auひかりの評判に騙されないで!3つのメリット・デメリットを大公開!

auひかりの評判に騙されないで!3つのメリット・デメリットを大公開!

auひかりでは良い評判もありますが悪い評判も目立ちます

しかし実態はどうなのでしょうか?

評判は参考になるけど本当なのかな〜...

そこでこの記事では「auひかりの3つのメリット・デメリット」について紹介していきます!

評判に騙されたり惑わされないためにも、ぜひ読み進めてみてください ^^

So-net公式 キャンペーン
3年間月額料金割引 or 最大5万円キャッシュバック
【2019年11月1日(金)~11月30日(土)】
あと 9

auひかりの悪い評判は本当なのか?デメリットの実態を探る

まずはauひかりの悪い評判となるデメリットの実態について、Twitterのつぶやきを参考に集めてみました。

1. 通信速度が遅い口コミ

auひかりの通信速度についての悪い口コミです。

auひかりの朝の通信速度が遅い

朝から夜まで通信速度が安定しない...といったつぶやきがありました。

実測した値がないので、どのくらい速度の振れ幅があるのか分かりませんが、朝も夜も不満が残る通信速度だったことが感じ取れます。

夜の時間帯でも通信速度が遅い

次に「夜22時頃の通信速度が遅い」といったつぶやきもありました。

こちらも実測した数値でないので定かではありませんが、夜22時でインターネットの通信速度が100Mbpsどころか1Mbpsも速度が出ていないのはかなり困りものですね。

ただし光回線は光ファイバーにて光信号を利用した通信を行うため、NTT局舎からの距離で通信速度が遅くなることはありません。

※ 光通信については以下記事が詳しいです↓

ソフトバンクの4G回線よりも遅い

「キャリア回線の4G回線よりも遅い」といったつぶやきもありました。

やはり実測結果は載せられていませんが、キャリアの4G回線よりも通信速度が遅いとなると、auひかり(光回線)を利用している意味がありませんもんね。

ほかにもauひかりでは、通信障害の口コミが多く見受けられました。

2. 通信障害がある口コミ

auひかりが通信障害でつながらないことがあるつぶやきです。

大規模な通信障害であれば、基本的にはauの障害・メンテナンス情報から確認することはできますが、小規模な範囲だと情報が表に出てこなくなるのはたしかに困りますね。

3. 勧誘が嫌いという口コミ

auひかりの「勧誘に不満をもっている」つぶやきも見られました。

しつこい勧誘はいやなもの。

auひかりのイメージが悪くなってしまいますよね。

auひかりの悪い評判を打ち消すメリット3つ

ここまでauひかりのデメリットを表す評判を紹介しました。

しかし本当に悪いことばかりなのでしょうか?

ここからは前の悪い評判を打ち消す良い評判について紹介します。

1. auひかりの実測値は速い

auひかりの実測値の測定方法は、「ベストエフォート型」になっていますが、これは最大速度が出るよう、努力する速度という意味になっています。

そのため、絶対保障されている速度というわけではないので、誤解して認識しているかもしれませんが、auひかりの実測値としては最大1Gbpsです。

つまりMbpsで表現しますと100Mbpsということになり、実測値を見るかぎりは速く、けっして遅いわけではありません。

実測値が最大1Gbpsと速いので、実測値の数字だけを見て、申し込みたい人にはオススメです。

ですが、実際繋いだ場合はどれぐらいの速さか?気になるのではないでしょうか?

速度には、ファイルなどをダウンロードする下り速度と、逆にファイルをアップロードする上り速度の2種類があります。

それぞれ速度は同じにはならず、接続環境で違いが出てきます。

auひかりと相性がいいプロバイダーを利用しますと、速度が速くなるため平均して250Mbps~400Mbpsぐらいです。

サービス提供エリアは、マンションであれば全国になっていますので、特にマンションで生活している人に向いていますが、1本の光ファイバーを共有している場合は、速度が遅くなってしまいます。

戸建てで生活している人は、サービス提供エリアが関西と中部ですが、快適な速度でネットに接続できるでしょう。

最大10Gbpsプランもある

サービス提供エリアが、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の一部エリアに限定されますが、最大実測値が10Gbpsプランもあります。

