【要注意】auひかりの解約金はいくらなの?損しないタイミングを知っておこう

【要注意】auひかりの解約金はいくらなの?損しないタイミングを知っておこう

auひかりの解約はタイミングによって解約金が発生します。

しかし解約金が想定以上に高額であれば、いざ解約しようと思ってもできませんよね。

auひかりを解約しようと思ったけど、こんなに高いんじゃちょっと困るな...

この記事ではauひかりを解約するときに、

  • 解約金はいくらになるのか
  • 損せずに解約するにはどうすれば良いのか
具体的な金額や解決策について詳しく紹介していきます。
So-net公式 キャンペーン
3年間月額料金割引 or 最大5万円キャッシュバック
【2019年11月1日(金)~11月30日(土)】
あと 9

auひかりは更新月以外で解約すると違約金が発生する

まず知っておきたいのはauひかりは更新月以外で解約すると違約金が発生するということ。

たとえば以下のような2年契約(or 3年契約)といった定期契約の場合、

2年契約プラン3年契約プラン
ギガ得プラン
マンション おトクプランA
マンション おトクプラン
ずっとギガ得プラン
※表は横スクロールが可能です。

毎月の利用料はおトクなのですが定期の途中で解約した場合、違約金が発生してしまうんですね。

こうした定期契約の場合では、違約金なしで解約できるのは「更新月のみ」となっています。

auひかりの更新月とは

auひかりでは、更新月は契約期間経過後の2か月間とされています。

なお契約期間は、サービス開始日(またはプラン変更日)を1か月目として数えます。

つまり1回目の更新月は、

  • 2年契約の場合は25か月目と26か月目
  • 3年契約の場合は37か月目と38か月目
ということです。

戸建てプランとマンションプランの違約金一覧

auひかりを解約するときにかかる違約金は、戸建てプランとマンションプランとで異なります。

それぞれにかかる違約金は次の通りです。

住環境プラン解約金
戸建てauひかりホーム ずっとギガ得プラン15,000円
戸建てauひかりホーム ギガ得プラン9,500円
マンションauひかりマンション おトクプランA7,000円
マンションauひかりマンション おトクプラン9,500円
※表は横スクロールが可能です。

違約金の支払い月は翌月

auひかりを解約したことによる違約金は、いつ支払えば良いのでしょうか。

基本的には

  • クレジットカード払い
  • 口座振替
であれば翌月支払いとなっています。

ただしKDDI請求の場合は、翌々月が支払い月となります。

KDDI請求というのは、プロバイダ料金とKDDIの各サービス(auケータイ、ホームプラス電話、KDDIマイライン等)の利用料金を、KDDIからまとめて請求されて支払う方法のことです。

解約違約金の支払いは今までの支払い方法と同じ

auひかり解約による違約金の支払方法は、今までと変わりありません。

元々行っていた、

  1. クレジットカード払い
  2. 口座振替
  3. KDDI請求
といったいずれかから支払えばOKです。

My auで違約金支払いの明細を確認できる

auひかりの違約金について、

  • いくらかかるのか
  • いつまでに支払えばよいのか
といった詳細は、「My au」の明細から確認することができます。

なおauの契約を解約した後も、My au にログインすることで最終請求月から6か月前までの請求額を確認することが可能です。

auひかりを更新月で解約すれば損しない

auひかりでは更新月以外で解約することで違約金が発生することが分かりました。

しかし逆に「更新月に解約する」ことで、違約金をかけずに解約することが可能です。

更新月はMy auで確認できる

では更新月はどうやって確認すればよいのでしょうか?

実は毎月の請求書に記載しているほか、My auにログインして確認することもできます。

要注意!違約金以外で発生する2つの費用

とはいえauひかりの場合、解約に伴いかかってくる費用は違約金だけではないという点に注意が必要です。

違約金の他にも、高額な支払いが発生する費用が2つもあるのです。

工事費の残債があれば一括支払いに

そんな高額な支払いのひとつが、初期工事費の残債です。

「解約するのにどうして初期工事費を支払うの?」と疑問に思うかもしれませんね。

auひかりでは、光ファイバーを引き込むための初期工事の費用は、基本的に分割払いとなっています。

毎月の利用料から初期工事費の分割額が、毎月丸々割り引かれる仕組みです。

しかし、auひかりを解約することで「初期工事費の残債が一括請求されてしまう」というわけです。

auひかりホームの場合

例えば、auひかりホームの場合を見てみます。

auひかりホームの初期工事費は、37,500円かかります。

これを分割払いにすると、625円×60回(5年)の分割払いになりますが、契約期間中は、分割額と同額の625円が利用料から割り引かれるため、実際には工事費は支払わずに済んでいます。

しかし、auひかりホームを4年間利用して解約したとすると、初期工事費の分割払いが1年分残ってしまうことになりますよね。

解約すれば利用料から分割額を割り引くことができなくなるため、残った初期工事費は一括払いするしかないというわけです。

つまり、この場合は初期工事費の残債7,500円(=625円×12回)が、解約時に一括請求されます。

では、もし2年で解約するとしたらどうでしょうか?

