NURO光のデメリットや悪い評判をまとめてみるよ

今回の記事では、NURO光のデメリットや悪い評判をまとめてみようと思うよ!

まずは先にNURO光のメリットを確認してみると、

  1. 下り最大2Gbpsと業界最速の光回線
  2. 月額料金は4,734円(税抜)
  3. 有料セキュリティソフトのカスペルスキー(月額500円相当)が無料
  4. NTTの回線を利用しているので通信が安定している
  5. SoftBankのスマホを利用している人は「おうち割」で毎月最大2,000円割引
  6. キャンペーンで3万円キャッシュバック
  7. キャンペーンで工事費実質無料

といった点が挙げられる。

詳しくは「NURO光のメリットや良い評判」にまとめてので読んでください。

僕自身利用した経験があることから、auひかりやNTTのフレッツ光よりもコストパフォーマンスに優れた光回線だなーって思ってるんだけど、もちろん悪い点もあるんだよね。

NURO光のデメリット

1年間使って感じた、NURO光のデメリットを挙げてみるよ!

  1. 提供エリアが狭い
  2. 集合住宅は「5階建て以下」
  3. 工事が2回必要
  4. 必要十分な速度だけど、期待していたほどの速度は今のところ出ていない
  5. 転居時に新規契約するのが面倒に感じる
  6. 契約更新月以外には解約違約金が必要

提供エリアが狭い

現在、NURO光のサービス提供エリアは、

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県
(一部エリアを除く)

1都6県のみとなっている。

残念なことに、この対応エリア内であっても、光回線を引けるかどうかといった都合や、住宅の状況で工事が不可などにより利用ができない場合もある。。

Twitterなどを見ていると、NURO光に慌てて申し込んで提供エリア外だったと嘆いている人を見かけるので、自分の家が提供エリアなのかどうかを是非事前に確認してみてほしい!

公式ページ「NURO 光」にアクセスし、「新規お申し込み」欄をクリックした後で郵便番号を入力してエリア判定機能だけを利用することが可能。

対応エリアかどうかを調べるだけの場合は「選択エリア検索」画面から先に進まないようにしよう。

正式に申し込みをする場合は、「ご契約者情報」や「NURO 光 設置先住所」、そして「お支払い情報」まで入力して進んでいくよ。

提供エリアかどうかを確認したい場合には、とりあえず「新規お申し込み」ボタンをクリック。

郵便番号を入力して、「住所を検索する >」ボタンをクリック。「住所を選択してください」から選択、続いて「住戸タイプを選択」からアパート・マンション(5階建て以下)か、戸建かを選択しよう。

アパート・マンション(5階建て以下)」を選択した場合、建物名の候補一覧が表示される。

提供状況を確認する」ボタンをクリックして、提供エリアかどうかを確認することができる。

僕が今住んでいる埼玉県川越市の賃貸アパートは、提供エリア検索した際にリスト表示されなかったので、コールセンターに電話して確認したよ。

結果、提供可能ということで申し込みました!!

NURO光の提供エリアはなぜ狭いのか
利用者数が増えると回線速度が遅くなってしまい、さらに設備投資が必要になるものと思われる。
そのため、まずは関東からサービスをスタートして、徐々にエリアを広くしていく予定なのだろう。

集合住宅は「5階建て以下」

以前はNURO光を導入できる集合住宅(マンション・アパート)は2階建て以下と限定されていたけれど、2015年12月から「2階建て以下」から「5階建て以下」まで拡大された。

2Gbpsの通信速度を実現するためには、建物の共用部から光回線方式で各家庭に回線を分配する必要があるらしく(1Gbpsのサービスでは電話線やLANケーブルで接続OKらしい)、そのため色々と制約があるのだとか。

6階以上の建物に住んでいる場合は、申し込みできるまでのハードルが高いけれど、「NURO 光 for マンション」を検討しよう。

工事が2回必要

NURO光の回線工事は2回必要になる。

僕の経験ではauひかり、NTTフレッツのどちらも1回の工事で済んだので、面倒だし開通に時間がかかりそうだなーと思った。

NURO光の工事は、

1回目: 宅内工事(So-netに委託された業者が、室内に入り配線を確認してONUを置いていった)
2回目: 屋外の回線工事(NTTの業者とSo-netに委託された業者がそれぞれ来たが室内には入らなかった)

