ドコモ光は工事完了後すぐに使える!?接続方法や実測値を詳しく紹介

ドコモ光は工事完了後すぐに使える!?接続方法や実測値を詳しく紹介 ドコモ光

ドコモ光では開通工事完了後、ルーターからPCへのインターネット接続設定は契約者本人がやる必要があります

しかし、きちんとネット接続の設定ができるのか不安になりますよね。

[voice icon=”https://thesaibase.com/wp-content/uploads/2019/09/79b89c90f94361ac774ebb215ee25862.png” name=”コフレちゃん” type=”l yel”]開通工事が終わったら、すぐにインターネットにつなぎたいわ…[/voice]

そこで今回はドコモ光の開通工事完了後に、すぐネット接続するための「ドコモ光・インターネット接続の設定方法」について解説します。

\他社回線の解約金負担最大20,000円/
GMOとくとくBB-ドコモ光-

【ドコモ光】公式のルーターは遠隔設定に対応!

ドコモ光ルーター01

フレッツADSL時代にはCD-ROMによる簡単接続ツールを起動するなどして、インターネット接続を設定していました。

[voice icon=”https://thesaibase.com/wp-content/uploads/2019/09/4190b6a8d4102bbf07fcdcb309868e61.png” name=”コフレちゃん” type=”l yel”]「フレッツ設定CD-ROM」とか、懐かしいわね[/voice]

対してドコモ光では、無線LANに対応するルーター(ドコモ光ルーター01)をレンタルすることで、遠隔でプロバイダ情報を設定してもらうことが可能なんですね。

[voice icon=”https://thesaibase.com/wp-content/uploads/2019/09/f9d9ab255c7fa7f8d0a9bbd97c1a2271.png” name=”サブレくん” type=”l”]遠隔操作してもらえるって、スゴイしワクワクするよ![/voice]

レンタルルーターの設定手順

ドコモ光ルーターは、

  1. ネットトータルサポート」を契約
  2. ネットトータルサポートセンターに電話
  3. ドコモ光ルーター01の背面ボタンをプッシュ
  4. ルーター背面にあるルーターID(6桁)とパスワードを伝える

オペレーターが遠隔接続をしてくれて、すぐに設定を終えることができます ^^

遠隔でプロバイダの情報がルーターに設定されますが、この際にプロバイダから送られてきた書類に記載されている「認証ID」と「認証パスワード」が必要です。

書類を用意してから電話をかけるようにしましょう!

各サービスの月額料金について
ドコモ光ルーター01はレンタル料月額385円、ネットトータルサポートは月額550円かかります。

※料金は全て税込表示となります。

自分で用意したルーターの設定がわからないときは?

困る分からない女性自分で購入したルーターを使いたい場合は、ドコモ光ルーター01のような遠隔設定の手続きはできません

しかし「ネットトータルサポート」に加入していれば、遠隔設定こそないもののサポートを受けながらネット接続の設定が可能です。

ネットトータルサポートで受けられる具体的なサポートは、

  1. 電話サポート
  2. 修理
  3. 訪問サポート
  4. データ復旧
  5. 買い取り
  6. オンラインパソコン教室

といった内容です。

別途ネットからの申し込みが必要で、月額550円かかりますが初回31日間は無料で利用することができます

ドコモのお客様サポート(0120-800-000)へ電話することで解約することもできるので、自身のルーター設定がどうしてもできない場合は申し込んでみても良いでしょう。

有線LANの接続方法

ドコモ光で有線LANを用いて、※パソコンをインターネットに接続する順番を解説します。

ここではWindows10のPC1台の接続設定を例にしています。

  1. 画面左下のWindowsロゴを左クリック
  2. コントロールパネル」を開く
  3. ネットワークと共有センター」を選択
  4. 「新しい接続またはネットワークのセットアップ」
  5. 「インターネットに接続します」
  6. 「ブロードバンド」
  7. 「新しい接続をセットアップします」

と進みます。

あとは接続情報の入力画面で、プロバイダから送られてきた、「ユーザーID」と「パスワード」を入力・接続すれば設定は完了です。

注意
有線LANで直接パソコンとドコモ光のONU(工事で設置された機器)を接続する場合、他の機器ではネットが使えません。

スマートフォンやタブレットをネットに繋ぎたい場合は無線LANルーターを準備・設定する必要があります。

無線LAN(Wi-Fi)の接続方法

ドコモ光を無線LAN接続する場合は、まず無線ルーターの設定を行います。

  1. PCのブラウザからルーターの設定画面に移動
  2. ユーザーIDとパスワードを入力・保存

これで無線LANが使えるようになります。

続いて無線LANに接続したい端末で、

  1. Wi-Fi設定画面を開く
  2. 接続先ルーターの「SSID」を選択
  3. ルーターのパスワードを入力

順に設定すればOKです!

