バンドステアリング機能とは何?対応ルーターと意外な2つのデメリット

バンドステアリング機能とは何?対応ルーターと意外な2つのデメリット

バンドステアリング機能とはなんでしょうか?

ざっくり話すと「混雑していない周波数帯域に自動で切り替えてくれる機能」のこと。

バンドステアリング機能を使うことで通信速度が上がる反面、対応していないルーターでは使えないといったデメリットもあります。

そこでこの記事では

  • バンドステアリング機能のメリット・デメリット
  • バンドステアリング機能に対応しているルーター
について詳しく解説していきます。
\ 7月の最新キャンペーン情報 /

バンドステアリング機能とは2.4GHzと5GHzを統合誘導する技術

バンドステアリング機能とは、2.4GHzと5GHzの2つの帯域の混雑してない周波数帯に自動接続してくれる機能です。

でもなんで2つの帯域が必要なの?

そこで2.4GHzと5GHz帯域について、メリット・デメリットをまとめてみました。

メリットデメリット
2.4GHz・電波が遠方にまで届く
・壁や床などの障害物に強い
・スマホの接続に適している
・汎用性が高い
・他の家電が出す電波と干渉しやすい
・周波数が低い
・接続が不安定になりがち
5GHz・高速で安定した通信が可能
・他家電による電波干渉が少ない
・モバイルパソコンの接続に適している
・壁や床などの障害物に弱い
・屋外での利用は条件付き
・汎用性が低い
※表は横スクロールが可能です。

以上のように、2.4GHzと5GHz帯にはそれぞれメリット・デメリットがあります。

ただ手動で帯域の切り替えを行うのって、正直面倒なんですよね。

そこで便利なのがバンドステアリング機能です。

2.4GHzと5GHzのうち混雑していない周波数帯を自ら選んで設定してくれるため、インターネット接続が快適につながりやすくなります。

メリット1. 混雑回線を自動回避

バンドステアリング機能は、IoTを搭載した冷蔵庫やエアコン・照明などが急増している昨今において、特に有効な機能です。

例えば回線がつながりにくい状況は多くありますが、

  • ドアの開閉などで電波が遮られる
  • Iot家電の干渉(主に2.4GHz)
  • 他の家族や友人が利用するスマホの干渉
  • Wi-Fiルーターに負荷がかかりすぎている

バンドステアリング機能が搭載されたルーターであれば、2.4GHzでタブレット端末を利用しても、自動で5GHz帯に切り替えることで混雑を回避してくれます。

メリット2. 帯域の切替えが不要に

バンドステアリング機能を使うと、2.4GHzと5GHzの切り替えが自動で行われます。

例えば、普段は5GHzの方が高速通信のため5GHzの帯域を使っているのに、他の家族やマンションなど近隣の住民が一斉に5GHzの帯域を使うと速度が大幅に遅くなることも。

バンドステアリング機能であれば、回線が混雑していない2.4GHzの帯域に自動で切り替えてくれるため、速度の低下が防げるんですね。

さらに一定時間経過後に5GHz帯域の混雑が解消されると、また5GHzに自動接続してくれます。

Wi-Fiの通信状況を確認してつながっている帯域を選んで設定して...といった作業がなくなるので、かなりメリットがある機能と言えるのではないでしょうか。

バンドステアリング機能に死角?意外な2つのデメリット

しかし、バンドステアリング機能も万能ではありません。

意外なデメリットを2つ紹介します。

デメリット1. 帯域の切替えができない

1つ目のデメリットは、帯域の切り替えができないこと。

メリットの裏返しです。

バンドステアリング機能があるルーターでも、工場出荷時にはバンドステアリング機能が無効に設定されていることがあり、その場合は2.4GHzと5GHzそれぞれの帯域で別のネットワーク名(SSID)と暗号化が設定されます。

