37.5°cの涙 我が家の場合

昨夜「37.5℃の涙」が最終回でしたね!今日はドラマの感想ではなく、我が家の涙をお伝えします。。

夫婦共働きでの仕事のあり方について、ちょっと考えてみます。

うちの息子は今月末に1歳8ヶ月となります。子どもの成長って、本当に早い。

特に生まれてから数ヶ月は、毎日顔が少しずつ変わっていく様子が分かるんですよね。写真で見ていくと凄いんですよ!

昨日できなかったことが今日できるようになる・・・ということの繰り返しで、ホント驚かされます。

そして何よりも可愛いくて、愛しいw

子どもが産まれてから、ずっと子育てにも積極的に携わりながら仕事を続けてこれたので、この間フリーランスで働くことができて良かったなーと思います。

こんな状況でも仕事を僕に続けさせてくれたクライアントの皆さまに本当に感謝しています・・・!
 

産休(産前産後休暇)

通常の職場だと、女性の産休は、出産予定日の6週間前から取得することが可能ではないでしょうか。

ただし、法律では定められていないので、自分で申請を出してお休みすることになります。

僕の妻も、2014年の1月下旬が出産予定日だったため、前月の12月中旬頃から産休となりました。
 

育児休暇

育児休暇は子どもが生まれてから、1歳の誕生日まで取得することが可能です。

ただし、仕事の事情などによっては、半年で復旧する人、また保育園に預けることができなかった場合は、1歳を過ぎても半年まで休暇を取ることができるようです。

我が家は息子が1歳の誕生日を迎えた翌日、妻が職場復帰となりました。

せっかくの1歳の誕生日なので盛大にお祝いしたんですけど、翌日が職場復帰のため、妻はちょっと憂鬱そうでしたw

生まれてからほとんど離れたことのない子どもと、長時間離れ離れになるし、仕事も始まるし、世の中のワーキングマザーはきっと、職場復帰の直前は大変ですよね。
 

保育園に通い出す

保育園入園

※イメージ写真

1歳になるまで、ほとんど風邪をひくことのなかった息子。

今年の1月から保育園に通い出した途端、洗礼を受けましたよ・・・。

冬という寒く乾燥した季節だったせいもあるのか、毎週風邪を引いて、保育園は早退や欠席の連続でした。

やっぱり、沢山の子どもと一緒に過ごしていると、いろんな風邪や病気をもらってくるんですね。。

この頃から、自分達の生活や、仕事のペースも狂い始めました。
 

2度の痙攣(ひきつけ)をおこす

救急車

6月に1回、7月に1回、計2回、高熱から痙攣を起こし、救急車で病院に運ばれました・・・。

どちらも40度を超え、顔面蒼白、唇は真っ青、目は上を向いてしまい(焦点が合わない)、嘔吐の連続、そして手足はつっぱって固まった状態でビクビクと痙攣・・・。

本当に恐ろしかったです。。救急車を呼ばないなんて人もいるみたいですが、あの様子を見たら、もう一刻も早く病院に行かなきゃと思ってしまいますよ。

38度台から一気に40度に上がって痙攣してしまうようなんですよね。。

大体、痙攣は子どもの頃に経験しても1回って聞くんですが、うちの子はどうやら痙攣しやすいのではないかということで、病院と相談して、2年間は37.5℃を超えたら、予防的に痙攣止めの座薬「ダイアップ」を必ず使用するということになりました。

ここから、我が家の37.5℃の涙が始まります。
 

37.5℃って??

子どもがいない方はピンとこないかもしれないですが、37.5℃になると、両親など保護者が迎えに行かなければならない目安の体温になるんですよね。

【参考】37.5℃の涙「 病児保育士」について

37.5℃を超えてしまうと、仕事や家庭のどんな事情があろうとも、親は保育園にわが子を迎えに行かねばならないのです。

今通わせている保育園には看護師の方が1名いるのですが、常時いるわけではなく、座薬を投与するという行為は医療行為にあたるため、対応が難しいようです。

それでも万が一に備えて、ダイアップは保育園にも預かってもらっています。

2回の痙攣以降、保育園での検温もマメになり、園児みんなでお散歩のときも、一人念入りに検温されているようです。

また、少しでも発熱があると、保育士さん達はピリピリしながら脇の下を冷やしたりなど対応してもらっています。。

以前は37.5℃過ぎて様子を少し見てもらいながら、迎えの要請の電話が親に来ていたんですが、今は37.4℃になるとすぐに電話で呼び出されます。

痙攣しやすい体質と分かった以上、当然、そうなりますよね。

あ、子どもが1日休む場合、父、母ともに仕事を休んで看病できない日は病児保育に預けています。

1週間治らない時は、平日5日間のうち、1日を妻、1日を僕が看病をするという体制で、残りの3日間は、昼間病児保育に預かってもらい、仕事をしています。

川越市は病児保育の利用料金は1日2000円と、比較的良心的な金額ではないかと思いますが、皆さんの街はどうでしょうか!?

こういうのにもあれこれ税金が使われているんだなーって、親になって色々と実感しますよね。
 

我が家の37.5℃の涙

というわけで、我が家は、子どもの熱が37.5℃に上がってしまわないか、毎日ピリピリしています。

保育園に迎えに行くのは、妻が電車とバスで1時間近く離れたところで勤務しているのに対し、僕は同じ市内で働いていることから、基本自分の役目になっていて、何かあったらすぐに行けるように臨戦体制です。

それもあり、日中はあまり遠くに打ち合わせに行ったり、また、納期に厳しく終われるような仕事ができないことから、これまで続けていた案件を断ってしまったり、自社サービスに力を入れていくといったことが求められています。

妻は国家資格を持っていて、仕事を続けたい意思も強いので、それを尊重しつつ、お互いに仕事と育児をできればと考えているので、僕はフリーランス、もしくは会社を作って頑張っていくしか道はないのです。

早く、日中手が止まっても困らないくらいの売り上げをたてたいよ・・・!!

身近に祖父母や親戚もおらず、共稼ぎで、子どもが病弱という、すこし特殊な事例だとは思うんですけど、こんな感じの家庭だと、皆さん子どもを保育園に迎えに行ったりするのはどうしてるんでしょうね。。

旦那さんは会社を上がりにくくて、奥さんが毎度子どもを迎えにいって大変な思いをしているんでしょうか。

同じ境遇を体験したことのない人の理解って、なかなか得られにくいから、すごく難しい問題ですよね。

仕事をもっと頑張るなら、ファミリーサポートとかも検討しないといけないのかな・・・

今日の記事はとりとめもなく書いてしまったんですが、とにかく我が家は今、仕事体制の模索中です。

Facebookアカウントでコメント

※本コメント機能はFacebookによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してザ サイベースは一切の責任を負いません。

ABOUTこの記事を書いた人

数年前までバンド活動してました。ブログ、サイト運営で食べてます。フリーランス歴7年のWebクリエイター。飄々と生きています。これでも育児頑張ってます。長野市出身。埼玉県川越市在住。【興味】音/Web/車(GolfV GTI等)/田舎/旅/酒 ※自然の音からデスメタルまで聴きます。@tomicci 詳しいプロフィール【運営サイト】 ザ サイベース おと風景