【実際乗り換えた】2年使ったLINEモバイルからUQモバイルに変更した理由と感想

【実際乗り換えた】2年使ったLINEモバイルからUQモバイルに変更した理由と感想 格安スマホ

[voice icon=”https://thesaibase.com/wp-content/uploads/2020/02/fujisawa.jpg” name=”” type=”l”]こんにちは!ブロガーのふじさわです。この記事では、僕が実際に「LINEモバイル」から「UQモバイル」に乗り換えた経緯を書いていきますね![/voice]

[voice icon=”https://thesaibase.com/wp-content/uploads/2019/09/4c6b67c32e12faf8a274dc20550b861e.png” name=”コフレちゃん” type=”l yel”]うわ、なんだか暑苦しい人が来たわ…[/voice]

[voice icon=”https://thesaibase.com/wp-content/uploads/2019/09/4f9be62e44e107d955ebb22ca985a10e.png” name=”サブレくん” type=”l”]まさか僕らがリアルな人間と話す日が来るとはね…[/voice]

この記事では、実際に「LINEモバイル」から「UQモバイル」に乗り換えたふじさわが、

  • なぜ乗り換えたのか?
  • 料金はどのくらい変わったのか?
  • 乗り換えた感想

実際の感想や体験を書いていきます。

「格安SIM→格安SIM」の乗り換えは珍しいので、参考になると嬉しいです!

\【KDDI公式】現金最大10,000円キャッシュバック/

LINEモバイルの速度の遅さにウンザリ?」



僕は約2年ほどLINEモバイルを利用していました。
LINEモバイルは格安SIMの中でも人気があるサービスです。

そんなLINEモバイルをなぜ解約したのか?をなぜ解約したのかについて書いていきます。

LINEモバイルが人気すぎて遅かった


↑このツイートは2019年12月にしたものですが、ツイートの通り、LINEモバイルの速度に対する不満が日に日に大きくなっていました。

といっても僕は自宅で仕事をすることが多く、スマホは基本的にWi-Fi環境で使うので、LINEモバイルの電波で使う機会は少ないです。

そんな僕が「LINEモバイル、遅いなー!」と思うのは、週に1回ほど東京に行く時の1時間ほどの電車です。

その電車の中で、LINEモバイルは

  • YouTubeがカクカクして見れない
  • Twitterの画像が開かない
  • 検索しても検索結果が表示されない

というありさまでした。

特に不満だったのはLINEモバイルの「コミュニケーションフリープラン」に登録しており、TwitterをはじめとしたSNSの利用料金がかからないプランでした。

いくら料金がかからなくても、Twitterもインスタも満足に閲覧できずに「これはLINEモバイル、ダメなんじゃないか」と薄々感じていました。
[voice icon=”https://thesaibase.com/wp-content/uploads/2020/02/fujisawa.jpg” name=”” type=”l”]スマホもSNSも大好きだから、動画がカクカクだとほんとイライラするんだよね〜![/voice]
[voice icon=”https://thesaibase.com/wp-content/uploads/2019/09/d2f21872abded0183af333e52128ca1a.png” name=”コフレちゃん” type=”l yel”]わかるわ〜。読み込みが遅い時のクルクル回ってるヤツ「」を見てる時間、ほんとに虚しいわよね…。[/voice]

2019年後半くらいから速度の低下か!?

僕がLINEモバイルを契約したのは2018年2月でした。

その頃にはこのようなストレスはほとんど感じた覚えがないのですが、思い返してみると2019年の後半くらいから「これは低速なのでは…?」と思うようになってきました。

そもそも電車内は高速移動中なので、スマホの通信は非常にしにくいです。

1度や2度であれば「速度が遅いのはタマタマかな…?」と思えるのですが、東京への電車に乗るたびにイライラしている自分に気づきました。

2020年1月にLINEモバイルを解約し、速度の評判がよいUQモバイルに乗り換えました。

Twitterなどの口コミでも「遅い」との結論に

スマホの速度の変動はいろんな要因で起こるし変動するので、たまたま僕がLINEモバイルを遅いと感じるのかな?と思い、自分のTwitterのアンケート機能で投票をとってみました。

すると130票が集まりました…!