[voice icon=”https://thesaibase.com/wp-content/uploads/2019/09/dbdd9d2cbab54c5eb5de60564600a7ca.png” name=”コフレちゃん” type=”l yel”]簡単に設定できたわ…![/voice]

SSID」は、無線LANルーターが発しているアクセスポイントの名前のことです。

ドコモ光の無線LAN設定については以下の記事で詳しく書きました!

「GMOとくとくBB」のルーター設定が簡単

ドコモ光のプロバイダに「GMOとくとくBB」を選ぶと、

  • 最大1733Mbpsを超える無線LANルーターを無料レンタル可能
  • v6プラス対応で高速通信
  • 3年後も契約していると、そのままルーターはプレゼント

初期費用を抑えてすぐに快適なインターネット通信をすることが可能です。

Wi-Fiルーター(WSR-2533DHP2) | 1分でわかる簡単設定【速いドコモ光はGMOとくとくBB】

さらにルーターの設定も5ステップで完了するため、

  • ルーターの設定がうまくできるか不安…
  • 自分でルーターを準備したりが面倒…

といった気持ちがあれば、ドコモ光プロバイダにGMOとくとくBBを検討してみるのもいいかもしれませんね。

ドコモ光 × GMOとくとくBB

【重要】SSIDには2.4GHzと5GHzの接続方法がある

ルーターでのネットへの接続方法には、「2.4GHz接続」と「5GHz接続」があります。(機器によっては2.4GHzのみに対応することもあります)

周波数帯概要
2.4GHz2.4GHz接続は5.4GHzよりは速度が遅い(IEEE802.11nでの接続時に最大300Mbps)かわりに広いエリアに届きます。
5GHz5GHz接続は速度が速い(IEEE802.11acでの接続時に最大1.3Gbps)代わりに電波が届くエリアは狭まります。
例外としてAirMac Extremeでは、1つのSSIDで自動的に2.4GHzと5GHzが切り替わるものもあります。

基本的には自宅など狭いエリアで接続の速い5GHz接続がおすすめです。

ルーターから離れた部屋で利用する場合、5GHz帯を使っていて接続が途切れたり不安定な場合、2.4GHzに切り替えると速度は少し遅いですが安定することもあります。

必要に応じて切り替えられるようになることが、幸せなWi-Fiライフへの一歩です。

ドコモ光のスピードテスト結果

スピードのイメージドコモ光は実際に、どの程度の通信速度がでるのか気になりますよね。

そこで実際に、有線LAN・無線LAN(Wi-Fi)でどのくらい通信速度が出るのか測ってみました!

僕はプロバイダにはGMOとくとくBBを使っています。

【GMOとくとくBB】有線LANの計測結果

有線LAN接続してドコモ光の通信速度を測ってみました↓

ドコモ光 PC速度測定 下り152.02Mbps

下り152.02Mbpsの速度が出ていて非常に快適です。

最大1Gbpsと考えるとその6分の1程度ですが、動画再生やデータのダウンロード・アップロードなどにおいて困る場面はないですね(^^)

2019年1月追記

ドコモ光の実測を以下環境に整えて、もう一度計測しみました。

項目通信環境
契約先プロバイダGMOとくとくBB
Wi-Fiルーター※ Aterm WG1900HP2(GMOとくとくBB無料レンタル)
使用PCMacBook (Retina, 12-inch, Early 2015)
通信接続有線LAN接続
ハブRayCue(USB C ハブ USB Type-C hub 6 IN 1)
速度調査アプリSpeedtest.net
速度調査サイトBNRスピードテスト
使用ブラウザChrome(バージョン: 71.0.3578.98)
※表は横スクロールが可能です。

