PHPでCopyrightの年号を自動更新するよ!

PHP

とみっちです。ついに今年も大晦日となりました!

今年はたくさんPHPを書きました。きっと来年も僕はPHPを書き続けていることでしょう。

「the Saibase」名義で作るWebサイトは、基本的にPHPで済んじゃうんですよね。来年はPHP7を使ってみたいです。

最後は相変わらずのPHPネタで締めくくりたいと思います。

年も変わることだし、サイトのCopyright欄に年号を入れる際、自動更新する方法を簡単に紹介します(初心者向け)。

よくあるフッター欄のコピーライトですが、記述していなかったり、表記方法が正式なものでなかったとしても、著作権放棄となったり不利になることはないようです。ですが、書いてあると無断転用の抑止力となったりする点などから、今でも多くのサイトにコピーライトが記述されていますね。

LIGさんの記事に詳しく書かれているので、ぜひ読んでみてください。

PHPで直接記述する例(WordPressも可)

HTMLテンプレートなどに直接書く場合の書き方の参考にどうぞ。WordPressもこんな感じでOKです。

開始年はベタで「2010」のように書いて、終了年をdate関数で記述してみます。

<p class="footer__copy">
  © 2010-<?php echo date("Y"); ?><a href="http://example.com/">Example.com</a> All rights reserved.
</p>

Smartyの場合の記述例

PHPファイル内

$class->smarty->assign("current_year", date("Y"));

TPLファイル内

<div id="copyright">
  Copyright © 2015-{$current_year} Example.com
</div>

 

こんな感じで年号をプログラム化しておいてあげると、年をまたぐ際に自動的に更新されるので、記述忘れもないし、年が変わった瞬間に変わっていていいですよね!試してみてくださいねー。

それでは、良いお年を!

タイトルとURLをコピーしました