NURO光の通信安定性やping値はどうなのか!?業界最速下り2Gbps光回線の実態

NURO光の通信安定性やping値はどうなのか!?業界最速下り2Gbps光回線の実態

業界最速下り2GbpsのNURO光ですが、当ブログの記事で実際に速い!というのは何度か書いてきました。

NURO光を導入している僕の自宅では、カスペルスキーの保護機能をオフにしていると500Mbps前後、保護機能をオンにしても400Mbps前後出ています。

※NURO光を申し込むと、カスペルスキーの正規ライセンス(月額500円)がずっと無料で使えます。

NURO光 下り536.82Mbps NURO光 カスペルスキー 下り380Mbps

高速な光回線でも、実際に通信の安定性が高いかどうかは気になる部分ですよね。

今回の記事では、NURO光の通信安定性がどうなのかまとめてみます。

光回線の安定性を判断する

NURO光 光回線 安定

NURO光は通信が途切れたりするのか?

光回線の安定性を判断する材料としては、当然ながら最重要なのは体感として安定しているかどうかですよね。

ネットサーフィンをしていて突然繋がらなくなる、動画視聴をしていて途中で止まってしまう、ONUやルーターの接続ランプが消灯してしまうといった、明らかに不安定だと実感するような事態が発生する光回線はできるだけ避けたいものです。

先に結論から書くと、僕が1年半以上NURO光を利用してきて、ルータが停止したりネットが止まってしまうような事態は数回程度しか発生していません!

ONU(兼ルーター)が落ちたり、ネットが一瞬不通となったのは5回未満ですね。

フリーランスエンジニアなので、日中、自宅で仕事をしていることが圧倒的に多いんですが、不安定だなと感じた場面にはほとんど遭遇していません。

以前、@T-COMのADSLを使用していたんですが、あの頃はADSLで基地局から遠かったからか、学生アパートに住んでいたためか、ルーターが突然落ちるといったことは頻発してました。

オンラインゲームをやっていても、対戦相手から

ラグい!

※ラグい: タイムラグが発生している、動きに遅れが生じているといった意味です。

とか、

動きが飛び飛びwww

と言われることは日常茶飯事でした。

その後、「auひかり」になってかなり安定感が増して高速になったなーという印象だったんですが、NURO光を使っている今は、さらにauひかりの上をいっている印象があります。

auひかりも、現在はホームゲートウェイが進化していて、かなり快適になっているんじゃないかと予想されます。

NURO光が不安定だったり速度が遅い場合
僕の場合は、1年半の間に埼玉県川越市内の賃貸アパート2軒でNURO光を導入していて、ほぼ問題なく使用できています。

しかし、導入した物件によっては、回線が不安定だったり、いくら接続機器や設定の見直しを実施しても速度が100Mbpsも出ないということがあるかもしれません。そういった場合には、是非コールセンターに相談してみましょう。

So-net - お問い合わせ電話番号 (NURO 光 回線利用)
※速度が極端に低い、またはいくら改善方法を試しても向上がみられない場合の連絡先

僕は自分が使って快適だった実体験があるからこそ、当ブログで「NURO光」と「auひかり」をオススメしています。

ちなみに「auひかり」のプロバイダは、ADSL時代から使っていた@T-COMを選びました。後に、スマートバリューに申し込んで割引になったんですが、それまでは月額料金が6,000円を超えていたのはちょっと痛かったですね。。

ちなみに、auひかりを選ぶなら、So-netがプロバイダとなる「

」の月額利用料金が現在かなり安くなっています。

So-netの光回線ばかり推している僕ですが、So-netが大好きという訳ではありませんw キャッシュバックや利用料金の割引額がダントツにすごいんですよね。

他に関東でもっといい光回線があれば、是非使ってみて紹介したいです。

NURO光のping値

オンラインゲームを楽しむ場合、特にping値が低いほど快適と言われています。

ping値を確認すれば、光回線の安定性を判断する材料になると考えられます。

ping値は10ms程度で非常に快適とされていますが、NURO光の速度計測を行うと、大抵の場合で、ping値は5ms〜8ms程度とかなり快適と判断できる数値になっています。

ノートPC「MacBook Air(2013年モデル)」で計測。

回線速度テスト 下り401.27Mbps 上り514.02Mbps

こちらはiPhone6で計測した結果。ちょっと画像が縦に長いです。。

NURO光 iPhone6 速度調査 ping

実際にping値が10msより低い値であることが確認できます。

pingってなんだ?

