.htaccessでできること

サイトを管理していると「.htaccess」ファイルを使用することがあります。

「.htaccess」とは、ApacheなどのWebサーバで使用可能な、Webサーバの動作を制御するためのテキストファイル。

今回はそんな「.htaccess」ファイルでできることを紹介してみます。

「.htaccess」ファイルでできることの例

  1. 「Basic認証」を用いてアクセス制限することが可能
  2. 特定のホスト(IPアドレスやプロバイダ)からのアクセスを制限することが可能
  3. リファラー(参照元)によるアクセス制限が可能(画像への直リンク禁止など)
  4. 特定のユーザーエージェント(ブラウザやロボット)からのアクセス制限が可能
  5. ブラウザ経由でのファイル直アクセス(http://~)を拒否することが可能
  6. ページ引っ越しの際などに使用するリダイレクトが使用可能
  7. 404 File Not Foundページのカスタマイズが可能
  8. 拡張子別に文字コードを設定することが可能(文字化け対策などで必要な場合もあります)
  9. index.cgiやindex.phpをトップページのURLで表示することが可能
  10. MIMEタイプの設定が可能。ダウンロードされるべきでないファイルがダウンロードされるのを防ぐことができます。
  11. PHPなどのスクリプトを「.html」拡張子で動かすことが可能

上記は一例ですが、ざっとこれだけのことがあります。

「.htaccess」ファイルを作成する際、非常に便利なサイトがあります。

Screenshot_1
.htaccessEditor (http://www.htaccesseditor.com/)

僕はいつもこういったオンラインツールを使用してファイルを用意しています。

タイトルとURLをコピーしました