見逃せない!auひかりへ乗り換える3つのメリット・デメリット

見逃せない!auひかりへ乗り換える3つのメリット・デメリット

auひかりへ乗り換えるメリットやデメリットはなんでしょうか?

せっかく申し込むのであれば、自分に合っている光回線なのかどうか、しっかりと見極めたいところですよね。

auひかりのメリットやデメリットって何があるのか、先に知っておきたいんだよね...

そこでこの記事では、auひかりへ乗り換えるメリット・デメリットを各3つのポイントに絞って紹介していきます!

So-net公式 キャンペーン
3年間月額料金割引 or 最大5万円キャッシュバック
【2019年12月1日(日)~12月31日(火)】
あと 23

auひかりに乗り換えるデメリット3つ!

まずはauひかりを申し込む前に、必ず知っておくべきデメリットについて紹介します。

auひかりに乗り換える際の主なデメリットは、

  • ずっとギガ得プランは3年縛りである
  • 回線の撤去費用がかかる
  • 一部エリアではauひかりは非対応である
といった3つでしょう。

デメリット1・ずっとギガ得プランは3年縛り

auひかりには、戸建住宅向けのおトクなプランがあります。

それは、ADSL並みの低料金で高速通信を実現したauひかりホーム ずっとギガ得プランです。

ずっとギガ得プランはauひかりの利用期間に応じて割引がある「おトクな料金プラン」として打ち出されました。

しかし、ずっとギガ得プランは3年単位の継続利用を条件としています。

3年単位(自動更新)の継続利用を条件に、auひかりのネットサービスをご利用期間に応じて割引くおトクな料金プランです。

【引用】au -auひかり ホーム1ギガ:ずっとギガ得プラン

そのため契約期間中(更新月以外)に解約を行ってしまうと、契約解除料が15,000円もかかってしまうんですよね。

※ auひかりの更新月については以下記事が詳しいです↓

3年間継続利用できるかどうかわからない場合、最低利用期間が3年あるといった点は、大きなデメリットと言えるでしょう。

3年間の縛りがあるのは、デメリットかもしれないね...

デメリット2・回線の撤去費用がかかる

auひかりでは契約を解除すると、光ファイバーを撤去しなければなりません。

撤去費用はなんと28,800円とかなりの高額

回線撤去費用(auひかり ホームのみ) 28,800円

【引用】auひかり -auひかりサービスをご利用にあたって

基本的に撤去費用は利用者が全額負担しなければならず、大きな負担となっているのが現状です。

例えばドコモ光では、回線撤去については任意です。

解約時の負担が大きいのは、心理的にデメリットでしょう。

2018年3月1日以降は撤去が必須となった

実は2018年2月28日までにauひかりを申し込んだ人は、回線撤去作業は任意&撤去費用も1万円でした。

しかし2018年3月1日以降、保守管理費削減の理由から撤去必須となり、撤去費用も28,800円と設定されてしまったんですね。

仕方のない理由とは言え、auひかりの今後のサービス改善に期待を寄せるしかない状態です。

解約の時に3万円近く払わなくちゃいけないのは、申し込みを懸念しちゃうな〜...

デメリット3・一部エリアでは非対応

auひかりは、幅広いエリアで使えるようになってきてはいますが、まだ一部使えないエリアがあります

首都圏はほぼ網羅されているものの、地方にはまだ非対応のエリアがあるんですよね。

auひかりの非対応エリア
大阪府、京都府、和歌山県、奈良県、滋賀県、兵庫県、三重県、愛知県、静岡県、岐阜県、沖縄県

全国的にみると、auひかりは3割程度のエリアで使えないと言われています。

住んでいる場所によっては、auひかりを利用できないかもしれないんだ...

ではauひかりに申し込まない方が良いのでしょうか?

auひかりに乗り換える3つのメリット

auひかりにはデメリットがあるのも確かです。

しかし、デメリットを払しょくする大きなメリットもあります

メリット1・キャッシュバックが平均3万円と高額

auひかりに乗り換えることで、なんとキャッシュバックで3万円を受け取ることが可能です。

例として、株式会社NNコミュニケーションズ(KDDI正規代理店)経由で、auひかりホームに申し込んだ場合のキャッシュバックについてご紹介します。

代理店限定のキャッシュバックとプロバイダによるキャッシュバックがあり、その内訳は以下のとおりです。

代理店限定のキャッシュバック内訳

  • ネットのみの申し込み  ⇒ 18,000円キャッシュバック
  • ネット+電話の申し込み ⇒ 25,000円キャッシュバック

高速Wi-Fiルータ付きのコースを選択した場合は、次のとおりです。

  • ネットのみの申し込み  ⇒ 13,000円キャッシュバック
  • ネット+電話の申し込み ⇒ 20,000円キャッシュバック
auひかり × NNコミュニケーションズ公式サイトを見る

auひかりプロバイダのキャンペーン

auひかりのプロバイダ独自のキャッシュバックキャンペーンもあります。

現在は次の3社で、最大30,000円のキャッシュバックを行っています

また、プロバイダ独自のキャンペーンもチェックしておくと、プロバイダを選びの参考になるのではないでしょうか。

  • So-net(ソネット) ⇒最大30,000円キャッシュバック
  • BIGLOBE(ビッグローブ)⇒セキュリティサービス月額380円が最大2ヶ月無料
  • @nifty(ニフティ)⇒無料出張設定サポートが2回まで無料
キャッシュバックが高額なのは嬉しいよね!

