auひかりをマンションで一番オトクに利用する見逃せないポイント3つ

auひかりをマンションで一番オトクに利用する見逃せないポイント3つ

auひかりをマンションで使うなら、少しでもおトクに利用したいもの。

しかし実はマンションによってauひかりの速度や料金は異なります

auひかりって契約するマンションで速度や料金が変わるのか〜...

この記事では「auひかりをマンションで一番オトクに利用するためのポイント」について詳しく紹介していきます。

So-net公式 キャンペーン
3年間月額料金割引 or 最大5万円キャッシュバック
【2019年10月1日(火)~10月31日(木)】
あと 7

auひかりをマンションで一番おトクに利用するポイント3つ

auひかりを少しでもオトクに利用するために、おさえておきたいポイントは主に以下3つです。

  1. セット割りを活用する
  2. 2年契約で申し込む
  3. 申込窓口にこだわる

1. セット割を利用する

1つ目はauセット割を利用することです。

auのセット割とは以下契約で受けられる、通信費が最大1,200円割引されるサービスのことを指します。

au回線+auが対象とする光回線

auのセット割サービスは2つあり、

  1. auセット割
  2. auスマートバリュー

家族暮らしならauスマートバリュー、一人暮らしならauセット割がオススメです。

2. 2年契約で申込む

auひかりマンションにおトクに契約する2つめは、2年契約で申し込むことです。

その理由を3つにまとめました。

理由1. オトクな料金プラン

auひかりマンションの料金プランには、2年契約の「お得プランA」と契約期間に縛りのない「標準プラン」とがあります。

いずれも、月額利用料には、インターネット回線サービスの利用料・プロバイダサービス利用料・機器レンタル料がすべて含まれています。

お得プランAには、これに加えて日常生活での緊急トラブルに安心な「おうちトラブルサポート(月額400円)」も含まれているのが特徴的です。

各プラン料金
(タイプG)
契約期間
(自動更新)
おうちトラブル
サポート
お得プランA4,300円2年無料
標準プラン5,400円なし月額400円
※表は横スクロールが可能です。

なお、お得プランAについては契約期間内に解約すると7,000円の解約金がかかります

理由2. 2年間利用すれば初期工事費実質無料

auひかりのマンションタイプは、初期工事費の分割払いの期間が2年間となっています。

というのもauひかりの工事費は、毎月の分割請求額と同額を2年間かけて割引きしてくれる仕組みです。

そのため、2年契約を継続することで初期工事費が実質無料になるんですね。

逆に言えば2年以内に解約することで、工事費の残額を一括払いしなくてはいけなくなってしまいます。

とはいえ2年間継続利用すれば工事費が無料になるのはうれしい特典と言えますね。

理由3. 2年契約でauひかりスタートサポートの対象に

そしてもう一つ、2年以上契約することによってauひかりスタートサポートの対象になります

auひかりスタートサポートとは、他社インターネットサービスの解約違約金相当額を最大3万円まで、au WALLET 残高へのチャージまたは郵便為替により還元してくれるサービスです。

auひかりスタートサポートには適用条件があり、2年以上の継続利用を約束することがその条件の一つになっています。

ちなみに、auスマートバリューへの新規申し込みをすれば、他社携帯電話の解約違約金相当額についても、au契約1回線につき10,260円還元してくれますよ。

3. 申込む窓口にこだわる

auひかりマンションをオトクに利用するには、申込み窓口にこだわると良いでしょう。

というのも、auショップやKDDI公式サイトから申し込みを行うよりも、プロバイダや代理店で申し込んだ方がキャッシュバック額が多いからです。

auショップやKDDIでの直接申込

auショップやKDDIで直接申し込むのが一番安心だと感じるかもしれませんが、実は直接申し込むとオトクなキャンペーンが少ないということをご存じですか?

