Wi-Fi6とは何?5Gと違う?初心者にも分かりやすく図解で解説

最近耳にすることが多くなった「Wi-Fi6」と「5G」。

何となく通信規格のことなんだろうな〜とは思っても、それぞれどういった規格で何が違うのでしょうか?

どっちともWi-Fiの規格のことじゃないの?

そこでこの今回は、Wi-Fi6と5Gの意味や違いについて初心者にも分かりやすく図解で解説していきます!

So-net公式 キャンペーン
3年間月額料金割引 or 最大5万円キャッシュバック
【2019年7月1日(月)~7月31日(水)】
あと 14

Wi-Fi6とは?5Gと何が違うのか

Wi-Fi6と5Gは、何が違うのでしょうか?

答えを先に言ってしまうと、

  • Wi-Fi6とは無線LANの規格
  • 5Gとは移動通信システムの規格
といった内容を指します。

単純にWi-Fi6は「無線LANの規格」、5Gは「携帯端末の通信システムの規格」と覚えておくと良いでしょう。

ん〜ますます混乱してきた...

もっと具体的な違いを理解するために、それぞれで定められている規格を解説します。

Wi-Fi6とはIEEE802.11axのこと

Wi-Fi6とは無線LAN規格の「IEEE802.11ax」のことを指します。

以下に無線LANの規格「IEEE802.11シリーズ」についてまとめてみました。

Wi-Fi名称規格周波数帯最大通信速度
Wi-Fi 1IEEE802.11b2.4GHz11Mbps
Wi-Fi 2IEEE802.11a5GHz54Mbps
Wi-Fi 3IEEE802.11g2.4GHz54Mbps
Wi-Fi 4IEEE802.11n2.4GHz600Mbps
5GHz
Wi-Fi 5IEEE802.11ac5GHz6.9Gbps
Wi-Fi 6IEEE802.11ax2.4GHz9.6Gbps
5GHz
※表は横スクロールが可能です。

以上のようにWi-Fiには1つ1つ「IEEE802.11〜」と正式名称が割当られており、「Wi-Fi6」はWi-Fiの第6世代の規格として呼称されています。

Wi-Fi規格を定めるのはWi-Fi Alliance

こうしたIEEE802.11シリーズとWi-Fi規格は、業界団体Wi-Fi Alliance(ワイファイ アライアンス)によって認定・名称されています。

特にWi-Fi AllianceではIEEE802.11axの発表に伴い、Wi-Fi6といった名称を割当てることで、新しいWi-Fi規格の普及活動を行っています。

Wi-Fi6の特徴3つ

Wi-Fi6の最大の特徴としては、

  • 最大通信速度が従来(11ac:Wi-Fi5)の1.4倍
  • 2.4GHzと5GHz帯を組み合わせた安定・高速通信
  • MU-MIMOでの同時接続できる端末台数が従来の2倍
といった3つでしょう。

以下にWi-Fi4〜Wi-Fi6までのスペックを、簡単な表にまとめました。

Wi-Fi名称最大通信速度
(理論値)
実行スループット
上限
MU-MIMO
最大同時接続台数
Wi-Fi4600Mbps150Mbps-
Wi-Fi56.9Gbps80Mbps4台
Wi-Fi69.6Gbps1Gbps8台
※表は横スクロールが可能です。
※ ほかにも省電力によるWi-Fi通信が可能と言われていますが、2019年7時点、実測値での公表がありません。

最大通信速度についてはWi-Fi5で最大6.9Gbpsでしたが、Wi-Fi6では9.6Gbpsとおよそ1.4倍に上がっています。

Wi-Fi6と5の最大通信速度比較
でも1.4倍じゃそんなに恩恵ないんじゃない...?

