北海道・東北地方向け光回線はこれを選べ!

【東北在住の筆者が選定】北海道・東北地方向け光回線はこれを選べ! ドコモ光

東北地方や北海道に住んでいる人にとって、光回線選びは悩みのタネではないでしょうか?

筆者も実際に宮城県へ引っ越したときに、どこの光回線が一番良いのだろう…と、かなり悩みました。

そこで今回は、北海道や東北地方の人におすすめしたい光回線をランキング形式で紹介していきます!

筆者(ライターT)が光回線を選んだ時に調査した内容と、なぜその回線がベストなのか理由を交えて紹介しています。
\他社回線の解約金負担最大20,000円/
GMOとくとくBB-ドコモ光-

【北海道・東北】おすすめ光回線ベスト3

ランキングイメージ北海道や東北地方でおすすめできる光回線はかなり限られているものの、ベスト3を選定してみました。

ドコモ光

北海道や東北地方の人におすすめしたい光回線の第一位は、「ドコモ光」です。

実際に使っていて、

  • ドコモスマホのセット割による利用料金の安さ
  • v6プラスによる高速通信
  • ドコモショップで直接聞けるサポート体制

といったサービス内容となっており、地域によるサービスの偏りがなく非常に安心して使うことができる光回線だと感じています。

契約エリアが広い

ドコモ光はフレッツ光の回線を利用している「光コラボレーション」です。

そのためフレッツ光を契約可能な建物なら基本的にどこでも契約できます。

北海道や東北ではNURO光やeo光など契約できませんが、フレッツ光ならほぼ日本全国で契約できるくらい対応エリアが広くなっています。

フレッツ光東日本の提供エリア確認ページ

第2位として後ほど紹介する「auひかり」も北海道や東北で契約できますが、「契約できる建物の豊富さ」では僕が調べた限りだとフレッツ光の方が圧倒的に上です。

またフレッツ光を既に契約している人なら、

  • 「転用」により工事不要で乗り換えられる

といった点も見逃せないポイントです。

対応エリアが広いため申し込みしやすく、契約のハードルが低いことは非常にメリットと言えるでしょう。

ドコモ光 × GMOとくとくBB

ドコモ回線は東北に強い

ドコモ光はドコモの携帯回線1つと組み合わせることで「ペア回線」となり、セット割引を受けることができます。

そしてこれはイチオシポイントなのですが、

  • ドコモ端末は東北でも電波環境が良い

んですよね。

僕自身は記事を書く仕事の調査もあり、ドコモ、auの端末、ソフトバンクが手がけるワイモバイルと複数台を契約しています。

しかし東北の各地を移動している途中、

  • auやワイモバイルは圏外になる
  • 電波が弱くなる

ということがドコモ携帯よりも多いと感じています。

おそらく東北に住んでいて、似たような経験がある人は多いのではないでしょうか?

関東や東海に住んでいた時はそこまで差を感じませんでしたが、東北に住んでからは、ドコモが圧倒的に電波を受信しやすいと感じるようになりました。

自分の地域でドコモ光の平均速度を確認できます

また東北地方の山間部など、都市部から離れたところに行くとドコモ以外の回線は電波が弱くなりがちです。

そんな東北でも電波が強いドコモ端末を持っていれば、ドコモ光と組み合わせることで月額料金を安くすることができるのは最大のメリットと言えるでしょう。

速度も上下最大1Gbpsで十分高速

NURO光の下り最大2Gbpsと比べてしまうと物足りないですが、ドコモ光でも上下最大1Gbpsと高速で通信が可能です。

NURO光を契約できない東北や北海道では、最も高速な回線速度が出ることになります。

そのため、高速通信を重視する人にドコモ光はおすすめできます。

速度はプロバイダや住んでいる地域によって異なるものなので注意が必要ですが、参考までに僕の家で20時に計測してみたところ、上りと下りで500Mbps以上の通信速度が出ていました

ドコモ光回線 Speedtestスピードテスト 夜20時

Speedtest.netという計測アプリを使って計測しました。

スピードテストができるツールを、評判くんサイト内で公開しました!

