改行コードに関して LFとCRとは

HTMLを扱うPHPプログラムを作る際、改行コードの処理が必要となる場面が出てきます。

今回は、改行コードに関してメモしておきます!

まず、使用されるOSで改行コードを分類すると下記の3つがあります。

LF:UNIX系、Mac OSXなど
CR+LF:Windowsなど
CR:OS9までのMacなど

CRは「Carriage Return(キャリッジリターン)」、LFは「Line Feed(ラインフィード)」の略であり、意味はそれぞれ「復帰」と「狭義」ということだそうです。

これらの用語は、タイプライターの装置が由来となっているようです。

Windowsでの作業で、テキストエディタなどを使用し、改行コードをLFにして保存すると、メモ帳では改行されていない状態となります。

プログラミングにおける改行コードでは、「¥n」と「¥r」があります。

これらは必ずしもLFやCRと等価ではないらしいのですが、「¥n」は改行、「¥r」は復帰を表しています。

改行コードが入っているために、上手く処理できない場合、「str_replace」関数を使用し、

$new_string = str_replace(array("¥r¥n","¥n","¥r"), "", $string);

などとすることで解決することがあります。

また、trim関数を使用して改行コードや空白文字列を削除する方法もあります。

$new_string = trim($string);

「trim」関数を使うことで文字列の前後にあるスペースや改行、タブなどを取り除くことが可能です。最後だけを取り除くなら「rtrim」関数を使用し、先頭だけであれば「ltrim」関数を使用する方法もあります。

【関連記事】PHP Windows Macintosh 改行コード
【関連記事】PHP 改行の削除

プロから直接学べるプログラミングスクールの紹介!PHPコースあり!

自己流でプログラミングを覚えようとすると、環境設定でつまづく、書いたプログラムがなぜ動かないか解決できず、多大な時間を浪費してしまいがちです。

担当の指導者(メンター)が付いてくれるTechAcademyなら、分からないことをどんどん質問して解決できます!コードレビューしてもらえるのも素晴らしい点ですね。

【TechAcademy】家で学べるプログラミングスクール

Web制作会社が立ち上げたWebデザイナー育成スクール Web塾超現場主義

Web制作に実際に携わっている講師陣が、現場で通用するスキルを伝授します!卒業後は転職支援、仕事紹介などを行っており、フリーランス独立する道を探すこともできそうです。

また「独立・開業はちょっと...」という方へは、当社の制作案件をお手伝いして頂く道も開けます。
Facebookアカウントでコメント

※本コメント機能はFacebookによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してザ サイベースは一切の責任を負いません。

ABOUTこの記事を書いた人

とみっち

埼玉でザ サイベースを主催しています。Webクリエイター。フリーランス歴7年。飄々と生きています。これでも育児頑張ってます。長野市出身。 @tomicci 詳しいプロフィール【興味】ギター/DTM/Web/車/田舎/旅/酒/育児 自然の音からデスメタルまで聴きます。【運営サイト】 ザ サイベース おと風景