【auひかりは固定IPなの!?】答えは変動型!実際にauひかりを使用中の管理人が解説

自宅で固定IPが使えれば、外出先から自宅のパソコンデータなどにアクセスできて便利ですよね。

auひかりを契約する際、標準のサービスで固定IPが使えれば嬉しいものです。

過去に他社のインターネット回線で固定IPを活用していたなら、auひかりでも固定IPを使いたいと思うのではないでしょうか。

auひかりは固定IPのサービスではありません。

しかし、実はauひかりはIPアドレスがあまり変動しないので、実質ほぼ固定IPという変わったサービスです。

この記事では、auひかりで使われるIPアドレスのしくみについて紹介します。

So-net公式 キャンペーン
3年間月額料金割引 or 最大5万円キャッシュバック
【2019年3月1日(金)~3月31日(日)】
あと 6

auひかりのIPアドレスは固定型か変動型か

auひかりのIPアドレスは、固定型ではありません。

しかし、auひかりを契約すると設置される「ホームゲートウェイ」はあまり頻繁にIPアドレスを変更しない仕様で、通常ならIPアドレスが変更されるタイミングでもIPアドレスは変化しないことが多いのです。

例えばパソコンをシャットダウンしてから起動し直せば普通はIPアドレスが変わりますが、auひかりでは変わらない傾向にあります。

つまり、ほぼ固定IPアドレスのようなものなのですが…あくまで「変動型」のIPアドレスが使われているので、

外出先で自宅のデータにアクセスしようとしたら、知らないうちにIPアドレスが変わっていてアクセスできませんでした...泣

というトラブルが起こってしまう可能性があります。油断はできません。

IPアドレスとは

パソコン等の通信機器で使われる「IPアドレス」とは、インターネットを使う際に必要な「自宅の住所」のようなものです。

IPアドレスはインターネットを使える様々な機器に用意されていて、誰が通信しているのかを周りに示すために使われます。

少し難しい表現をすると、IPアドレスはネットワーク上の機器を識別することができる番号のこととなります。

また、同一のネットワーク内(自宅内、会社内)だけで識別可能なプライベートIPアドレスと、世界中のネットワークで使用されるグローバルIPアドレスが存在します。

プライベートIPアドレスの例

192.168.0.0

グローバルIPアドレスの例

118.xxx.xxx.xxx

※xxx部分は実際には数字が入ります。

ちなみにIPアドレスには「IPv4」「IPv6」の2種類があります。

古くから使われているIPv4は既に利用できる上限数に近づいてしまっているため、現在は最新であるIPv6のIPアドレスが徐々に使われるようになってきました。auひかりも、IPv6に対応しています。

なぜIPv6に対応していることが良い事なの?
IPv4のIPアドレスは上限に近づいていて、満席状態。新規サーバーが設置できないかもしれないんだ。IPv6なら空席状態、確実にサーバー設置が可能なんだよ。

固定型IPアドレスと変動型IPアドレス

固定型IPアドレスはIPアドレスが常時固定で、変動型IPアドレスはインターネットに接続し直す度に変化します。

固定IPアドレスのメリットは、自宅のPC等にいつでもアクセスできることです。

パソコンにホームページのデータを置いておいて外部から不特定多数がアクセスできるようにしたり、Webカメラやパソコン内に保存したデータなどの自宅にある情報を自分で参照したりできます。

固定IPアドレスのデメリットは、常時IPアドレスが固定されることでセキュリティがイマイチになることです。

パソコンに保存したデータに不正アクセスをされるなどトラブルに巻き込まれてしまう可能性が高くなるので、注意しましょう。

変動型IPアドレスのメリットはセキュリティがしっかりしていることで、デメリットは自宅のデータの参照などを行えないため使い勝手がイマイチなことです。

固定IPアドレスと変動IPアドレスは、それぞれメリット・デメリットがあるんだよ。

auひかりで固定IPを利用するためには?

auひかり公式のサービスでは固定IPを利用できません。しかし、固定IPアドレスを提供しているサービスを利用する方法があります。

「マイIP」を利用すれば個人でも固定IPアドレスを使用可能

ドコモ光やフレッツ光ならプロバイダのオプションを使って固定IPアドレスを使うことができますが、au光では残念ながら固定IPオプションが提供されていません。

ただしauひかりでも、「マイIP」という月額1,000円(税抜)のサービスを利用すれば固定IPを使うことができます。

【マイIP】固定IPアドレスを利用可能

【出典】株式会社インターリンク - マイIP

マイIPは、フレッツ光などでもプロバイダ事業を展開している株式会社インターリンクのサービスで、最大2ヶ月間無料で試すことができ、使ってみて特に問題がないかを確認することができます。

オンラインゲームや会社の業務などで固定IPアドレスが必要になる場面もあるかもしれません。そんな時にぜひふと思い出してください。

「マイIP」の特徴

  • 1995年からプロバイダ事業を展開している株式会社インターリンクの固定IPサービス
  • 最大2ヶ月間の無料体験可能(最低利用期間なし、違約金なし)
  • 月額1,080円〜(解約はオンラインで可能)
  • すぐにIDとパスワードが発行(即日3分)
ただし、僕自身はまだ使ったことはありません…(汗)

auひかりでIPアドレスを変更する方法

auひかりでIPアドレスを変更することは難しいのが事実です。

auひかりは「固定IPではないものの、ほとんど固定IP」といえる光回線なので、機器の再起動でIPアドレスを変更できる可能性は低いです。

auひかりのIPアドレスを変更するのは難しいので、基本的にIPアドレスは変更されないものとして考えるのがオススメです。

不正アクセス等をされてしまうと大変なので、セキュリティ対策はしっかり行うように気をつけたほうが良いですね。

auひかりは変動IPアドレスとして使うのは難しいんだね。

まとめ

auひかりは、IPアドレスが変動するしくみです。

しかし、実際に使っていてIPアドレスが変わることはほとんどなく、実質固定IPアドレスのような扱いになります。

ホームゲートウェイで設定されているIPアドレスを固定IPアドレスとして外出先から自宅のパソコン等のデータを参照することは容易ですが、あくまで変動IPです。

ある日突然、IPアドレスが変わってしまい外出先等からデータを参照できなくなってしまう可能性もあります。

auひかりのIPアドレスを活用する際は、

基本的に変わらないけれど、基本的には変動型IP

であることを覚えておくのがオススメです。

【So-net公式】月額大幅割引キャンペーンを利用

「auひかり」であれば日本全国のカバー率は約70%とかなり広くなっています。

管理人「とみっち」は月額料金の割引や、キャッシュバックなど様々なキャンペーンを積極的におこなっている「So-net」を選びました。

webでの申し込み限定特典があります。
【2019年3月1日(金)~3月31日(日)】
終了まで残り 6

  • 【戸建】3年間工事費込み
    月額利用料金3,500円(税抜)
  • 【マンション】2年間工事費込み
    月額利用料金2,400円(税抜)
  • 【特典】月額料金割引 or
    最大50,000円キャッシュバック
  • 他社ネット回線の解約金を30,000円まで負担
  • auひかり 電話サービス(500円/月)が60ヶ月無料
  • 【auスマートバリュー】
    毎月最大2,000円スマホ・ケータイ割引、無線LAN永年無料
  • 【セキュリティソフト】カスペルスキーが1年無料(通常毎月500円)

So-netが公式に行っているキャンペーンで、安心できるという点が決め手でした↓