そのためバンドステアリング機能を使う際は、バンドステアリング機能を有効にする必要があるんですね。

他にも端末の機能や仕様によっては、周波数帯が切り替わらない可能性もあることに注意が必要です。

デメリット2. 帯域が片方しかない機器では利用不可

バンドステアリング機能は、2.4GHzと5GHz双方の帯域に対応している機器で使える機能です。

逆に言えば、帯域が片方しかない機器では利用できません

多くの機器は2.4GHzと5GHzのどちらにも対応していますが、古い機器は2.4GHzしか対応していないことも。

片方の帯域しか利用できない場合、バンドステアリング機能のメリットが生かせないんですよね。

バンドステアリング対応しているルーター3つ

これから新しいルーターを選ぶのなら、バンドステアリングに対応しているルーターがオススメです。

多くのメーカーがバンドリング機能を備えたルーターを製造・販売していますが、その中でもBUFFALO・NEC・ELECOM 3社のルーターを紹介します。

1. WXR-1750DHP(BUFFALO)

BUFFALOではバンドステアリング対応のWi-Fiルーターが多く販売されています。

そのうち、WXR-1750DHPはBUFFALOで初めてバンドステアリング機能を搭載した製品です。

高速規格「IEEE802.11ac」3ストリームに対応しており、光回線などで使われる1Gbps以上の高速なデータ通信が可能です。

さらに大型可変式アンテナで、3階の戸建てや4LDKマンションでも隅々まで安定した電波が供給することができます。

また、ビームフォーミングEXと呼ばれるWi-Fi高速化技術により、距離や障害物に電波が影響されにくくなりました。

BUFFALOでは、WXR-1750DHP以外にもバンドステアリング対応の後継機が開発されており、設定の容易さやコストパフォーマンスの高さからオススメのルーターの1つです。

BUFFALOのルーターの中には、5GHzと2.4GHzのどちらに接続するかを設定できる端末もあります。

2. AtermWG2600HP2(NEC)

NECのAtermWG2600HP2はバンドステアリング機能を備え、無線LAN接続で業界最速となる約1,428Mbpsの実行スループットを実現しています。

後継機にAtermWG2600HP3が販売されており、快適通信エリアが約21%拡大しているんですね。

またNEC独自の「μSRアンテナ」の使用により、

  • 360°全方位に電波が飛ぶこと
  • 内蔵アンテナのため設置の際に邪魔にならないこと
など実用的で外観もスマートです。

さらに、先端技術「μEBG構造」をWi-Fiルーターにおいて世界で初めて採用し、アンテナのノイズへの影響を約25%カットしたことで安定した高速通信が行えます。

3. WRC-2533GST2(ELECOM)

ELECOMのWRC-2533GST2は、バンドステアリング機能に加え様々な機能が盛りだくさんに備わったルーターです。

4Kテレビに対応しており、複数の処理を並行して行うデュアルコアCPUを搭載しているため、家族で同時にWi-Fi環境を利用したい場合に適しています。

特にWRC-2533GST2の「らくらく引っ越し機能」は、スマートフォンなどの設定をし直す必要がなく、古いルーターから簡単に無線設定がコピーされるため再設定の手間がありません

また接続できる機器の台数が最大で24台あるため、複数の家族でスマホやタブレット端末、ノートパソコンなどの接続が可能です。

ただバンドステアリング機能を搭載したルーターを買うのって、なかなか面倒ですよね。

そこで光回線サービスと併用して、バンドステアリング機能を搭載したルーターを無料でレンタルする方法を紹介します。

バンドステアリング対応ルーターを無料レンタルする方法

通常、機器をレンタルするにはレンタル料の支払いが必要ですが、プロバイダから無料でバンドステアリング対応のルーターをレンタルすることも可能です。

ドコモ光ならバンドステアリング機能付きルーターを無料で入手できる

たとえばドコモ光で光回線サービスを申し込むことで、バンドステアリング機能が付いているルーターを無料レンタルすることができます。

ただしドコモ公式プロバイダであるドコモnetでは、ルーターのレンタル料金が有料です。

NTT東日本エリアNTT西日本エリア
有線LAN
接続ルーター
無料無料
無線LAN
接続ルーター
300円100円
※表は横スクロールが可能です。

Wi-Fiルーターを購入するよりおトクに思えますが、

  • 有線LANポートが3つと少ないこと
  • 無線LANの速度も1GB未満であること
といったことを踏まえると、ドコモ光を十分に生かすことができないんですよね。

しかし、「GMOとくとくBB」でドコモ光を申し込むとことで、v6プラスに対応した無線LANルーターが無料でレンタルできます。

ドコモ光 × GMOとくとくBBなら超高性能ルーターが3種類から選べる

「GMOとくとくBB」でドコモ光を申し込む際に選択できるWi-Fiルーターは、以前はBUFFALOのルーターのみでした。

しかし2019年4月以降は、以下の3つのルーターから好きなものをいずれも無料でレンタルできます。

ルーター名WXR-1750DHP2AtermWG1900HP2WRC-2533GST2
メーカーBUFFALONECELECOM
画像WXR-1750DHP2Aterm WG1900HP2WRC-2533GST2
レンタル料無料無料無料
データ転送速度最大1,300Mbps最大1,300Mbps最大1,733Mbps
サイズ(本体のみ)185×41×185mm33×110×169mm141×36.5×160mm
主な特徴・大型可変式アンテナ
・ビームフォーミング
・電波干渉に強い
・アンテナ内蔵
・コンパクトサイズ
・ビームフォーミング
・デュアルコアCPU
・MU-MIMO
※表は横スクロールが可能です。

