.htaccessで自作404エラーページへリダイレクト SEO・ユーザビリティ対策

まずは、「404 Not found」や、サイトのトップページやコンテンツなどへのリンクを記述したページを用意します。

名前は「error.html」「404.html」などとします。

「.htaccess」ファイルでは下記のように記述。

ErrorDocument 404 /error.html

これで、削除されたページなどにアクセスされた際に、オリジナルの404ページを表示することができます。

トップページやコンテンツなどへのリンクを記述しておけば、ユーザーを逃がす確立を減らすことができます。
当初、上記で「ErrorDocument 404 http://{サイトURL}/error.html」と記述していましたが、これは「/error.html」とするべきだとご指摘を頂きました。失礼いたしました!

ErrorDocument 404 http://{サイトURL}/error.html
では記述ミスなどでerror.htmlが存在しない時に無限ループに陥りますので、ドキュメントルートからの完全なパスを書くべきです。
ErrorDocument 404 /error.html
のように。/から始まるパスで。

気をつけましょう!

Facebookアカウントでコメント

※本コメント機能はFacebookによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してザ サイベースは一切の責任を負いません。

ABOUTこの記事を書いた人

とみっち

埼玉でザ サイベースを主催しています。Webクリエイター。フリーランス歴7年。飄々と生きています。これでも育児頑張ってます。長野市出身。 @tomicci 詳しいプロフィール【興味】ギター/DTM/Web/車/田舎/旅/酒/育児 自然の音からデスメタルまで聴きます。【運営サイト】 ザ サイベース おと風景