3年分の分割払いが残ってしまうため、22,500円(=625円×36回)請求されることになります。

auひかりマンションの場合

auひかりマンションの場合は、初期工事費は30,000円で、分割払いにする場合は、1,250円×24回で2年の分割払いになります。

こちらも、毎月同額の1,250円が割り引かれ、2年かけて分割払いをすれば初期工事費相当額が無料になります。

そのため、2年で解約する場合は初期工事費の分割払いが終わりますので、残債はありません。

ただし、2年未満で解約する場合は、auひかりホーム同様に、残債を一括払いする必要があります。

例えば、1年で解約してしまうと、15,000円(=1,250円×12回)を一括払いしなければいけないということです。

光ファイバーの撤去工事費が必要

さらにauひかりホームの場合、光ファイバーの撤去工事費28,800円(税抜)までユーザー側で負担しなくてはいけません。

以前は、撤去そのものが任意で撤去費用も1万円でした。

しかし現在auひかりでは、光ファイバーの撤去工事を義務化しており、そのうえ高額な撤去工事の費用負担をユーザーに強いています。

違約金や他費用をかけずに済ませる裏ワザ

ただこれから解約しようとしているサービスに対し、何万円もの解約金を支払いたくありませんよね。

なんとかこれらの解約金を支払わずして解約することはできないものなのでしょうか。

違約金に関しては、更新月のタイミングを逃さないことで、支払いを回避することが可能でしたよね。

しかし、それ以外のタイミングで解約したいときには違約金がかかってしまいます。

そこで利用したいのが、乗り換えの裏ワザです。

他光回線の乗り換えキャンペーンを利用する

ポイントとなるのは、どの光回線に乗り換えるかということです。

おトクなキャンペーンを行っている光回線を選ぶことで、解約金相当額を0円または相殺できる可能性があります。

特に他の光回線をよくチェックしてみると、乗り換え時の解約費用を負担してくれるキャンペーンを行っているところが多い印象です。

そういったキャンペーンを上手に利用して乗り換えれば、違約金や他の費用で膨らんだ解約金で損することなく乗り換えることが可能です。

例えばソフトバンクでは「あんしん乗り換えキャンペーン」をやっていて、

  • 新たにSoftBank 光
  • またはSoftBank Air
に申し込むことで、他社光回線等の違約金・撤去工事費を満額負担してくれます。

また、キャッシュバック金額が大きいNURO光などを選ぶことで、解約金相当額を相殺することもできます。

まとめ

この記事ではauひかりを解約することで

  • 解約金はいくら必要になるのか
  • 損せずに解約できるタイミングや裏ワザ
といった内容について解説しました。

auひかりの場合、解約時にかかるお金は違約金だけではありません。

初期工事費の残債や撤去工事費などもかかり、すべてをまともに支払ったらとんでもない金額になってしまいます。

更新月を逃さずに、

  1. タイミングよく解約する
  2. 他の光回線のキャンペーンを利用する
など、auひかりを解約するにはひと工夫が必要になることでしょう。

【So-net公式】月額大幅割引キャンペーンを利用

「auひかり」であれば日本全国のカバー率は約70%とかなり広くなっています。

管理人「とみっち」は月額料金の割引や、キャッシュバックなど様々なキャンペーンを積極的におこなっている「So-net」を選びました。

Webでの申し込み限定特典があります。
【2019年11月1日(金)~11月30日(土)】
終了まで残り 9

  • 【戸建】3年間工事費込み
    月額利用料金3,500円(税抜)
  • 【マンション】2年間工事費込み
    月額利用料金2,100円(税抜)
  • 他社ネット回線の解約金を30,000円まで負担
  • auひかり 電話サービス(500円/月)が60ヶ月無料
  • 【auスマートバリュー】
    毎月最大2,000円スマホ・ケータイ割引、無線LAN永年無料
  • 【セキュリティソフト】カスペルスキーが1年無料(通常毎月500円)

So-netが公式に行っているキャンペーンで、安心できるという点が決め手でした↓