STORK(ストーク)にWordPressのテーマを変更してみた!

こんにちは。とみっちです。

先週(2016年9月15日)から、WordPressのテーマをこれまで使っていたものから、ブロガー界隈で話題のSTORK(ストーク)に変更したよ!

今回の記事では、WordPressのテーマを変えたくなった理由と、変えてみた印象などをまとめていきたい。

これまで使っていたWordPressのテーマ

当ブログでこれまで使っていたのは、SmartAdaptという海外の無料テーマをカスタマイズしたもの。

2013年の11月に、当ブログはSeesaaブログから引っ越してきて、WordPressでブログを運営しだした際に、このテーマを導入したように記憶している。

意外と僕のブログ歴は長い...!!

レスポンシブデザインに対応していて、なおかつ見た目がシンプルでそれなりに良さそうなもの、そして何より無料のテーマを選んだところ、SmartAdaptになったんだよね。

最近書いた記事でSmartAdaptを適用してみるとこんな感じ。

smartadapt

でも、HTMLソースを眺めていてSEO的に良くないなーと思ったり、SNSボタンを設置したいとか、デザインをカスタムしたいという理由で、SmartAdaptをベースにオリジナルテーマ化して、ひたすらカスタマイズして使ってきた。

概念自体を知らず、「子テーマ」にはしていなかったw

カスタマイズした最終形では、トップページはこんな感じになっていた。

左には主に目立たせたいメインメニューとSNS関連の情報を表示、真ん中が記事一覧(2記事目の後と、5記事目の後にはGoogle Adsense広告を表示)、そして右メニューは僕のプロフィールと、人気の記事(はてブのプラグインで表示)、最新記事、カテゴリー、運営サイトなどのリンクと、最下部に各社ASP広告をランダムで表示していた。

さらに記事詳細ページではタイトル直下と、記事の最下部にSNSシェアボタンを設置し、

画像キャプチャを撮った際、Google Adsense広告の欄に、僕がサービス立ち上げ時の開発に携わった「アイミツ」の広告が表示されていた。

おなじみの、「こちらの記事も読まれています」をその下に設置していた。関連記事が表示されるように、他の人のプログラムを参考にしながら、せっせと自分でプログラムを書いた。

他にも各部とにかくカスタマイズして、スマホやタブレットで表示した際の広告の見せ方だったり、読んで欲しい記事の見せ方をよりよくしてきた。

こういった作業にホント莫大な時間をかけてきたんだよね...。

これからブログを頑張っていきたい人で、

ギーク
WordPressのカスタマイズをとことん勉強していきたい! (キリッ

という人以外は、最初からSTORK(ストーク)のようにブログの魅せ方が素晴らしい有料テーマを使うことをオススメするよ。

WordPressテーマをカスタムするのに要する時間は本当にもったいない。

是非STORKを導入して時間を節約してほしい。

STORK(ストーク)とは

STORK(ストーク)というのは、WordPressの有料テーマなんだけど、これまで、アルバトロスやハミングバードといった有料テーマで有名なOPENCAGEさんと、ブログマーケッターJUNICHIさんとのコラボテーマとのこと。

当ブログは現在STORKをさらにカスタマイズして運営しているから、なんとなくこんな感じかと伝わると思うけれど、以下から公式のデモサイトを見ることができる。

DEMOをみる」ボタンをクリック!

STORKテーマは、OPEN CAGEさんがこれまでのテーマ開発で培った経験と、ブログマーケティングのノウハウの融合により、ブログマーケティングに特化したテーマ・テンプレートとなっていて、かつHTML/CSSの知識がなくても、管理画面上で設定をいじるだけで、簡単に綺麗なブログが作れるように設計されている。

最近、ブログのカスタマイズではなく、特に書くことに集中したいというブロガー界隈では大人気となっている。

STORKの特徴は下記のとおりだ。

STORKの特徴

  • スマートフォンでの使用感にとことんこだわっている
  • 見た目のインパクトよりも使いやすさ、読みやすさにとことんこだ割っている
  • 機能的にも徹底的にモバイルファーストにこだわっている
  • 誰が作っても美しいデザイン
  • レスポンシブウェブデザイン
  • オススメ記事を表示
  • 綺麗なデザインのオリジナルSNSシェアボタンを簡単に表示
    (プラグインを追加すればカウント数も表示可能)
  • ヘッダーにカテゴリを表示(スマホでは横スクロール可能)
  • 注目させたい記事をトップページヘッダー下部でスライダーで表示
  • 様々な表示に対応できる便利なショートコードが用意されている

