え!?ギターやベースにフレットガードを使ってないの??

ギターのフレットって、長年使っているとかなり削れていきますよね。

チョーキングやビブラートが原因で痛んでいると思っていたんですが、実は運搬時や移動時(特にソフトケースの場合)にもダメージが蓄積されているみたい。

フレットが削れたり、痛んだりする対策用に、フレットガードなんていうのがあるんですよね!

弦とフレットの間に挟むようにして使用します。

弦高を低めに設定していると、挟めないこともあります・・・・。
ただ、その場合は、1フレット目はきついので避けて、2フレット目から挟み込んでおく感じでも十分保護できそう。

価格も安いし、ギターの本数分持っていたほうが安心ですね。
弾いてないのにフレットが削れていくなんてもったいないよね!

Facebookアカウントでコメント

※本コメント機能はFacebookによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してザ サイベースは一切の責任を負いません。

ABOUTこの記事を書いた人

数年前までバンド活動してました。ブログ、サイト運営で食べてます。フリーランス歴7年のWebクリエイター。飄々と生きています。これでも育児頑張ってます。長野市出身。埼玉県川越市在住。

【興味】音/Web/車(GolfV GTI等)/田舎/旅/酒
※自然の音からデスメタルまで聴きます。

@tomicci
詳しいプロフィール

【運営サイト】
ザ サイベース
おと風景