ADSLと光回線の決定的な3つの違い。失敗しないネット回線はどっち?

ADSLは2023年1月31日にサービスの終了が決まっています。

2023年1月31日(火)をもって「フレッツ光」の提供エリアにおいて、「フレッツ・ADSL」のサービス提供を終了いたします。

【引用】FLET'S光 -サービス提供終了に関するご案内

ただ地域によっては光回線がまだ敷設されていない場所もあるため、一概にADSLがダメというわけではありません。

しかし光回線を使って得られるメリットはADSLよりも圧倒的に多く、今後の生活の質を上げる素養があると言っても過言ではないんですよね。

でも光回線とADSLって何が違うのか分からないんだよね...

そこで今回は「ADSLと光回線の決定的な違い3つ」について詳しく解説していきます!

\ 工事費無料期間残りわずか /
2019年5月6日(月)まで

ADSLと光回線の決定的な3つの違いとは

メリットのメージ同じインターネット通信サービスを提供しているADSLと光回線ですが、その仕組みはまったく違います。

① インターネット通信を行なう回線そのものが違う

ADSLと光回線では、インターネット通信を行なう際に使われる信号の種類が違っています。

なぜかというと、

  • ADSLは電話回線を使ったネット通信
  • 光回線は光ファイバーを使ったネット通信
といった使われている回線の違いがあるからです。

ADSLは電話回線を使ったインターネット通信

ADSLは一般固定電話の電話回線(メタル・ケーブル)を使って電気信号でインターネット通信を行います。

2Pカッド型V(PVC)内線

【出典】太洋通信工業株式会社 -2Pカッド型V(PVC)内戦

電話ではもともと音声のみを伝えれば良いため、ごく小さい周波数の帯域しか使いません。

しかしADSLでは電話帯域の「数十倍〜数千倍」の周波数帯域を使うことで、インターネット通信を実現しています。

この周波数帯はデジタル信号(ADSL信号)と呼ばれ、※1 ADSLモデムにて※2 Ethernet(10BASE-T)の信号に変換することでインターネット接続を可能にしています。

※1 ADSLモデムとはデータ回線終端装置のこと
※2 Ethernetはコンピューターネットワークの規格のこと

しかし電話回線はメタル(銅線)のため、

  • 電磁気に影響されやすい
  • 長距離になるほどノイズの干渉も受けやすい
といったデメリットがあります。

光回線は光ファイバー回線を使ったインターネット通信

光回線は光ファイバーをに光信号を通して、インターネット通信を行います。

光ファイバ・光ケーブル

光ファイバーは石英ガラスやプラスチックで構成され、さらに3重構造となっていることもあり、電磁気の影響を受けづらくなっています

また光信号は1kmで数%といった伝送損失のため、長距離でも高速・安定した通信ができることが特徴です。

※ 光信号のは速さは1秒間に地球5周程度

そのため光ファイバーを使った伝送技術はADSLに代わり、多くの用途で使われています。

こうした通信回線や信号の違いは、通信速度にも影響を及ぼしてきます。

② 通信の安定性と速度が違う

ADSLと光回線では最大通信速度で実に20倍以上の差があります。

例えば

  • フレッツ光ADSLでは最大通信速度は50Mbps。
  • 光回線であるドコモ光では最大通信速度は1Gbps(1000Mbps)
といったおよそ20倍の差です。

