【ドコモ光】ルーターを無料レンタルする方法とは!?

【ドコモ光】ルーターを無料レンタルする方法とは!?

ドコモ光を利用するには、家電量販店などで販売されている「無線LANルータ」を購入することですぐに接続して利用可能です。

しかしドコモ光の契約とは別に「ルーター購入費用」がかかるのはちょっと負担ですよね。

そこでオススメなのは、Wi-Fiルーターを無料レンタルできるドコモ光プロバイダを選ぶこと。

特にv6プラス対応しているルーターがレンタルできれば文句なしでしょう。

そこで今回は僕が「ドコモ光を契約して高性能ルーターを無料レンタルした方法」についてご紹介していきます!

「プロバイダSo-net」もドコモ光で無料Wi-Fiルーターを開始しました
\ 工事費無料期間残りわずか /
2019年5月6日(月)まで

ドコモ公式サイトではルーターは有料レンタルとなる

ルーターイメージドコモ公式サイトでは月額350円(税抜)でドコモ光ルーター01をレンタルすることができます。

通信速度は最大867Mbpsで高速であるものの、ドコモ光の最大1Gbpsには対応していないのが難点です。

ドコモ光ルーター01

【出典】docomo -「ドコモ光ルーター 01」とは

メリットとしては、サポートが充実していること。

月額500円(税抜)の「ネットトータルサポート」を契約することで、インターネット接続設定を遠隔で操作してもらうことができます。

しかし遠隔設定に月額850(300+500)円支払うことを考えると、少し頑張って自分で設定したほうがおトクでしょう。

どうしてもネットの接続が苦手な場合などは、ルーターをレンタルして遠隔サポートを受けるのも良いでしょう。

※ドコモ光のネットトータルサポートについては以下記事が詳しいです↓

GMOとくとくBBならWi-Fiルーターを無料でレンタルできる!

ドコモ光×GMOとくとくBBレンタルルータードコモ公式ではWi-Fiルーターのレンタルに月額350円(税抜)かかりましたが、プロバイダにGMOとくとくBBを選べばルーターを無料レンタルできます。

GMOとくとくBBでレンタルできるルーターのメリットや、申込方法について紹介します。

GMOとくとくBBで借りられるWi-Fiルーターのメリット

GMOとくとくBBの選択で借りられるWi-Fiルーターは、最大1300Mbpsでの通信に対応しています。

つまり最大1Gbpsのドコモ光をバッチリ活かせるんですよね。

ルーターはBUFFALO(バッファロー)社製で、型番は「WXR-1750DHP2」となります。

有線LANポートも4つあるので、ゲーム機やパソコンなどを有線接続することも可能です。

アンテナが3本搭載されているので、家の広い範囲にまで電波を飛ばせるのもうれしい仕様ですね。

無料レンタルだから安いルーターなんじゃないの?

と考えた方もいるかもしれませんが、全くそんなことはありません。

定価15,444円のハイスペックな機種です。

※WXR-1750DHP2のスペックについては以下記事が詳しいです↓

無料レンタルできるのにWi-Fi設定がカンタン

ドコモ光公式のサービスでは通常Wi-Fiルーターのレンタルは月額300円(税抜)のサービスなのですが、GMOとくとくBBを選んだ場合は無料でレンタルできます。

無線LANの設定と聞くと、難しそうと思われるかもしれませんが、ルーターの設定はとてもカンタンです。

【GMOとくとくBB】タイプAなので料金が安いのも魅力

ドコモ光】タイプAのプロバイダ

【出典】NTTドコモ - ドコモ光プロバイダ一覧

GMOとくとくBBは、ドコモ光の「タイプA」に含まれるプロバイダです。

タイプAとタイプBでは月額料金が200円ほど異なってくるので、月額料金が少し安いのもGMOとくとくBBを選ぶメリットです。

v6プラスとは何か?

v6プラスとは、従来から使われている「IPv4」と最新の「IPv6」両方のIPアドレスを対応サイトごとに使い分けながら「IPoE方式」で使えるサービスです。

ただの「IPv6接続・IPoE方式」だとIPv6非対応サイトを見る際にわざわざIPv4に切り替えなければいけませんが、v6プラスなら切り替え不要でより使いやすくなっています。

「IPoE方式」とは従来の「PPPoE方式」によるインターネット接続のように利用時の認証手続きが不要なので、回線が混雑しづらいメリットがあります。

IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6

回線が混雑を避けられるので、v6プラスではより高速で通信できるというわけですね。

v6プラスの対応プロバイダは高速で通信できると覚えておきましょう!