auが行っている公式キャンペーンなら、他の窓口でも同じように受けることができます。

例えば、「auひかりスタートサポート」がそうです。

auひかりスタートサポートとは
他社(対象枠あり)光回線サービスの解約違約金相当を最大30,000円還元する、キャッシュバックサービスのことです。

auひかりスタートサポートはauショップやKDDI公式サイトだけでなく、プロバイダや代理店でauひかりマンションに申し込んだとしても、同じようにキャッシュバックの恩恵を受けられます。

プロバイダや代理店での申し込み

それに対し、プロバイダや代理店経由でし込むと、auの公式キャンペーンに加え独自のキャンペーンが充実しているんですね。

申し込みはSo-netやBIGLOBE、@niftyなど、auひかりの提携プロバイダのサイトから行うことが可能です。

auひかりのプロバイダ全7社
So-net、au one net、@nifty、@T COM、ASAHIネット、BIGLOBE、DTI

プロバイダからauひかりマンションに申し込むと、auひかりの公式キャンペーンのほか、

  • 通年でキャッシュバックがある
  • 無制限のメールBOXサービスが使える
  • 訪問サポートも受けられる

などプロバイダ独自で行っている特典が付いてきます。

特にプロバイダSo-netでは月額料金割引キャンペーンを行っており、マンションタイプによっては月額2,280円〜利用することができます。

またSo-netは、2018年オリコン顧客満足度調査プロバイダ関東第1位を獲得しています。

そのため非常に優秀かつ信頼のおけるプロバイダであり、間違いなくオススメなauひかりの申込み窓口と言えるでしょう。

auひかり × So-net公式キャンペーン

auひかりの公式キャンペーン + プロバイダ独自特典で、とてもおトクに乗り換えられるのはうれしい限りですよね。

実はプロバイダよりもさらキャッシュバック額が充実しているのが、auひかりの代理店からの申し込みです。

KDDI正規代理店の株式会社NNコミュニケーションズの場合

たとえばKDDI正規代理店の「株式会社NNコミュニケーションズ」からauひかりを申し込むと、キャッシュバックがプロバイダより多くなります。

  1. マンションでauひかりを「ネット+電話」で申し込む
  2. プロバイダにBIGLOBEまたはSo-netを選ぶ

どちらかの条件だけで、確実に20,000円以上のキャッシュバックが受け取れるようになるんですね!

特にうれしいのは、キャッシュバックを受け取るのに

  • オプション加入
  • 友達紹介

といったことが一切強要されないこと。

NNコミュニケーションズを経由してauひかりを申し込めば、キャッシュバックが確実にもらえるオススメな申込み窓口と言えるでしょう。

auひかり公式代理店NNコミュニケーションズ

高額過ぎるキャッシュバックをうたう代理店に注意!

逆に注意したい代理店もあります。

キャッシュバックの金額は大きいのに、キャッシュバックを受けるにはオプションに加入しなくてはいけなかったり、キャッシュバックの時期が1年以上先だったりという代理店には要注意です。