となった。

光回線が来ていて、工事が難航しなければ、どちらも1時間前後で終わると思うけれど、我が家の場合は工事に難航していた。

特にNTTが光回線をどうやって基地局から持って来るか苦戦していたらしく、2回目の工事日がなかなか決まらなかったんだよね。。

1回目の工事が終わってから、2回目の工事が終わるまでは1ヶ月弱かかった。

詳しくは以前書いた記事の「屋外工事」を見てください。

2回目の屋外の回線工事の前日には、光回線の工事が我が家の近くで大々的に行われていた。

そこまで工事が難航するような状況ならSo-net側からそう説明してくれれば納得したのに、説明がいつも曖昧だったから、工事が無事に終わるのか不安だったな。。

NTTから工事の進捗などの詳細は、So-net側には都度の報告が入っていないんじゃないだろうか。

回線工事が終わってからは満足しているのだけれど、最初の工事の日取り調整の対応は不満だった。

「工事日が決まり次第電話します」と言われ、2週間とか向こうからは平気で連絡なしになるから、3回くらい僕からコールセンターに工事の日程決まりましたか?と電話してしまった。

さらにデメリットとして、土日の工事は予約が取りづらい上に、追加派遣料3,000円(税抜)が請求されてしまう。。

平日の都合をつけづらい人にとっては、かなりのデメリットだ。開通日までは十分余裕を持って申し込みたいところ。

必要十分な速度だけど、期待していた速度は出ていない

NURO光は有線LANなら1Gbps、無線LANでは最新のONU兼ルーター「ZXHN F660A」か「EchoLife HG8045Q」であれば1,300Mbps(1.3Gbps)が最大速度となる。

僕がMacBook AirやWinodws10のノートPC、iPhone7で計測している限り、

  • 有線LAN: 150Mbps〜280Mbps
  • 無線LAN: 270Mbps 前後

となっている。必要十分に高速なんだけど、実際に900Mbps代の超高速で通信できている人も見かけるので、ちょっと残念な気持ちがする。


[参考] https://www.nuro.jp/speedup/speedupStep4.html

回線状況や、他の人に使用状況にも影響されるようなので、こればっかりは仕方ないだろう。。

※ちなみに光回線ではADSL回線と違い、基地局からの距離は速度に関係がないらしい!

転居時に新規契約するのが面倒に感じる

NURO光を利用していて、引越し後再度NURO光を申し込む場合は、一旦解約をして再度NURO光を新規申し込みすることになる。

例えば、1年間NURO光を利用した場合を考えてみる。

月額4,743円(税抜)となる「NURO 光 G2 V(戸建/マンション)」コースは、2年間の継続契約が条件となっていて、2年間経った解約月以外に解約すると、

契約解除料: 9,500円(税抜)

が発生する。

また、工事費分割金の残額も1割で支払う必要があるので、1年間払い終わった後の残額が、

40,000円 - (1,333円 × 12ヶ月) = 24,004円
※全て税抜き価格

となるため、

  • 1年間での契約は、約33,500円(税抜)必要
  • 2年間経って引っ越す場合は、約17,500円(税抜)
  • 3年以上経って引っ越す場合は、解約更新月以外は9,500円(税抜)必要

となる。

引越し後、NURO光のキャンペーンページから申し込んだ場合、30,000円がキャッシュバックされるので、1年2ヶ月以上経ってから引っ越す分にはお得に引っ越せると考えてよい。

お得には引っ越せるとは言っても、契約解除料や工事残額の支払い、そして新規で申し込んだりキャッシュバックの申請手続きなどを行う手間は面倒だ。

So-netには、是非引越し後もNURO光を利用する場合には、工事残額の支払いは不要、契約解除料も不要としてもらいたい!

KDDIのauひかりは、以前コールセンターに問い合わせたところ特別料金はかからないという回答だった!