※ 別の光回線(NURO光・auひかり)では、最大通信速度10Gbpsとなっています。

なぜここまで通信速度に差が出るのかというと、通信方法の仕様が決定的に違うためです。

ADSLはNTT局舎との距離で通信速度が大幅に変わる

ADSLはNTT局舎からの距離で通信速度が変わります。

ADSLの速度と距離

【出典】hi-ho -電話局からの距離と速度の関係

その理由はなんといっても銅線を使った電気信号によるインターネット通信だから。

具体的にはNTT収容局との直線距離ではなく、電話線の長さで通信速度が変わってきます。

特に電話線の長さが4km以上になると、「0.1~1Mbps」といった動画の読み込みでは遅延が起こり始める通信速度になってしまいます。

ADSLの通信速度と距離の関係

ADSLの通信形態を例えると、糸電話のようなイメージです。

音源から近い距離であれば、難なく音は聞き取れます。

電話回線と距離とノイズ

しかし相手との距離が伸びるほど、風や糸のたわみなどの影響を受けて音を聞き取ることが難しくなってしまいます。

電話回線と距離とノイズ

電話回線の場合は電気信号となるので、NTT容局から自宅までの距離やノイズ(電磁波)によって伝送損失が起こるわけです。

そのため最大通信速度50Mbpsで契約していたとしても、実際はもっと遅い回線速度になったり全く使えない通信速度となることもあるんですね。

一番高いプランで契約したとしても、

  • 50Mbps出るか分からない

というのがADSL通信速度の実態となっています。

光回線ではプロバイダとの距離は通信速度に影響しない

一方で光ファイバーを使った光回線では、光信号のため距離による伝送損失はほぼ起こりません。

光回線の距離と速度の関係

【出典】FLET'S光 -さらなる魅力は「安定感」

また光信号は電磁波によるノイズ干渉も起きづらいため、特に有線LAN接続であれば最低でも100Mbps以上でインターネット通信を行なうことができるでしょう。

僕自身はドコモ光(最大通信速度1Gbps)を埼玉県本庄市で使っていますが、契約プロバイダとの距離は関係なく、

  • 有線で上下:500Mbps以上
  • 無線で上下:300Mbps以上
といった通信速度が出ています。

【有線LAN計測結果↓】

ドコモ光回線 Speedtestスピードテスト 夜20時

【無線LAN計測結果↓】

無線20時台Speedtest計測結果・ドコモ光

※ ドコモ光の速度調査結果については以下記事が詳しいです↓

ADSLでは最大でも50Mbps、対して光回線では通信距離に限らずほぼ確実に100Mbps以上の高速通信ができることは、決定的な違いの1つと言えます。

③ 支払う料金に対しての恩恵が違う

ADSLと光回線では、ADSLの方がプランが豊富で安価です。

しかしADSLの場合、一番通高いプランを選択しても光回線の20分の1程度の通信速度となってしまいます。

具体的にADSLと光回線の料金体系を比較してみました。

ADSLの料金プラン

フレッツ・ADSLサービスは既に新規受付を終了してしまったため、Yahoo!BB ADSL(通常プラン)の料金を掲載しました。

ADSLの料金通常タイプ電話加入権不要タイプ
プランNTT東日本NTT西日本NTT東西共通
50M Revo4,228円4,235円5,820円
50M3,928円3,935円5,520円
26M3,828円3,835円5,420円
12M3,528円3,535円5,120円
8M3,128円3,135円4,720円
※表は横スクロールが可能です。

NTT局舎からの距離で通信速度が低下しても、提携した料金の支払いになってしまうのはちょっと残念に感じます。

光回線の料金プラン

対して光回線では、速度低下はADSLに比べ著しくないため、契約したプランの速度が期待できます。

例として、ドコモ光回線の料金プランを掲載しました。

ドコモ光回線の料金マンション戸建て備考
タイプA4,000円5,200円最大通信速度1Gbps
タイプB4,200円5,400円最大通信速度1Gbps
単独タイプ3,800円5,000円最大通信速度1Gbps
ドコモ光ミニ-2,700~5,700円最大通信速度100Mbps
※表は横スクロールが可能です。

ドコモ光では「ドコモ光ミニ」を除き、どのプランでも最大通信速度は1Gbpsです。

ADSLで50Mプランを選ぶなら光回線の方が安い

ここまで見る限りADSLの方がプランが豊富で有利に見えます。

しかし「戸建て+電話加入なし」といった条件で比較すると、

  • 【ADSL】50Mbpsプランで契約:5,820円/月
  • 【光回線】タイプA(1Gbps)で契約:5,200円/月

といった結果となり、明らかに光回線のほうが最大通信速度が速いため、コスパが高いことが分かります。

支払った料金に対して恩恵が授かれるのは光回線一択と言えるでしょう。

光回線の方が実は安いかも...!