  • 22%の人がLINEモバイルを遅く感じる
  • 14%の人がLINEモバイルは普通だと思う
  • (それ以外の人はLINEモバイルを使っていない)

という結果になりました。

まず、全体の36%もの人がLINEモバイルを使っていることに驚きました。

LINEモバイルを普通に使えるつ思う人よりも、遅いと感じる人が多いという結果となっています。

このアンケートのリプライでは、東京や神奈川以外の地域(高知県など)でも「遅い」と感じてる人がおり、僕が住んでいる、神奈川や東京だけでLINEモバイルの低速化が起こっているわけではないと推測できました。

LINEモバイルのメリットが不要になった

僕が2018年にLINEモバイルを契約する前は、「DMMモバイル」を使っていました。DMMモバイルの前は「U-モバイル」を使っていた時期もありました。

それでも2018年にLINEモバイルにした理由は2つありました。

  • 格安SIMの中では唯一、LINEの年齢認証を突破できる
  • SNSフリープランがある

この2つのメリットに惹かれてLINEモバイルにしましたが、2つとも「別にいいかな」という気持ちになりました。

LINEモバイルは格安SIMで唯一LINEの年齢認証を突破できる

LINEには「ID検索」で新しい知り合いと繋がることができます。

ID検索をするには「年齢認証」をしておく必要があるのですが、ほとんどの格安SIMは年齢認証ができません

3キャリアだと年齢認証はできるのですが、格安SIMでは「年齢認証ができない=ID検索できない」という状況でしたが、LINEモバイルであれば年齢認証が突破できるのです。

「自社サービスだけ優遇してるのかよ」と思ったものですが、それは仕方ありません。そのおかげでLINEモバイルを選んだのですが、実際に使ってみると「ID検索」をする機会はほとんどなくなってきています。

知り合いとLINEで繋がる場合は「QRコード」の方が一般的ですし、共通の知人同士だとLINEのアカウントを共有してもらうこともできます。
[voice icon=”https://thesaibase.com/wp-content/uploads/2020/02/fujisawa.jpg” name=”” type=”l”]昔はこの「ID検索」が大事だったんだけどな〜。[/voice]
[voice icon=”https://thesaibase.com/wp-content/uploads/2019/09/176e4aecf57f1368fcc617e2639762be.png” name=”サブレくん” type=”l”]今はほとんど使われなくなったんだってね〜。現代社会の移り変わりは早い…。[/voice]

SNSフリー機能も意味をなさなくなった

現在、LINEモバイルやDMMモバイルなどが行なっている「SNSフリー機能」は、登場した当時は衝撃的でした。

僕はSNS中毒なので、「スマホを利用する=SNSを利用する」と言ってもいい状態なのです。

Twitterやインスタなどがデータ容量を消費せずに使えるのは魅力的でしたが、前述したように2019年後半からLINEモバイルだとTwitterの写真すら読み込まれないという状態が続きました。

いくらデータフリーであろうと、満足にSNSの閲覧ができないようでは意味がないと判断しました。

 

以上の2つの理由に加えて「月額料金がほぼ最安である」というのもLINEモバイルを選んだ理由でしたが、いくら安くても満足度が低いものを使い続けるのはイヤだったので、UQモバイルに乗り換えました。

UQモバイルに乗り換えてからの料金は?

UQモバイルにしてはからは「月額3,278円」になりました。

LINEモバイルのときは「月額2,880円」(コミュニケーションフリープラン7GB)だったので、400円ほどアップとなりました。
[voice icon=”https://thesaibase.com/wp-content/uploads/2019/09/9a6ddd1506b18410d41694b53b806694.png” name=”サブレくん” type=”l”]えっ!乗り換えたのに料金は上がっちゃったの!?[/voice]
[voice icon=”https://thesaibase.com/wp-content/uploads/2020/02/fujisawa.jpg” name=”” type=”l”]実はそうなんだよね。だけど説明するからちゃんと読んでね![/voice]

UQモバイルのどのプランにした?

