改行コードに関して LFとCRとは

HTMLを扱うPHPプログラムを作る際、改行コードの処理が必要となる場面が出てきます。

今回は、改行コードに関してメモしておきます!

まず、使用されるOSで改行コードを分類すると下記の3つがあります。

LF: UNIX系、Mac OSXなど
CR+LF: Windowsなど
CR: OS9までのMacなど

CRは「Carriage Return(キャリッジリターン)」、LFは「Line Feed(ラインフィード)」の略であり、意味はそれぞれ「復帰」と「狭義」ということだそうです。

これらの用語は、タイプライターの装置が由来となっているようです。

Windowsでの作業で、テキストエディタなどを使用し、改行コードをLFにして保存すると、メモ帳では改行されていない状態となります。

プログラミングにおける改行コードでは、「¥n」と「¥r」があります。

これらは必ずしもLFやCRと等価ではないらしいのですが、「¥n」は改行、「¥r」は復帰を表しています。

改行コードが入っているために、上手く処理できない場合、「str_replace」関数を使用し、

$new_string = str_replace(array("¥r¥n","¥n","¥r"), "", $string);

などとすることで解決することがあります。

また、trim関数を使用して改行コードや空白文字列を削除する方法もあります。

$new_string = trim($string);

「trim」関数を使うことで文字列の前後にあるスペースや改行、タブなどを取り除くことが可能です。最後だけを取り除くなら「rtrim」関数を使用し、先頭だけであれば「ltrim」関数を使用する方法もあります。

【関連記事】PHP Windows Macintosh 改行コード
【関連記事】PHP 改行の削除

タイトルとURLをコピーしました