STORK(ストーク)にWordPressのテーマを変更してみたので紹介してみるよ!

こんにちは。フリーランスエンジニアからブロガー/アフィリエイターへと移行中とみっちです。

先週(2016年9月15日)から、当ブログのWordPressテーマをこれまで使っていたものから、ブロガー界隈で話題のSTORK(ストーク)に変更してみました!

今回の記事では、WordPressのテーマを変えてみたくなった理由と、変えてみた印象などをまとめていきます。

これまで使っていたWordPressのテーマ

STORKのお話の前に、少し長くなってしまいますがお付き合いください。

当ブログでこれまで使っていたのは、SmartAdaptという海外の無料テーマをカスタマイズしたものでした。

2013年の11月に、当ブログはSeesaaブログから引っ越してきて、WordPressへと移行したのです。

その際に、このテーマを導入しました。

僕のブログ歴は無駄に長いのです...!!

レスポンシブデザインに対応していて、なおかつ見た目がシンプルで良さそうなもの、そして何より無料のテーマを選んだところ、SmartAdaptになったんです。

最近書いた記事でSmartAdaptを適用してみるとこんな感じになります。

smartadapt

でも、HTMLソースを眺めていてSEO的に良くないなーと思ったり、SNSボタンを設置したいとか、デザインをカスタムしたいという理由で、SmartAdaptをベースにオリジナルテーマ化して、ひたすらカスタマイズして使ってきました。

概念自体を知らず、「子テーマ」にはしていなかったのですw

WordPressのテーマをカスタマイズする際には、是非子テーマ化しましょうね。

テーマにアップデートがあった際に、自分で変更した箇所がなくなってしまうことを防ぐことができます。

SmartAdapテーマをカスタマイズした最終形は、トップページで見るとこんな感じになっていました。

左カラム: 主に目立たせたいメインメニューとSNS関連の情報を表示
真ん中のメインカラム: 記事一覧(2記事目、5記事目の後にはそれぞれGoogle Adsense広告を表示)
右カラム: 僕のプロフィールと、人気の記事(はてブのプラグインで表示)、最新記事、カテゴリー、運営サイトなどのリンクと、最下部に各社ASP広告をランダムで表示

で落ち着いていました。

記事ページではタイトル直下と、記事の最下部にSNSシェアボタンを設置し、アドセンスの配置にもそれなりにこだわりました。

画像キャプチャを撮った際、Google Adsense広告の欄に「imitsu(アイミツ)」の広告が表示されました。

imitsuはサービス立ち上げ前から参画し、1年半ほどガッツリと開発に携わらせていただいたなー。

自分でカスタムして作ったテンプレートには、もちろん、おなじみの「こちらの記事も読まれています」も設置していました。

関連記事が表示されるように、他の人のプログラムを参考にしながら、せっせと自分でプログラムを書いたんですよね。

関連記事はSTORKなら標準で搭載されているよ...!

他にもとにかく各部カスタマイズして、スマホやタブレットで表示した際の広告の見せ方だったり、読んで欲しい記事の見せ方をよりよくしてきたのです。

こういったWordPressのカスタマイズ作業にホント莫大な時間をかけてきたんですよね...。

これからブログを頑張っていきたい人で、

ギーク
WordPressのカスタマイズをとことん勉強していきたい! (キリッ

という人以外は、最初からSTORK(ストーク)のようにブログの魅せ方が素晴らしく、便利な機能が満載の有料テーマを使うことをオススメします!

勉強にはなるんですが、WordPressテーマをカスタムするのに要する時間は本当にもったいない。。

是非ともSTORKを導入して時間を節約してほしいです!

STORK(ストーク)とは

STORK(ストーク)というのは、WordPressの有料テーマなんですが、これまで、アルバトロスやハミングバードといった有料テーマで有名なOPENCAGEさんと、ブログマーケッターJUNICHIさんが共同で開発したコラボテーマということです。

当ブログを見ていて、STORKはこんな感じのテーマかと伝わるかと思います。

※スマホで見た際の固定フッターは僕がカスタマイズしたものですので、標準機能ではありません。

公式のデモサイトを以下から見ることができます↓

サイトにアクセス後、「DEMOをみる」ボタンをクリックしてください!

