「おと風景」をリリース後の負荷に関して考察してみるよ

こんばんは!!まだまだ暑さが厳しい夏、「おと風景」の水の音を聴いて、爽やかに仕事・勉強しませんか!?

今日は「氷と炭酸の音」をアップしました。グラスの中で炭酸飲料を注がれている気持ちで、是非聴いてみてください(笑)

さて、先月末7月31日のお昼頃、the Saibase名義でおと風景をリリースしました。

the Saibase名義と言えど・・・、実質、まだ僕が一人で動いているような状況なので、音を編集してアップロードするまで時間がかかりますが、もうしばらくご容赦ください。

リリースして早速、サーバーにアクセスできなくなるトラブルがあったんですが、何が原因だったのかなど、考察してみたいと思います。

リリース後すぐ、はてブでの拡散が始まった


a
僕の友人や知人の方を中心に、リリース後すぐに、はてブ、facebook、Twitterでの拡散が始まりました。皆様、本当にありがとうございました・・・!

20人くらいが同時に接続している感じだったと思うんですが、すぐに503エラーとなり、サイトにアクセスできなくなりました。。

僕はサーバーの知識が乏しく、自分で構築などができないので、レンタルサーバーを使っています。。

「おと風景」は、月額515円でディスク容量100GBと、コストパフォーマンスが抜群に高いさくらのレンタルサーバで運営しています。

通常100人程度は同時にアクセスしても耐えられると言われていますので、503エラーとなってしまったのはおかしいなと思い、コントロールパネルを確認したり、さくらインターネットの窓口に電話をしたりして原因を追求しました。

これまで、会社員時代や継続の受託開発の時にはインフラ担当者や、もっと詳しいエンジニアがいたので、自分名義のWebサービスとしてちゃんとリリースするのは今回が初めてだったので、ちょっと焦りました・・・。
 

503エラーの原因は1時間当たりの転送量

おと風景が503エラーとなった原因を調べようと思い、サーバーのコントロールパネルにアクセスしてリソース使用状況を確認したところ、転送量が明かに増大していました。

さくらインターネット リソース情報

電話で対応してくれた担当者の方にもその旨伝えたところ、やはり転送量が問題となっているようでした。

1時間前後のmp3音源データが、レンタルサーバー上に複数あって、それに皆さんからアクセスされていたので、普通に考えればそりゃ転送量凄くなりますよね。

リリースしたい気持ちが先走り過ぎて、肝心な所を忘れていました。。

取り急ぎの対策として、今年の4月に提供が開始されたさくらのレンタルサーバ スタンダードの「リソースブースト」機能を慌ててオンにしました。

さくらインターネット リソースブースト機能

▼機能詳細
 「リソースブースト」は、突発的なアクセスの集中などに対し、最大3倍のアクセス処理能力を実現する無料の機能です。お客様ご自身でコントロールパネルからワンクリックの簡単操作で利用でき、webサイトに急激なアクセス増加があった場合にも、即座に HTTP 503 エラーを回避することができます。

▼対象サービス・プラン
 ・さくらのレンタルサーバ
  - スタンダード
  - プレミアム
  - ビジネス
  - ビジネスプロ
 ・さくらのマネージドサーバ

http://www.sakura.ad.jp/news/sakurainfo/newsentry.php?id=1043 より引用

この機能はコントロールパネルにログイン後、左メニュー「運用に便利なツール」欄の「リソース情報」をクリックして表示される画面でオンにすることが可能です。

突発的なアクセス増加や、テレビ放映されるといった予め負荷が予想されるタイミングでオンにするとよさそうです。
※ただし、トラフィックの制限緩和期間は、機能を有効にした2日後の24時までとなる上、一度使用すると、次に使用できるのは14日後になるため、使用タイミングには注意が必要です。車で言えば、ニトロですねw
 

音源データを外部サーバーに移動

リソースブースト機能を使ったことで、何とか1時間あたりの転送量の許容量が増え、503エラーが発生しなくなったものの、根本的な原因解決とはなっていません。

結局、リリース日の転送量は110GBとなってしまい、このまま運営していたら、さくらさんから怒られてしまいそうです。

音源データをどうするか考え、Sound Cloudに全て移行することとしました。

音源データはAPIで引っ張ってきて再生することができました。ただし、Sound Cloudは無料アカウントだと6時間分の音源しか置けず、おと風景の音源は既に6時間以上の長さとなっていました。

今後のことも考えて、Sound Cloudの有料版、Unlimitedプランを契約しました。

月1500円程度かかりますが、VPSサーバーなどに急いで移行して、自分が苦手とするサーバー設定をしたり、VPSの利用料がかかってくるよりも、結果的に安いし手間暇がかからないということになりました。

皆すぐ、サーバーを作りたがりますが、レンタルサーバーの性能をあなどってはいけませんw 僕みたいなサーバーを苦手とする人間がWebサービスを開始する場合、レンタルサーバーの性能や容量を全て駆使してもダメな場合に、初めてサーバーを作る感じでもいいんじゃないでしょうか。
 

さくらインターネットの転送量の目安

電話で対応して頂いた方に、通常時の転送量の目安を聞いちゃいました。公式に発表されている情報かどうか分かりませんし、あくまでも参考情報に止めてください。

転送量目安

さくらのレンタルサーバ スタンダード
80GB/月
3.3GB/時

さくらのレンタルサーバ プレミアム
120GB/月
5GB/時

さくらのレンタルサーバ ビジネス
160GB/月
6.6GB/時

この値を超えてくると、503エラーとされてしまうことがあるようです。共用サーバーなので、他の利用者に迷惑がかからないように当然の措置ですよね。。

リソースブースト機能を使えば、1時間あたりの転送量や、同時接続数はの許容量は一時的に増やしてもらえるようです。ずばり、3倍くらいは共用してもらえるのですか?と質問したところ、ある程度は許容量を増やしています・・・との返答でした。

おと風景の場合は、1時間に10GBくらい転送量がありましたので、それを許容して頂いた形でしたね(^^;

たまたま窓口で連絡を取らせて頂いたので、一時的に許容してもらえただけかもしれません。

何にせよ、さくらインターネットさんは、問い合わせ窓口に電話が繋がりにくい点、あとはスタンダードのサーバーがFree BSDである点、FTPがマルチアカウントでない点以外はかなり満足度が高いサーバーですので、Webサービス立ち上げたい方にはかなりオススメですね!

Facebookアカウントでコメント

※本コメント機能はFacebookによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してザ サイベースは一切の責任を負いません。

ABOUTこの記事を書いた人

とみっち

数年前までバンド活動してました。ブログ、サイト運営で食べてます。フリーランス歴7年のWebクリエイター。飄々と生きています。これでも育児頑張ってます。長野市出身。埼玉県川越市在住。【興味】音/Web/車(GolfV GTI等)/田舎/旅/酒 ※自然の音からデスメタルまで聴きます。@tomicci 詳しいプロフィール【運営サイト】 ザ サイベース おと風景