Remote IEを使ってみたよ!Windows、Mac、iPhone、iPad、Android端末からも利用可能!

the Saibaseのtomicciです。

最近は開発環境のメインが完全にMacになってしまい、IEチェックが疎かになりがち(内緒)ですが・・・、Remote IEなるものの存在を知り、慌てて使ってみたよ!

Internet Exploereを使っている人の割合は多くて、Web開発者としては表示チェックしないといけない需要なブラウザの一つですよね。
当サイトも、ここ1ヶ月でIEで閲覧している人の割合が12%となっています。技術者向けの情報が多いから、少ない方ですね。それでも、IE6とIE7からのアクセスはほとんどないものの、IE8、IE9ともにそれぞれ全訪問者のうちの1.5%程度、合計で約3%のアクセスとなっています。

開発者泣かせのIE8以下、早くなくなればいいのに・・・!

普段のIEチェック

僕は普段、IEの表示確認ではWindows7もしくは嫁さんのWindows VistaのPCを立ち上げて確認(IE9〜IE11が確認可能)しています。合わせて、有料サービスのBrowserstackを使って、IE8や、Windows8のIEの動作確認をしています。

正直、Browserstackを使えば、なんでもチェックできてしまうんですが、先日MicrosoftがRemote IEというサービスを出したようなので、使用感がどんなものか使ってみました。
Browserstackは動作が重いので、Remote IEの動作が軽快ならいいなー・・・と期待しつつ。

Remote IEを使ってみる

Windowsはもちろんのこと、Mac、iPhone、iPad、Androidといった端末から、クラウド上で動作するIEの最新版を操作できるようになっているのがRemote IEです。
使用の際には、Microsoftのアカウントが必要となります。

では、手順を追ってみましょう。

1. Remote IEへアクセス


Microsoftが運営しているhttps://remote.modern.ie/へとアクセスします。

Microsoftのアカウントがない方は、「Sing up now」からアカウントを作成します。
アカウントを持っている方は「Sing in」からログインします。

以前、hotmailを使っていたという方はそのアカウントでログインできるやもしれません。

2. Remote IEにサインイン

remote_ie
サインイン後、手順が表示されるので、それに従います。英語ですが。

アプリをインストールしたら、さらにSign inが出てきたりして分かりづらいですが、ここまでこれたあなたなら大丈夫です。きっと。

3. いよいよRemote IEを起動

スクリーンショット 2014-12-02 1.20.22
こんな画面へと辿り着いたらあと一歩!「Start」ボタンか、「IE Technical Preview」の欄をクリックしてみてください。

無事立ち上がりましたか!?


こんな感じで、Mac上でIEが立ち上がり、ブラウジング可能です。

使ってみた感想

最新のIEでの表示確認をデベロッパーツールが使えるのがいいですね。気になる動作もかなり軽快でした!Browserstackよりもだいぶ速いです。

10分間利用がないと自動的に切断されてしまったり、連続使用は1時間に限定されるといった制限事項があるようです。それでもMacなどの環境でIEが使えるのはかなり便利ですね。

フォントはメイリオで表示されていました。MacにインストールするタイプのIEのシュミレーターソフトだと、ヒラギノになってしまうんですよね。これも大きなメリットかなと思いました。

Facebookアカウントでコメント

※本コメント機能はFacebookによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してザ サイベースは一切の責任を負いません。

ABOUTこの記事を書いた人

とみっち

埼玉でザ サイベースを主催しています。Webクリエイター。フリーランス歴7年。飄々と生きています。これでも育児頑張ってます。長野市出身。 @tomicci 詳しいプロフィール【興味】ギター/DTM/Web/車/田舎/旅/酒/育児 自然の音からデスメタルまで聴きます。【運営サイト】 ザ サイベース おと風景