※ 2019年9月からドコモ光 × GMOとくとくBBでは特典ルーターとして「Aterm WG1900HP2」の上位機種「Aterm WG2600HS」のレンタルを開始しました。

夜の20時に計測した結果を載せておきます↓

ドコモ光回線 Speedtestスピードテスト 夜20時

夜20時の計測結果ではありますが、

  • 上り:626Mbps
  • 下り:518Mbps

上りも下りも500Mbps以上の実測結果となりました。

同じ日に他の時間帯で計測した値(Speedtest.netアプリ)も載せておきます。

Speedtest.net
時刻上り下り
8時526Mbps384Mbps
12時618Mbps437Mbps
18時613Mbps488Mbps
20時626Mbps518Mbps
平均値595.75Mbps456.75Mbps
※表は横スクロールが可能です。

まとめると、

  • 上り平均値:595Mbps
  • 下り平均値:456Mbps

ドコモ光は一日を通して、400Mbps以上の高速通信ができることを実感できました^^

ドコモ光の最大通信速度が1Gbpsなので、無料レンタルできるルーターで理論値の6割近い速度が出ているのは驚異的と言えますね。

[voice icon=”https://thesaibase.com/wp-content/uploads/2019/09/fbc551bebf4084c582cc247612605a1d.png” name=”サブレくん” type=”l”]無料レンタルできるルーターで、こんなに高速な通信ができるんだね![/voice]

ドコモ光で無料レンタルできるルーターの詳細を見る

【GMOとくとくBB】無線LAN(Wi-Fi)の計測結果

僕が自宅で使っているのは、GMOとくとくBBで無料レンタルできるルーター「Aterm WG1900HP2」です。

注意
ドコモ光×GMOとくとくBBでは、2019年9月からAterm WG1900HP2の上位機種「Aterm WG2600HS」がレンタル可能となっています。

Aterm WG2600HS

このルーターで5GHz接続をした際、スマホでの通信速度がこちらです↓

ドコモ光・スマホ計測・無線LANの速度測定結果12時台

【ドコモ光の無線LAN計測結果(スマホ接続)】

  • 上り:309Mbps
  • 下り:230Mbps

なんと一番最初に紹介した有線LANの計測結果よりも、スマホでの無線LAN計測の方が速い結果となったんですね。

ドコモ光で5GHz接続すれば、無線LANでも有線LANと遜色のないスピードが出ることが分かりました。

プロバイダによる接続方法の差はない

プロバイダによってインターネット接続方法の手順が変わることはありません。

どのプロバイダを選んだとしても、今回解説した設定方法でインターネットが利用開始できます。またドコモ光では豊富にあるプロバイダを、後から自由に変更することも可能です。

プロバイダが変更になった場合はネットの接続先を変更する必要がありますが、接続方法や最大の通信速度、2.4GHzと5GHzへの対応状況などが変わることはありません。

プロバイダを変更するといったことで、通信速度が大幅に改善されたTwitterでのつぶやきもあります。

https://twitter.com/hekke/status/1002926997251584000
https://twitter.com/sasa__panda/status/1149497943948271616

もしドコモ光の通信速度が気になる場合は、思い切って違うプロバイダにしてみることをおすすめします(^^)

今なら事業者変更制度を利用すれば、工事不要でかんたんに違うプロバイダへ乗り換えることが可能です。

まとめ

ドコモ光は、

  • プロバイダによっては、v6プラス対応の高性能ルーターが無料レンタル可能
  • オペレーターの遠隔操作で設定を終えることも可能

工事が完了したあとでも、すぐにネットの利用を開始することができ、自分で設定を行うのにも意外とカンタンに完了します。

僕も自分で設定しましたが10分もかかりませんでしたよ ^^

[voice icon=”https://thesaibase.com/wp-content/uploads/2019/09/c4be28af73db22477eb0f644262b87d7.png” name=”サブレくん” type=”l”]もし設定が難しそうでも、いざとなればサポートに任せられるから安心だね♪[/voice]

申し込みはキャッシュバックを利用
【ドコモ光】とにかくドコモユーザーのための光回線!

