auひかりから楽天ひかりに乗り換えました!1年間無料だけど飛びついて大丈夫?

auひかりから楽天ひかりに乗り換えました!1年間無料だけど飛びついてOK? ネット回線

高速で快適だった「auひかり」ですが、プロバイダ「So-net」の3年間の月額料金割引特典が終わってしまい、利用料が高くなってしまいました…。

少しでも通信費を安くしたいので、ふと「楽天ひかり」はどうだろうか!?と考えたわけです。

仕事用のサブスマホとして楽天モバイルを利用しているので、楽天ひかりなら1年間無料になる!とつられて早速申し込んだわけですがどうなることか…。

今回の記事で乗り換えた体験を紹介します。

auひかりと楽天ひかりの速度比較

他社光回線から楽天ひかりへの乗り換えで、一番気になるのは通信速度ですよね!

複数の光回線を利用したことのある僕が、先に結論を書いてしまいます。

通信速度は戸建プランの場合、

NURO光 ≧ auひかり > 各社光コラボ

となります。

※NURO光は下り最大2Gbps上り最大1Gbps、auひかりと各社光コラボは上下最大1Gbsのプランとします。

ユーザーの測定環境や、利用端末などでこうならない場合もあるかもしれないですが、独自設備を持つNURO光やauひかりは、各社の光コラボよりも高速な傾向にあるのは間違いないでしょう。

auひかりはNURO光に切迫する速度が出ます。

とは言え、光コラボも最近では各社高速通信規格であるIPv6サービスに対応しており、以前よりも健闘しています。

さて、我が家でauひかりと楽天ひかりを1ヵ月間じっくり検証をしたかったので、今月(2021年10月)は、どちらもまだ使える状態です。

ちなみに僕の自宅は埼玉県北部の一戸建てです。

楽天ひかりを2週間ほど使って問題はないと思えたので、つい数日前にauひかりを解約手続きしました。

Wi-Fiルーターを新しく購入したところ、これまでの計測ツールである「Speedtest by Ookla」で、なぜか正常に計測できなくなってしまいました。

最近は「Google Speed Test」を利用しています。そう、Googleで「スピードテスト」や「Speedtest」などと検索すると出てくるあの子です。

それでは通信速度の測定結果です。まずはWi-Fiから。測定端末は2018年モデルとなるiPhone XSです。

auひかり(Wi-Fi)

auひかり Wi-Fi スピードテスト 下り561.9Mbps

楽天ひかり(Wi-Fi)

楽天ひかり Wi-Fi スピードテスト 下り377.7Mbps

auひかりに関しては、Wi-Fi接続でもダウンロードで500Mbps以上出るので超高速です。

以前はNURO光の2Gbpsプランを利用していたのですが、匹敵する通信速度です。

一方で楽天ひかりのほうが速度は遅いものの、ダウンロードで400Mbps前後出ることも多いので想像以上によかったです。

ダウンロードが100Mbpsを下回ったりしたら嫌だな…と思っていたのですが、楽天ひかりで利用できる高速通信規格IPv6サービス「クロスパス」が使えることと、今回新しいルーター(バッファロー WSR-5400AX6S-MB)を用意したことが良かったかもしれません。

PC(Windows10)で有線LAN接続した通信速度も載せます。

auひかり(有線LAN)

auひかり 有線LAN スピードテスト 下り741.2Mbps

楽天ひかり(有線LAN)

楽天ひかり 有線LAN スピードテスト 下り540.3Mbps

auひかりはかなり高速ですが、光コラボサービスとしては、楽天ひかりも高速と言えるのではないでしょうか。

みんなの通信速度の光回線ランキングを見ると、auひかりの通信速度が8位、楽天ひかりの通信速度が48位となっていました。(2021年10月調べ)

auひかりはホームゲートウェイが複数存在し、古い端末だと通信速度は遅いので、実際はもっと上位にランクインできるのではないかと予想されます。

楽天ひかりではレンタルルーターがなく、ユーザーが用意する必要があるため、安いルーターが選ばれることも多いでしょう。こちらも実際はもっと高速でしょう。

結局、光回線の通信速度は、どんなルーターを利用できるかにも大きく左右されるので、多数のユーザーの測定結果における速度ランキングは、参考程度にしかならないかもしれません。