STORKテーマは、OPEN CAGEさんがこれまでのテーマ開発で培った経験と、JUNICHIさんのブログマーケティングのノウハウの融合により、ブログマーケティングに特化したテーマ・テンプレートとなっていて、かつHTML/CSSの知識がなくても、管理画面上で設定をいじるだけで、簡単に綺麗なブログが作れるように設計されています。

最近、ブログのカスタマイズではなく、特に書くことに集中したいというブロガーの間では大人気となっているテーマです。

STORKの特徴は下記のとおりです。

STORKの特徴

  • ブログ読者目線で読みやすさにとことんこだわっている
  • スマートフォンでの表示にかなりだわっている
  • 機能的にも徹底的にモバイルファーストにこだわっている
  • 誰が作っても美しいデザイン
  • レスポンシブウェブデザイン
  • 綺麗なデザインのオリジナルSNSシェアボタンを簡単に表示
    (プラグインを追加すればカウント数も表示可能)
  • ヘッダーにグローバルメニューを表示(スマホでは横スクロール可能)
  • 注目させたい記事をトップページヘッダー下部でスライダーで表示
  • 様々な表示に対応できる便利なショートコードが用意されている

STORK(ストーク)テーマを適用した当ブログをスマホで見るとこんな感じです。

ヘッダー部分では、ロゴの左右にメニューボタン検索ボタンが配置されます。

どちらもタップすることで、メニューと検索欄がポップアップ表示されます。

メニューに関しては、何を表示させるのか管理画面でカスタマイズが可能となっています。

Googleなどで目にすることがある、横スクロール可能なグローバルメニュー。これを使っているWordPressテーマをなかなか見たことがなく、インパクトがありますね。

通常はプラグインを入れて、せっせと作らなければいけない、オススメ記事を一定時間でローテーションするなんていうものも、STORKならすぐにトップページに表示させることができて便利です。

イチオシとなる記事を、是非ともこの欄でアピールしましょう。

詳しく紹介したい便利な機能は、まだまだ沢山あるんですが、後日改めて紹介していきたいと考えています。

PVの変化

トップページ

トップページのPV数が約3倍になった!!

ヘッダーのデザインが変わり、サイトのロゴが目立つし、

「トップページはどうなっているんだろう」

などと気にして見てくれる人が増えたのかもしれません。

STORKを使用しているブロガーとして、他の人から紹介してもらえることが増えたのも嬉しいことの一つです。

記事ページ

オススメ記事だったり、人気記事を出したりといったことは、以前のテーマでも実装していたので、僕のブログの場合はPVの上昇はそれほど見られなかったです。

WordPressを初めて間もない人や、これまでそういったカスタマイズをやってこなかった人は、SOTRKを導入することでPVが伸びる可能性は十分にありますね。

PVというのはPage View(ページビュー)のことで、閲覧されたページ数のことを指します。

STORKのようにテーマが最適化されていれば、たまたまとある記事を読んだ読者が他の記事に興味を持って読んでくれることが増えるかもしれませんね。

【2017年2月1日追記】
2016年10月、11月とPVが伸びず、ちょっとがっかりしていた部分もあったのですが、12月から急にPVが伸びてきました。

STORKを導入したことによるものなのか、それとも他の要因なのかははっきりとはしません^^;

さらに、直帰率が2%程度減少しました。

現在、84.56%となっています。

僕のブログは検索エンジンからの集客が主体で、雑多なブログとなっています。

直帰率が高いのがネックだったんですが、読者がもっと他の記事にも興味を持ってくれるよう、STORKを活用してさらに直帰率を下げる工夫をしていきたいと考えています。

もし、これまでオススメの記事だったり、SNSシェアボタン、また各カテゴリページへのリンクを適切に貼っていなかった人は、是非ともSTORKへとテーマを変更することをオススメします。

1から全部自分でやっていくよりも、断然楽ができ、執筆にもっと集中できる!!

