【auひかり】auユーザーならスマートバリューを検討しよう!

【auひかり】auユーザーならスマートバリューを検討しよう!

スマホ代は毎月高額なので、できるだけ安くおさえたいところですよね。

auユーザーなら、auひかりとの組み合わせで「auスマートバリュー」を適用することができ、スマホの利用料が2年間毎月最大2,000円引きにすることができます。

最大10回線までauスマートバリューを適用できるので、auユーザーであればぜひ活用したいところです。

今回は、auスマートバリューのメリットやデメリットについて解説します。

最大10回線分のスマホ代を割引!

auひかりの契約者は、auスマートバリューを申し込むことによりスマホ代を2年間毎月最大2,000円引きにできます。割引額は減りますが、3年目以降も割引はもちろん継続します。

まずはauスマートバリューの適用条件や申し込み方法、割引額についてチェックしてみましょう。

auスマートバリューの適用条件・申し込み方法

auスマートバリューが適用されるためには、

  • auスマートフォン・ケータイを契約中
  • auひかり(あるいはSo-net光コラボなどのauスマートバリュー対応回線)へ加入
  • auひかりで電話のサービスを契約(auひかり以外の場合、一部ではテレビでもOK)

以上、3つの条件を満たすことが必要です。

また、ただ条件を満たしただけでは、auスマートバリューは適用されません。webサイト「My au」や電話、auショップでの申し込みを行いましょう。

4回線までにauスマートバリューを適用するならWebサイトや電話からも手続きができますが、5回線以上はauショップでの手続きが必須です。

なおauショップでauスマートバリューを申し込む際は印鑑と本人確認書類、家族の回線にも適用する場合家族の証書が必要となるので用意しましょう。

auスマートバリューの割引額は?

auスマートバリューの割引額は、auスマホ(ケータイ)において契約しているプランごとに異なります。

割引額を表にまとめてみました。

割引額(2年間)割引額(3年目〜)
データ定額302,000円934円
auピタットプラン 〜2GB:500円
2GB〜:1,000円
〜2GB:500円
2GB〜:1,000円
auフラットプラン1,000円1,000円
データ定額20
データ定額5
LTEフラット for Tab(L)(i)
LTEフラット for DATA
ISフラット
LTEフラット
1,410円934円
データ定額3
データ定額2
シニアプラン
ジュニアスマートフォンプラン
カケホ(3Gケータイ)
934円934円
データ定額1934円500円

これらのプランのいずれかを契約している回線最大10回線に、割引を適用できます。

50歳以上の家族であれば離れて暮らしていてもauスマートバリューの適用対象で、49歳以下は同居が条件です。

最大の割引を受けられるのはデータ定額30ですが、その分月額料金は高額(月額8,000円)になります。

コフレちゃん
割引額よりも、自分に必要な容量を重視してプランを選びましょう。

auスマートバリューの注意点は光電話への加入が必須なこと

auひかりにおけるauスマートバリューは、光電話の「auひかり電話サービス」へ加入しなければ利用できません。

光電話は月額500円(税抜)なので、データ定額1GB(3年目以降)やピタットプラン(2GBまで)を契約している場合、割引額が事実上相殺されてしまいます。

その他のプランにおいても、光電話を使わない場合、実質割引額は−500円になってしまうことに注意しましょう。

光電話は自宅からの連絡に役立つ

auスマートバリューを利用する場合は光電話の契約が必須です。せっかく自宅で光電話が使えるようになるなら、使う予定がなかった人もどんなメリットがあるのか知っておいた方が良いでしょう。

光電話は、県内・県外ともに固定電話宛なら3分8円という安価な通話料金で電話をかけられます。

auの携帯電話宛でも、通話料金は1分15.5円と少し安価です。他の携帯電話には、1分16円で電話をかけることができます。

自宅から誰かに連絡をする機会が多い人、携帯電話番号と自宅の電話番号を所有し使い分けたい人は、auひかりの光電話を活用してみてはどうでしょうか。

他社のセット割は光電話が必須ではないケースもある

余談ですが、ドコモ光におけるドコモのスマホ・携帯電話のセット割は光電話の契約が必須ではありません。ソフトバンク光におけるソフトバンクスマホとのセット割も同様です。

NURO光でソフトバンクスマホの割引を受ける場合は、auひかりと同様に光電話の契約が必須となっています。

このように光回線各社でセット割の適用条件は異なっているので、注意しましょう。

まとめ

auユーザーは、auひかりと光電話サービスの契約を条件にauスマートバリューを適用できます。

auスマートバリューを契約すれば、最大10回戦に対して2年間毎月最大2,000円の割引を受けることが可能です。

auでスマホを使っていてこれからauひかりを契約予定なら、auスマートバリューの適用を検討してみてはどうでしょうか。

【So-net公式】月額大幅割引キャンペーンを利用

「auひかり」であれば日本全国のカバー率は約70%とかなり広くなっています。

管理人「とみっち」は月額料金の割引や、キャッシュバックなど様々なキャンペーンを積極的におこなっている「So-net」を選びました。

Webでの申し込み限定特典があります。
【2019年8月1日(木)~8月31日(土)】
終了まで残り 5

  • 【戸建】3年間工事費込み
    月額利用料金3,680円(税抜)
  • 【マンション】2年間工事費込み
    月額利用料金2,280円(税抜)
  • 他社ネット回線の解約金を30,000円まで負担
  • auひかり 電話サービス(500円/月)が60ヶ月無料
  • 【auスマートバリュー】
    毎月最大2,000円スマホ・ケータイ割引、無線LAN永年無料
  • 【セキュリティソフト】カスペルスキーが1年無料(通常毎月500円)

So-netが公式に行っているキャンペーンで、安心できるという点が決め手でした↓