僕がUQモバイルで選んだのはスマホプランM 電話かけ放題なしです。

UQモバイルのデータ通信には3種類のプランがあります。

  • スマホプラン S 1,980円 3GB
  • スマホプラン M 2,980円 9GB
  • スマホプラン L 3,980円 14GB

3GBでも足りるかもしれないと思いましたが、UQモバイルにはSNSフリープランがないことを考えても、念の為に9GBのMプランにしました。

同じく通話プランにも3種類あります。

  • 国内通話かけ放題 1,700円
  • 国内通話10分かけ放題 700円
  • 国内通話60分/月かけ放題 500円

上記プランになにも入らないと、30秒あたり20円の通話料がかかります。

僕は通常の通話はほとんどせずにLINE通話などで済ませるので、上記プランにはどれも入っていません。

SIMのみの契約で端末の購入はなし

UQモバイルでは「SIMのみ契約」と「端末とセット購入」の2種類がありますが、僕は「SIMのみ契約」でした。

手元には以前から使っているiPhoneX(中古で購入)があり、まだまだ現役で使えるためです。

このiPhoneXはドコモSIMロックがかかっていました。UQモバイルはau系なので、SIMロック解除をすることですぐに使えました。

SIMロック解除はネットで調べると5分程度で完了しました。

注意!UQモバイルは最安ではない

上でも少し触れましたが、UQモバイルにして少しだけ料金は上がりました。

格安SIMなので安いことは重要ですが、「何がなんでも1円でも安くしたい!」という方にはUQモバイルはお勧めできません。

「安かろう悪かろう」とまではいいませんが「多少は高くても、安定している回線がいい」という人におすすめで、僕も通信回線の評判がよいのでUQモバイルにしました。

申し込み方法ですが、UQモバイル公式サイトでキャッシュバック経由で申し込むのがお得だったりします↓

<p class=”c-caption-top”>\ UQモバイル公式サイト /</p>
新プランを確認する

UQモバイルの使い心地は?

[voice icon=”https://thesaibase.com/wp-content/uploads/2019/09/591b1c58a1740cdee03d3a28e008c0c1.png” name=”コフレちゃん” type=”l yel”]やっぱり通信環境はかなりいいのかしら!?[/voice]
[voice icon=”https://thesaibase.com/wp-content/uploads/2020/02/fujisawa.jpg” name=”” type=”l”]そうだね!かなり満足で、快適なスマホライフを送ってるよ![/voice]
UQモバイルに変えて2ヶ月ほど経ちましたが、その使い心地は一言で言うと「なんの問題もない。満足してる!」という感じです。

具体的な使い心地をいくつか紹介します。

計測速度はなんと76Mbps

この記事を書きながら、自宅でスピードテストを行なってみると、なんとダウンロード76.2Mbpsもでました!

これは驚異的に速いです!

高画質の動画も、3Dのゲームも十分にできる速度です。

これは神奈川県の自宅での測定なので、走行する電車内とはまた違いますが、データ通信でこれだけの速度が出てくれると頼り甲斐があります

スピードテストができるツールを、評判くんサイト内で公開しました!

\ 【スピードテスト】ワンクリックで調査できます! /
【スピードテスト】誰でも簡単!ワンクリックで通信速度を測定してみよう!用語解説あり  

電車の中でも動画が止まらずに見られるので嬉しい

僕は自宅にいる時間が長く、その間はずっとWi-Fiに繋いでスマホを使っているので、格安SIMの実力が問われるのは外出時です。(そういう人は多いと思いますが)