\ 【スピードテスト】ワンクリックで調査できます! /
【スピードテスト】誰でも簡単!ワンクリックで通信速度を測定してみよう!用語解説あり  

実際には通信速度が100Mbpsもあれば、

  • 高画質の動画再生
  • スマホゲームなど大容量データのダウンロード
  • ソフトウエアのアップデート

など途切れることなく通信することができるため、十分満足のいく通信環境が作れます。

自分の地域でドコモ光の平均速度を確認できます

ドコモ光の実測値については、当サイトでは以下の記事で詳しくまとめました。

こちらはサイト管理人である「とみっち」が実際に契約して検証しています。

プロバイダが豊富

光コラボレーションは、ドコモ光以外にもSo-net光やソフトバンク光など色々ありますよね。

しかし他社の光コラボでは、

  • 契約後にプロバイダを変更できない
  • もし速度が遅くても対応できない

という弱点があります。

しかしドコモ光なら20種類以上のプロバイダから自由に選んで契約できますし、さらに必要に応じてあとから変更することもできます

プロバイダが原因で速度が遅い時はプロバイダの変更で対処できるのも、ドコモ光の大きな魅力ですね。

ルーターが無料レンタルできる

ドコモ光の隠れたメリットがGMOとくとくBBやOCNをプロバイダにした場合、無線LANルーターを無料でレンタルできることでしょう。

この写真はGMOとくとくBBで無料レンタルできるBUFFALO製の高性能ルーター「WXR-1750DHP」です。

WXR-1750DHP

無線LANルーターを所有していない人も、ドコモ光なら無料で借りることが可能です。

※契約プロバイダによっては有料レンタルの場合もあります。

導入時に余計な負担がかからないのが嬉しいですね。

特に、GMOとくとくBBなら3年間使い続ければルーターの返却不要とり、実質タダで高性能ルーターをもらうことができます。

3年間は継続して使うことが多くあるので、レンタル機材を返却する手間が省けるのが非常に楽ですね。

なお、ドコモ光のプロバイダ別にレンタルできるルーターを以下にまとめました。

プロバイダルーター型番外観価格Wi-Fi 最大速度通信方式
GMO とくとくBBWSR-2533DHP3 (BUFFALO)WSR-2533DHP28,470円 ※参考価格: Amazonで調査 2021/4/19 1,733Mbpsv6プラス
Aterm WG2600HS2 (NEC)Aterm WG2600HS7,670円 ※参考価格: 楽天で調査 2021/4/19
WRC-2533GST2 (ELECOM)8,220円 ※参考: 2021/4/19 Amazonで調査
BIGLOBEAterm WG1200HS3 (NEC)Aterm WG1810HP5,890円 ※参考: 2021/4/19 Amazonで調査1,000MbpsIPv6オプション
Ic-netWN-AX1167GR (IODATA)WN-AX1167GR価格情報なし867Mbpsv6プラス
PA-WG1200HP3 (NEC)PA-WG1200HP35,955円 ※参考: 2021/4/19 Amazonで調査1,000Mbps
PA-WG1200HS3 (NEC)Aterm WG1810HP5,890円 ※参考: 2021/4/19 Amazonで調査1,000Mbps
DTIWRC-1167GST2 (ELECOM)WRC-1167GST28,970円867Mbps
ぷららWN-AX1167GR2 (IO-DATA)WN-AX1167GR28,900円867Mbps
ドコモnetドコモ光ルーター01ドコモ光ルーター019,590円867Mbps