とはいっても普段インターネットを利用するのに

  • 高画質動画は見ない
  • 大容量のデータダウンロードは行わない
といった条件であれば、ADSLの8Mプランで月額3,000円程度の通信費に抑えることもできます。

ただADSLのインターネット通信は、2020年以降は不利な状況に陥ることが想定されます。

ADSLと光回線。失敗しないためには光回線を選ぶべき

NGやキャンセルのイメージここまでADSLと光回線の3つの決定的な違いについて解説しました。

ADSLにメリットがないわけではないのですが、これから先どうしても光回線の導入をしておいたほうが良い理由が3つあります。

  1. ADSLは2023年1月をもって終了する
  2. 大容量データのやりとりが標準化していく
  3. 光回線通信は今後さらに速くなる
それぞれ詳しく解説します。

理由① ADSLは2023年1月をもって終了する

冒頭でお話したとおり、2023年1月31日をもってフレッツ・ADSLサービスの提供が終了します。

モデム製造も2005年に終了しているため、これから新規でADSLを使う場合、モデムの故障時にすぐに対応できなくなる可能性が高いです。

フレッツ・ADSLでは、モデム製造を2005年をもって終了しており、保守物品の在庫の枯渇が見込まれる

【引用】ADSLウィキペディア

さらに利用者数の激減や老朽化のため、今度電話回線そのものが廃止される可能性もあります。

またADSLサービス終了の旨を周知しているため、NTT側で電話回線を利用した新しいサービスの提供を始める可能性も低いんですよね。

そのためADSLの開通工事や解約時の回収工事の手間を踏まえると、これからADSLを導入することで損をしてしまう可能性が非常に高いと言えます。

理由② 5G普及による大容量データのやりとりが標準化していく

ADSLをオススメしない理由2つ目は、これから先、大容量データのやりとりが生活の中でも標準化してくることが想定されるから。

すでに2020年の東京オリンピック開催に合わせ、総務省によって4Gに代わる5Gの普及活動が始まっています。

※ 5Gとは第5世代移動通信システムと呼ばれ、4Gあるいは4G LTEの上位に位置づけされる次世代の通信方式のことを指します。

5G普及に対して政府の力の入れようはかなり大きく、すでに「5Gでつながる世界」といったサンプルムービーも作られているほど。

こうした背景には、ビジネスや社会全般をインターネットによって大きく変革したい思いがあるからでしょう。

5Gはあらゆるモノ・人などが繋がるIoT時代の新たなコミュニケーションツールとしての役割を果たすこととなる。

【引用】総務省 -人口減少時代のICTによる持続的成長

インターネットを使った技術がさらに進歩して大容量データのやりとりが盛んに行われるようになった時、「ADSLよりスマホで5G通信をした方が速い」といったような場面が予想できます。

後述しますが、5G通信は4G通信の25倍と言われておりその通信速度は20Gbpsとも言われています

ちなみに1G〜5Gまでの通信速度について図解してみました。

1G〜5Gまでの推多イメージ

4Gが電車並の通信速度だとして、5Gは飛行機などに例えられます。

圧倒的な通信速度であることが伺えますね。

パケット代節約のために、なんとしても家のADSL回線で通信してやる!

