Wi-Fi6(IEEE 802.11ax) 対応ルーターBL1000HWの底力

Wi-Fi6(IEEE 802.11ax) 対応ルーターBL1000HWの底力

Wi-Fi6」というWi-Fiの最新規格を知っていますか?

Wi-Fi6の正式名称は「IEEE802.11ax」と呼ばれており、最大通信速度は「IEEE802.11n」の16倍と言われています。

実はauひかりでレンタルできるWi-Fiルーター「BL1000HW」であれば、一足先に「Wi-Fi6」を利用することが可能です。

え!?それスゴイじゃん!

この記事では「Wi-Fi6対応ルーターBL1000HWの性能」について詳しく紹介していきます!

So-net公式 キャンペーン
3年間月額料金割引 or 最大5万円キャッシュバック
【2019年12月1日(日)~12月31日(火)】
あと 25

Wi-Fi6対応ルーターBL1000HWのメリットとスペック詳細

BL1000HW」は個人向け光回線サービスの「auひかりホーム 」に加入することでレンタルできる、Wi-Fi6対応のホームルーターです。

BL1000HWは非売品のため「auひかり」加入者限定のホームルーターです。

特徴1・auひかり ホーム10ギガで最大通信速度10Gbpsに対応

BL1000HWの最大の特徴としては、なんといっても最大通信速度10Gbpsに対応していることでしょう。

さらにDraftIEEE802.11axに対応しているため、下位規格である「11b / g / n / a / c」とも互換性を持っています。

また物理インターフェイスであるUSB3.0にHDD(外部ハードディスク)をつなぐことで、NAS機能を利用することも可能です。

  • WANポート・LANポートともに10Gbps通信に対応している
  • 下位規格の11b / g / n / a / cと互換性がある
  • USB3.0にてNAS構築できる
今までの規格も使えて、より速く通信できるのはうれしいね!

特徴2・無線でもIEEE 802.11ax対応

BL1000HWでは、無線LANによる接続も利用できます。

ただし、現在のところ利用できるのは、Wi-Fi4の規格「IEEE 802.11n」、Wi-Fi5の規格「IEEE 802.11ac」のいずれかです。

Wi-Fiの呼称正式名称策定年
Wi-Fi4IEEE802.11n2009年
Wi-Fi5IEEE802.11ac2014年
Wi-Fi6IEEE802.11ax2020年
※表は横スクロールが可能です。

IEEE 802.11nの場合は、2.4Ghz帯と5Ghz帯が使用でき、最大通信速度の理論値は600Mbpsです。

対してIEEE 802.11acは5Ghz帯しか利用できないため対応していないスマホなどの端末もありますが、最大通信速度が理論値で6.93Ghzと大幅に高速通信になっているんですよね。

Wi-Fiの呼称使用電波帯域最大通信速度
(理論値)
Wi-Fi4
IEEE802.11n
2.4 / 5GHz帯600Mbps
Wi-Fi5
IEEE802.11ac
5GHz帯6.93Gbps
Wi-Fi6
IEEE802.11ax
2.4 / 5GHz帯9.6Gbps
※表は横スクロールが可能です。

そしてWi-Fi6の最大通信速度は9.6Gbpsなので、Wi-Fi5の1.38倍速く通信することが可能です。

無線で動画や大容量のデータダウンロードがスムーズにできるのは、うれしい限りですね。

無線で速く通信できると便利だもんね。

特徴3・Wi-Fi6では省エネで大容量通信が可能に

Wi-Fi6対応のメリットは、高速通信できるだけではありません。

Wi-Fi6の規格「IEEE 802.11ax」では、省エネ性の向上が期待できます。

さらにMU-MIMO(マルチユーザー多入力・多出力)を利用しながら、最大で8台の同時接続が可能なんですね。

MU-MIMOとは
ビームフォーミングに関わる技術の1つで、親機から子機へ最適な電波発信を行える。アンテナの向きを変えずに電波に指向性を持たせられる技術。

つまり、BL1000HWを使ってインターネット通信を行うことで、

  • 省電力で8人同時に超高速無線通信が可能
ということです。

省エネで高速通信できるなんて…ステキ!

