NURO光を導入したけれど通信速度が意外に遅い!?200Mbpsから500Mbps以上になった方法

こんにちは。とみっちです。

So-netのNURO光を導入して1年4ヶ月の月日が経過しました。

なぜこんなに時が流れるのは速いんでしょう...

光陰光回線の如し

一瞬一瞬を大切に日々を過ごしたいものですね。

さて、NURO光なんですが、我が家ではこれまで概ね200Mbps台の通信速度で利用してきました。

以前にauひかりを利用していたときはレンタルしていたルーターが古かったこともあり、60Mbps前後だったので、その頃から比べると大分速くなって満足していました。

しかし、先日ふとセキュリティソフトをオフにしてNURO光の速度計測をしたところ、なんと、500Mbps以上の速度を叩き出したのです!

他のNURO光ユーザーのつぶやきを見ていて、我が家では到底出ない夢だと思っていた数値。

夢だけど、夢じゃなかった!

今回はNURO光を導入したけれど、意外と速度が出ていないという方向けに記事を書いてみます。

セキュリティソフトが回線速度を低下させているかも!?

先に結論を書くと、僕がメインで使用しているMacBook Air(Mid2013モデル)では、回線速度はこれまで平均して200Mbpsでした。

NURO光にしては速度が若干遅かった原因はウィルスセキュリティソフトでした。

具体的にどんなウィルスセキュリティソフトを使用して、速度がどのくらいだったのかを以下で説明してみます。

アバスト(AVAST)

アバスト for Mac

無料版でもウィルス検知力が高いと評判の「アバスト無料アンチウイルス for Mac」を僕のMacで使用していました。

アバスト無料アンチウイルス for Mac

無料な点と、Webブラウジングが快適な感じに惹かれ、長いこと使ってきました。

アバストを起動して、保護機能を有効にした状態でNURO光の回線速度をチェックするとこんな感じになります。

NURO光 無線LAN MacBook Airでの速度調査

「BNR スピードテスト」を使用して何度か計測して平均値を出すと、無線LAN、有線LANともに下り 平均250Mbps前後でした。

必要十分に高速なんですが、

世界最速光回線をうたうNURO光の速度はこの程度か...

と少しがっかりもしたものです。

実はこれは、アバストによるものでした。

もしかするとアバストの設定を何か変更することで解決できたのかもしれませんが、次に紹介する「カスペルスキー セキュリティ」に乗り換えることにしました。

カスペルスキー セキュリティ

カスペルスキー セキュリティ

カスペルスキー セキュリティ

当ページでも紹介している「So-net公式 3万円キャッシュバックキャンペーン」からNURO光を申し込むと、通常は月額500円程度する「カスペルスキー セキュリティ」が永年無料で使用できるライセンスが付属します。

このライセンスは、PCやスマホ、タブレットを組み合わせて5端末までインストール可能なものなのです。

カスペルスキー セキュリティと言えば、ロシアのカスペルスキー博士が開発した、業界No.1の検知率を誇るとも言われる高機能ウィルスセキュリティソフトです。

実は、我が家でNURO光を導入したての昨年2016年1月に、カスペルスキーをMacにインストールしたところ、随分と動作がもっさりしているような印象を受けて、すぐにアンインストールしてしまい使っていなかったのです。

しかし、カスペルスキー セキュリティも進歩しているらしいので、2017年版はどんな感じかなと思いつい先日MacBook Airにインストールしてみました。

結果的には以前よりもだいぶ軽快になっていて、アバストから乗り換えて使っても問題なさそうな印象です。

もしかすると光回線の速度にも影響が出ているんじゃないかと思い、アバストからカスペルスキーに変更してすぐに回線速度調査を実行してみました。

さて、その結果は...

NURO光 カスペルスキー 下り380Mbps

「RBB SPEEDTEST」を実施してみると、無線LAN、有線LANともに平均して下り300Mbps後半を計測するように!!

NURO光を導入して1年以上が経つんですが、ウィルスセキュリティソフトで光回線の速度にこんなに影響が出るんだとは知りませんでした。

そうとは知らなかったので、MacのOSをクリーンインストールし直したり、ケーブル類を見直したり、電波障害となるものがないかなどあれこれとやってきましたが、これだったんですね。。

PCのスペックが十分に高ければ、もしかすると影響も微々たるものかもしれません。

僕のMacは、SSDが256GB、メモリが4GBと、ちょっと心もとない仕様です。

ついでに「OOKLA SPEED TEST」も実施してみました。

NURO光 カスペルスキー 下り380Mbps

こちらも無線LAN、有線LANともに400Mbps近いです!

さて、ではカスペルスキーも保護機能を無効にして、回線速度調査をしたらどうなるんでしょうか。

ウィルスセキュリティソフトなしで回線速度調査

カスペルスキーをオフにした状態で、無線LANで計測してみました。

セキュリティソフトなし 無線LAN 下り410Mbps セキュリティソフトなし 無線LAN 下り536.82Mbps

計測するサイトによって速度差が大きくなったのですが、下りが平均400Mbpsを超えています!

