)
受付時間:午前9時〜午後8時

解約手数料の金額は?解約金が免除される方法!

ドコモ光は2年間の契約で自動更新となっています

2年間の契約を満了すると、2ヶ月間の「契約更新月」が発生します。

このタイミングこそが、ドコモ光を無料で解約するにあたって重要です。

契約更新月に解約すれば、ドコモ光は無料で解約できます。

しかしそれ以外のタイミングだと、たとえ2年以上契約していても解約金が発生してしまうのです。

ドコモ光の解約金は、

戸建住宅集合住宅
解約金(税抜)13,000円8,000円
※表は横スクロールが可能です。

となっています。比較的高額ですね。

転勤などやむを得ない事情がある場合を除いて、できる限り契約更新月を狙って解約するようにしたいところです。

あるいは、他社回線に乗り換える場合ドコモ光で発生した解約金をキャンペーン等で相殺してもらえることがあります。それを利用するのも良いでしょう。

なお解約金とは別に、ドコモ光解約までに発生した月額料金は別途請求されるので注意しましょう。

工事費を分割で支払っているならその残債もかかる

ドコモ光の契約時に工事費を分割で支払っている場合は、残債も請求されます。

ドコモ光の工事費は15,000~18,000円(税抜)

となっています。

タイミングによっては1万円以上の残債がかかってしまうこともあるでしょう。

分割請求の場合工事費の支払いも忘れずに。またこれからドコモ光を契約するのであれば、できれば後から負担がかかってこないように一括で工事費を支払ってしまうことをオススメします。

プロバイダは自動解約にならないこともあるので、確認しよう

ドコモ光ではたくさんの種類の中からプロバイダを自由に選んで契約できますし、単独タイプを選んで選択肢にないプロバイダを利用することもできます。

注意したいのが、ドコモ光を解約する際にプロバイダが自動解約にならない可能性があることです。

自動でプロバイダが解約されなかった場合はプロバイダ料金がずっと発生し続ける可能性もあるので、ドコモ光の解約を申し込む際にプロバイダの解約も合わせて確認しましょう。

解約時に工事は必要工事費は不要

ドコモ光を解約する際は、工事が必要になります。この解約時の工事費は、基本的には無料です。

工事はドコモ光側で自動的に行われる場合と、撤去工事を立ち会いの下で行う場合があります。建物によって変わってくるので、電話やドコモショップでの解約申込時に確認しましょう。

自動的に解約の工事が行われる場合は、ドコモ光契約時に自宅に設置されたONU等の機器を返却する作業が必要です。

返却キットが送られてくるので、キットに入れて返送しましょう。返送しなければ後から機器代金等を請求される可能性が高いので、忘れずに返送しなければいけません。

固定電話はどうなる?

固定電話のイメージドコモ光では、光ファイバーを使った固定電話サービスの光電話も利用できますよね。

ドコモ光を解約すると、光電話の番号が廃止になる可能性があります。状況によって変わってくるので、こちらもドコモショップや電話での解約手続き時に忘れずに確認するようにしましょう。

基本的には、ドコモ光解約の前にNTTのコールセンターに電話をして光電話から同じ電話番号をアナログの電話番号に戻す手続きをすることで、同じ電話番号を引き続き使い続けられます。

一度アナログに戻してから、他の光電話に同じ電話番号を移行することもできるでしょう。

まとめ

ドコモ光は、電話やドコモショップで解約手続きを行うことができます。

ドコモ光解約の際は、解約金(契約更新月以外に解約する場合)や工事費の残債を支払う必要があるので注意しましょう。

そしてドコモ光で光電話を利用していた際は、電話番号の手続きについて解約前に確認しておくことをオススメします。

基本的には、NTTに電話をすることで電話番号を光電話からアナログの電話番号に戻して利用できますよ。

【ドコモ光 × GMOとくとくBB】申し込みはキャッシュバックを利用

総務省の要請で光回線のキャッシュバックキャンペーンやモバイル端末とのセット割が終了する可能性があります。

光回線への加入を検討している人は、キャンペーンが開催されているうちにどうぞ。

webでの申し込み限定特典があります。
【2018年12月1日(土)〜 】
終了まで残り 7

  • 最大15,000円キャッシュバック
  • dポイント最大10,000円分プレゼント
  • 新規工事料金無料
    (通常15,000円〜18,000円)
  • 【他プロバイダよりも高速】
    v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル→速さに自信!
    (速くなかったらポイント還元)
  • セキュリティソフト(マカフィーマルチアクセス)が1年無料
    (通常毎月500円)
  • ドコモ光出張サポート「インターネット接続設定パック」が無料
  • 【ドコモ光セット割】
    ドコモ携帯とセットで毎月800円〜最大3,500円割引
  • ドコモショップへの来店不要

【dカード GOLD】ドコモユーザーなら合わせて申し込みたい

ドコモ光回線への加入を検討中の人、加入済みの人にぜひオススメしたいゴールドカードです。

ドコモショップでドコモ光に加入する人の4人に1人が合わせて加入していると言われています。

webでの申し込み限定特典があります!

  • ドコモ携帯、ドコモ光の10%がdポイントとして還元
    年会費分の元を取ることも十分可能
  • 3年間のケータイ補償が付帯
  • 旅行やショッピングの保険が付帯
  • 国内の空港ラウンジを無料で使用可能
  • 年間100万円以上利用すれば
    10,800円分の割引特典を利用可能