詳しく紹介したい便利な機能が沢山あるんだけど、後日改めて紹介したいと思う。

PVの変化

テーマを変更してから、PVがどのように変化するか楽しみにしてたんだけど、残念ながらテーマを変更してからの3日間では今のところ大きな変化は見られていない...。

ちなみに僕のPCはMacで、この順位チェックはRankGuru SEOというのを使ってるよ。

今回は、Macで検索エンジンの順位をチェックする方法を伝授します!RankGuru SEOの動作状況を、当記事で時々更新しているので、購入検討中の方は参考にしてくださいね。【随時更新】動作状況Wind

テーマ変更による、純粋なPV変化を確認したかったので、SNSなどでテーマ変えたー、見てー!みたいな告知はしていないので、当ブログではSTORKの効果を試すいい機会になっていると言える!

検索エンジンでの順位も、普段チェックしている30キーワード程度の確認では変化はまだ見られていない。

ただ、どういうわけかトップページのPV数は約3倍になった!!

ヘッダーのデザインが変わり、the Saibaseのロゴが目立つし、トップページはどんなだろうと気にして見てくれる人が増えたのかもしれない。

オススメ記事だったり、人気記事は、これまでの自分でカスタムしたテーマでもなんとか頑張って表示させていたので、その辺では既にある程度最適化されていたから、変化は少ないのかもしれない。

今後、テンプレを変えたことでHTMLも変わっているし、内部リンクも変わっているので、検索エンジンでの順位変動も起きてこないかな〜と楽しみにしている!

もし、これまでオススメの記事だったり、SNSシェアボタン、また各カテゴリページへのリンクを適切に貼っていなかった人は、是非ともSTORKへとテーマを変更することをオススメする。

もちろん、これからブロガーになりたい!という人で、新規でWordPressを始める人にはSTORKテーマが超絶にオススメだ。

他社ブログサービスから引っ越してきて、WordPressにするという人にもオススメできる。

STORKの料金

STORKの販売価格は、

10,800円(税込)

となっている。

これまで、WordPressの有料テーマにはなかなか手が出なかった僕である。

正直、5,000円でも高いと思っていた。

それが、STORKを使ってみて、これだけの機能とビジュアルが手に入るのであればかなり安いと思ってしまったのだ。

仕事でWeb制作をやっていたから分かるが、STORKのテーマくらいの見た目と、カスタマイズ性をもたせてWordPressのブログカスタマイズを行おうとした場合、業者に依頼すると、

数十万円

は平気でかかるだろう。

個人で開発していたら、1ヶ月から2ヶ月はかかっていたに違いない。

それだけのものを1万円程度で買えてしまうのだからありがたい。。

...と、ここまでベタ褒めしているSTORKなんだけど、個人的にはどうしても追加で開発したい機能や、カスタマイズしたい箇所が少し見つかってきた。

このあたりは、STORK本体のアップデートでさらに改良されることも願いながら、当ブログでも是非紹介していきたい!

STORKの導入方法

STORKの導入方法を簡単に紹介しよう!

まずは、下記テーマ販売ページへと進む。

ご購入者様(ダウンロード会員)の会員登録が必要だよ!

登録完了後、カートに入れて決済となるんだけど、クレジットカード決済以外にも、ネットバンキング、コンビニ決済、アマゾンペイメント、銀行振り込みなど多くの決済方法に対応しているので、都合のいいものを選べるのが嬉しい。

決済が完了したら、マイページからすぐテーマファイルをダウンロードできるので、WordPressの管理画面からそのテーマをインストールすればOK!簡単に使えるようになるよ!

問題点として、今後STORKを使うブロガーがどんどん増えていって、同じようなデザインを目にすることが多くなっていくことかな...。

他の人とデザインを差別化できるように、今後HTML/CSS、PHPなど、どんどんカスタマイズしていき、その方法も紹介していきたいと考えているので、是非また見に来てください!!

Facebookアカウントでコメント

※本コメント機能はFacebookによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してザ サイベースは一切の責任を負いません。

ABOUTこの記事を書いた人

とみっち

埼玉でザ サイベースを主催しています。Webクリエイター。フリーランス歴7年。飄々と生きています。これでも育児頑張ってます。長野市出身。 @tomicci 詳しいプロフィール【興味】ギター/DTM/Web/車/田舎/旅/酒/育児 自然の音からデスメタルまで聴きます。【運営サイト】 ザ サイベース おと風景