ふるさと納税はまだ間に合うぞ!実質2,000円であんなものやこんなものが買えちゃうよ

ノマドワークを3年間やってみて気が付いたことは、通える場所がほしい...

どうも、とみっちです。

僕はフリーランスエンジニア歴が7年ほどになるんだけど、今年は初めてふるさと納税というやつに挑戦してみたい。

今年度のふるさと納税は、

今月12月31日が期限

となる。

自治体側で寄付金の入金が12月31日までに確認できないとダメとのことで、ふるさと納税をしようとしている人は是非とも早めに手続きをすませよう。

ちなみに、お礼の品は期限が近づけば近づくほど品薄になるんだとか。

もっと早めに調べておくんだったーーーーー!!!

ふるさと納税のことは先月から調べているんだけど、サイトを見ていると、もう品物が減ってきているなーという印象を持った。

ふるさと納税とは

未だにふるさと納税の仕組みが分かっていなかったので調べてみたよ。

  • 平成20年度(2008年)に導入
  • 2011年東日本大震災をきっかけに注目が集まる
  • 任意の都道府県や市区町村へ寄附をすることが可能
  • 所得税と住民税が収入に応じた限度額まで控除される
  • 2,000円は自己負担する必要がある
  • ワンストップ特例により確定申告が不要のことも

ちょっとだけ詳しく説明してみる。

ふるさと納税っていつからやっていた?

平成20年度(2008年)都市部から地方に税を還元できる仕組みとして導入された。

当初、認知度は低かったけど、2011年の東日本大震災をきっかけにして注目が集まり、被災地の復興に一役買ったのだとか。

僕は「Yahoo!ネット募金」とかを使っていたので、当時ふるさと納税が役立っていたというのは知らなかった。

任意の都道府県や市区町村へ寄付が可能

ふるさと納税という名称から、寄付できる自治体は、自分が住んでいるところや縁があるところなのかなと思っていたら、全国どこでもいいんだよね。

...名称にすごく違和感があるぞ!

税金が安くなるって本当?

ふるさと納税をすることで、税金が安くなるというのはなんとなく聞いたことがある人が多いと思う。

今年度支払った所得税から一部が戻ってきて、翌年度分の住民税から差し引かれることになる。

なお、寄付できる金額の上限の目安は住民税の約2割が目安

確定申告をした場合所得税、住民税から還付・控除
ワンストップ特例サービス住民税からの控除のみ

ふるさと納税の制度を調べる前は、てっきり生命保険控除とかのように、収入から控除されるもんだと思っていた。

そうではなくて、税金そのものが直接減額されるということなんだね!

これは節税したい人には大きく響く制度だ。

あれ、この仕組み、、

やらないほうが損だよね??

そう、同じ税金を支払うなら、お礼の品が受け取れるふるさと納税の方がどう考えてもオトクになってしまうのだ。

ここでも違和感があるんだけど、自分の税金をどこの自治体に使ってもらいたいか選ぶことができる制度と考えることはできる。

また、自治体によっては、ふるさと納税の手続き時に、収めたお金をどんな用途に活用してほしいか選択できるところもあるみたいだね。

別の言い方をすれば、2,000円(以上になることもある)を負担すれば、自治体から特産品や家電とかがお返しとして受け取れる制度ということになるだろう。

ワンストップ特例制度とは

ワンストップ特例制度とは、確定申告をする義務がないサラリーマンの人などで、平成27年4月以降のふるさと納税先が5自治体以下であれば、確定申告をしなくても節税メリットが受けられるようになった制度だ。

ふるさと納税をする際、ワンストップ特例制度を利用したいと伝えると、後日、自治体からこの申請書が送られてくる。

ワンストップ特例制度で必要となるもの

  • 申請用紙にマイナンバー記入する必要があり、マイナンバー確認の書類、本人確認の書類を申請書と一緒に郵送する必要がある。
  • 自治体に申請書を申込みの都度郵送する必要がある。​

【重要】ふるさと納税の解釈

誤解されやすいんだけど、ふるさと納税を支払うことでトータルで支払う税金の額が減るわけではないんだよね。

それでも、同じ税金を支払う必要があるなら、税金のうち一部(住民税の約2割)をどの自治体で、どんな用途で使ってもらいたいかを指定でき、さらにお礼の品まで受け取れてしまうのだから、やらない人は損になる制度