高性能なレンタルルーターを提供しているサービスが、速度ランキングでは有利となることでしょう。

auひかりは、KDDI独自の光回線を使っているエリアと、NTTの光回線であるフレッツ光のダークファイバーを利用しているエリアがあります。

どちらもフレッツ光の回線や設備を間借りしている楽天ひかりなどの光コラボよりも、通信速度は高速となる傾向にあります。

回線種別最大速度フレッツ光回線
混雑時の影響
NURO光フレッツ光のダークファイバー
光ファイバー分岐にG-PONを採用
下り2Gbps
上り1Gbps
受けない
auひかりホームKDDIの自社回線上下1Gbps受けない
auひかりホーム(S)フレッツ光のダークファイバー上下1Gbps受けない
フレッツ光
光コラボ
フレッツ光回線上下1Gbps受けることがある

※敷設済みのNTT光ファイバーケーブルのうち、利用されていないものをダークファイバーと言います。
※地域限定となる電力会社系の光回線(コミュファ光、eo光、メガ・エッグ、ピカラ光、BBIQ光)は独自回線を使用しています。

通信速度面ではどうしてもauひかりに軍配が上がりますが、コストパフォーマンスでは楽天ひかりは十分に検討しています。

楽天モバイルユーザーは1年間無料で使える!

1年無料となる条件

① 楽天モバイルを利用中に楽天ひかりを申し込む

もしくは、

② 楽天ひかりに申し込んだ翌月15日23:59までに楽天モバイルを申し込む

※2021年10月現在、プランはRakuten UN-LIMIT VIとなります。

僕の場合は既に楽天モバイルを利用中だったので、楽天ひかりを申し込む際に自動的にキャンペーンが適用となります。
申し込みをした際の電話でコールセンターの方に確認したのですが、楽天モバイルと楽天ひかりを申し込んだ際の楽天IDが一緒であれば、自動的に紐付けされるので特別な手続きは不要とのことでした。
2年目以降は、ファミリープラン(戸建)で月額5,280円(税込)マンションプラン(集合住宅)で月額4,180円となっています。
auひかりなどと比べると若干安くなります。
楽天ひかり
最大1Gbps
auひかり
最大1Gbps
ドコモ光
最大1Gbps
SoftBank光
最大1Gbps
NURO光
下り最大2Gbps
上り最大1Gbps
戸建プラン3,080円
※1年目、キャンペーン適用時無料5,280円
※2年目〜
5,390円〜5,720円
※2年契約・3年契約、1年目〜3年目で料金が変動
5,720円〜
※タイプAプロバイダ選択時
5,720円5,200円
※3年契約時

5,700円
※2年契約時
マンションプラン1,980円
※1年目、キャンペーン適用時無料4,180円
※2年目〜
4,455円
※マンションギガタイプの場合
4,400円〜4,180円2,090~2,750
※3年契約時
2,530~3,190円
※2年契約時
初期費用1,980円3,300円3,300円3,300円3,300円
契約期間
※自動更新
3年間2年間
3年間
2年間2年間2年間
3年間
契約解除料
※更新月での
解約は無料
10,450円戸建 10,450円
※2年契約時
戸建 16,500円
※3年契約時
マンション 7,700円
※マンションギガタイプの場合
戸建 14,300円
マンション 8,800円
10,450円10,450円
最大速度
※理論値
上下1Gbps上下1Gbps上下1Gbps上下1Gbps下り2Gbps
上り1Gbps
セット割楽天ひかりの
月額基本料金
1年無料
最大1,100円/台
※au端末
※povoは適用外
最大1,100円/台
※ドコモ端末
※ahamoは適用外
最大1,100円/台
※SoftBank端末
※LINEMOは適用外
最大1,100円/台
※SoftBank端末

※料金は全て税込表示となります

※2021年10月25日調査時点での情報です。詳細は各社のWebサイトを確認してください。

【注意】auひかりの解約金は高額!

auひかりの解約金は高額なので注意が必要です!!!

例えauユーザーでスマートバリューが適用されていても必要となる費用です。

auひかりは解約時に必要な費用が1番のネックとなっていて、一部のユーザーから敬遠されています。

戸建てタイプを利用していた僕の場合ですが、解約金は以下のようになります。

auひかりの解約金 (とみっち宅の場合)
契約解除料16,500円
撤去工事費31,680円
工事費残債0円
合計48,180円
まだ正確な請求が来ていないのですが、おそらくこのような高額請求となります…。
プロバイダ「So-net」のマイページを見ると、退会にともなう費用合計が表示されていました。