これだけ高速な通信速度を実際に見るのは始めてでした(笑)

ONU兼ルーターに直接LANケーブルを挿して、有線LANの速度も計測してみました。

セキュリティソフトなし 有線LAN 下り558.91Mbps

平均して下り500Mbps以上になりました!

以下で紹介する画面キャプチャは何かの間違いかもしれませんが、下り966MbpsなんていうONU兼ルーターの規格ギリギリの1Gbpsに迫る値が計測されました!

セキュリティソフトなし 無線LAN 下り966Mbps

以上から分かることとしては、ウィルスセキュリティソフトが通信速度を遅くしている場合があるのではないかということです。

恐らくMacに限らず、Windowsでも同じことが出でるんじゃないでしょうか。

さすがに、セキュリティソフトをオフにして日常的に使用するのは怖いので、今後は「カスペルスキー セキュリティ」で保護機能を有効にした状態で使用していきたいと考えています。

NURO光はやっぱり速い!

ということが実感でき、自己満足に浸ることができましたw

以下ではSo-netの公式サイトにも掲載されている、一般的な回線速度を速くする方法を紹介してみます。

光回線の通信速度を速くする方法

LANケーブル

LANケーブルには「カテゴリー」と呼ばれる種類があり、対応する通信速度が異なっています。

NURO光など、1Gbps以上の通信速度に対応するものでは「5e」か「6」を選ぶと良いでしょう。

LANケーブルのカテゴリ

【参考】https://www.nuro.jp/speedup/speedupStep2.html

カテゴリ「5」では100Mbpsまでにしか対応できず、カテゴリ「7」は10Gbpsまで対応しますが、現状は有線LANでは1Gbpsが規格上の最大速度となるため、料金が割り高で性能も過剰となります。

LANケーブルの種類CAT5
カテゴリー5
CAT5e
カテゴリー5e
CAT6
カテゴリー6
CAT7
カテゴリー7
通信速度100Mbps1Gbps1Gbps10Gbps
適合する
イーサネット
10BASAE-T 100BASE-TX10BASE-T 100BASE-TX 1000BASE-T10BASE-T 100BASE-TX 1000BASE-T 1000BASE-TX10BASE-T 100BASE-TX 1000BASE-T 1000BASE-TX 10GBASE-T
NURO光での
利用
通信速度が低下適合適合性能過剰
※表は横スクロールが可能です。

使用しているLANケーブルに、速度低下となる原因がないかどうか確認してみてください。

ONU(ルーター)とPCを接続するLANケーブルはもちろんのこと、別に無線LANルーターを使用している場合は、ONUと接続している部分のケーブル、また、建物の壁の中にLANケーブルが埋め込まれていたりすると、案外そのケーブルが速度低下の原因となっているかもしれません。

また、適合するケーブルであっても、内部で断線していたり、接触が悪かったりする場合も通信速度に影響を与えことがあるようです。

LANポートの規格は「1000BASE-T」対応のものを使用する

USB 有線LANアダプタ

僕自身で体験したことなんですが、最近のノートPCでは有線LANアダプタがついていないことも多くなってきています。

そのため、USB端子を有線LANに変換できるアダプタ(端子)を使用している人も多いのではないでしょうか。

有線LANアダプタの写真を撮ってみました。USBに挿さっている、黒い部品になります。

ロジテック 有線LANアダプタ ギガビット対応 USB 3.0 LAN-GTJU3

これも、注意しないと100Mbpsまでしか対応していない「100BASE-TX」などだったりすることがあります。

NURO光を導入して、「100BASE-TX」のアダプタで有線LAN接続したところ、どんなに頑張っても下り60Mbps程度が最高速度でした。

しばらく経ってからこのアダプタに問題があると気がつき、1Gbpsまで対応できる「1000BASE-T」規格のアダプタを購入しました。

僕のMacBook Airではこのアダプタを使っています↓

アダプタを変更した今は、500Mbpsという速度まで出るようになっています。

PCのLANポート

PCのLANポートに直接有線LANケーブルを差し込んで使う場合は、LANポートが「1000BASE-T」規格に対応しているか確認してみましょう。

まとめ

NURO光に限らず、

光回線で思ったほど速度が出ていない気がする

といった場合には、ウィルスセキュリティソフトを一時的に停止するなどして速度調査してみてください。

もしかすると、影響があるかもしれません。

今回の検証で改めて感じたことは、

NURO光は本当に速いぞ...!

ということでした。

これまで我が家では200Mbps台がNURO光の速度だと思っていたので、なかなかこのセリフを言えなかったんですが、今は自信を持って言えますね!(笑)

NURO光の申し込みはキャッシュバックを利用

Webでの申し込み限定で下記の特典があります。

NURO光 3万円キャッシュバックキャンペーン 申し込み
  • 30,000円キャッシュバック
  • 契約初月の料金無料
  • 工事費40,000円が実質無料
  • セキュリティソフト(カスペルスキー)が永年無料(通常毎月500円)
  • So-netの設定サポートが1回無料

So-netが公式に行っているキャンペーンで、安心できるという点が一番の決め手でした↓

NURO 光 公式