こちらもベストエフォート型になっているため、絶対出る速さというわけではありませんが、今まであるプランの中ではダントツに速いです。

今までは実測値が最大1Gbpsでしたので、10倍の速さになっているプランです。

実測値10Gbpsとまではいかなくても、なるべく速い方がいい環境が希望の人は、使用している回線の状況を向上させて、接続先までの機器の能力を高める必要があります。

10Gbpsプランで推奨しているパソコンスペックは、LANポート10GBASE-T以上、LANケーブルカテゴリ6a以上になっています。

提供可能なプロバイダーは指定されており、@nifty・au one net・BIGLOBE・so-netです。

工事費を含む初期費用37,500円は、auが負担してくれるため、初期費用3,000円に月額使用料1年目6,380円が必要です。

会社でインターネットなど通信系の仕事をしていたり、IT系の仕事をしている企業などに、最適なプランになっています。

もちろん、個人でも高速のネット環境希望の人にオススメです。

2. 通信障害は公式ページで確認できる

auひかり通信障害に関しては、「auひかり 電話サービス」ページにある、障害・メンテナンス情報でauひかり(ホーム・マンション)の文字をクリックしますと、お客様向けの障害情報を確認することができます。

発生した日付と障害が起きている内容、障害が発生している地域と復旧状態が閲覧表示されています。

例えば、関東エリアお住まいの人で、復旧状態が障害中と表示されている場合、内容の箇所にauひかり接続障害と記載されていますので、クリックして内容を確認してみると良いでしょう。

次のページでは、接続障害が発生した日時と、対象のお客様(例えば、auひかりマンションをご利用の一部のお客様)、障害内容「ただいま、ネットワーク障害により一部のお客様において、サービスがご利用いただけない状態となっております。」、対象地域・埼玉県富士見市など、詳細が記載されています。

TwitterなどSNSでも接続障害が起きていると、ユーザーの投稿が増えることもあるので、障害の状態をもう少し具体的に、確認できる場合もありますので、1度確かめてみてもいいかもしれません。

3. 勧誘停止登録を申し出れば勧誘できなくなる

auひかりを申し込む手段として、

  1. auショップに直接行って契約してくる方法
  2. 他社のサービスも扱っている代理店経由で申し込む方法
といった方法があります。

問題なのは悪質な代理店もあるということ。

悪質な代理店は、勧誘が強引で

  • 絶対契約しなければいけない状況にさせられたり
  • 仲介料を上乗せされたり
といったかなり凶悪な雰囲気の場合もあります。

ただKDDIとしては、どの会社が悪質な代理店なのか全部を把握できていません。

そのため悪質な勧誘に対応するためにKDDIでは「トピックス&インフォメーション」ページが用意されています。

0077-777(KDDIお客様センター)にてスタッフに相談し、勧誘を停止させることも可能です。

悪質な代理店など断ったのに、再度勧誘をされた場合、連絡をしてKDDIに対応してもらうと良いでしょう。

勧誘停止登録はKDDIだけではなく、NTTなど他の光回線にもあり悪質な勧誘停止に対応してくれます

まとめ

悪い評判の原因は、

  • 思うような通信速度が出なかった
  • 通信障害が多い
といった評判が多かった印象です。

auひかりはあくまで「ベストエフォート型」なため、住環境によっては思うような速度が出ないこともあり得ます。

しかし計測結果が速い!といったつぶやきも多く、一概に評判だけを気にして導入しないのはもったいないと言えます。

まずは自分の環境でauひかりが利用できるかどうか、確認してみると良いでしょう。

【So-net公式】月額大幅割引キャンペーンを利用

「auひかり」であれば日本全国のカバー率は約70%とかなり広くなっています。

管理人「とみっち」は月額料金の割引や、キャッシュバックなど様々なキャンペーンを積極的におこなっている「So-net」を選びました。

Webでの申し込み限定特典があります。
【2019年11月1日(金)~11月30日(土)】
終了まで残り 9

  • 【戸建】3年間工事費込み
    月額利用料金3,500円(税抜)
  • 【マンション】2年間工事費込み
    月額利用料金2,100円(税抜)
  • 他社ネット回線の解約金を30,000円まで負担
  • auひかり 電話サービス(500円/月)が60ヶ月無料
  • 【auスマートバリュー】
    毎月最大2,000円スマホ・ケータイ割引、無線LAN永年無料
  • 【セキュリティソフト】カスペルスキーが1年無料(通常毎月500円)

So-netが公式に行っているキャンペーンで、安心できるという点が決め手でした↓