何も知らず税金を普通に支払うか、ノートPCを受け取って同じ金額を支払うなら支払うか、極端な話そのくらいの差が生じてしまう...。

今回が初めてのふるさと納税なんだけど、今年度からは毎年やることにする。

どうやってふるさと納税をすればいいのか

さあ、肝心のふるさと納税はどうやるのという点。

まず、全国の自治体のふるさと納税に関する情報が網羅されているサイトは、総務省の「ふるさと納税ポータルサイト」だ。

ふるさと納税ポータルサイト

ただし、このサイトはあくまでも各自治体のふるさと納税に関するサイトにリンクしているだけのようだね。

各自治体がどのようなお礼の品を発送しているのかということまでは分からないし、実際にサイト上でふるさと納税することはできないようだね。

平成27年9月30日時点だけど、ふるさと納税現況調査の回答結果があり、この自治体ふるさと納税全然されてないじゃん...とかは分かる。

被災地域だったり、自分に縁がある自治体が税金集めで苦戦していたら是非とも応援したい。

というわけで、調べたところ「ふるなび」というサイトが分かり安くてオススメできそうだ。

ふるなび

「ふるなび」の公式ページは下記になるよ!

このサイトだと、ふるさと納税をするのに人気となっている自治体の一覧が見られたり、美味しそうな特産品や家電など、欲しい品を検索して見つけたい人にはぴったりのサイトになっている。

時間がなくて、手っ取り早く探す場合もいいだろう。

ふるさと納税でいくら控除されるの!?

ふるさと納税で控除される金額の目安がふるなびに載っているよ!

独身又は共働きの世帯の場合

給料収入寄附金額の目安税の軽減額
300万円31,000円29,000円
400万円46,000円44,000円
500万円67,000円65,000円
600万円84,000円82,000円
700万円118,000円116,000円
1,000万円188,000円186,000円
1,500万円394,000円392,000円
2,000万円572,000円570,000円
[引用] https://furunavi.jp/deduction.aspx

例えば、夫婦共働きで給料収入が500万円だと、寄付金額の目安は67,000円で、税の軽減額は2,000円を引いた65,000円が目安となるみたいだね。

自分の故郷のふるさと納税を調べてみた

僕は高校を卒業するまで実家のある長野市で暮らしていた。

長野市のふるさと納税を調べてみる。

長野県長野市

長野市のWebサイトで調べたところ、お礼の品は用意されていない!

そうか、必ずしもお礼の品を用意してふるさと納税を募集しているわけではないんだね。

応援メニューは複数用意されていて、どんなことに寄付金を使ってほしいか選択できるようになっていた。

ふるさとの父・母へ ~安心して暮らせるまち~」というメニューがあった。

来年はお礼の品がなくてもこれを申し込んでみようかと思った。

たくさんふるさと納税できるよう、たくさんお金稼ぎたい...。

埼玉県川越市

僕が今住んでいる埼玉県川越市のお礼の品を調べてみるとする。

ギフトA:10,000円から20,000円未満の寄附」の項目を見てみる。

例えば、今や世界に誇るコエドビール(瓶)の6本セットが選べる。

これは、値段的には3,000円(税込)程度だ。

1万円の寄付で3,000円の品はふるさと納税のお礼の品としては、なんだかあまり得した気にはなれない。。

こう考えてしまうのも変な話なんだけど、ふるなびを見ていると、同じ金額をふるさと納税するなら、より良い品が欲しくなってきてしまう。

これが世の中の人の大半の気持ちなんだろうね。

お礼の品も用意されているし、7年間川越に住んでお世話になっていることもあり、今年度は川越市にふるさと納税してみる。

手続きの様子だったり、お礼の品がどんなふうに届くかを、後日紹介したい。

【2016年12月16日追記】
ふるさと納税をしたので、実際の手続きをこの記事で紹介してみました!