こうした技術が利用可能なのは、BL1000HWがハイスペック端末であることに他なりません。

ではBL1000HWのスペックは、どのようなものなのでしょうか。

BL1000HWの基本情報一覧

BL1000HWの内蔵している無線アンテナの数や、消費電量、外形寸法についてまとめました。

基礎情報規格
無線アンテナ2.4GHz:送信4×受信4
5GHz:送信4×受信4
※内蔵アンテナ
電源AC100V±10% 50/60Hz
※ACアダプタ使用
消費電力約34W(最大)
外形寸法約34mm(W)×約219mm(H)×約205mm(D)
※スタンド・突起部を除く
質量(本体のみ)約1.0kg
※ACアダプタを除く
動作環境温度0~40℃ 湿度10~90% Rh
※結露しないこと
VCCIVCCIクラスB
※表は横スクロールが可能です。

BL1000HWの動作確認OS・ブラウザ一覧

BL1000HWにて動作確認済みの、OSとブラウザについてまとめました。

動作確認OS動作確認ブラウザ
Windows(R) 10Internet Explorer 11
Microsoft Edge
macOS 10.13Safari 11.0
macOS 10.12Safari 10.0
iOS 11Safari
iOS 10Safari
Android7Google Chrome
※表は横スクロールが可能です。

インターフェイス詳細

BL1000HWの各インターフェイス詳細をまとめました。

接続
インターフェイス
ジャックデータ転送速度
WAN
インターフェイス
8ピンモジュラージャック
(RJ-45)×1ポート
10Gbps/5Gbps/2.5Gbps/1Gbps/100Mbps
LAN1~3
インターフェイス
8ピンモジュラージャック
(RJ-45)×3ポート
1Gbps/100Mbps
LAN4
インターフェイス
8ピンモジュラージャック
(RJ-45)×3ポート
10Gbps/5Gbps/2.5Gbps/1Gbps/100Mbps
※表は横スクロールが可能です。

他インターフェイスの形状や、詳細についてまとめました。


インターフェイス
形状諸元
USB
インタフェース
物理インターフェイスUSB3.0×2ポート
(コネクタ:タイプA)
電話機
インタフェース
物理インターフェイスRJ-11×1ポート
600Ωインピーダンス
受信ダイヤル:PB/DP
ブランチ接続:不可
供給電圧:約-48V(無負荷時)
電話回線
インタフェース
物理インターフェイスRJ-11×1ポート
リンガ検出・ループ検出・回線極性検出
※表は横スクロールが可能です。