※v6プラスについては以下記事が詳しいです↓

ドコモ光の地域ごとの実測調査結果を見る方法

しかし、v6プラス対応で速い!とはいっても、いったいどれくらい速度が出るのか疑問ですよね。

本当に速いのか怪しいんだよな...

GMOとくとくBBでは、地域ごとに設置した独自のドコモ光回線をリアルタイムで実測調査を行い開示しています

例えば2018年5月~2018年12月1日までの全国合計1,431件(有線LANでの計測結果)のデータが、以下のように開示されていました。

【ドコモ光】GMOとくとくBB - 東京都平均回線速度

【ドコモ光】GMOとくとくBB - 東京都平均回線速度

僕が確認したのは2018年12月でしたが、全国平均は

全国平均
下り181.38Mbps、上りは157.18Mbps
となっていました。

自分の地域でドコモ光をGMOとくとくBBで使った際の平均速度を確認するには、以下のキャンペーンサイトより確認できます。

※「ドコモ光 × GMOとくとくBB」のキャンペーンサイトが開きます。

キャンペーンサイトにアクセスしたら「次世代技術v6プラス採用!」の解説図の直下にある、「 ▶ GMOとくとくBB速度の秘密ページへ 」ボタンをクリックします。

GMOとくとくBBの地域別速度へ移動するボタン190126ドコモ光×GMOとくとくBBによる、「地域別の速度確認画面」が表示されるので、自分の地域に該当するブロックをクリック。

GMOとくとくBBの地域別速度へ移動するボタン

【出典】GMOとくとくBBキャンペーンサイト

すると、任意の地域の速度を確認することができます。

GMOとくとくBBの地域別の速度確認結果

【出典】GMOとくとくBBキャンペーンサイト

自分の地域で「ドコモ光 × GMOとくとくBB」はどのくらい速度が出るのか、あらかじめ確認することができます。

ぜひ導入前に一度チェックしてみてください。

※「ドコモ光 × GMOとくとくBB」のキャンペーンサイトが開きます。

まとめ

ドコモ光では、自分で購入したルーターを自由に使えます

しかしルーターを自分で用意する場合は、購入費用が数千円~数万円かかってしまうんですよね。

さらに時間をかけて悩んで購入したルーターがドコモ光と相性が悪いこともあり得ます。

オススメはやはりルーターの無料レンタルサービスを活用することでしょう。

GMOとくとくBB」なら無料レンタルルーターといえ高速通信が可能なv6プラスに対応し、最大1Gbpsのドコモ光をバッチリ活用できる性能を持っています。

ドコモ光に申し込むのであれば、

  • 無料Wi-Fiルーターレンタルサービス
  • キャッシュバックキャンペーン
と合わせることでよりおトクに申し込むことができますよ^^

【ドコモ光 × GMOとくとくBB】申し込みはキャッシュバックを利用

総務省の要請で光回線のキャッシュバックキャンペーンやモバイル端末とのセット割が終了する可能性があります。

光回線への加入を検討している人は、キャンペーンが開催されているうちにどうぞ。

webでの申し込み限定特典があります。
2019年5月6日(月)まで
終了まで残り 5

  • 最大20,000円キャッシュバック
  • dポイント最大10,000円分プレゼント
  • 新規工事料金無料
    (通常15,000円〜18,000円)
  • 【他プロバイダよりも高速】
    v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル→速さに自信!
    (速くなかったらポイント還元)
  • セキュリティソフト(マカフィーマルチアクセス)が1年無料
    (通常毎月500円)
  • ドコモ光出張サポート「インターネット接続設定パック」が無料
  • 【ドコモ光セット割】
    ドコモ携帯とセットで毎月800円〜最大3,500円割引
  • ドコモショップへの来店不要

【dカード GOLD】ドコモユーザーなら合わせて申し込みたい

ドコモ光回線への加入を検討中の人、加入済みの人にぜひオススメしたいゴールドカードです。

ドコモショップでドコモ光に加入する人の4人に1人が合わせて加入していると言われています。

webでの申し込み限定特典があります!

  • ドコモ携帯、ドコモ光の10%がdポイントとして還元
    年会費分の元を取ることも十分可能
  • 3年間のケータイ補償が付帯
  • 旅行やショッピングの保険が付帯
  • 国内の空港ラウンジを無料で使用可能
  • 年間100万円以上利用すれば
    10,800円分の割引特典を利用可能