GMOとくとくBBが、他社プロバイダよりもスペック的に1歩も2歩も先を進んでいるのが分かります。

 auひかり

北海道や東北に住んでいる人におすすめの第二の選択肢が「auひかり」です。

auを契約している人や、速度を重視する人にはauひかりがおすすめです。

auひかりは東北や北海道でも選べる数少ない光回線の選択肢

北海道や東北地方において、

  • フレッツ光
  • 光コラボレーション

上記以外で光回線を提供している、数少ない選択肢が「auひかり」です。

auひかりはフレッツ光の回線ではなく、独自の光ファイバーを利用しています。

auひかりユーザーしか回線を使わない関係上、利用者が多いフレッツ光回線に比べて速度が出やすいのも魅力的なポイントです。

高速で通信してオンラインゲームや動画再生などを快適に行いたい方は、auひかりを契約できる場合候補として検討してみてはどうでしょうか。

ただし、auひかりはまだ普及段階なので建物によっては対応していないケースも多くあります。

auのセット割に対応

auひかりは、月額550円(税込)の光電話を合わせて契約すれば、毎月最大2,200円(税込)の割引を受けられる「auスマートバリュー」を適用できます。

【auひかり】auスマートバリュー

【出典】au公式サイト

具体的には、

  • 同居する家族
  • 離れて暮らす50歳以上の家族

といった利用状況を含め、最大10回線までに割引を適用することが可能です。

周りにauユーザーがたくさんいる場合は、みんなが割引になるのでとてもお得と言えるでしょう。

【注意】マンションで契約する場合はプランを確かめる

auひかりはドコモ光と同様上下最大1Gbpsに対応していますが、マンションで契約する場合は建物が対応するプランによって最大速度が変わることに注意が必要です。

例えば、マンションギガやマンションミニギガなら上下最大1Gbpsに対応していますが、タイプVは下り最大100Mbps・上り最大35Mbpsです。

J:COM

おすすめの光回線第3位は、「J:COM」です。北海道と宮城県において展開されています。

僕は宮城県に住んでいて、ドコモ光の契約前はJ:COMを半年ほど使っていた経験があります。

J:COMは少なくとも宮城県の仙台市だとかなり積極的に展開されていて、仙台に住んでいる、あるいは住む予定の人は「J:COMを選べば良いのかな?」となんとなく考えていたかもしれません。

しかし、J:COMには注意点がかなり多いので、第3位にはしているものの基本的にはあまりおすすめしません。

どうしてもドコモ光やauひかり、またはNURO光を契約できない場合にのみ、J:COMを検討すると良いでしょう。

メリットは電話やテレビをまとめて契約できること、契約までが早い

J:COMのメリットは、インターネットに加えて電話サービスやテレビサービスもセット契約できることです。

テレビは専門チャンネルを見ることもできます。

さらに、J:COMは提供エリアだとマンション等で設備が導入済みで、すぐに開通できるケースもあります。

僕が以前自宅でJ:COMを選んだ理由も、他社だと1カ月以上かかるのに、J:COMだと1週間程度で開通できて開通が早いからでした。

【注意】J:COMの通常コースは速度が遅い

僕が以前J:COMを使っていてイマイチに感じられたのは通信速度です。

J:COMは、通常コースだと

  • 下り最大320Mbps
  • 上り最大10Mbps

といったようにドコモ光やauひかりの上下最大1Gbpsに比べて圧倒的に遅いんですよね。

特にアップロード速度の遅さで影響があったのは、DropboxへWord・EXCELファイルを転送する時です。

なかなかファイルの読み込みが終わらず、とても不便に感じました

さらにJ:COMでは夜間で速度が大幅に低下してしまうことがあり満足に使えないことも。

J:COMの回線速度の遅さについては、僕だけでなくTwitter上でも多くつぶやかれていました。

オンラインゲームや動画再生など、大容量のデータ通信を快適に楽しみたい人は注意が必要です。

【光1Gコース】auひかりの回線で上下最大1Gbps対応!

北海道や東北でJ:COMを契約する場合、戸建て住宅ならauひかり回線を使った「光1Gコース」を選べます。

上下最大1Gbpsに対応しているので、おそらくJ:COMの弱点だった速度の遅さは解消されていると考えられます。

J:COMを契約するなら、光1Gコースを選ぶのがおすすめです。

言い換えれば、マンションに住んでいるなどして光1Gコースを選べない場合は、速度を重視するのであれば「ドコモ光」や「auひかり」を選ぶと良いでしょう。

J:COMもauスマートバリューに対応している

J:COMは、ネット・テレビ・電話のうち2つ以上のサービスを契約していればauスマートバリューを適用し、auスマホを割引にすることができます。

auユーザーで自宅でauひかりを契約できない場合、必要に応じてJ:COMも検討すると良いでしょう。

北海道の一部エリアでNURO光が提供開始

ついにNURO光が2019年12月から北海道で一部地域で提供を開始しました。

【NURO光】北海道の対応状況を調査しました!北海道でおすすめの光回線は!?
2020年から北海道の一部地域でNURO光が申し込めるようになっています。 北海道をどの程度カバーできているのか、...

まとめ

北海道や東北に住んでいるなら、おすすめの光回線はドコモ光一択と言えるでしょう。

理由としては、

  • 提供エリアが広い
  • 東北や北海道でも通信しやすいドコモスマホとセット割が効く
  • 速度面でも1Gbpsと高速通信対応

と広い地域で高速なインターネット通信ができるからです。

セット割を受けられるドコモ回線であれば特に東北の使い勝手が良く、auなど他社でスマホを契約している場合は必要に応じて、光回線と合わせて乗り換えてしまうのも良いでしょう。

auユーザーで自宅がauひかりに対応しているなら、auひかりもおすすめです。

ぜひ自分にあった光回線を選んで、より良いインターネット環境を楽しんでください。

申し込みはキャッシュバックを利用
【ドコモ光】とにかくドコモユーザーのための光回線!