無線LANの規格詳細

BL1000HWの無線LAN規格について詳細をまとめました。

無線LAN
インターフェイス
周波数帯域/
チャネル
伝送方式伝送速度
IEEE
802.11ax
2.4GHz帯(2,400-2,484MHz):
1~13ch
[W52] 5.2GHz帯(5,150-5,250MHz):
36/40/44/48ch
※屋内限定
[W53] 5.3GHz帯(5,250-5,350MHz):
52/56/60/64ch ※屋内限定
[W56] 5.6GHz帯(5,470-5,725MHz):
100/104/108/112/116/120/124/128/
132/136/140ch
OFDMA(直交周波数分割多元接続)方式/
搬送波数[HE20]242、[HE40]484、[HE80]996
MIMO(空間多重)方式
2.4GHz帯
最大1147.1Mbps(HE40の場合)
(自動フォールバック)
5.2GHz帯(W52)
5.3GHz帯(W53)
5.6GHz帯(W56)
最大2401.9Mbps(HE80の場合)
(自動フォールバック)
IEEE
802.11ac
[W52] 5.2GHz帯(5,150-5,250MHz):
36/40/44/48ch
※屋内限定
[W53] 5.3GHz帯(5,250-5,350MHz):
52/56/60/64ch
※屋内限定
[W56] 5.6GHz帯(5,470-5,725MHz):
100/104/108/112/116/120/124/128/
132/136/140ch
OFDM(直交周波数分割多重)方式/
搬送波数[VHT20]56、[VHT40]114、[VHT80]242
MIMO(空間多重)方式
最大1733Mbps(VHT80の場合)
(自動フォールバック)
IEEE
802.11n
2.4GHz帯
(2,400~2,484MHz):1~13ch
[W52] 5.2GHz帯(5,150-5,250MHz) :
36/40/44/48ch
※屋内限定
[W53] 5.3GHz帯(5,250-5,350MHz):
52/56/60/64ch
※屋内限定
[W56] 5.6GHz帯(5,470-5,725MHz):
100/104/108/112/116/120/124/128/
132/136/140ch
OFDM(直交周波数分割多重)方式
搬送波数[HT20]56、[HT40]114
MIMO(空間多重)方式
2.4GHz帯
5.2GHz帯(W52)
5.3GHz帯(W53)
5.6GHz帯(W56)
最大600Mbps(HT40の場合)
デジタル変調方式の256QAM 使用時は、最大800Mbps
(自動フォールバック)
IEEE
802.11a
[W52] 5.2GHz帯(5,150~5,250MHz):
36/40/44/48ch
※屋内限定
[W53] 5.3GHz帯(5,250~5,350MHz):
52/56/60/64ch
※屋内限定
[W56] 5.6GHz帯(5,470~5,725MHz):
100/104/108/112/116/120/124/128/
132/136/140ch
OFDM(直交周波数分割多重)方式
搬送波数52
54/48/36/24/18/12/9/6Mbps
※自動フォールバック
IEEE
802.11g
2.4GHz帯(2,400~2,484MHz)
1~13ch
OFDM(直交周波数分割多重)方式
搬送波数52
54/48/36/24/18/12/9/6Mbps
※自動フォールバック
IEEE
802.11b
2.4GHz帯(2,400~2,484MHz)
1~13ch
DS-SS(スペクトラム直接拡散)方式11/5.5/2/1Mbps
※自動フォールバック
※表は横スクロールが可能です。
2019年12月時点でレンタルできるWi-Fiルーターのスペックとしては、ほぼ最強のWi-Fiルーターと言えるのではないでしょうか。

こんなスゴイルーターが借りれるなんて、auひかり スゴすぎる…

BL1000HWのデメリット3つ

auひかりのデメリットBL1000HWの特徴を述べてきましたが、BL1000HWにはいくつかデメリットがあります。

デメリット1・auひかりしか対応していない

一つ目のデメリットは、BL1000HWがauひかりにしか対応していないことです。

BL1000HWでWi-Fi6を利用する場合、

  • 新規でauひかりに加入する
  • 他社からauひかりに乗り換える
といった方法しかありません。

auひかりを利用しないとBL1000HWは使えないのか…
すでにauひかりに加入していても、「auひかりホーム」から「auひかりホーム10ギガ」または「auひかりホーム5ギガ」にサービスを切り替える必要があります。

auひかりホーム5ギガの場合は料金がそのままですが、BL1000HWの性能をフルに活用したいなら、1,000円近く月額料金が高くなりますが、auひかりホーム10ギガの方がオススメです。

さらに、auひかりに加入する場合でも、条件があります。

BL1000HWはauひかりホーム10ギガまたは5ギガに加入する必要がありますが、利用できるエリアは限られています。

auひかりホームの利用エリアは限られている

auひかりホームの提供エリアは、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の一都四県の一部エリアのみです。

それ以外のエリアも順次サービス提供が開始されていますが提供エリア対象外の場合、今のところ上り下りの速度が理論値で最大1Gbpsのauひかりホームのみしか利用できないので、ちょっと不便ですね。

もしauひかり以外で11axをインターネット通信を楽しみたい場合は、NURO光を検討すると良いでしょう。

BL1000HW以外のWi-Fi6対応ルーターは、Amazonなどですでにいくつか販売されていますが、

  • 確実にWi-Fi6対応なのかどうかは不明瞭なこと
  • 新規購入するコストが必要になること
といったことを踏まえると、やはりauひかりに加入してWi-Fi6を利用したいところですね。

現在Wi-Fi6普及のため、対応機器の開発が各社で急ピッチに行われており、BL1000HWと同じかそれ以上の性能を持つWi-Fi6対応ルーターが、手頃な値段で販売されることも予想されます。

BL1000HWより、高性能なWi-Fi6対応ルーターが安く買えるようになるかもね。

デメリット2・BL1000HWはビームフォーミングに非対応

BL1000HWのデメリット2つ目は、ビームフォーミングに対応していないことです。

ビームフォーミングとは、スマホなどの接続機器の場所を特定し、電波を細く絞って接続機器の方向に対し集中的に発射する技術で、多くのルーターがビームフォーミングを採用しています。