電車に1時間ほど乗るのですが、その間にYouTubeもプライムビデオも止まらずに見られたので、これでほぼ満足です。

超高画質とまではいきませんが、普通の画質で見られ、移動の間に見たかったものを見れて嬉しいです。

LINEモバイルのときは動画が見たくても5分くらい読み込み中のクルクル「」が回ってしまい、イライラが止まらなかったので、UQモバイルに変えて満足です。

SNS使い放題がなくても気にならない

LINEモバイルからUQモバイルに変えたことで「SNS使い放題」がなくなりましたが、全く気になりません。

月間9GB使えるので、いくらTwitterやインスタを見まくっても、(毎日ではないので)容量が心配になることはありません。

むしろ、LINEモバイルの時にTwitterの写真が読み込めないストレスの方がやばかったです。

通話もデータもSMSも使えるので安心

もちろん通話も普通にできますし、SMSが使えるので各種アプリの年齢認証もできます。

テザリングがiPhoneXでも使えるので助かる

実はUQモバイルは「iPhoneの種類によってはテザリングができない」とされていた時期が2018年頃にありました。

しかし今はそれも改善され、iPhoneXでもテザリングは普通にできます

カフェなど、Wi-Fiがない場所でパソコンをネットにつなぐことができ、速度も十分なので重宝しています。
[voice icon=”https://thesaibase.com/wp-content/uploads/2020/02/fujisawa.jpg” name=”” type=”l”]外でパソコン使うのにテザリングがあるとほんと便利だよ![/voice]

まとめ 〜筆者が今一番お勧めな格安SIMはUQモバイル!〜

ということで、僕がLINEモバイルからUQモバイルに切り替えた感想を書きました。

  • LINEモバイルが遅すぎたのが主な理由
  • 速いと評判のUQモバイルにしたら大満足
  • 決して最安ではないが、今までより500円ほど上がっただけ

ということで、非常に満足です。

もしプライベートで友人から「いまはどの格安SIMがおすすめ?」と聞かれたら、UQモバイルをおすすめします。

ぜひみなさんも格安SIM選びに迷っているようであればUQモバイルをおすすめします。
[voice icon=”https://thesaibase.com/wp-content/uploads/2019/09/c4be28af73db22477eb0f644262b87d7.png” name=”サブレくん” type=”l”]リアルな人間から口コミを聞くと説得力あるね〜![/voice]
[voice icon=”https://thesaibase.com/wp-content/uploads/2020/02/fujisawa.jpg” name=”” type=”l”]最後まで聞いてくれて、読んでくれてありがとう![/voice]
[voice icon=”https://thesaibase.com/wp-content/uploads/2019/09/ee60eab1228dba863ed882e600c4364a.png” name=”コフレちゃん” type=”l yel”]お話ししてくれてありがとう!読者のみなさんにも参考になったと思うわ![/voice]

管理人が実際に利用している格安スマホを紹介中

【UQモバイル】キャッシュバック特典あり

現金最大10,000円キャッシュバック特典あり
【予告なく終了する可能性があります】

  • 現金最大10,000円キャッシュバック
  • 通信速度が非常に高速
  • 【新プラン】料金設定がわかりやすい&安い 月1,480円〜 (税込1,628円〜)
  • 【節約モード】データ容量消費ゼロ
  • データ繰り越し可能
  • 2020年 格安SIM 通信速度満足度ランキング 関東光回線 第1位 (価格.com)詳細
  • 2020年 格安スマートフォンサービス 総合満足度 第2位 (J.D. POWER)詳細
【楽天モバイル】Rakuten UN-LIMIT

ワンプランのみで分かりやすく、データ1GBまでの月はデータ通信料無料で利用できます。(1回線のみ)

アプリ「楽天LINK」を使用すれば通話料が無料で利用可能です。

  • 【新規申込】5,000円分ポイント還元
  • 【スマホ本体同時購入】最大27,000円分ポイント還元
  • データ1GBまで月0円
    ※1回線のみ
  • どれだけ使っても無制限2,980円
    ※税込3,278円
  • 契約事務手数料無料
  • 【Rakuten LINKアプリ】国内通話/SMS無料 (利用条件有)

タイトルとURLをコピーしました