たかが1.4倍と侮るなかれ。

Wi-Fi5では実効スループット最大800Mbpsまでしか計測できませんでしたが、Wi-Fi6なら1Gbps到達も夢ではありません。

普段利用しているWi-Fi通信の速度が底上げされ、さらに容量の大きいデータのやりとりも瞬時に可能となります

また2.4GHzと5GHzを組み合わせたインターネット通信が可能になり、自身で設定せずとも最適な電波の送受信が可能に。

Wi-Fi6は同時接続台数Wi-Fi5のが倍

さらにMU-MIMO(狙った端末へ集中して電波を送る技術)での同時接続台数が、Wi-Fi5の2倍(8台)となり、1つのアクセスポイントでより多くの端末が高速通信できるようになります。

Wi-Fi6なら1つのアクセスポイントで同時に通信できる端末が増やせるのか。なるほど〜

5Gとは次世代通信システムのこと

5Gとは「5th Generation」(第五世代移動体通信システム)のことを指し、「ご・ジー」や「ファイブ・ジー」と読みます。

※ 移動体通信とは片方(両方)の端末が移動することができる電気通信の総称で、移動通信とも呼ばれています。

以下に移動体通信システムの規格について一覧にまとめてみました。

移動体通信システム
規格名称
通信速度利用端末
1G-ショルダーフォン
自動車電話
2G2.4Kbps〜28.8Kbps携帯電話
PHS
3G384Kbps〜110Mbps携帯電話
スマホ
4G50Mbps〜1Gbps携帯電話
スマホ
5G1Gbps〜50Gbpsスマホ
IoT
※表は横スクロールが可能です。

移動通信を定めるのは国際電気通信連合

「〜G」といった移動体通信の名称を規定するのは、Wi-Fi Allianceではなく国際電気通信連合(UIT)です。

無線通信という枠ではWi-Fiと同じですが、規格を定めている機関が違うため「Wi-Fi6」と「5G」は別の通信規格であると言えるでしょう。

5Gの特徴3つ

5Gの最大の特徴は、

  • 最大通信速度が10Gbps以上
  • 同時接続端末数が現状の100倍に
  • 1MS(ミリ秒)以下の超低遅延を実現
といった3つが挙げられます。

実際にドコモでは5G通信による屋外実験を行っており、2018年11月で既に通信速度27Gbpsといった大容量の高速通信に成功しています。

三菱電機株式会社(以下、三菱電機)と株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、第5世代移動通信方式(以下、5G)において、28GHzを用いて5G向けに開発した超多素子アンテナシステムによる16ビーム空間多重処理を行うことで、世界で初めて屋外実験において通信距離10mで端末1台の通信速度27Gbps、100mで通信速度25Gbpsに成功しました。

【引用】docomo -5Gの屋外実験において通信速度27Gbpsに成功

上記の共同実験では、

  1. 通信距離10mで27Gbps
  2. 通信距離100mで25Gbps
といった驚きの測定結果となっているんですね。

25Gbpsって、めちゃくちゃ速いじゃん...!

また5Gの低遅延は4Gの約10分の1、つまり0.001秒程度です。

より作業に高い安全性を求められる機器の制御が可能になるため、機器をリモートで動かし遠隔操作での手術も可能になってきます。

ロボットアームを遠隔操作する

そのため「大容量データが遅延なく高速に通信できる環境」が整備されてくれば、

  • リアルタイムでのVR体験
  • 8K動画の再生
  • 自動運転
といったことも近いうちに実用化されることでしょう。

たとえばKDDIの提供ですが、5Gを活用すると以下のようなライブ観戦も可能です。

5Gが普及してIoT社会が実現すれば、インターネットが今まで以上に欠かせない存在になることは間違いありません。

※ IoTとはInternet of Thingsと呼ばれ、モノのインターネット化のによるデジタル社会の実現のことを指します。

Wi-Fi6 vs 5G!どっちが速い?

次世代の通信として期待が高まるWi-Fi6と5Gですが、どちらの方が通信速度は速いのでしょうか。

といっても先述してしまっていますね。

  • Wi-Fi6の最大通信速度は9.6Gbps
  • 5Gの最大通信速度は50Gbps
となっており、理論値としては5Gの方が速いと言えます。

じゃあ5G使えばいいじゃん!