そんな時、ADSLの通信体制では5G向けの通信サービスに耐えることは難しくなってくるでしょう。

理由③ 光回線通信は今後さらに速くなる

ADSLをオススメしない理由3つ目は、光回線が将来もっと速く通信できるようになるためです。

現在、インターネット通信をするうえで最速を誇るのが

  • NURO光
  • auひかり
といった光回線です。

特にNURO光では「※XG-PON」が導入され、10Gbpsという驚異的な通信速度でサービスの提供を行っています。

※XG-PONとはITU(国際電機通信連合)によって「G.987」シリーズとして2010年に勧告化された通信技術です。

参考資料:ITU-T XG-PON関連勧告の技術リーフレット(PDF)

実は「XG-PON」には後継となる、

  • XGS-PON(G.98071)
  • NG-PON2(G.989.3)
    といった通信技術がITU-T(国際電機通信連合の電機通信標準化部門)によって2015年10月に既に標準化されているんですね。

    注目なのは「NG-PON2」で、通常の光信号の波長帯の中に複数の光の波長を流すことで、既存の光ファイバーでも40Gbpsで通信できるとされています。

    国内でも伊藤忠ケーブルシステム株式会社より、NG-PON2対応のOLTカードの提供が開始されていて既に実用化が進んでいます。

    次世代FTTHシステム「NG-PON2」は、4波の10Gの波長を1本のファイバー上に波長多重させるため、1芯で複数サービスの提供を実現します。

    【引用】NOKIA -ITU-Tで標準化されている最新のFTTH技術

    さらに「NG-PON2」の後継で「NG-PON2+」といった技術がITU-Tによって標準化が進められており、先の5G基地局向けのバックボーンとなるべく対応が急がれているのが現状です。

    このように今後、光ファイバーを使った通信技術はさらに大きな成長を遂げていくことが想定できるため、

    • すでに想定されている将来の通信技術の恩恵を授かれる

    これがADSLでなく光回線をオススメする一番の理由でしょう。

    まとめ

    今回はADSLと光回線の3つの違いについて紹介しました。

    1. インターネット通信を行なう仕組みが違う
    2. 通信速度や安定性がまったく違う
    3. 料金形態の定義が違う
    徹底的に通信費を抑えるならADSL、将来性も踏まえると光回線を選択すると良いでしょう。

    しかし光回線でもスマホキャリアと合わせることで、セット割やキャッシュバックの特典を受けることが可能です。

    ぜひあなたに合った通信回線を見つけて、快適なインターネット通信を楽しんでください^^

    【ドコモ光 × GMOとくとくBB】申し込みはキャッシュバックを利用

    総務省の要請で光回線のキャッシュバックキャンペーンやモバイル端末とのセット割が終了する可能性があります。

    光回線への加入を検討している人は、キャンペーンが開催されているうちにどうぞ。

    webでの申し込み限定特典があります。
    2019年5月6日(月)まで
    終了まで残り 6

    • 最大20,000円キャッシュバック
    • dポイント最大10,000円分プレゼント
    • 新規工事料金無料
      (通常15,000円〜18,000円)
    • 【他プロバイダよりも高速】
      v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル→速さに自信!
      (速くなかったらポイント還元)
    • セキュリティソフト(マカフィーマルチアクセス)が1年無料
      (通常毎月500円)
    • ドコモ光出張サポート「インターネット接続設定パック」が無料
    • 【ドコモ光セット割】
      ドコモ携帯とセットで毎月800円〜最大3,500円割引
    • ドコモショップへの来店不要

    【dカード GOLD】ドコモユーザーなら合わせて申し込みたい

    ドコモ光回線への加入を検討中の人、加入済みの人にぜひオススメしたいゴールドカードです。

    ドコモショップでドコモ光に加入する人の4人に1人が合わせて加入していると言われています。

    webでの申し込み限定特典があります!

    • ドコモ携帯、ドコモ光の10%がdポイントとして還元
      年会費分の元を取ることも十分可能
    • 3年間のケータイ補償が付帯
    • 旅行やショッピングの保険が付帯
    • 国内の空港ラウンジを無料で使用可能
    • 年間100万円以上利用すれば
      10,800円分の割引特典を利用可能