ふるさと納税で実際にA4ランク以上の美味しそうな牛肉を注文した手順を紹介

品切れしている返礼品も

ふるなびリニューアル
この記事を書いた翌日12月5日なんとサイトリニューアルしてました。以下で紹介している品切れ情報や、キャプチャ画像は最新の情報でない可能性があるのでご注意ください。

長野市は返礼品がないので、それほど離れていない飯山市を「ふるなび」で調べてみた。

液晶ディスプレイで有名なメーカーiiyamaは、この飯山市で設立された会社だ。

長野県は精密機械工業が盛んなんだよね。

今は株式会社iiyamaは、株式会社マウスコンピューターに吸収合併され、解散に至っている。

そんな飯山氏のふるさと納税は、マウスコンピューターのWindows PCなどをお礼の品の特典に加え、人気商品となったみたい。

そりゃあ、実質2,000円でWindows PCが手に入るんだから、皆飛びつくよね。

残念だけど、現在、PCはほとんど品切れしている様子。

他の自治体でもPCやカメラ、他にも人気がありそうな家電は品切れしているものが増えてきている印象。

やはり、ふるさと納税は早くやっておいたほうがいいんだね...!

我が家で検討中の自治体

いくつか調べて、今住んでいる川越市以外にも、近日中にふるさと納税してみようと考えている自治体を書いてみる。

今年度は対して収入がないから、合計でも数万円程度だけど、一つだけではなく複数の自治体にふるさと納税をする予定だ。

ふるさと納税は、一つの自治体だけではなく、複数の自治体に行うことが可能なんだよね。

【災害支援】平成28年熊本地震緊急支援ふるさと納税

返礼品はないよ。

【災害支援】鳥取県倉吉市

こちらも返礼品はないからね。

自分の税金の支払いの一部を被災地の復興にあててもらいたいと考え納税予定。

長野県伊那市

ちょうどハードディスクが欲しいので、1TBの「LHD-PBM10U3BK」という商品が良さそう。

2万円以上の寄付でもらえる。

  • メーカー: ロジテック(ロジテックINAソリューションズ株式会社)
  • 製品型番/記憶容量: LHD-PBM10U3BK (1TB)
  • インターフェース: USB3.0/USB2.0

島根県浜田市

のどぐろ一夜干しにめっちゃ惹かれる...!

ケンボロー芙蓉ポークというのも美味しそうだ。

1万円から2万円の寄付でもらえる。

佐賀県みやき町

定番の牛肉。佐賀牛食いたいぞ。

2万円以上の寄付でもらえる。

草津温泉

草津温泉で有名な、群馬県草津町にふるさと納税すると、寄付金額の半額分の「くさつ温泉感謝券」がもらえるぞ!

町内の宿泊施設での利用、さらには飲食店やお土産店などの店舗で使える感謝券。

これなら家族で旅行に行けるし、いいなー。

ふるさと納税をしてみたいけど、何を選んでいいか分からないー!という人で、温泉が好きな人なら「くさつ温泉感謝券」でいいじゃないか!!!

ふるさと納税の違和感

自治体が返礼品を用意してふるさと納税を集めるという仕組みは確かにおかしいよね。

でもそうでもしないと、税金を集めることが困難というのもまた現状だ。

実質2,000円で日本中の名品や、家電などと交換することができてしまう。

違和感は大いにあるけれど、やらないと損だから、今回初めてふるさと納税をしてみることにする。

給与所得者の人もやらないと損ですよ〜。

【2016年12月16日追記】
ふるさと納税をしたので、実際の手続きをこの記事で紹介してみました!

ふるさと納税で実際にA4ランク以上の美味しそうな牛肉を注文した手順を紹介

Facebookアカウントでコメント

※本コメント機能はFacebookによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してザ サイベースは一切の責任を負いません。

ABOUTこの記事を書いた人

数年前までバンド活動してました。ブログ、サイト運営で食べてます。フリーランス歴7年のWebクリエイター。飄々と生きています。これでも育児頑張ってます。長野市出身。埼玉県川越市在住。【興味】音/Web/車(GolfV GTI等)/田舎/旅/酒 ※自然の音からデスメタルまで聴きます。@tomicci 詳しいプロフィール【運営サイト】 ザ サイベース おと風景