「ドコモ光」はフレッツ光の回線を利用している光コラボとなります。対応エリアはフレッツ光と同様で、日本全国のカバー率が90%以上とかなり広くなっています。

管理人「とみっち」は2年間使用しています。

プロバイダーは高速通信規格「v6プラス」に対応し、高性能なWi-Fiルーターを無料レンタルできる「GMOとくとくBB」がおすすめです。

通信速度ではNURO光やauひかりの2大巨塔には一歩劣るものの、十分な通信速度が見込めます。

GMOとくとくBB-ドコモ光-
  • 【ドコモ光セット割】
    携帯利用料が端末ごとに毎月最大1,100円割引
  • 工事費無料特典実施中
  • 他社回線の解約金負担最大20,000円
    もしくはキャッシュバック5,500円〜
  • 【他プロバイダよりも高速】
    v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル
【dカード GOLD】ドコモユーザーなら合わせて申し込みたい

ドコモ光回線への加入を検討中の人、加入済みの人にぜひオススメしたいゴールドカードです。

ドコモショップでドコモ光に加入する人の4人に1人が合わせて加入していると言われています。

【dカード GOLD】ドコモユーザーなら合わせて申し込みたい

Web申し込み限定特典があります!

  • 最大13,000円分ポイントプレゼント
  • ドコモ携帯、ドコモ光の10%がdポイントとして還元
    年会費分の元を取ることも十分可能
  • 3年間のケータイ補償が付帯
  • 旅行やショッピングの保険が付帯
  • 国内の空港ラウンジを無料利用可能
  • 年間100万円以上利用すれば
    10,800円分の割引特典を利用可能

※表示料金は全て税込です

【北海道、関東、関西、東海、中国、九州】NURO光対応エリアなら!

So-netが運営する「NURO光」は、下り2Gbps/上り1Gbpsと国内最速の速度を誇ります。

ONU兼ルーターのレンタルが無料など、コストパフォーマンスに優れています。

ドコモスマホとのセット割こそありませんが、速度を最重要視する人にオススメです。

【NURO光】とにかく速度重視の人向け!料金も比較的安い

管理人「とみっち」はNURO光を3回導入し、合計5年半使用しています。

1Gbpsが主流の他社光回線よりも、複数端末での利用時に回線速度が遅くなりにくいです。

通信も安定しているので、家族と同居していて自宅でテレワークしている場合やオンラインゲーム利用などに特におすすめします。

\戸建てタイプ/
NURO光
\マンションタイプ/
NURO光 for マンション
  • 【キャッシュバック】
    戸建て: 45,000円
    マンション: 25,000円
    ※ネットのみの申し込みでOK、2021年6月時点
  • 工事費44,000円が実質無料
    ※30回の工事費分割額相当を毎月割引
  • 開通までモバイルWi-Fiレンタル可能
    ※特別価格、無制限プランあり
  • セキュリティソフトが永年無料
  • SoftBankのおうち割対象
    ※毎月最大1,100円割引 最大10端末まで
  • Amazon Fire TV Stickプレゼント
    ※ひかりTV2ねん割申し込み時
  • 【セット割引】NUROガスとセットで月額200円割引、NUROでんきとセットで月額501円割引
  • 2020年 ネット回線満足度ランキング 関東光回線 第1位 → 詳しく見る
    ※価格.com

※表示料金は全て税込です

【auひかり】NURO光に準じて高速 auユーザー以外も◎

「auひかり」であれば日本全国のカバー率は約70%とかなり広くなっています。

管理人「とみっち」は自宅で2018年4月から使用しています。

実際に何度もスピードテストをしていますが、NURO光と争う通信速度という印象です。

プロバイダーはキャッシュバック金額が充実している、月額料金の割引があるといった理由で、好きなものを選んでいいでしょう。管理人は「So-net」を使っています。

    • 45,000円最短翌月末キャッシュバック
      ※ネットのみの申し込みでOK、2021年10月時点
      ※申し込み時の振込先の確認だけでOK!
    • 【KDDI公式】3万円以上の工事費が実質無料
    • 【KDDI公式】他社ネット回線の解約金を33,000円まで負担
    • 【auスマートバリュー】
      ※毎月最大1,100円 スマホ・ケータイ割引、ホームゲートウェイレンタル永年無料

※表示料金は全て税込です

タイトルとURLをコピーしました