「ドコモ光」はフレッツ光の回線を利用している光コラボとなります。対応エリアはフレッツ光と同様で、日本全国のカバー率が90%以上とかなり広くなっています。

管理人「とみっち」は2年間使用しています。

プロバイダーは高速通信規格「v6プラス」に対応し、高性能なWi-Fiルーターを無料レンタルできる「GMOとくとくBB」がおすすめです。

通信速度ではNURO光やauひかりの2大巨塔には一歩劣るものの、十分な通信速度が見込めます。

GMOとくとくBB-ドコモ光-
  • 【ドコモ光セット割】
    携帯利用料が端末ごとに毎月最大1,100円割引
  • 工事費無料特典実施中
  • 他社回線の解約金負担最大20,000円
    もしくはキャッシュバック5,500円〜
  • 【他プロバイダよりも高速】
    v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル
【dカード GOLD】ドコモユーザーなら合わせて申し込みたい

ドコモ光回線への加入を検討中の人、加入済みの人にぜひオススメしたいゴールドカードです。

ドコモショップでドコモ光に加入する人の4人に1人が合わせて加入していると言われています。

【dカード GOLD】ドコモユーザーなら合わせて申し込みたい

Web申し込み限定特典があります!

  • 最大13,000円分ポイントプレゼント
  • ドコモ携帯、ドコモ光の10%がdポイントとして還元
    年会費分の元を取ることも十分可能
  • 3年間のケータイ補償が付帯
  • 旅行やショッピングの保険が付帯
  • 国内の空港ラウンジを無料利用可能
  • 年間100万円以上利用すれば
    10,800円分の割引特典を利用可能

※表示料金は全て税込です

【北海道、関東、関西、東海、中国、九州】NURO光対応エリアなら!

So-netが運営する「NURO光」は、下り2Gbps/上り1Gbpsと国内最速の速度を誇ります。

ONU兼ルーターのレンタルが無料など、コストパフォーマンスに優れています。

ドコモスマホとのセット割こそありませんが、速度を最重要視する人にオススメです。

【NURO光】とにかく速度重視の人向け!料金も比較的安い

管理人「とみっち」はNURO光を3回導入し、合計5年半使用しています。

1Gbpsが主流の他社光回線よりも、複数端末での利用時に回線速度が遅くなりにくいです。

通信も安定しているので、家族と同居していて自宅でテレワークしている場合やオンラインゲーム利用などに特におすすめします。

\戸建てタイプ/
NURO光
\マンションタイプ/
NURO光 for マンション
  • 【キャッシュバック】
    戸建て: 45,000円
    マンション: 25,000円
    ※ネットのみの申し込みでOK、2021年6月時点
  • 工事費44,000円が実質無料
    ※30回の工事費分割額相当を毎月割引
  • 開通までモバイルWi-Fiレンタル可能
    ※特別価格、無制限プランあり
  • セキュリティソフトが永年無料
  • SoftBankのおうち割対象
    ※毎月最大1,100円割引 最大10端末まで
  • Amazon Fire TV Stickプレゼント
    ※ひかりTV2ねん割申し込み時
  • 【セット割引】NUROガスとセットで月額200円割引、NUROでんきとセットで月額501円割引
  • 2020年 ネット回線満足度ランキング 関東光回線 第1位 → 詳しく見る
    ※価格.com

※表示料金は全て税込です

【auひかり】NURO光に準じて高速 auユーザー以外も◎

「auひかり」であれば日本全国のカバー率は約70%とかなり広くなっています。

管理人「とみっち」は自宅で2018年4月から使用しています。

実際に何度もスピードテストをしていますが、NURO光と争う通信速度という印象です。

プロバイダーはキャッシュバック金額が充実している、月額料金の割引があるといった理由で、好きなものを選んでいいでしょう。管理人は「So-net」を使っています。

    • 45,000円最短翌月末キャッシュバック
      ※ネットのみの申し込みでOK、2021年6月時点
      ※申し込み時の振込先の確認だけでOK!
    • 【KDDI公式】3万円以上の工事費が実質無料
    • 【KDDI公式】他社ネット回線の解約金を33,000円まで負担
    • 【auスマートバリュー】
      ※毎月最大1,100円 スマホ・ケータイ割引、ホームゲートウェイレンタル永年無料

※表示料金は全て税込です

タイトルとURLをコピーしました