またBL1000HWで利用できるのは、ルーターモードのみのためブリッジモードでは利用できない問題点もあります。

ただしBL1000HWは先に紹介した「MU-MIMO」に対応しており、ビームフォーミングに近い通信技術を有しています

日常生活で利用することを想定すると「ビームフォーミングが使えない」のは、さほどデメリットには感じることはないでしょう。

デメリット3・無線LANは有料オプションへの加入が必須

BL1000HWに内蔵されている無線LAN機能を利用するためには、

  • 月額500円のレンタル料金を支払う
  • auスマートバリューに加入する
といった有料オプションへの申し込みが必要です。

また優先で10Gbpsの速度で通信するには、10ギガビットイーサネット対応のLANケーブルで通信端末と接続する必要があります。

LANケーブル
種類
CAT5
カテゴリー5
CAT5e
カテゴリー5e
CAT6
カテゴリー6
CAT6A/6e
カテゴリー6A/6e
CAT7
カテゴリー7
CAT7A
カテゴリー7A
CAT8
カテゴリー8
最大通信速度100Mbps1Gbps1Gbps10Gbps10Gbps10Gbps40Gbps
適合する
イーサネット
10BASAE-T
100BASE-TX
10BASE-T
100BASE-TX
1000BASE-T
10BASE-T
100BASE-TX
1000BASE-T
1000BASE-TX
10BASE-T
100BASE-TX
1000BASE-T
1000BASE-TX
10GBASE-T
10BASE-T
100BASE-TX
1000BASE-T
1000BASE-TX
10GBASE-T
10BASE-T
100BASE-TX
1000BASE-T
1000BASE-TX
10GBASE-T
100BASE-TX
1000BASE-T
1000BASE-TX
10GBASE-T
40GBASE-T
伝送帯域100MHz100MHz250MHz500MHz600MHz1000MHz2000MHz
ギガタイプの
光回線利用
通信速度低下適合適合適合
※オススメ
適合
※オススメ
適合適合
※表は横スクロールが可能です。

BL1000HWは接続設定が不要なので開通工事完了後、インターネット通信がすぐに使えるのですが無線LANが有料オプションなのはデメリットと言えるでしょう。

POINT!
無線LANルーターを別途用意して、BL1000HWと接続することで無料で無線LAN環境を構築することが可能です。

まとめ

BL1000HWはWi-Fi6対応の次世代ルーターです。

「auひかりホーム10ギガ」に加入することで、BL1000HWをレンタルして利用することが可能です。

BL1000HWを利用してWi-Fi6を利用するには、

  • 日本国内では対応端末が数少ない
  • auひかりホーム10ギガ自体が限られたエリアでしか利用できない
といったデメリットもありますが、
  • 10Gbpsと圧倒的な高速通信が可能なこと
  • 5G回線向けのコンテンツに十分対応できるWi-Fi規格であること
  • 多くの端末で同時接続しても安定した通信ができること
などたくさんのメリットもあります。

Wi-Fi6対応ルーターを購入するには「価格が高い」と感じているのであれば、auひかり を利用して

「BL1000HW」をレンタルしてみる
というのも十分アリではないでしょうか。

【So-net公式】月額大幅割引キャンペーンを利用

「auひかり」であれば日本全国のカバー率は約70%とかなり広くなっています。

管理人「とみっち」は月額料金の割引や、キャッシュバックなど様々なキャンペーンを積極的におこなっている「So-net」を選びました。

Webでの申し込み限定特典があります。
【2019年12月1日(日)~12月31日(火)】

  • 【戸建】3年間工事費込み
    月額利用料金3,500円(税抜)
  • 【マンション】2年間工事費込み
    月額利用料金2,100円(税抜)
  • 他社ネット回線の解約金を30,000円まで負担
  • auひかり 電話サービス(500円/月)が60ヶ月無料
  • 【auスマートバリュー】
    毎月最大2,000円スマホ・ケータイ割引、無線LAN永年無料
  • 【セキュリティソフト】カスペルスキーが1年無料(通常毎月500円)

So-netが公式に行っているキャンペーンで、安心できるという点が決め手でした↓