しかもGMOとくとくBBでは契約から37か月以降は、ルーター返却の必要がないため実質無料でルーターが手に入るんですね。

いずれも

  • バンドステアリング機能を搭載
  • 有線LANポートを4つ備えている

といった高性能かつ実用的なルーターであるため、好きなメーカーやデザインなどで選んでも損をすることはないでしょう。

強いて挙げるなら、より機能が充実したWRC-2533GST2が優れています。

というのもWRC-2533GST2の「MU-MIMO」という機能は、

  • 複数端末と同時に通信することができる
  • 電波干渉が緩和され通信速度が低下しにくくなる

といったメリットがあるからです。

他にも、夜間のランプ点滅を遮るLED遮光パネルが搭載されていて、布団の近くに置いてても問題なく利用できる仕様となっています。

まとめ

バンドステアリング機能とは、無線LANで使われている2.4GHzと5GHzの2つの帯域を自動で切り替えてくれる便利な機能のことです。

手動で帯域を切り替える手間を省けるだけでなく、回線が混雑した際に、より速度の速い帯域を自動で選択してくれるため、ストレスなくインターネットを利用することが可能です。

バンドステアリング機能搭載のルーターを利用して、快適なインターネット通信を楽しんでください ^^

【ドコモ光 × GMOとくとくBB】申し込みはキャッシュバックを利用

総務省の要請で光回線のキャッシュバックキャンペーンやモバイル端末とのセット割が終了する可能性があります。

光回線への加入を検討している人は、キャンペーンが開催されているうちにどうぞ。

Web申し込み限定特典があります!

  • 5,500円〜キャッシュバック
    ※オプションなし、2年定期契約
  • 【dポイント】最大10,000円分プレゼント
  • 【工事費無料キャンペーン】
    2019年6月1日〜実施中!
  • 【他プロバイダよりも高速】
    v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル→速さに自信!
    ※速くなかったらポイント還元
  • 【接続かんたん】ルーターにつないですぐに利用可能
  • 【セキュリティソフト】マカフィーマルチアクセス 1年無料
    ※通常毎月500円
  • 【ドコモ光セット割】
    ※携帯利用料が毎月800円〜最大3,500円割引
  • ドコモ光出張サポート
    ※インターネット接続設定パックが無料
  • ドコモショップへの来店不要

【dカード GOLD】ドコモユーザーなら合わせて申し込みたい

ドコモ光回線への加入を検討中の人、加入済みの人にぜひオススメしたいゴールドカードです。

ドコモショップでドコモ光に加入する人の4人に1人が合わせて加入していると言われています。

Web申し込み限定特典があります!

  • ドコモ携帯、ドコモ光の10%がdポイントとして還元
    年会費分の元を取ることも十分可能
  • 3年間のケータイ補償が付帯
  • 旅行やショッピングの保険が付帯
  • 国内の空港ラウンジを無料利用可能
  • 年間100万円以上利用すれば
    10,800円分の割引特典を利用可能

【関東、関西、東海、九州】NURO光導入エリアなら!

So-netが運営する「NURO光」は、下り2Gbps/上り1Gbpsと国内最速の速度を誇ります。

ONU兼ルーターのレンタルが無料など、コストパフォーマンスに優れています。

ドコモスマホとのセット割こそありませんが、速度を最重要視する人にオススメです。

Webでの申し込み限定特典があります!
【2019年7月1日(月)~7月31日(水)】
終了まで残り 14

  • 35,000円キャッシュバック
    ※2019年7月時点の金額
  • 工事費40,000円が実質無料
  • 開通までモバイルWi-Fiレンタル可能
    ※特別価格、無制限プランあり
  • 開通月は日割で請求
  • セキュリティソフトが永年無料
    ※ソフトはカスペルスキー、通常毎月500円
  • SoftBankのおうち割対象
    ※毎月最大1,000円 最大10端末まで
  • So-netの設定サポートが1回無料
    ※通常9,000円
  • 2018年 ネット回線満足度ランキング 関東光回線 第1位
    ※価格.com
  • 2018年 固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査 関東 第1位
    ※J.D. POWER

So-netが公式に行っているキャンペーンで、安心できるという点が決め手でした↓