もしかして、撤去費用はかからないのかな!と思っていたのですが、サービス解約時の注意事項を確認すると、KDDIから直接請求されるといった記載が見られます。クソ…

撤去工事は必須なので拒否できません。

auひかりはNTTフレッツ光のダークファイバーを利用していることから、回線自体を撤去しないと、KDDI側の費用負担が増大してきたことが理由なのでしょう。

プロバイダが指定する光回線へ乗り換える場合は、撤去費用を負担してもらえることがあります。

また、撤去費用は高額ですが、乗り換え後の光回線のキャッシュバックキャンペーンなど活用して、撤去費用の負担にあてるという考え方もあります。

僕の場合は、1年間楽天ひかりが無料なので、良かったことと考えることにします。

まとめ

今回、楽天ひかりへの乗り換えを決意した1番の経緯は、妻のauスマホをpovoに変更できそうだからです。

auひかりを解約すると、auスマートバリューが外れて、だいぶ割高になってしまいます。

ブログのネタとしても、楽天ひかりに変更してみるのがいいのではないかなと考えました。

我が家では結果的に満足ですが、既にauスマートバリューでauひかりを利用している場合は、必ずしも解約がお得になるとは限らないので、くれぐれも慎重に検討してください。

auひかり
auユーザーと、通信速度にこだわりがあるユーザー向け

解約時の費用負担が大きい点は十分に注意しましょう。

一方で、楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT VI)ユーザーで、1年間月額料金無料となるのであれば、乗り換えの検討余地は十分にあるでしょう。

自分でルーターを用意する必要があるため、スピードテストサイトのランキングでは平均速度が遅く感じるのですが、実質的には他の光コラボと通信速度は変わらないです。

NURO光の申し込みはキャッシュバックを利用
【NURO光】とにかく速度重視の人向け!料金も比較的安い

管理人「とみっち」はNURO光を3回導入し、合計5年半使用しています。

1Gbpsが主流の他社光回線よりも、複数端末での利用時に回線速度が遅くなりにくいです。

通信も安定しているので、家族と同居していて自宅でテレワークしている場合やオンラインゲーム利用などに特におすすめします。

\戸建てタイプ/
NURO光
\マンションタイプ/
NURO光 for マンション
  • 【キャッシュバック】
    戸建て: 45,000円
    マンション: 25,000円
    ※ネットのみの申し込みでOK、2021年6月時点
  • 工事費44,000円が実質無料
    ※30回の工事費分割額相当を毎月割引
  • 開通までモバイルWi-Fiレンタル可能
    ※特別価格、無制限プランあり
  • セキュリティソフトが永年無料
  • SoftBankのおうち割対象
    ※毎月最大1,100円割引 最大10端末まで
  • Amazon Fire TV Stickプレゼント
    ※ひかりTV2ねん割申し込み時
  • 【セット割引】NUROガスとセットで月額200円割引、NUROでんきとセットで月額501円割引
  • 2020年 ネット回線満足度ランキング 関東光回線 第1位 → 詳しく見る
    ※価格.com

※表示料金は全て税込です

NURO光が導入できない場合
【ドコモ光】とにかくドコモユーザーのための光回線!

「ドコモ光」はフレッツ光の回線を利用している光コラボとなります。対応エリアはフレッツ光と同様で、日本全国のカバー率が90%以上とかなり広くなっています。

管理人「とみっち」は2年間使用しています。

プロバイダーは高速通信規格「v6プラス」に対応し、高性能なWi-Fiルーターを無料レンタルできる「GMOとくとくBB」がおすすめです。

通信速度ではNURO光やauひかりの2大巨塔には一歩劣るものの、十分な通信速度が見込めます。

GMOとくとくBB-ドコモ光-
  • 【ドコモ光セット割】
    携帯利用料が端末ごとに毎月最大1,100円割引
  • 工事費無料特典実施中
  • 他社回線の解約金負担最大20,000円
    もしくはキャッシュバック5,500円〜
  • 【他プロバイダよりも高速】
    v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル
【auひかり】NURO光に準じて高速 auユーザー以外も◎

「auひかり」であれば日本全国のカバー率は約70%とかなり広くなっています。

管理人「とみっち」は自宅で2018年4月から使用しています。

実際に何度もスピードテストをしていますが、NURO光と争う通信速度という印象です。

プロバイダーはキャッシュバック金額が充実している、月額料金の割引があるといった理由で、好きなものを選んでいいでしょう。管理人は「So-net」を使っています。

    • 45,000円最短翌月末キャッシュバック
      ※ネットのみの申し込みでOK、2021年11月時点
      ※申し込み時の振込先の確認だけでOK!
    • 【KDDI公式】3万円以上の工事費が実質無料
    • 【KDDI公式】他社ネット回線の解約金を33,000円まで負担
    • 【auスマートバリュー】
      ※毎月最大1,100円 スマホ・ケータイ割引、ホームゲートウェイレンタル永年無料

※表示料金は全て税込です

タイトルとURLをコピーしました