NURO光の速度(スピード)はどのくらい出るのか!?世界最速下り2Gbpsで有名なNURO光を実際に使ってみた

こんにちは。もうすぐNURO光歴1年のとみっちです!

世界最速2Gbpsで有名なNURO光ですが、実際のところはどのくらいの速度が出るんだろうと疑問に思いますよね。

今日は1年間NURO光を使ってきた僕(途中で引っ越してまたNURO光!)が、実際に光回線の速度調査をしてみた結果などを紹介してみます。

NURO光の最大速度

期待を裏切るようですが、先に結論を書いておくとNURO光で下り2Gbpsという速度は出ません

NURO光は特定の端末で2Gbpsの速度で通信できるようにするサービスではないのです。

WAN側から光回線終端装置(ONU)へ上り2Gbpsを提供するサービスであり、LAN側は有線LANは1Gbps(1000BASE-T)、無線LANは最新のIEEE802.11acの場合で1.3Gbpsが最高となります。

通常、NURO以外のギガタイプの光回線サービスは、WAN側からONUまで1Gbpsを提供するものとなっていて、なぜNURO光で2Gbpsを利用できるかというと、国際標準規格であるGPONというものを採用したからなのだそうです。

...技術的な詳しい話は僕も分かりません(笑)

さて、我が家で計測した速度を公開してみましょう。

1件目の賃貸アパート(埼玉県川越市)

利用時期: 2015年12月〜2016年7月

築25年の賃貸アパート1階に住んでいました。

家は古いんですが、割と広い道路が近くにあって、そのためなのか今住んでいる築5年のアパートよりも速度が出ていました。

So-netから提供されていたONU兼ルーターはEchoLife(HG8045Q)という機種でした。

速度調査にはBNRスピードテストを使用しています。

Macでの速度調査結果

NURO光 無線LAN MacBook Airでの速度調査

僕のMacBook Air (13-inch, Mid 2013)で無線LANを利用して、

平均 250Mbps 前後

の速度でした。

この家に引っ越す前の家は、auひかり ギガ得プラン(1Gbps)を使っていて、速度は100Mbps未満だったからだいぶ速くなりました。

※auひかりもルーターがどんどん新しくなっていて、もっと速度は出るはずです。

iPhone6での速度調査結果

続いてiPhone6で何回か計測した結果。

RBB SPEEDアプリを使用しています。

NURO光 無線LAN iPhone6での速度調査

こちらも、測定日時によって開きがあるんですが、

平均 200Mbps〜270Mbps

となかなかの速度が出ています!

100Mbps以上出ていれば、ネットサーフィンや動画の閲覧などは十分に快適ですね。

それ以上の速度になっても、大きなファイルのダウンロードの際に回線の速さを実感するくらいです。

とはいえ、下り最大2Gbpsを謳うNURO光を使っているのかと思うと、もっとスピードが出ればいいなーと思っちゃいますね。

2件目の賃貸アパート(埼玉県川越市)

利用時期: 2016年8月〜

今年2016年の8月から築5年のアパート(2階)に引っ越しました。

以前の家は住宅街に立地していたんですが、今は周りに田んぼが多い落ち着いた田舎に立地する我が家。

近くまで光回線が来ていなかったのか、屋外工事前日に行われていた準備工事が難航したようでした。

フレッツ光利用可能物件となっていて、各部屋の壁に有線LANのジャックが設けられていて、どの部屋でも有線LANで接続できるようになっています。

ルーターはZXHN F660Aという、縦置きの最新型です。

EchoLife(HG8045Q)と同様に、ONUとルーターが一体となっていて、無線LANを使いたい場合もカードやアンテナなど、別途必要となるものはなく、追加料金も発生せずに利用可能です。

Macでの速度調査結果

MacBook Airで無線LANの速度調査(BNRスピードテスト)をすると、

下りが、

平均 200Mbps

となっています。

Radish Network Speed Testingでテストした場合は、

RBB SPEED TESTで測定すると、

となり、どちらも

下り 300Mbps台

となりました。

NURO光でルーターに有線LANを直接つないだ場合に900Mbps台が出た!という記事を目にしました。

それなら、僕のMacも有線LANならもっと速くなるんじゃないかと考え、1000BASEのUSB有線LANアダプタを試したんですが、速度は上記とさほど変わりませんでした。

iPhone6での速度調査結果

続いて、iPhone6でRBB SPEEDアプリを使って測定した場合は、

こんな感じになっています。

280Mbps前後

の速度が出ていますね。

NURO光を導入したユーザーの測定結果

So-net公式

So-netの公式ページに、実際にユーザーが測定した結果の「NURO 光回線の測定結果」が用意されていたので、スクリーンショットを撮ってみました。

【出典】So-net NURO 光回線の測定結果

結構速度の差があるんですね!

ダウンロードスピードで見ると、この画面上では、

一番遅い人が4.5Mbps(さすがにこの遅さは何か設定ミスとかだと思われます)
一番速い人が924.3Mbps!!!

となっています。

900Mbpsという驚異的な速度が出る人もいるんですね。

RBB SPEED TEST ランキング

RBB SPEED TESTのランキングを確認しても、NURO光がランクインしている割合は大きいです。

【出典】RBB SPEED TEST ランキング

NURO光での計測結果がランクインしてくるのは予想通りの結果なんですが、auひかりや、So-net以外の光コラボ(NTTが提供)の回線も健闘していますね。

NURO光はONU側で同時通信2Gbpsの能力を持っているので、家族数人でネットを利用している時など、複数端末で同時に利用している場合に最大限活用できそうです。

Radish Network Speed Testing

続いてRadish Network Speed Testingの「みんなの測定結果」を確認してみます。

【出典】Radish Network Speed Testing「みんなの測定結果」

「NURO光」に絞って確認してみたんですが、高速に通信できている人が多いようですね。

ちなみにこの結果は、別段高速な人から順に表示されている訳ではありません。

NURO光は速い!

Twitterで見かけたNURO光の速度に関するつぶやき

まとめ

今回の記事で、NURO光の実際の速度について紹介しました。

繰り返しになりますが、NURO光の最新のONUは次世代高速Wi-Fi規格である「11ac」に対応していて、無線LANの最大通信速度は1.3Gbps、有線LANの最大通信速度は1Gbpsとのことです。

1Gbps以上の速度が出たユーザーを見かけることはなかなかないのですが、900Mbps以上の速度で通信できているユーザーは割と見かけます。

他社の1Gbpsの光回線の実測値に比べると、平均してNURO光の方が速いようですね。

NURO光の工事は2回あるので手間取ってしまうのが難点なんですが、

月額4,743円(税込)、月500円相当のカスペルスキーライセンスが付属、無線LANの利用料が無料

となります。

特にSoftBankユーザーなら「おうち割」が適用されることから、関東在住であれば光回線選びはNURO光が第一候補になりそうですね。

NURO光を運営するSo-netが、公式に3万円キャッシュバックキャンペーンを実施しています。

NURO光の申し込みはキャッシュバックを利用

Webでの申し込み限定で下記の特典があります。

NURO光 3万円キャッシュバックキャンペーン 申し込み
  • 30,000円キャッシュバック
  • 契約初月の料金無料
  • 工事費40,000円が実質無料
  • セキュリティソフト(カスペルスキー)が永年無料(通常毎月500円)
  • So-netの設定サポートが1回無料

So-netが公式に行っているキャンペーンで、安心できるという点が一番の決め手でした↓

NURO 光 公式