MacBook Air買った!

Mac Book Air

Web制作の仕事で確認用として必要だったのと、外で仕事する際に持ち運びしやすいPCが欲しくなり、ついにMacBook Airを購入したよ!

Windows Mac
※現在の作業スペース。使い勝手と、見た目をもっとよくしたい。

今日は購入に至った経緯と、使ってみた感想を書いちゃうよ。

なぜMacBook Airが必要だったのか

わたくし、自営業でWeb制作をしているので、Windowsだけでなく、Macでのチェック環境が必須。これまではリモートでクロスブラウザチェックできるサービス「BrowserStack (http://www.browserstack.com/)」を利用していた。BrowserStackはかなり便利だけど、毎月19ドルかかるし動作が重いので、やはり実機が必要だった。最近、受注する仕事も急増してきたのでそろそろ買おうと思ったわけ。

また、自宅だけでなく、喫茶店などで仕事をすることも多いので、軽くて持ち運びやすいノートPCが欲しいなと常々思っていた。これまで使っていたPCは、2011年に発売されたhpのノートPCで、重さが2.4キロもあり、厚みもかなりある。ここ1年半、都内に行って仕事をすることが多かったので、日常的に持ち歩くには肩が痛くてちと辛かったね。。

購入したPCのスペック

MacBook Air 2013 13インチ

CPUはCore i5(1.3GHzでブースト時に最大2.6GHz)、メモリは4GB、ストレージは256GBのSSD。

これまで使っていたhpは、PavilionのGシリーズという2011年に発売されたモデルで、CPUがCore i3、メモリ8GB、ストレージは500GBのHDDなので、スペック的にはそんなに差はない、というかメモリが少ない分、場合によっては劣るのではないかと心配していたが、体感できる性能はMacのほうが段違いに良かった。。次項で詳しく書いてみる。

2週間使ってみた感想

WindowsとMacというOSの決定的な違いはあると思うけど、これまで使っていたWindows PCと比べてMacBook Airの動作の軽快さは異常だった。。SSDなのもあるのかな、起動、スリープ移行・復帰が恐ろしいほど速い。モニタをパタンと閉じると一瞬でスリープして、開く際にはディスプレイが点灯するのと同じ速度で復帰する。Webエンジニアの友人の多くは、何度も俺にMacBook Airを進めていたけど、こういう軽快さがあるんだなー。まさに開いてすぐ使えるという点と薄さで、ノートやメモ帳感覚だね。

とはいえ、WindowsのSSD搭載マシンは体験したことがないので、最新の高スペックなウルトラブックがどういう挙動をするのか気にはなるね。ただ、恐らくMacにはApple社製のマシンしかなく、OSもマシンも同じ会社が作っているということから、同スペックでは軽快さは上なのではないかと思う。Android端末と、iPhoneの違いによく似ている。もちろん、同スペックであれば、海外のWindowsノートを選べば、価格はWindowsのほうが安いんだろうね。

それにしても、Macは慣れるまでちょっと苦労する。PCの設定周りとショートカットの違いに苦戦したなー。ソフトのインストール方法もよくわからないしね。買った当日は、体感できる速さよりも、Windowsとの違いに戸惑った。Mac OSXが出た頃は、大学で日常的にMacを使っていたけど、もう操作を忘れている部分も多いし、何よりOSがだいぶ進歩している。確認用のMacは中古で古くて安いやつで良かったなーとも一瞬思っていたけど、この記事を買ったMacBook Airで書いている今、買ってよかったなと思う。

トラックパッドは4本指でのジェスチャまで認識することができてかなり便利。これに慣れるとマウスを使うと不便になりそうだw

フル充電での電源だけど、画面を少し暗めに設定しておくと9時間は持ってる。充電に要する時間は2時間半程度だし、素晴らしいね!
以前のhpは、2時間半くらいでバッテリー切れになっていたよ。。

Windowsって、Macって・・・

使ったこともないのに、一方をディスるユーザーが多いのが現実だと思う。

WindowsってOSのUIも洗練されていないし、マシンもいけてないものばかり。Macは使いづらいんでしょ。
Macって、なんだかオシャレを気取っていて、スタバで使うためのApple信者向けのイメージ。

Windowsばかりをメインで使ってきたけど、やっぱWebサイトを作る人間としては、どちらしか使っていないのはまずいよね。Windowsユーザーが日本では圧倒的に多いことから、Windowsメインでチェックすることが当然だと思う。でも、Macのユーザーもいるから、実機での確認はちゃんとやってね。

今回Macを買ったことだし、これからさらにガンガンとWebサイトを作っていくよ。
あ、ちなみに音楽制作は当分Windowsでやります。Mac対応のDTMソフトも持ってないしね。

メモリが4GBで心配だったけど

メモリを8GBに増設するにはApple Storeでの購入となるらしいのと、合計金額が上がってしまうことから4GBを購入した。Windows7は、メモリ4GBだとOSだけで50%もメモリを使用してしまうので、不安だったけどネットで事前に調べていたので、Macは4GBで事足りるのではないかと目論んだ。

案の定、複数のソフトやブラウザを起動して、PhotoShop CS6(体験版)を使ってみても、サクサク動いている。動画編集や音楽制作はWindowsでやる予定だし、Macのメモリが4GBなのは全く問題なかった。とは言え、お金に余裕があれば8GBを買いたかったよね。。仕事頑張って、今度は好きなスペックを選べるようにしよう。

【後日追記】
やっぱメモリは8GBあったほうがいいっすw
サイズがデカい看板のデザインとかしてたら、結構きつかった。PhotoshopやIllustratorは、やはりメモリにゆとりがないと駄目だね。
それ以外は慣れれば快適すぎて、何も言うことはない。

WindowsユーザーがMacに移行する際に役に立ちそうな記事まとめ

メインマシンをWindowsからMacにした時に教えてもらった「Macではこれできないの?」→「できるよ」Tips

Windows好きな私が仕方なくMacを買ったのでとりあえずMacをDisろうと思う

Yamadaさんの記事は多いに納得できる部分が多いですね。特に、Macはデザインがいいから選ばれるだけではなく、洗練されたUIや、日常的に使用するストレスを軽減するための工夫が多く感じられますね。トラックパッドは秀逸です。

OS9の頃のMacは、Windowsユーザーからしたらひどいなと思うことが多かったけど、OS X以降熟成を重ねて素晴らしいマシンになったようですね。
 

クリエーターならMacでしょ!Windowsなんて使ってたら駄目だよ!っていうのも、Macはデザインや見た目だけで、絶対使いづらいPCだよ!とか決めつけ、食わず嫌いはホントくだらない。

どちらも使用する上でのメリット、デメリットはあるので、使ったことがないのに嫌い宣言してしまうのは、使用するチャンスを自分で失くしていて、すごくもったいないと思うけど、どうっすかね??

Facebookアカウントでコメント

※本コメント機能はFacebookによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してザ サイベースは一切の責任を負いません。

Mac Book Air

ABOUTこの記事を書いた人

とみっち

埼玉でザ サイベースを主催しています。Webクリエイター。フリーランス歴7年。飄々と生きています。これでも育児頑張ってます。長野市出身。 @tomicci 詳しいプロフィール【興味】ギター/DTM/Web/車/田舎/旅/酒/育児 自然の音からデスメタルまで聴きます。【運営サイト】 ザ サイベース おと風景