strpos - 文字列内の部分文字列が最初に現れる場所を見つける PHP

PHP

今回は、検索対象の文字列に、特定の文字が現れる場所(=何文字目か)をチェックする関数を紹介しちゃうよ!

strpos

strpos(A, B)

文字列Aの中からBが始めに現れる場所を見つけます。○文字目の位置を調べるため、先頭にある場合、0が返却される点に注意しましょう。

■strposを使ったサンプルプログラム

<?php
  $check_word  = 'Saitama';
  $search_word = 'S';

  $pos = strpos($check_word, $search_word);
  var_dump($pos); // int(0)が返却されます

  if($pos) {
  	// $posが0番目のため、trueを期待してこのように書かない
    echo 'この分岐には入りません。';
  } else {
    echo 'この分岐に入ります。';
  }

  if($pos !== false) {
  	// falseかどうかの判定には、 != ではなく、!==を使用
    echo 'この分岐に入ります。';
  } else {
    echo 'この分岐には入りません。'; // もし $pos != false で判定したらこちらに入ってしまいます
  }

  $search_word = 's';
  $pos = strpos($check_word, $search_word);
  var_dump($pos); // bool(false) 小文字の"s"はヒットしない

  $search_word = 'ta';
  $pos = strpos($check_word, $search_word);
  var_dump($pos); // int(3)

文字列の一致や、文字列を含むかどうかを判定する関数として、strstrstristrもよく使います!

PHP
こんにちは。とみっちです。PHPで検索対象の文字列に、特定の文字列が含まれるかどうかなどをチェックするための書き方を紹介するよ!「strstr」と「stristr」 PHPマニュアルを確認。こっちは「str
プロから直接学べるプログラミングスクールの紹介!PHPコースあり!

自己流でプログラミングを覚えようとすると、環境設定でつまづく、書いたプログラムがなぜ動かないか解決できず、多大な時間を浪費してしまいがちです。

担当の指導者(メンター)が付いてくれるTechAcademyなら、分からないことをどんどん質問して解決できます!コードレビューしてもらえるのも素晴らしい点ですね。

【TechAcademy】家で学べるプログラミングスクール

Web制作会社が立ち上げたWebデザイナー育成スクール Web塾超現場主義

Web制作に実際に携わっている講師陣が、現場で通用するスキルを伝授します!卒業後は転職支援、仕事紹介などを行っており、フリーランス独立する道を探すこともできそうです。

また「独立・開業はちょっと...」という方へは、当社の制作案件をお手伝いして頂く道も開けます。
Facebookアカウントでコメント

※本コメント機能はFacebookによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してザ サイベースは一切の責任を負いません。

PHP

ABOUTこの記事を書いた人

とみっち

埼玉でザ サイベースを主催しています。Webクリエイター。フリーランス歴7年。飄々と生きています。これでも育児頑張ってます。長野市出身。 @tomicci 詳しいプロフィール【興味】ギター/DTM/Web/車/田舎/旅/酒/育児 自然の音からデスメタルまで聴きます。【運営サイト】 ザ サイベース おと風景