MacでXAMPPからMAMPに乗り換える方法

こんにちは。@tomicciです。

僕のMac Book AirはXAMPPでローカル開発環境を作ってたんだけど、MAMPに切り替えた。今更。。

Winodws時代にXAMPPを使ってたから、そのままMacでも使い続けてしまっていたんだよね。でもXAMPPのDBは今はMariaDBになってしまった。。

引き続きLAMP環境で開発したいので、手軽に環境が作れるのはMAMPだよね。

これでPHP5.6.xに加え、PHP7でも開発ができる。管理パネルで簡単に切り替え可能。

いい加減VagrantVirtual Boxを使おうかなとも思うけど、それはまた今度設定して紹介する。。

僕はあいかわらずのレイトマジョリティ(言いたいだけ)だ。

MAMPとは

MAMPとは

MAMPとは、

Mac(OS)
Apache(Webサーバー)
MySQL(データベース)
PHP, Perl, Python(プログラミング言語)

の頭文字をそれぞれ取ってつなげたものである。

それぞれインストールしたり設定を行う手間を一括で行えるので、インストールが簡単になっている。

MAMPのインストール

インストールの手順と、バーチャルホストの設定は下記2サイトを参考にした。

インストールの際にポイントとなりそうな箇所をピックアップしてみる。

MAMP PROは不要

無料でバーチャルホストの設定ができるし、僕はMAMP PROは不要だったのでインストールしていない。インストールしても後から削除可能。

デフォルトのApacheを停止する

なんだかんだ競合で問題が起きたりするので、Macにあらかじめ入っているApacheを停止する。

おかしな話ではあるが、MAMPのApacheを利用しよう。

Macで

システム環境設定 → 共有 → インターネット共有

と進み、チェックが入っている場合は外し、既存のApacheを停止する。

ポートの設定

MAMPをインストールして、デフォルトのポートは、Apacheが8888、MySQLが8889となっているが、「WebとMySQLのポートを80と3306に設定」ボタンを押して設定を変更した。

こんな感じだ。

上記の通り、ポートを変更すると、「http://localhost:8888/」ではなく、「http://localhost/」でアクセスが可能になるよ。

バーチャルホストの設定

バーチャルホストを設定すると、MAMPのhtdocs内にあたかも独自ドメインを設定したかのようにアクセスできる。

バーチャルホストを設定しない場合は、

http://localhost/site01
http://localhost/site02
http://localhost/site03

のようにアクセスしていくことになるが、設定すれば、

http://site01.localhost
http://site02.localhost
http://site03.localhost

といったURLでアクセスできる。

「.localhost」でもいいし、僕の場合は前にいた会社の社内テスト環境のバーチャルホストドメイン「.vpn」を名残で使っている。

自分が分かりやすい好きな名前でいい。

バーチャルホストの設定のために書き換えたファイルは僕のMacだと下記3ファイル。

/Applications/MAMP/conf/apache/httpd.conf
/private/etc/hosts
/Applications/MAMP/conf/apache/extra/httpd-vhosts.conf

hosts」ファイルはXAMPPの時に書いていたものがそのまま使えた。
httpd-vhosts.conf」ファイルにバーチャルホストの設定で、公開ディレクトリを記述するが、XAMPPの時と書き方は一緒。

ディレクトリが変わっただけ。

httpd.conf」はVirtual hostsを使えるようにするために、コメントアウトを1箇所外すだけだ。これは一度やればもうやる必要はない。

phpMyAdminの設定

phpMyAdminもXAMPPからMAMPのものに変わった。

移行は下記のように行う。

ポートが重複しているとXAMPPとMAMPのphpMyAdminを同時に立ち上げることはできないので、まずはXAMPPのみを立ち上げてphpMyAdminの画面にアクセス。

エクスポート機能を使うと楽。

構造とデータ」の情報が含まれたSQLファイルをエクスポートする。

続いて、XAMPPのphpMyAdminを停止して、MAMPのphpMyAdminを立ち上げる。

必要なDBを作成して左メニューから選択後、

インポート → ファイルを選択 → 先ほどエクスポートしたファイルを指定 → 実行

これで簡単にインポートできる。

後はDBに無事に接続できるかどうかなどを確認して完了!
 

プロから直接学べるプログラミングスクールの紹介!PHPコースあり!

Webデザインスクールの「WebCamp」が手がけるママのためのWebデザインコース

1ヶ月の短期集中でWebデザイナーを目指せます。仕事復帰を希望する主婦やママさんにオススメです。

1ヶ月でHP作成!WebCamp

【参考記事】HTMLの勉強ならTechAcademy(テックアカデミー)のフロントエンドコースが短期集中でオススメ!

自己流でプログラミングを覚えようとすると、環境設定でつまづく、書いたプログラムがなぜ動かないか解決できず、多大な時間を浪費してしまいがちです。

担当の指導者(メンター)が付いてくれるTechAcademyなら、分からないことをどんどん質問して解決できます!コードレビューしてもらえるのも素晴らしい点ですね。

【TechAcademy】家で学べるプログラミングスクール

【参考記事】HTMLの勉強ならTechAcademy(テックアカデミー)のフロントエンドコースが短期集中でオススメ!

Web制作会社が立ち上げたWebデザイナー育成スクール Web塾超現場主義

Web制作に実際に携わっている講師陣が、現場で通用するスキルを伝授します!卒業後は転職支援、仕事紹介などを行っており、フリーランス独立する道を探すこともできそうです。

まだ「独立・開業はちょっと...」という方へは、当社の制作案件をお手伝いして頂く道も開けます。
Facebookアカウントでコメント

※本コメント機能はFacebookによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してザ サイベースは一切の責任を負いません。

ABOUTこの記事を書いた人

とみっち

埼玉でザ サイベースを主催しています。Webクリエイター。フリーランス歴7年。飄々と生きています。これでも育児頑張ってます。長野市出身。 @tomicci 詳しいプロフィール【興味】ギター/DTM/Web/車/田舎/旅/酒/育児 自然の音からデスメタルまで聴きます。【運営サイト】 ザ サイベース おと風景