NURO光にはフレッツ光のようなPPPoE接続設定は必要ないの!? 

フレッツ光やフレッツADSLでは、PPPoE接続設定が必要となりますが、今回の記事ではNURO光を利用する場合に、PPPoE接続設定が必要かどうかをまとめてみます!

PPPoE接続設定

NURO光の場合

NURO光ではPPPoE接続設定を行う必要はありません。

auひかりのホームゲートウェイなどと同様、NURO光ではONU(兼ルーター)に必要な情報が登録済みとなっています。

2回の工事が終わると、ONUを光回線に繋いでLANケーブルをPCに接続すればすぐにネットに繋がります。

【出典】So-net契約内容のご案内(冊子)

また、無線LAN接続も、ルーターの背面や側面に記載されているSSIDと、暗号化キーを使ってすぐに接続することができます。

NURO光 ONU HG8045Dの場合は、機器背面のシールにSSID(5GHzと2.4GHz)と暗号化キーが記載されています。

NURO光 ONU HG8045D

【出典】So-net契約内容のご案内(冊子)

フレッツ光、フレッツADSLの場合

NTTのフレッツ光やフレッツADSLでは、PPPoE接続設定が必要となります。

プロバイダから発行された「ユーザ名(ID)」と「パスワード」を初回のインターネット接続設定時に登録します。

【出典】フレッツ 光ネクスト サポート情報

一度登録しておけば、2回目以降は登録作業は必要ありません。パソコンで通信をする際に、PPPoE接続設定で入力した情報を元に、プロバイダ側で認証をおこなっています。

PPPoE接続とは

PPPoEはピーピーピーオーイーと読みます。読み方を見て、なんとなく笑えるのは僕だけではないはず。

ドラゴンボールのウーロンがブルマから与えられた「PPキャンディ」を連想する人は僕だけではないはず...。

さて、そんなPPPoE接続設定は先ほど説明したように、プロバイダから発行されたユーザーIDとパスワードなどの情報をPCに登録する作業が必要なので、一手間かかるとも言えます。

特に初回のネットワーク接続設定でつまづきそうな初心者の方には、LANケーブルを繋いですぐにネットに繋げられる方式のネット回線の方が楽だと言えるのではないでしょうか。

そう言えば、僕の親は以前フレッツ光を導入してネットに接続するために、電気屋さんを呼んでいました。

まとめ

NURO光は光回線、プロバイダともにSo-netとなります。

プロバイダを選ぶことができない代わりに、月額料金が4,743円(税別)と分かりやすい金額となっています。国内最速の光回線であることを考慮すると案外安くないでしょうか!?

また、プロバイダがSo-netであることから、あらかじめONUに接続に必要な情報を登録しておけるのかもしれませんね。

【So-net公式】申し込みはキャッシュバックを利用

Webでの申し込み限定特典があります!

NURO光 3万円キャッシュバックキャンペーン 申し込み
  • 30,000円キャッシュバック
  • 工事費40,000円が実質無料
  • 開通月は日割で請求
  • セキュリティソフト(カスペルスキー)が永年無料(通常毎月500円)
  • So-netの設定サポートが1回無料
  • 2017年 ネット回線満足度ランキング 関東光回線 第1位
  • 2017年 固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査 関東 第1位

So-netが公式に行っているキャンペーンで、安心できるという点が一番の決め手でした↓

今ならお得なキャッシュバック&割引キャンペーン!

導入ができなかった、エリア対象外だったという人に

NURO光は関東の一部のエリアが限定のサービスとなっています。So-net光(auひかり)であれば日本全国のカバー率は約70%とかなり広くなっています。

NURO光と同様にWebでの申し込み限定で下記の特典があります。
現在キャンペーン中の3年間月額利用料金2,980円は、戸建て向け光回線(auひかり)としてギリギリの低料金にチャレンジしているとのことです!

So-net光(auひかり)選べるキャンペーン
  • 45,000円キャッシュバック + 月額料金割引
    もしくは、3年間月額利用料金2,980円(税抜)〜
  • 契約初月の料金無料
  • セキュリティソフト(カスペルスキー)が1年無料(通常毎月500円)
  • So-net安心サポートが1年間毎月1回無料
  • auひかり 電話サービス(500円/月)が30ヶ月無料

本キャンペーンもSo-netが公式に行っているキャンペーンとなります↓

So-net 光 (auひかり)