これがSTORKを導入する一番のメリットです。

もちろん、これから

ブロガーになりたい!!!

という人で、新規でWordPressを始める人にはSTORKテーマが超絶オススメです。

他社ブログサービスから引っ越してきて、WordPressにするという人にもオススメできる。

STORKが好きすぎて、ステマ記事のようになってしまいましたw

STORKの料金

STORKの販売価格は、

10,800円(税込)

です。

これまでWordPressの有料テーマにはなかなか手が出なかった僕です。

正直、5,000円のテーマでも高いと思っていました。

それが、STORKを使ってみて、これだけの機能とビジュアルが手に入るのであれば、かなり安い!と思ってしまったんですよね。。

仕事で10年間もWeb制作をやってきたから分かるんですが、STORKのテーマくらいの見た目と、カスタマイズ性をもたせてWordPressのブログカスタマイズをWeb制作業者に依頼すると、

数十万円

は平気でかかると思われます。

僕自身、個人でこのようなテーマを開発していたら、1ヶ月や2ヶ月は時間がかかっていたに違いないです。

それだけのものを1万円程度で買えるんですから、ありがたいですね。

STORKの導入方法

STORKの導入方法を簡単に紹介しましょう!

まずは、下記テーマ販売ページへと進みます。

新規販売ページ

【2017年2月追記】
僕がSTORKを購入した際と、現在ではSTORKの販売ページが変わっていました。

現在の販売ページでの購入方法を説明します。

販売ページへと移動したら、「カートへ入れる」をクリックします。

続いて、必要なSTORKテーマの数量を入力して「次へ」をクリックします。

複数のサイトでSTORKテーマを使い回すことはできません。
異なるドメインだけでなく、サブドメインでもSTORKテーマを購入する必要があるとのことですので注意してください。

最後に決済方法を選択します。

決済情報を入力して、決済が完了すれば、無事に購入完了です。

販売ページが変わってから購入していないので、テーマのダウンロード画面がどのように表示されるかは分かりませんが、恐らく決済完了後にテーマダウンロードURLが表示されるんだと思います。

また、カートが会員登録制なので、購入したものはマイページから何度でもダウンロードできるんじゃないかと考えられます。

まとめ

本文でも書いたんですが、僕はこれまでWordPressのカスタマイズに、本当に莫大な時間を費やしてしまいました。

WordPressに関する知識は蓄積されてきたんですが、別段WordPressのプログラミング部分に興味がない人にとっては、カスタマイズはつまづくポイントが数多くあり苦行となります。

とりあえずブログを書き始めたい人には、STORKは本当にオススメなので、使い始めてみてください。

STORKを土台にして少しずつカスタマイズを覚えていくのが近道かもしれませんね。

問題点としては、今後STORKを使うブロガーがどんどん増えていって、同じようなデザインを目にすることが多くなっていくことですかね。

同じテーマを使いながらも、いかに個性を出していくかというのも面白みの一つですね。

人気のテーマは、カスタマイズ方法や不具合が起きた際の対処方法といった情報を、ネット上で多く見つけることができるのもオススメできるポイントの一つですね。

STORKを使っているブロガーと実際に会った際に、話がはずむというのが、実は今一番感じているメリットです!

Facebookアカウントでコメント

※本コメント機能はFacebookによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してザ サイベースは一切の責任を負いません。

ABOUTこの記事を書いた人

とみっち

埼玉でザ サイベースを主催しています。Webクリエイター。フリーランス歴7年。飄々と生きています。これでも育児頑張ってます。長野市出身。 @tomicci 詳しいプロフィール【興味】ギター/DTM/Web/車/田舎/旅/酒/育児 自然の音からデスメタルまで聴きます。【運営サイト】 ザ サイベース おと風景