 
以上、ここまでが僕がNURO光を利用して感じたデメリットとなる。

そして、ここから先は、ネット上や、Twitterなどで調べたNURO光の悪い評判をまとめてみよう。

NURO光の悪い評判

複数のブログなどから調べた情報

NURO光は自社(So-net)以外にも代理店が営業を行っている。

この代理店の中で、一部の会社が大変に悪質だったようだ。

NTTを装って電話をかけてきて、NURO光に変更するとお得だと言い、強引に契約にこぎつけるなどの手法をとっていたのだという。

電話だけでなく、実際に訪問して勧誘するといったこともあったそうだ。

せっかく回線自体は高速で問題なかったとしても、このような代理店経由では契約したくないよね。

最近ではSo-net側で販売代理店の勧誘方法、営業の仕方の管理を指導しているようで、悪質な営業は行われなくなっているとのこと。

もしもNURO光の強引な営業にあったら、So-netに連絡しよう。

代理店経由で申し込まないのが得策

NURO光の販売代理店は複数存在していて、中には10万円以上の高額なキャッシュバックをうたう会社もあるけれど、大抵が

NURO光 + NURO光でんわ + 当社指定オプション

といった契約が必要なプランになる。

NURO光が毎月4,743円(税抜)、NUROひかり電話の利用料が毎月500円(税抜)で、さらに毎月数千円の支払いが必要になるオプションをつけたりすると、結局キャッシュバック分以上の支払いが必要になってしまうことも多いため、NURO光の申し込みはSo-netの公式キャッシュバックキャンペーンのみがオススメ。

Twitterより

確かに、NURO光の工事費用4万円は他社よりも高い...。auひかりはマンションタイプで3万円、そしてフレッツ光、docomo光ともにマンションタイプの工事費が15,000円だ。

工事費用を高く設定することで、途中で解約されるのを減らしたいのかも。

関東限定なので、それ以外のエリアの人は申し込めないんですよね。僕も実家の長野市で加入したいです。

NURO光 for マンションは申し込みができれば利用料金が安いようだけど、同じマンション内で4人以上いないとダメ申し込みできないんだよね。

僕はスッキリと置けるしいいなと思ってたんだけど、ONU、ルーターが一体型を不満を感じる人もいるんですね。

開通まで4ヶ月かかったという人も見かけた。きっと申込者の都合もあるとは思うけれど、So-netから提示される候補日は結構少ないこともあるから辛い。

カスペルスキー、結構ブロックするサイトが多いんだよね。僕のMacBook Airではもっさりとした動作が気になって利用しなくなった。

NURO光を利用中の人への勧誘電話が増えている

So-netから時々メールが届くんだけど、最近はNURO光を利用している人に対してさらに料金が安くなるなどと別の回線事業者への変更を進める勧誘電話が増えているらしい。

勧誘電話をかけてくる時点で、大抵強引な営業だと思われるので、はっきりと断るようにしよう。

詳細はSo-netの公式のお知らせページに記載されている。

 

以上、今回の記事では悪い評判をまとめてみたよ。
 

NURO光はよい評判ばかりではないので、申し込む前に是非一度慎重に判断してもらえれば幸いです。

NURO光の申し込み前に

NURO光に加入する前に、公式キャンペーンの内容をよく確認してから申し込もう。

So-net公式のキャンペーン以外にも電気屋や、他の代理店で申し込む方法がある。

キャッシュバック金額や、キャンペーン内容が適用される条件などに大きな違いがあるので、申し込む内容に応じてどこから申し込むのが一番オトクになるのか考えましょう!

 NURO光の3万円キャッシュバックキャンペーン(So-net公式)について
Facebookアカウントでコメント

※本コメント機能はFacebookによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してザ サイベースは一切の責任を負いません。

ABOUTこの記事を書いた人

とみっち

埼玉でザ サイベースを主催しています。Webクリエイター。フリーランス歴7年。飄々と生きています。これでも育児頑張ってます。長野市出身。 @tomicci 詳しいプロフィール【興味】ギター/DTM/Web/車/田舎/旅/酒/育児 自然の音からデスメタルまで聴きます。【運営サイト】 ザ サイベース おと風景