と言うと、実際はそんな簡単なことではありません。

5G通信には致命的なデメリットが2つある

実は5G通信には致命的な欠点が2つあります。

1. 5G通信ではデータ通信量が跳ね上がる

それは超高速・大容量通信が可能なため、外で5G通信を行うとデータの通信量が跳ね上がってしまう恐れがあることです。

5Gでは通信料がすぐ上限に達する

例えばスマホのデータ通信の上限を5GBに設定していたとすると、中画質程度の動画でも1日9分程度(1か月4.5時間)しか閲覧できません。

中画質動画の
閲覧
1GB5GB7GB30GB
1か月4.5時間23時間32時間135時間
1日9分45分63分270分
※表は横スクロールが可能です。

大容量のデータ通信が可能になる5Gでは、あっという間に通信制限にかかってしまうことでしょう。

2. 5Gの利用には基地局がまだまだ足りない

また、5G自体の基地局整備が普及していないことも致命的です。

5Gの基地局が不足している

たとえば先のドコモによる5G通信実験では、基地局から100mの地点で25Gbpsといった通信結果でした。

逆に言えば、既存の4Gの基地局では5G通信ができないことを意味しています。

そのため5Gを利用した超高速通信が実用化されるのは

  • 通信会社によるデータ通信規約の整備
  • 5G基地局の増加のリソース
といった課題があるんですよね。

そのため場所を少し移動しただけで、一気に通信速度が遅くなってしまうことも考えられます。

5Gが速いからWi-Fiは使わなくていいや〜

というわけではなく、利用できる環境であれば今まで通りWi-Fiを利用したインターネット通信を行った方が得策と言えるでしょう。

Wi-Fi6は光回線で利用できるようになる?

実はWi-Fi6は既に光回線で実用化されています。

その光回線サービスこそauひかり です。

何を隠そう、auひかりの新型ホームゲートウェイ(BL1000HW)では「Draft IEEE 802.11ax」を採用しています

※ BL1000HWについては以下記事が詳しいです↓

さらに※ auひかりホーム10ギガで契約することで、

  • 上りも下りも10Gbps
といった、超高速なインターネット通信環境を構築することができるんですね。

以下ではauひかりのホーム5ギガで契約し、上り4Gbps・下り3.9Gbpsといった驚異的な計測結果がつぶやかれていました。

※ 提供エリアは東京・神奈川・埼玉・千葉の一部エリアに限られます。

もし興味があれば自分の住んでいる場所が、auひかりの対応エリアに入っているかどうか確認してみてはどうでしょうか?

auひかりの提供エリアを確認する

まとめ

この記事ではWi-Fi6と5Gの違いについて解説しました。

主な違いは、

  • Wi-Fi6は無線LANの規格
  • 5Gは携帯端末の通信システムの規格
という点でしょう。

通信速度においては5Gの方が速いとされていますが、すでにauひかりで実用化されているWi-Fi6 のほうが普及の面では一歩先を行っています。

そもそも5Gに対応する端末が少ないことも課題ではありますが、Wi-Fi6と5Gの実用化で作られる今後のIoT社会の進展が楽しみですね。

【So-net公式】月額大幅割引キャンペーンを利用

「auひかり」であれば日本全国のカバー率は約70%とかなり広くなっています。

管理人「とみっち」は月額料金の割引や、キャッシュバックなど様々なキャンペーンを積極的におこなっている「So-net」を選びました。

Webでの申し込み限定特典があります。
【2019年7月1日(月)~7月31日(水)】
終了まで残り 14

  • 【戸建】3年間工事費込み
    月額利用料金3,680円(税抜)
  • 【マンション】2年間工事費込み
    月額利用料金2,280円(税抜)
  • 【特典】月額料金割引 or
    最大50,000円キャッシュバック
  • 他社ネット回線の解約金を30,000円まで負担
  • auひかり 電話サービス(500円/月)が60ヶ月無料
  • 【auスマートバリュー】
    毎月最大2,000円スマホ・ケータイ割引、無線LAN永年無料
  • 【セキュリティソフト】カスペルスキーが1年無料(通常毎月500円)

So-netが公式に行っているキャンペーンで、安心できるという点が決め手でした↓