iOS9.3の「Night Shift」モードが待ち遠しい!とりあえず画面を暗くする設定を導入してみたよ – iPhone6

ブログ

iOS9.3では、「Night Shift(ナイトシフト)」機能が搭載されるらしいです。

これは、当ブログでも紹介したフリーソフト「f.lux」などのように、時間帯に合わせてブルーライトを低減してくれる機能です。

ブルーライトをカットするフリーソフト「f.lux」がWin/Mac対応で素敵!
皆さん聞いてください。事件です。 「JINS PC」や「Zoff PC」などに代表されるPC(パソコン)用眼鏡は、...

iPhone6で早く使いたいなーと思ってるんですけど、iOS9.3の正式リリースまで、まだ2カ月近くありそうなので、それまで目への刺激を減らせるツールがないかなーと調べていたところ、いい設定方法を見つけたので紹介します。

夜寝る前に布団の中とかでスマホやる際に使うと良さそう。

以前書いたこの記事には矛盾してるけどw

え!?寝る間際に暗闇でスマホを見ているの?
photo credit: Close up of smartphone in hand via photopin (license)就寝直前にはスマホなどの液晶画面をできるだけ見ないほうがいいと言われていましたが、英国の睡眠医学専門家がは

iPhoneの画面を極限まで暗くする方法

今回紹介するのは、ブルーライトをカットするために、画面を電球色へと変化させる方法ではなく、画面の発光をできる限り方法です。

通常の画面の明るさを最低に設定したところから、さらに暗くすることが、アプリなどをインストールする必要なしに実現できるなんて知りませんでした。

ホームボタンを3回連続タップすることで、限界を突破した暗さに突入でき、同様に連続タップすることで元に戻せます。

モアダークネスモードと僕は呼んでいます。

さあ、限界を突破してみましょう。設定方法はこの記事を参考にしてください。

【設定】iPhoneの画面の明るさを極限まで暗くする方法
  iPhoneの画面の明るさは、画面の下端を上に引き出すと表示されるコントロールセンターで簡単に変更できます。しかし、周囲が暗い場所などで、一番暗くしても、さらに暗くしたい場合もあります。   必要

モアダークネスモード

設定できましたか??

いやー、めちゃくちゃ画面が暗くなりましたね!

これで夜、布団に入って真っ暗闇の中iPhoneを操作するのにはちょうどいいです!

スマホの液晶の光で、脳が覚醒してしまうなんて言うし、眼にもよくなさそうなので、寝る前にiPhoneを操作するのはおすすめしませんが、どうしてもという場合には画面を暗くして使いましょう。

タイトルとURLをコピーしました