結局オプションが高くついて、最終的には全然オトクでなくなってしまうこともあります。

また、1年以上先の忘れたころにキャッシュバックされるようなケースでは、こちらが忘れていたらそのままキャッシュバックされないということもあり得ます。

そのため、代理店からオトクに申し込むには、条件のない代理店を選ぶことがポイントと言えるでしょう。

auひかりはマンションのタイプによって料金が変わる

auひかりは、マンションのタイプによって速度も料金も異なります

というのもauひかりマンションは、自分がどのタイプのマンションに住んでいるかで決まるため、自身でプランを選ぶことができないんですね。

マンションタイプの特徴

マンションタイプでは、インターネット・電話・テレビの3つのサービスを利用することができます。

なお、auひかりマンションを利用できるのは、すでにauひかりの設備を導入しているマンション(集合住宅)に住んでいる人だけです。

マンションには、配線方式の違いなどにより7つのタイプがあり、それぞれ利用料金が異なります。

マンションの契約タイプ一覧

マンションタイプにはどのような種類があり、金額や速度はどうなっているのでしょうか。

以下一覧にまとめました。

金額は、ネット+電話を利用したお得プランの金額を表示しています。
マンションタイプ金額速度(最大)特徴
タイプG(G契約)16契約以上4,300円下り664Mbps
上り166Mbps
建物共用部まで光ファイバーを引き込み、各戸までは既設の電話線を活用
8契約以上4,600円
タイプV16契約以上4,300円下り100Mbps
上り35 Mbps
建物共用部まで光ファイバーを引き込み、各戸までは既設の電話線を活用
8契約以上4,600円
タイプE16契約以上3,900円下り100Mbps
上り100Mbps
建物共用部まで光ファイバーを引き込み、各戸までは棟内LANを活用。電話線に比べ、干渉が少なく速度安定。
8契約以上4,200円
タイプF4,400円下り100Mbps
上り100Mbps
建物共用部まで光ファイバーを引き込み、各戸までは棟内光配線を活用。光ファイバーで配線するため速度安定。
ギガ4,550円下り1Gbps
上り1Gbps
建物共用部まで引き込んだ光ファイバーを、各戸まで配線。
ミニギガ5,500円下り1Gbps
上り1Gbps
3階建て以下でかつ総戸数8戸以上の集合住宅の建物共用部まで引き込んだ光ファイバーを、各戸まで配線。
都市機構
(東日本/西日本DX)
4,300円下り100Mbps
上り70 Mbps
UR都市機構の賃貸マンションの建物共用部まで光ファイバーを引き込み、各戸までは既設の電話線を活用
※表は横スクロールが可能です。

マンションでauひかりに申込む前に知っておくべき注意点2つ

ここで、auひかりマンションに申し込むにあたって、注意しておきたいポイントを2つご紹介します。

1. マンションタイプによっては申し込めない場合も

auひかりの場合は、まずお住まいのマンションが、そもそもauひかりに対応しているマンションなのかどうかを確認する必要があります。

公式Webサイトで郵便番号を入力し、表示された提携エリアのマンションを選択するだけで、auひかりに対応しているかどうかわかるので簡単です。

同時にマンションタイプもわかるようになっています。

なお、マンションごとにタイプが決まっていますので、個人でマンションタイプを選ぶことはできません。

2. プロバイダによって最低利用期間がある

また、もう一つ注意しておきたいのが、プロバイダによっては、最低利用期間内にauひかりを解約すると違約金が発生する場合があるという点です。

auひかりには7つの提携プロバイダがありますが、その半数以上に最低利用期間があります。

プロバイダ最低利用期間
BIGLOBE24か月
DTI6か月
Asahi ネット6か月
@T COM6か月
au one netなし
So-net なし
@niftyなし

まとめ

今回は、auひかりをマンションで一番オトクに利用するための、見逃せないポイントを3つご紹介しました。

マンションの場合は、マンションタイプによって速度も違えば料金も異なります

そのためマンションでauひかりを申し込む際は、

  • auのセット割を利用する
  • auひかりを2年定期契約する
  • 高額なキャッシュバックがある窓口を利用する

など、いろいろな特典が付与される代理店 So-net などから申し込むことをオススメします。

auひかりを利用して、快適なインターネットを楽しんでくださいね ^^

【So-net公式】月額大幅割引キャンペーンを利用

「auひかり」であれば日本全国のカバー率は約70%とかなり広くなっています。

管理人「とみっち」は月額料金の割引や、キャッシュバックなど様々なキャンペーンを積極的におこなっている「So-net」を選びました。

Webでの申し込み限定特典があります。
【2019年10月1日(火)~10月31日(木)】
終了まで残り 7

  • 【戸建】3年間工事費込み
    月額利用料金3,500円(税抜)
  • 【マンション】2年間工事費込み
    月額利用料金2,100円(税抜)
  • 他社ネット回線の解約金を30,000円まで負担
  • auひかり 電話サービス(500円/月)が60ヶ月無料
  • 【auスマートバリュー】
    毎月最大2,000円スマホ・ケータイ割引、無線LAN永年無料
  • 【セキュリティソフト】カスペルスキーが1年無料(通常毎月500円)

So-netが公式に行っているキャンペーンで、安心できるという点が決め手でした↓