メリット2・他社の違約金を3万円まで負担してくれる

auひかりには、他社から乗り換える際に発生する違約金を3万円まで負担してくれる、「auひかりスタートサポート」というサービスがあります。

auひかりスタートサポート

【出典】au -auひかりスタートサポート ホーム

ただし条件として、他社光回線から

  1. auひかりのずっとギガ得プラン
  2. auひかり電話と電話オプションパックEX
といった、プランの申し込みをした人が対象です。

これなら他社光回線の解約時に発生する違約金を気にせず、安心して乗り換えることができますね。

条件を満たすことで、3万円分も違約金を相殺できるのはスゴイね!

メリット3・開通工事費が無料

auひかりでは戸建て住宅の場合は開通工事費37,500円発生しますが、契約と同時に合計で工事費相当の割引も発生するため工事費がほぼ相殺できるようになっています。

というのもauひかりに申し込むだけで30か月の間は、毎月750円の割引が発生するからです。

またauひかりの「ひかり電話」に申し込むことでさらに500円の割引が発生します。

それぞれの割引を足して算出してみました。

【auひかりの戸建てタイプの場合】

  • 625円 × 60回払い = 37,500円の工事費が発生
  • 1,250円 × 30回払い = 37,500の割引が発生
【auひかりのマンションタイプの場合】

  • 1,250円 × 24回払い = 30,00円の工事費が発生
  • 1,250円 × 24回払い = 30,00の割引が発生

このように工事費は発生するものの、分割の割引で相殺してもらえるのはメリットの1つと言えるでしょう。

契約期間中に解約してしまった場合は要注意!

ただし60か月以内にauひかりを解約してしまった場合には、割引を継続できなくなります。

そのため初期費用は全額割引になりません。

例えば、プロバイダ au one netを利用する場合には、次のように割引されます。

  • ネット割引額125円+電話割引額500円=割引総額625円/月
  • 1か月あたりの割引総額625円×60か月=37,500円 ⇒ 実質負担額0円

しかし36か月で解約したとすると、初期費用の実質負担額は15,000円かかってしまうんですよね。

さらに上記に違約金が入ってくることに注意が必要です。

他にもメリットが盛りだくさん

auひかりには、このように大きな金銭的メリットが3つあるほかにも、いくつかご紹介したいメリットがあります。

最大通信速度10Gbpsで使える

auひかりでは地域限定となりますが、auひかりホーム10ギガで契約することで、最大10Gbpsといった通信速度でインターネット通信ができるようになります

最大通信速度10Gbpsとは、個人宅向けFTTHサービス市場の「上り/下り速度」において世界最速を誇るんですね。

このような通信速度の速さもまた、auひかりを選ぶメリットの一つでしょう。

最大で10Gbpsってスゴすぎる...!

ストレスなくサクサク使えるというのは重要ですよね。

auユーザーならセット割が使える

auユーザーならauひかりと「auスマートバリュー」というセット割を適用することで、携帯電話料金もおトクにできます。

おトクになるau携帯電話には、

  • auスマホ
  • auケータイ
  • 4G LTEタブレット
  • 4G LTE対応PC
といった端末も含まれます。

auスマートバリューの対象となるのは、例えば、次のようなデータ(パケット)定額サービスや料金プランに加入している場合です。

ほとんどが永年割引になっているのも嬉しいですね。

  • 新auピタットプラン…永年500円/月割引(データ利用量1GB超~)
  • auフラットプラン…永年1,000円/月割引
  • auデータMAXプラン…永年1,000円/月割引
  • データ定額1(ケータイ)…最大2年間934円/月割引、3年目以降ずっと500円/月割引
  • データ定額2/3(ケータイ)…永年934円/月割引
ずっと割引になるのはほんとうれしい...

記事のまとめ

この記事では、auひかりへ乗り換えるとどんなメリット・デメリットがあるのか紹介しました。

auひかりには、キャッシュバックや割引など、大きな金銭的メリットが3つあります。

  • キャッシュバックが3万円と高額
  • 他社の違約金を3万円まで負担してくれる
  • 開通工事費が実質無料
またその一方で、デメリットとしても次の3つを挙げられます。
  • ずっとギガ得プランは3年縛り
  • 回線の撤去費用がかかる
  • 一部エリアでは非対応

特に3年間継続して利用できる見込みがない場合や、引越し予定がある場合には注意が必要です。

しかし個人的にもauひかりを利用していますが、深夜でも上下とも300Mbps以上の通信速度を誇っており、何物にも代えがたい快適な光回線サービスだと感じています。

【So-net公式】月額大幅割引キャンペーンを利用

「auひかり」であれば日本全国のカバー率は約70%とかなり広くなっています。

管理人「とみっち」は月額料金の割引や、キャッシュバックなど様々なキャンペーンを積極的におこなっている「So-net」を選びました。

Webでの申し込み限定特典があります。
【2019年12月1日(日)~12月31日(火)】

  • 【戸建】3年間工事費込み
    月額利用料金3,500円(税抜)
  • 【マンション】2年間工事費込み
    月額利用料金2,100円(税抜)
  • 他社ネット回線の解約金を30,000円まで負担
  • auひかり 電話サービス(500円/月)が60ヶ月無料
  • 【auスマートバリュー】
    毎月最大2,000円スマホ・ケータイ割引、無線LAN永年無料
  • 【セキュリティソフト】カスペルスキーが1年無料(通常毎月500円)

So-netが公式に行っているキャンペーンで、安心できるという点が決め手でした↓