興味のある方のために、そもそもpingっていうのが一体なんなのか説明してみます。

pingとは、通信相手(サーバーなど)に対して応答にかかった時間を数値で確認するこのとできるコマンドです。

単位はms(ミリセカンド)となります。1msは1000分の1秒ですね。

ちなみに、発音は「ピング」が多数派で、「ピン」と読む人もいます。

応答にかかった時間は短ければ短いほど高速となります。

pingが遅い場合の弊害

10ms程度であれば非常に快適とされるping値ですが、この値が50msよりも大きくなっていくとだんだんと、PS4やPCの大容量通信を行うオンラインゲームでは快適でなくなっていきます。

100msといった値になると、オンラインゲームをしていて快適とは程遠くなってしまいます。

pingが遅い(ping値が高い)場合の症状

  • プレイ中に相手のキャラが瞬間移動する
  • プレイ中に自分のキャラの動きが相手に止まって見えたり、正常な動きをしない
  • プレイ中にラグが起きる
  • 撃ち合いなどで負けやすい
  • ゲームが中断してしまう
  • ルームなどから強制退室させられてしまう

pingが遅いと、かなり不利な状況となりますし、チーム戦などだと味方のチームメンバーに迷惑をかけてしまう原因ともなりますね。

回線速度を計測する方法

ping値を測定するのに利用できる無料サービスがあるので紹介します。

ping値を測れるものではSPEEDTEST.NETがオススメです。

ping値以外にも、下り(ダウンロード)速度と上り(アップロード)速度も計測できます。

ネット回線の見直しを検討している人は、是非計測してみてくださいね。

日本国内で測定する場合、デフォルトでは国内の測定サーバーが選択されます。

オンラインゲームでアメリカのサーバーに接続する人は、アメリカのサーバーを選択して計測するようにしてみましょう。
 

さあ、お使いのネット回線のping値はどうでしたか!?

【So-net公式】申し込みはキャッシュバックを利用

Webでの申し込み限定特典があります!

NURO光 3万円キャッシュバックキャンペーン 申し込み
  • 30,000円キャッシュバック
  • 工事費40,000円が実質無料
  • 開通月は日割で請求
  • セキュリティソフト(カスペルスキー)が永年無料(通常毎月500円)
  • So-netの設定サポートが1回無料
  • 2017年 ネット回線満足度ランキング 関東光回線 第1位
  • 2017年 固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査 関東 第1位

So-netが公式に行っているキャンペーンで、安心できるという点が一番の決め手でした↓

今ならお得なキャッシュバック&割引キャンペーン!

導入ができなかった、エリア対象外だったという人に

NURO光は関東の一部のエリアが限定のサービスとなっています。So-net光(auひかり)であれば日本全国のカバー率は約70%とかなり広くなっています。

NURO光と同様にWebでの申し込み限定で下記の特典があります。
現在キャンペーン中の3年間月額利用料金2,980円は、戸建て向け光回線(auひかり)としてギリギリの低料金にチャレンジしているとのことです!

So-net光(auひかり)選べるキャンペーン
  • 45,000円キャッシュバック + 月額料金割引
    もしくは、3年間月額利用料金2,980円(税抜)〜
  • 契約初月の料金無料
  • セキュリティソフト(カスペルスキー)が1年無料(通常毎月500円)
  • So-net安心サポートが1年間毎月1回無料
  • auひかり 電話サービス(500円/月)が30ヶ月無料

本キャンペーンもSo-netが公式に行っているキャンペーンとなります↓

So-net 光 (auひかり)